◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< まほろば:さだまさし | main | Shape of My Heart : Sting >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  僕が僕であるために:尾崎豊  ○●○
     17歳の地図今、関西では雪が降っているようです。
    今回の寒波は、福井にはあまり影響なし。
    立春を過ぎて、なんだか目に見えて冬がもうすぐ終わろうとしているように感じています。
    夕暮れ時、ふと気付くと、外が思ったより明るい。
    それだけで、確実に春が近づいてきていることを実感してしまう。


    ちんの高校時代のクラスメートで、東京に進学した子が、先週、京都に遊びに来たそうで。
    もともとは、これまた、ちんのクラスメートで、今も同じ大学に進学した子のところに来たそうなのですが、その子が、○○が来るから、ちんも一緒に遊ぼう、と声をかけてくれたそうです。

    2泊3日、宿泊は、ちんの下宿が1番広く、しかも、私たち親の分、ということで布団も2組も余計にありますから、ちんのところにみんなで泊っていたそうで、日中は、お買い物や京都観光。

    けれど、その間ずっと、ちんは、他の2人とことごとく趣味や感覚が違うことを実感させられていたようで、歩きながらの会話などは、人混みでは3人並んで歩くのは難しいこともあって、ちんは、常に後ろで、何を話しているのか聞こえもしない状況で、ただ、ついていった、と。

    ちんは、これまでの学校生活でも、どちらかというと友達を作るのがヘタで、いつも、いわゆる「ハジかれた子」が、一緒に過ごす子を求めて近づいてくる、その受け入れ役だったようです。
    もちろん、その子たちも、女の子のいじめなどというものは、期間が短いことが多いので、また受け入れられれば、ちんのもとを去っていく、その繰り返し。
    父兄懇談などでは、担任の先生に、「ちんには本当に感謝している、ちんのおかげで不登校やいじめが回避できる」と、いつも感謝されましたが、当の本人の心の中は、常に葛藤していました。

    大学でも、やはり、今のところ、上手くいっていないようで、ちんの、ものすごく落ち込んだ長いメールが私のところに何通も来ました。

    私自身も、昔から「変わっているね」とばかり言われて、
    高校は進学校で、もとより、真の友情がはぐくまれるような雰囲気ではなかったし、
    勉強ばかりの毎日をごまかすように、クラスメートたちは、
    休み時間に鬼ごっこのように制服のネクタイを引っ張り合ったり、
    お弁当時間に、デパ地下にあるようなブランド物のお菓子を毎日持参しておしゃべりしていたりしたけれど、
    私は、鬼ごっこは昔から嫌いだし(走るのは得意だったし、力も男並みだったので、どうせ本気でやっても勝ち負けは見えていたし、必ず勝つゲームなんて面白くもなく)、
    みんなの誘いを断って「私は見てるわ」などと言うと、決まって、
    「よぴちは、いつもそうやって、冷めてて面白くない」などと言われたりした。
    お菓子も、我が家はドビンボー、奨学金と授業料免除でやっと通っているのに、
    デパ地下のお菓子なんて持って行けるはずもなく、
    仕方なく、家でホットケーキを焼いて行ったけど、誰も食べてくれなかった。

    大学も地方の小さな大学なので、地元出身の子が多く、
    同じバレー部の仲間たちも、ほとんど福井出身、
    自宅から通っている分、親からのお小遣いが多いようで、
    大してアルバイトもしてないのに、いつも、当時はやっていたデザイナーズブランドの洋服に身を包み、「anan」などをパラパラとめくり、
    大学に入ってからは更に生活まで背負って、奨学金・授業料免除でも足りず、部活と週に1回のバンド練習のほかは、割の良い家庭教師のバイトに明け暮れる私とは、まったく話がかみ合わない。
    しかも、私は男の好みひとつとっても、いわゆるイケメンが好きでなく、
    容姿がいい男性の場合は、マイナスから始まるので、相当性格がよくないと、
    私の中ではプラスには転化せず、
    みんながキャーキャー騒ぐような男性のよさを見いだせず。

