◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 愛という名のもとに:浜田省吾 | main | ジンを一杯:めんたんぴん >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  舞姫:吉田拓郎  ○●○
    ONLY YOU急に寒くなりました。
    一気に、「晩秋」に入ってしまったかのような。
    こうなると、暗くなるのが早くなった夕方の、
    雨にぬれたアスファルトが街灯で照らされているのが妙に冷たく感じられて、
    家々の光や、ざわめきや、匂いなんかが、
    逆に、すごく温かいものに感じられて仕方なくなります。


    けれど、お天気と言うのは本当にわからないもので、
    このまま、一気に冬に向かって加速して行く、とも思えません。
    また、暖かい日がやってきて、しばらくは、着る物にせよ、生活の道具にせよ、しまうこともできず、ゴタゴタするんでしょうね。
    我が家も、やはりまだ、お風呂上がりなどは扇風機が気持ちよかったりすることもあって、未だ、扇風機が仕舞われていない。
    けれど、こう寒いと、今もエアコンをつけていますが、エアコンの暖房では追いつかず、やはり、ファンヒーターを出さなくちゃなぁ、という気になってしまう。
    また、玄関先に18リットルの灯油入れが並んで、狭々しい玄関になってしまう季節がやってきたのか…、と思います。

    前にも、ここに書いた、学生時代のバンド仲間のドラムのK君が、
    もう、ドラムはなかなか練習できないし、
    実際、それが弾ける機会を作るのも難しいし、というので、ギターを買って練習し始めました。
    で、次に帰省してくるまでに、課題曲を作っておこう、という話になり、
    とりあえず、嫌いな曲では練習が進まないだろうから、K君の好きな曲でいいよ、とメールをしたら、拓郎さんの「舞姫」とか「爪」がいいな、と返ってきました。

    「舞姫」は、私も大好きな曲。
    この曲は、私が中1の時にリリースされたのですが、その当時は私は、この曲のB面だった「隠恋慕(かくれんぼ)」という、ドラマの主題歌だった曲しか知らず(TVを通して)、A面の「舞姫」というのは、どんな曲なのかなぁ、と、歌詞とコードしか書かれていない、平凡か明星の付録の歌本を見ながら、思っていました。

    そうして、高校に入って、クラスメートが
    「駅前の美容室で、友達を紹介すると、好きなアルバムのカセットテープがもらえるから、一緒に行こうよ、紹介した人も、された人も、もらえるから」
    と言うので、一緒に行って、選んだのが、この「ONLY YOU」でした。
    (その後も、今度は私が別の友達を紹介する形で、何本もテープをせしめた私であった。
    ちなみに、正やんの「スモークドガラス越しの景色(のちにお金が出来てからアルバムを買ったが)」とか、オフコースの「I Love You」などを覚えてます)

    そこに、「舞姫」が、収録されていたのです、、、。

    もう、すぐに好きになって、ギターで歌いまくりました。
    当時、私は、かの有名な森鴎外の「舞姫」も、熟読はしておらず、
    全くの子供で、「舞姫」という言葉から、哀れなイメージは抱かなかった。
    ただ、キレイな、素敵なイメージだけで、
    梶井基次郎の「檸檬」も、大学に入ってから読んで、図々しいことに、
    「あぁ、世の中に、私と同じような感覚を持った人がいた」などと思ってしまったことを思い出します。
    おそらく、この曲の歌詞の中の、檸檬を置いて旅立つあたりは、
    松本隆さんが、梶井基次郎を意識してのことだと思うのですが…。
    高校生の私には、それすら、気付けなかった。


    にも関わらず、せつなく美しいイメージを描いたのは、私自身が、恋に恋するような年ごろだったからでしょうね。
    恋をしているというだけで、誰しも、舞姫と、この男性のように、
    せつなくて美しかった。


    今、課題曲にしたことで、細かく聴きなおすと、
    あの頃のいろいろが甦る他に、よし、こんなところもコピーしよう、という、
    細かな音も聴こえてきました。
    出来るか出来ないか、私の技量にもよりますが…。
    出来るだけ、雰囲気が出るように頑張りたい。


    そして、先日、ネットサーフィンをしていたら、偶然に、
    K君と一緒にビリー・ジョエルのコピーバンドをやっていた時にギターを担当してもらったH.K君を見つけました。
    彼は、大学を卒業して、実家のある愛知県T市に戻り、A製鋼に就職したところまでは知っていたのですが、それからは、全く会うことも話すこともなく、23年が過ぎました。
    けれど、T市で毎年行われているP-Conというアマチュアバンドのイベントのサイトを見ていたら、過去に出場したバンドの紹介ページで、
    「Blueberries」というバンドのメンバー写真に、H.K君そっくりの人物が!!!
    メンバー名も書かれていて、H.K君の名前も書かれている…。

