◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 泣きたい夜に:中島みゆき | main | Ma Jeunesse Fout Le Camp:Francoise Hardy(もう森へなんか行かない:フランソワーズ・アルディ) >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  祭のあと:吉田拓郎  ○●○
     花火3週間ほど帰省していた娘・ちんが、15日の成績交付に向け、戻って行きました。
    最近は、大学の成績交付もインターネットで実施されることが多く、ちんも、「うちの学校もインターネットなら、わざわざ行かなくて済むのに」と、ブーブー言っていました。
    確かに、実際の授業開始は25日だそうなので、下宿生にとっては、予定が組みにくくなる。
    ちんの高校のクラスメートで、同じ大学に通う子などは、一旦15日に成績だけもらったら、また福井に帰省するそうで。
    交通費など考えると、それもなかなか、、。

    今回の帰省は、自動車免許をとることが大目的で、
    結局、それに明け暮れた、というか、振り回された毎日でした。
    おおむね順調に進み、結局、仮免許をとるための修了検定も、公安へ学科試験を受けに行くための、実技の卒業検定も、スムーズに一発で合格しました。
    ただ、途中で体調を崩して1日だけどうしても行くことが出来ず、翌日が日曜だったこともあって、数日分、カリキュラムがずれてしまい、結局、公安へ学科試験を受けに行くことが出来たのは14日で、免許をとって、速攻で京都に戻る、という荒業でした。

    でもこれで、ちんも車を運転できるようになり、実際、今回京都に送って行く途中にも、私は脚の引きつり発作が出て、運転がキツイことがありましたが、ちんに代わってもらうことが出来ました。今までなら、どうしよう、と、立ち往生するところでしたが。
    こうしてどんどん、ある意味、私も「お役御免」になって行く。
    早いとこ、自分の居場所を見つけなくては、と思ったりもします。


    先週、福井にも台風が来て、予想通り、それを境に少し過ごしやすくなりました。
    それでも、まだ日中は、少しエアコンをつけたくなってしまうくらいでしたが、
    昨日からの雨で、すっかり、本当に秋めいてきました。
    今日は、エアコンの出番はなさそうです。

    政局も、民主党の代表選挙も終わり、
    少しは腰を落ち着けて、とにかく、政治の中で変えようと思うものは変える、という、政策の実行に時間を使って欲しいものです。

    8月下旬から、ずっと体調を崩していた私、
    先週は、特にひどく、ちんを送っていけるかどうかさえ心配でしたが、
    さすがに、待てど暮らせど良くなって来ないので、
    ストックしてあった抗生剤を飲み始めて、ようやく落ち着きました。
    まだ、油断はできない感じですが、上向きではあると思います。

    こうして、お盆休み以降は、あまり1日1日のことが記憶にもないくらい、
    「駆け抜けて行った」感じの日々なのですが、
    今日からは、「一段落」なんだなぁ、と、まだあまり実感もなく、
    こうしてブログに向き合っています。
    そんな今の気持ちはまさに、「祭のあと」。
    今日は、この曲をお届けします。
    そのうち、「日々を慰安が吹き荒れて 帰っていける場所がない」
    と、嘆くことがないよう、本当に、自分の居場所づくりのために、
    少し面倒なことも我慢して、頑張らなくては…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                      祭のあと → 



    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 吉田拓郎 | 15:47 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 15:47 | - | - |- pookmark
        ちんちゃん
        免許がとれて
        やれやれですね
        義姉(夫の兄の妻)が
        結婚後に免許をとったとき
        免許を持っていない
        同居の義母は
        これで便利になった!
        と喜んでいましたが
        義姉のお母さんは
        心配が増えた...と ぼそっ
        そうなんですよね
        親としては
        心配がひとつ増えたことにもなる
        まぁ
        ドライバーとしてだけでなく
        歩行者としても
        事故に巻き込まれる心配は
        ついてまわるワケで
        そこんとこは
        よく気をつけてもらうことにしましょう
        う〜ん
        居場所というか
        近未来の自分
        この頃よく考えます
        娘たちと母が嫁いだら
        この家には夫と2人
        夫が定年になったら・・
        と思うと
        もっと
        外に
        いつでも行ける遊び場を確保した方がいいのかなぁ
        なんて。。
        「祭りのあと」が流れ終わったら
        別曲が〜!
        なんだ?と思ったら
        i-Tunesから
        娘の入れてる曲が続いて出たのかな?
        よくわかんない〜(笑)
        | ありんこbatan | 2010/09/17 3:17 AM |
        ...................................................................................