    そんな変人に育てられて、この子も同じように、
    「ちょっと変わっている子」になっちゃったんだろうか、
    そして、私と同じような疎外感や劣等感にさいなまれた大学生活を送っているんだろうか、と思うと、胸が痛んで、
    私自身、涙が止まりませんでした。


    でも、私から見たら、ちんは、全然、minorityなんかじゃない。
    前はジャニーズが好きだったし、今はEXILEで、
    洋服も、若い子が好きそうな渋谷系ブランドが好きだ。
    ただ、私に育てられたからか、と思われるのは、
    高校のクラスメートたちは1着が○万円もするようなブランドのお店ばかりを見たがるそうで、あの子は、せいぜい1着3900円までしか買う気がなく、
    靴に至っては1900円のものしか買う気がなく、
    高い店を覗く価値が見いだせない、と。
    我が家では、長く使うつもりのものは、たとえ高くてもいいものを、
    でも、流行を追いかけて、いずれ着なくなりそうなものは、高いものでなくていい、
    片付けるところに困るものは、数を多く持たない、
    という価値観をあの子にも浸透させてしまっていて、
    まぁ、いわゆる大衆的というか、「上品な」生活には遠いわけです…。

    けれど、やっぱり私には、minorityは、素敵じゃない、ということとは違う、
    と、強がりのようですが思ってしまう。

    女の子は、「群れる」存在を欲しがる。
    群れていないと、不安になったり、自分が社会性がなくてダメ人間なんじゃないかと、悩んでしまったりする。
    確かに、社会に出ても、同じ職場の人たちと、ある程度はお付き合いできないといけないし、学校でも、そう。
    でも、ちんは、それが出来ないわけではなく、「そのエネルギーを使わなくてすむ存在」を求めているだけで、それは、きっと、今に見つかるし、数も、多くなくていいと私は思うのです。

    最近になって、ちんは、やはり自分はバスケが好きだと言って、
    (ちん自身はバスケはできないのですが)
    マネージャー生活に全てをかけた高校時代のようにはなれなくても、
    大学で、バスケサークルのマネージャーに、勇気を出して申し出たようです。
    きっと、そこが、彼女の居場所になるといいなと願っています。


    世の中に、「本当に分かりあえてる人」を持っている人間なんて、
    実は少ないんじゃないでしょうか…。
    本当の自分は、やっぱり自分にしか分からない、
    私などは、自分にさえ、自分がわからないことも多い。

    いつも、何かと闘っている気がします。


    たとえ、ちんにとっては、わかってもらえてる気持ちになれなくても、
    そのままのちんを、私は、受け止める気持ちでいます。
    世界中が、みんな、ちんの敵になっても、
    私は、絶対にちんの味方でいる。
    そのことだけは、わかっていてほしい。
    そして、そのことを、最後の最後の力のもとにしてほしい…。


    今日は、私自身、いつもくじけそうになると聴く曲をお届けします。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                 僕が僕であるために → 




    0
      | 尾崎豊 | 17:25 | comments(20) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:25 | - | - |- pookmark
        ひとりの時はそろで

        ふたりの時はじゅえっとで

        さんにん寄ったら姦しい〜〜〜〜♪


        1mを100で割る定規と

        1mを3で割る定規


        52億分の3分の1から逆算すれば

        世界なんてあっという間に自分のものだ


        そこには敵も味方もいやしない

        ただ

        瓶詰めの砂時計
        | chaboがchaboであるために | 2011/02/14 9:35 PM |
        私の住む川崎は大雪です。

        マイノリティで良いのではないでしょうか。
        自分の好きな事には自分なりの考えを持ってる、
        そんな主体性のある人の方がかっこいいと思います。
        付和雷同はかっこ悪いです。
        相手を思いやる心さえ持っていれば、
        協調性はなくても良いと思います♪
        | AQUARIA | 2011/02/14 11:26 PM |