    まだ、音楽をやっていたんだ、しかも、あの頃はエレキだったけれど、
    今は、アコギも弾いてるんだな、ということが分かって、本当に嬉しくなってしまいました。
    H.K君のギターは、私が所属していた軽音サークル周辺のギター弾きの中で、
    群を抜いて、私好みの音でした。
    タメが効いている上に、私なりの表現しかできなくて申し訳ないのですが、
    音が「泣いて」いるのです。
    あの音が大好きだった私は、ビリー・ジョエルのコピーバンドをやる時も、
    是非に、とお願いして、やってもらいましたが、
    今、思うと、ビリー・ジョエルの曲では、H.K君のギターは全く生かせず、
    本当に申し訳なかったと思っています。
    この場を借りて、お詫びします。ごめんね、H君!

    いつかまた、どこかで、みんなで一緒にギター弾いたり歌を歌ったりして
    遊べたらいいな…。
    もし、このブログをご覧の方で、「Blueberries」所属の、A製鋼のH.K君に連絡の取れる方がおられましたら、どうか、このブログのことをお伝え戴けると嬉しいです。


    それから、病院受診の結果は、やはり、そろそろ入院治療をしようか、ということになりました。
    けれど、急を要することではないので、せっかくの秋を満喫するためにも、
    入院は12月に、ということでお願いしてきました(お前は、遊ぶことと身体とどっちが大事や、と言われそうですが、大切なのは私の人生です!笑)。

    仕事も、少しずつ、忙しくなってきました。
    でもこれは、喜ぶべきことのはず。

    …頑張ります。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                             舞姫→ 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 吉田拓郎 | 21:26 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:26 | - | - |- pookmark
        インターネットはある程度人探しができますね。
        あえるといいですね。
        | 長七 | 2010/10/27 9:37 PM |
        頑張れ!
        そうだ
        大切なのは人生だ!
        A製鋼.... あそこだとはわかるけど
        ツテはないなぁ 残念★
        この曲にのめりこんだキッカケ
        おもしろいね
        誰かを紹介する特典はよく聞くけど
        カセットテープいただけちゃうなんて
        お小遣いに頼る音楽好き学生には
        魅力あるよねぇ
        コピーする意欲
        よく伝わってきてますよ〜
        選曲 大当たり☆
        ぜひぜひ
        満足のいく演奏をK君と!
        なんか急に寒くなってきました
        中休みもあると思うけど
        お身体に無理がないようにしてくださいね (^−^* 
        | ありんこbatan | 2010/10/28 4:55 AM |
        ....................................................................................

        長七さん

        はい…。
        でも、このブログのアクセス数くらいでは、
        なかなか難しいとは思いますが…。
        個人情報だから、みんな慎重になると思いますし。
        まぁ、ダメ元で、書いてみたんです。
        ホント、連絡取れたら嬉しいですが。
        | よぴち | 2010/10/29 11:35 PM |
        ....................................................................................

        ありんこさん

        ありがとうございます。頑張りますよ!
        自分が、肝硬変にまで至っていると分かったのはちょうど2年前の今頃でした。
        その時には、ただ、いつか来る「その時」を待つだけか、と、絶望に近い気持ちになりましたが、時間のかかる私は、2年かかって、ようやく、もう、この静脈瘤との付き合いの覚悟だけは出来たと思ってます。
        もちろん、更に悪化した場合の様々な症状やそれに対する処置、予後なども、考えないことはないですが、今から考えて暗くなることはしないでおきたい。
        基本、今は、そんな日は来ないか、来ても、遠い先のことだと思ってるので(^^ゞ

        しかし、急に寒くなりましたよね…。
        いよいよ、「ババシャツ」「ババパッチ」の出番か、、、(*_*;

        お互い、ボチボチ行きましょうね!
        | よぴち | 2010/10/30 12:40 AM |
        昔のメンバーを発見できただけでも嬉しいことですね。 コピー頑張って下さいね。 僕はバンドから時間がたつ過ぎて、自分がやってたことすら希薄になってますが、生でやれることは最高ですから。
        | 力道 | 2010/10/30 12:31 PM |
        ....................................................................................

        力動さん

        お返事遅くなって申し訳ありません。
        週末は仕事で缶づめでした(+_+)

        そうなんです、発見できただけで、なんだか嬉しくて仕方なかったんですよ。

        11月は、少しゆっくり出来るつもりなので、コピー頑張ります!

        …と、思っていたら、仕事の難題がメールされてきました。。。あ゛〜っ(-_-メ)
        | よぴち | 2010/11/01 12:15 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/275