        ありんこさん

        そう!身の安全については、本当に…。
        ていうか、今、私の車の任意保険は、ドライバーが30歳以上限定で安くしてあるんですよね。
        今後は、ちんの年齢で加入するとなると、保険料が…!!
        でも、任意保険入ってない車なんて怖すぎるし…。

        ちなみに、うちのPCで聴くと、「祭のあと」しか聴けないですね、残念ながら(^_^;)

        ありんこさんのご主人は、定年後も「ご自分の居場所(例えば、釣りの場とか)」を見つけていそう。
        だとすれば、ありんこさんは、今のまま、おうちが居場所であり続けるかも…。
        私から見たら、ありんこさんは写真とか、ボランティアとか、立派に居場所を見つけてる感じで、むしろ目標なんだけどなぁ…。
        | よぴち | 2010/09/17 4:09 PM |
        ちんさん。免許取れて良かったですね!おめでとうございます。
        体調のこと、気になります。よびちさんも御自分の体調にも気をつけて。無理せずやって下さいね!
        | 力道 | 2010/09/17 7:40 PM |
        ....................................................................................

        力動さん

        ありがとうございます。
        体調は、本当にいったいどうしちゃったのか…。
        今日もまた、夕方から38度の発熱です。
        夏の終わりに風邪をひいたのか、はたまた、薬の副作用で更年期障害っぽくなっているのか…。
        明日は、加川良さんのライブなんですが…。
        まぁ、無理せずに行きます。
        | よぴち | 2010/09/18 8:41 PM |
        無事免許皆伝おめでとう。
        あのライセンスがもらうと一人前になった
        という気分になれるな
        | 長七 | 2010/09/19 1:18 AM |
        ...................................................................................

        長七さん

        ちんに代わって、「ありがとうございます」。
        そう、なんか、いくつかある「一人前になった気がすること」のひとつですよね。
        私も、嬉しそうに友達の家に迎えに行ったりしたなぁ…。
        車に関するエピソードは、すっごくたくさんあります!
        また、そのうち、お披露目しますね(笑)!
        | よぴち | 2010/09/19 10:53 PM |
        おひさしぶりです。いつもご無沙汰ですいません<(_ _)>
        お子様の免許取得、おめでとうございます。
        でも、よぴちさんのこのエントリーを読んで
        「はっ」とさせられました。
        子どもが何か自分で出来るようになってくることって、
        ある意味では親の役目を「奪う」ことなんですね。
        子どものいない自分はそんなこと考えたことありませんでした。
        子どもの成長が嬉しくて淋しい、というのは
        こういうことなんですね。
        | ちりー | 2010/09/20 3:53 PM |
        ....................................................................................

        ちりーさん

        ちりーさんのブログにもチョコチョコお邪魔して、
        1つ前のお誕生日の話など、あぁ、わかるな、うちと一緒だな、なんて思うのですが、
        どうも最近、体調が今ひとつで、コメントを残すエネルギーがなく…。すみません。

        そうなんです、今までは、娘の世話が面倒だとさえ思ったりしたのに、本当に、親というのは我儘なもので。
        娘のモノばかりで散らかった部屋を見るたび、娘が出て行ったら部屋がスッキリするかな、なんて思っていたのに、今は、娘のモノを処分するのは淋しすぎて…。

        本当に、これまでの「ありがたさ」を、しみじみと感じています。
        ちりーさんの所も、これからですね。
        あってもなくても、一長一短の生活。
        結局、どんなふうでも喜怒哀楽の人生。

        強いて言えば、こういう、ひとつひとつを感じることが出来るのは命があるからなんだなぁ、ということで、やっぱり、「ありがたい」の一言に辿り着いてしまいます。
        | よぴち | 2010/09/20 6:51 PM |
        京都の町は学生で溢れてるんだろうな
        娘さんもたのしくすごしているんだろうね、
        鴨川は思い出の場所です。
        | 長七 | 2010/09/22 11:42 PM |
        .....................................................................................

        長七さん

        はい…。三条大橋のあたりから見る鴨川のほとりには、
        若者がいっぱい。
        でも、娘は、1〜2年生の間は、三条まで45分もかかる田舎にいるんですよ(痛)。
        おかげで、私も、路上に車を止めながら、娘のところに居れるわけなんですが。
        | よぴち | 2010/09/23 12:24 AM |


        成績交付・・・・。成績送付。

        親御さんに感情移入するよりも、
        子どもさんのほうに、移入しちゃいます。。。
        うちの近所の大学では、
        「成績を親に見せないふとどきもの」がいるらしく、
        親元へ郵送するけど、本人には渡さないそうです。

        成績みたさに帰省するか、
        見るのこわさに、出奔するか。。。

        添付ファイルでも送れるご時勢ですが、
        原本がとどくのが、一番でしょうか。。。。
        | あさ・がお | 2010/09/28 6:37 PM |
        ....................................................................................

        あさがおさん

        え〜っ!!そうなんですか…?
        大学の成績って、親にとってそんなに大事…?
        私も、親に成績なんか1回も見せたことないですよ。
        (ていうか、その前に、父親に至っては私が大学の何学部にいるのかさえ知らなかった)

        なんか、大学にまで父母会があるご時世、、。
        不思議でなりません。いつになったら、子供は一人前にみなしてもらえるようになるんでしょうか???
        | よぴち | 2010/09/28 10:52 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/271