        ...................................................................................
        chaboがchaboであるために さん

        そうか、結局、みんな瓶詰めの砂時計か…。
        でも、その中にいる時って、みんな所詮、同じ形だってことに気付きにくいものだよね…。

        若い時、私もホントに生きづらかった。
        今は、もう、開き直ったオバサンさ(笑)。
        今は、怖いものはただひとつ。
        そいつの前でだけは、未だに、「怖くなんてない」っていう思いになれず、ただ、なんでもいいからしがみつきたいくらい、あがいてしまうんですよね(^_^;)
        | よぴち | 2011/02/14 11:26 PM |

        .....................................................................................
        AQUARIAさん

        私も、そう思うんですよ、今は…。
        若い頃も、「憧れるヒト」って、やっぱり、自分を貫いてる人だったし…。

        ただ、私も若い頃は、なかなか「一匹狼」でいる自信がなかったのも事実。
        他人の場合は、カッコイイと思えるのに、自分は、となると、やっぱり、目立たぬように…なんて思ってしまったりして。

        そちらは、雪が降っているようですね。
        慣れていないので、きっと、大変でしょう。
        風邪、そして、マジで「転倒」とか、お気を付け下さいね。
        | よぴち | 2011/02/14 11:35 PM |
        読んでて
        わかる!わかる!! が いくつもありました。
        自分も
        ごくごく普通だと思ってましたが
        どうやら
        「変わってる」人間らしい
        衝撃だったのは
        我が家一番の常識人間である末娘のニックネームが
        不思議ちゃん
        幸いにも
        イジメに遭っているとか
        仲間ハズレにされて泣いていたわけではないのですが
        聞いたときには
        家族一同
        えぇ〜〜〜〜っ?!
        息子のお嫁ちゃんいわく
        ひとりひとりがすっごく変わってる家族 だそうです。


        それからは開き直って
        マイペースを貫く決心ができたので
        集まりで何かを言い出すときにも
        あんまり躊躇することがなくなりました。

        >世の中に、「本当に分かりあえてる人」を持っている人間なんて、
        >実は少ないんじゃないでしょうか…。
        そうなんですよ!
        悟ってしまえば
        こわいものなんかない
        もう
        変わってるとウワサしてくれていいよ〜♪
        ってなもんです

        >世界中が、みんな、ちんの敵になっても、
        >私は、絶対にちんの味方でいる
        うぅ 
        涙ぼろぼろ
        それでいい と言ってくれる人がいるのは
        この上ない幸せです。
        | ありんこbatan | 2011/02/15 4:55 AM |
        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
        マイノリティかぁ、女の子って群れるからその輪の中に入ってないとマイノリティなの?
        それはそれで価値観の違いであって、個性だと思う。
        私の子供の同級生の女の子も群れる事が嫌いと言う娘もいたし、ウチの妻も群れるのは気持ち悪いとか言ってますよ。
        それで孤立して一人きりだったら寂しいけど、嫌いな事は別にしなくていいと思うし、自分から好きな事に飛び込んでいく事が大事じゃないかなと思う。
        私も嫌なものに無理して群れていくより、独りの方が好きですよ。
        でも男だから女の子の様ないじめだとかハネッポとかはよく分かりませんけど…。
        別にマイノリティであっても打ち込める事ややりたい事があればそれに全力で当たっていけばいいと思う。おかしいかな?
        | SHIBU | 2011/02/15 9:39 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        うん、ありんこさん、変わってる!
        …って、嘘だけど(笑)。

        私、自分がいろいろ変ってるせいか、
        他人を変わってる、って思うことも少ない気がします。
        有名な性格傾向テストの「エゴグラム」なんかをやると、
        私、「I'm O.K. You 're O.K.」派って出るんですよ。
        自分にも他人にも甘甘〜!(笑)

        今となっては、みんなと同じおばちゃんになんてなりたくない、とさえ思っちゃうけど、若い頃は、「外れる」のが怖かったかもしれない。
        たぶん、ちんも、今、そういう時期なんでしょうね。
        自分に自信が持てないんだ、自分を貫いたって、生きていけるんだということが実感としてわかってはいない。

        とにかく、そのままの自分に自信を持ってほしいんですよね。バカ親よぴちから見た感じでは、他人に迷惑をかけるような我儘なタイプでは決してないと思うので。
        高校ではすっかり「バカ」扱い、しかも、成績の悪いやつは人間としてダメダメ、みたいに扱われたので、彼女はすっかり自信をなくしてる。

        私は、そのままのちんで、十分に「いいやつだ〜」と思っているし、それをわかってくれる人が現れないはずがない、とさえ思っているので、このバカ親でもよければ、信じて生きていってほしいなと思います。
        | よぴち | 2011/02/15 2:37 PM |

        ....................................................................................
        SHIBUさん

        うんうん、私、SHIBUさんのコメント読んでて、今更ながら、「そうだ、私、群れるのが嫌いだったんだな」って思いました(遅いってか!笑)。
        なにせ、くだらんことに、やたらこだわる私なので、自由にやりたいのです。だから、群れて、誰かに従うのはイヤだ。
        仕事や、町内会など、属しなければいけない集団では、最低限の譲歩はしますが、プライベートでまでわざわざ、苦労したくない。

        とはいえ、学生時代は、私も、ちんと同じような心境で生きづらかったです。
        それを思うと、「こんな親に育てられて、同じ悩みを持ってしまう子になったのか…」と、思っちゃったんですよね。

        少しずつ、ちんも、強くなってきてると思う。
        強くなりすぎて、我儘で協調性がなくなったらダメだけれど、おそらくそこまでは行かないだろうとバカ親よぴちは信じてるので、強くなっていってほしいと願っています。
        (しかも、あいつ、私から見たら全然Minorityだと思わないし!笑)
        | よぴち | 2011/02/15 2:43 PM |
        よぴちさん

        ちんちゃんの話を聞いていると自分の子供の頃を思い出します。たぶんわたしは変わった子で、なかなか人になじめず苦労をしてきました。

        友達はいたけれど、いつも教室の隅っこでひとりで絵を描いたり、本を読んだりしている子供。
        好きなものがみんなと違っており、流行りの歌やアイドルに興味が持てず、しかも人に合わす気はなく、今思えば社会性がないやつ。かといって自分を主張する強さもない。

        大人になれば趣味や感覚が近いとか似ているなんて貴重なことで不思議なことであるか分かるし、逆に違う感覚のひとに刺激を受けることがあるって分かるんだけど。

        お話を聞く限り、ちんちゃんは社会性も強さもあるように思います。社会性は生きていくためのツールの面もあります。

        よぴちさんがギターが好きだったようにちんちゃんも好きなものが何かきっかけになるのかもしれませんね。

        よぴちさんたちが見守っていてあげれば大丈夫な気がします。黙って側にいるって大変と思いますが。

        訳がわからないコメントになっちゃいました。
        | いーみん | 2011/02/15 11:27 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        うん、きっと、私のギターが、あの子には「バスケ」。
        新しくマネージャーを勤めさせていただくことになったサークルでは、それなりに楽しく馴染んで来ているようです。
        よかった。

        私もこの齢になって、もう、怖いものなくなってきましたが(もう少し恥じらいやためらいや遠慮などというものを持ったほうがよさそうなくらい!笑)、若いときは怖かったです。
        だから、ちんの気持ちは痛いほど分かる。
        私の場合、母の思う就職をしなかったので、そのときは、「あんたは最後の最後にお母さんを裏切った」と、何ヶ月も口も聞いてもらえず、本格的に心の居場所を失って、けど、自宅以外、身を寄せる場所もなく、当時乗っていた車は軽油で走るディーゼル車で、燃料だけは入っていたので、思い余って茶戌の神戸の下宿へ車を飛ばしたこともありました。
        そこでは、茶戌の友達たちと、いつものようにバカ騒ぎをするだけでしたが、そこで「ああ、やっぱり私の感覚、おかしくないよね」と再確認することができて、また、毎日やっていく力をもらえた。
        あの時の友人たち、今でも福井に来てくれた時には必ず会っています。私は、一生、あの時のことを、忘れないと思う。
        ホントに、感謝しています。

        実は今、京都にいます。
        これは、私の逃避行。
        ちんの笑顔を見、ちんと話しているときが、
        私にとって1番の癒し。
        この、「子供依存」を、直さないと、子供が不幸だ、と、頭では分かっていても。
        未だに、大人にはなれない私です。
        | よぴち | 2011/02/17 11:47 AM |
        尾崎さんの曲を聞いて、よぴちさんの記事を読んで、「青春」をふと思い出して、昔読んだ「どくとるマンボウ青春記」を拾い読みしました。
        初めて読んだ時は、あちこちで自由に過ごして、医学部まで卒業していて、なんてすごい人なんだと思いました。でも、今読み返してみると、テレビ、インターネット、新幹線などのない時代だから、狭い範囲での見聞で書いているなと思います。
        やっぱりインターネットの時代に生きているっていうのは、とても幸せなことですね。悩み事の答えは見つからなくても、自分の悩みや考え方が特殊なものかどうか位は、色々な人のブログ記事やコメントを見て、何となくわかりますからね。
        | コーヒー党 | 2011/02/17 11:13 PM |

        .................................................................................
        コーヒー党さん

        まったく、おっしゃるとおりだと思います。
        私も、いいことか悪いことか分かりませんが、ちんにも、「よぴちから見たら、ちんは、ぜんぜんMinorityとは思わないし、少なくともネット上には、同じような人がたくさん、いるよ」と思わず言ってしまいました。
        ネットは、昔からある文化ではないこともあって、まるで「よくないものだ」叩かれがちだけれど、やっぱりいい点もたくさんあると思います。
        たとえ、リアルに会って確かめることが出来なくても、ネット上でも人とのふれあいはあると思いますし、それで、支えられることもある。
        もちろん、それだけに依存すると、間違って犯罪を犯してしまうほどの心理状態になることもあるようですが、
        …なんだか、わけの分からない文章になってきたなぁ。
        すみません。
        要するに、ある意味、ネットがあるからこそ、情報を得ることはもちろんのこと、人とのふれあいさえ広がることもあったりする、ということが言いたかった私でした(^_^;)
        | よぴち | 2011/02/18 12:33 AM |
        よぴちさん、ごぶさたしています
        なんとなく、コメントしたい気に…(なんだそりゃ^^;)
        自分自身、マイノリティに惹かれる傾向があることを自覚しています
        それゆえ、ネット上では 同じ趣味の人と触れ合うことが嬉しかったり
        現実の自分の周りには友人が少ないかもしれません(苦笑)

        最近、娘(中学生)も 友人がやっているブログに興味を持ち始め
        フタを開けてみれば、たくさんの中学生がウェブで日記を公開している現実を知りました
        どの程度 やってみたらいいよと言えるのか、手探りの状態です
        大人になってからこうしたコミュニケーションのツールに出会った私達とは、また違う感覚なのかもしれません…
        | はるのひ | 2011/02/21 1:49 AM |

        ....................................................................................
        はるのひさん

        こちらこそ、ご無沙汰しています。
        …っていうか、実はケータイから見てることが多くて、ケータイ入力が嫌いなのでコメントできないことが多い、というのがホントのところなんですが(^_^;)
        この前の、やっさんのライヴのお話も、うらやましくて、是非、リンクされてたCDも、聴かねば!!と思ったのでした。

        娘さん、難しいところですよね。イマドキ、全くネットから遠ざけるのも不自然な気がするし。
        私は、娘が高校に入学するまでは、とりあえずケータイは通話だけの契約にして(居場所確認が主な目的だったので)、ネットは、私のPCでやるように、と言ってました。
        PCは、居間にあるし、なんとなく、ケータイサイトの方が危ない気がして。
        あとは、ネットの怖さを語っていくしかなかったです。そして、娘を信じることしか。
        娘は、私なんかよりはるかに上手に自分のホームページを作ってましたね。当時、ファンだったジャニーズV6のファンの方々と交流していたようです。
        チャットもやっていたようですが、その中には、今でもお付き合いのある子もいます。1度、会いに行く時は私も同行しましたけどね。今では、その子は私にまで、娘を通じて進路など相談してくるような関係になっています。

        我が家の場合は、今のところ、大きな問題がないだけで、やっぱり、私には、「こうするのがよい」というような結論は出せないけれど、なんとなく、はるのひさんの娘さんなら、大丈夫な気はします!

        | よぴち | 2011/02/21 3:59 PM |
        ちんさん大変みたいですね。何かに打ち込んで、発散出来るといいけど。
        彼女の声を聞いてあげて下さいね。何だかんだ言っても、最終的な拠り所はよびちさんだから。
        | 力道 | 2011/02/22 7:19 PM |

        ....................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        まぁ、拠り所は徐々に他の人に移行されつつありますが…^_^;
        私にとって、病気になった時に生きるひとつの目標として、この子が私以外の拠り所を得る時まで、という思いがありましたから、もちろん、いいことなのですが。

        今は、バスケサークルでの活動に一生懸命のようです。
        高校時代も、明けても暮れても、バスケ部、の子でしたから、大学でも、そうなってくれるといいなと思います。
        | よぴち | 2011/02/23 3:21 PM |
        よぴちさんこんばんは〜♪
         
         自分が自分であるために〜〜難しいですね。
        年齢年齢によってもパラ等大きく違う。
         娘さんを知るのも、アドバイスも手を差し伸べるのも、母親だから良い部分とそうでない部分が、特に有るように思えます。

         娘さんの人格は、親であっても自分では無いと、
        親は柔らかく遠くで見ていて欲しい存在かなと。

        | パラ | 2011/02/23 11:56 PM |
        すごい共感する、
        むすめさんのことはよくわかる
        | 長七 | 2011/02/24 12:04 AM |

        ....................................................................................
        パラさん

        そうなんですよね。
        親が、子供の性格を、どうこう出来るものではないということは、この19年の間にも、本当に実感しています。

        でも、私は、人が、人に優しく出来たり、我慢が出来たりするその力には、「自分は必要とされている」という、存在価値の認識が、大きく影響しているように思っています。
        だから、彼女には、そのままの自分で、十分に存在価値がある、少なくとも、私はあなたを必要としているし、価値を認めているから、ということを、心の片隅に持っていてほしいな、と思うんですよね。
        だから私に何かをして欲しい、というのではなく、それを認識していることで、彼女が生きていく力になったらいいなぁ、と思うのです。
        | よぴち | 2011/02/24 1:03 AM |

        ....................................................................................
        長七さん

        私も、実は45にもなりながら、今だに、娘の気持ちが、実感としてわかってしまうんですよ。
        若い頃よりは随分強くなったし、開き直るのも上手くなりましたが、やっぱり、娘の、はぐれることに対する「恐怖感」とか、かといって自分を曲げたくはない自我だとか、そんな、いろんな思い、なんとなくわかるのです。

        でも、おかげさまで娘は随分、元気を出したようです。
        なんと現金な…、という感じですが、それでこそ、生きていける。
        生きていく力を、身につけて行ってくれたら、親はそれで十分です。
        | よぴち | 2011/02/24 1:06 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/284