◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 残照:松山千春 | main | Many Rivers to Cross:Jimmy Cliff >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  歌は世につれ:NSP(あまのしげる)  ○●○
    NSP復活コンサートいつもの年より、どこか肌寒く感じられた弥生も過ぎ、震災の復興に努める方々を苦しめるかのように、さらにさらにと余震が襲いかかる中、それでも、桜はいつものように咲き始めました。
    全く、自然の存在と力には、圧倒されるばかり。

    心華やぐ春、のはずなのに、どこか、いつもほど花をめでる気になれない人も多いであろう、今年の春…。

    おかげさまで、私も、4月8日金曜夕方、とりあえず退院して参りました。

    まだ、食道の狭窄が起きる可能性はかなり高いようで、主治医は、入院したまま経過をみたい様子でしたが、今年は私も、これまでと違って、「必ず出勤する」仕事をいれてしまったことや、病院で、悪くなるのをただ待っている毎日が息苦しすぎて、それなら、自宅で生活しながら、悪い兆候が見られたら、病院へ走ればよい、ということで、「とりあえず」退院してきました。

    入院期間中、ご心配いただいた方々、励ましの言葉をいただいた方々、
    本当にありがとうございました。
    けど、病院で、毎日幸せでした、スミマセン(^^ゞ


    今回の食道の狭窄は、2年ほど前から定期的に続けてきた食道静脈瘤の治療が一段落したので、少しでも再発を遅らせるためにと施した地固め治療が裏目に出て、起こったもの。

    なので、消化器科主治医は、ひたすら、
    「僕が、欲を出したから、よぴちさんにこんな負担をかけることになってしまった」
    と、私にも茶戌にも、何度もおっしゃっていました。

    けれど、こうなるかもしれない、というリスクは承知の上で(けれど、確率的にまさか自分がその当たりくじを引き当てるとは思ってませんでしたが)、地固め治療に臨んだのだから、主治医がそんなにご自分を責める必要はない、と、何度も言いましたが、消化器科主治医は、ひたすら、申し訳ないを繰り返していました。

    あまり、そういう風に言われると、逆に、今の私の状態は、そんなにも深刻なのかと、猜疑心を持ってしまう…。

    確かに、狭窄が起こった時には唾液すら飲み込めず、本当につらかったし、だからこそ、今も、狭窄におびえる毎日はつらい。

    でも、そもそも白血病という、もっと直接的に死と隣り合わせの病気と付き合っている私、なんだか、その辺の感覚は少し麻痺してしまっていて、
    つらくとも永遠ではなく、いつか治るんなら、別に頑張るまでさ、という感じ。
    その辺で、少し、消化器科主治医とは温度差があるかもしれない。


    途中で2度ほど、外出・外泊をした時もそうだったし、
    昨日、退院してからもそうですが、
    入院生活と言うのは、本当に体力と気力を衰えさせる。

    せっかく自宅に帰ってきたのに、
    やらないといけない、と思うことが山積しているのに、それを頭ではわかっているのに、
    何もやる気が起きない。

    少し何かをやっただけで、すごく疲れを感じてしまう。

    ご飯を食べる気にもなれず、とりあえず、ギターを手にしてみました。

    譜面がなくても弾けるような、
    自分の定番曲を、何曲か弾き、歌ってみる。

    少しずつ、何かがほぐれていく。
    たとえば、再入院への恐怖や、
    新しく始める仕事の不安や、
    今までみたいに毎日楽しくやっていけるようになるのはいつなのかな、という、
    漠然とした暗い気持ち…。

    そんなこんなが、
    少しずつほぐれていくのを感じました。


    震災に遭われた方々も、
    途方に暮れる気持ちを、
    大切な人や物を失った悲しみを、
    少しずつ温めたり誤魔化したりしながら、
    とにかく、前に向けて歩いておられるのでしょう。
    それなのに、またしてもまたしても余震が起きて、
    新たな災害を生んでいく。

    私も、形も規模も違うけれど、
    比較するのはおこがましいけれど、
    あがいてもあがいても、新たに治療が必要なことが起こってきて、
    少し、疲れを感じたり、投げ出したい気持ちになったりします。


    けれど、やっぱり、今だ、生きてる。
    生かされている以上、幸せに、生きていかなくては。

    何かあるたびに、音楽に、歌に救われています。

    震災に遭われた方々や、地球上の、いろんな、つらい思いをされている方々にも、
    きっと、歌がある、と、思いたい。
    戦後の焼け野原からの復興の時も、
    歌が、先達を支えてきたように。いつの時代にも、歌は存在する。


    今日は、今は亡き天野さんの、この曲をセレクトしました。
    途中で、歌に詰まっているところで、いつもなぜか、私も涙が出て来ます。
    天野さんは、何を思い、声を詰まらせたのか…。
    少なくとも、天野さんもまた、
    自分の人生に、歌があったのですね。


    頑張りますよ、十分、幸せです!


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                            歌は世につれ → 




    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | NSP | 14:14 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 14:14 | - | - |- pookmark
        そうですとも
        幸せに生きてくださいね!

        退院おめでとうございます ヽ( ̄∇ ̄)ノ

        自分の選んだ治療方法が....って
        謝ってくださるお医者さまなんて
        そうそういないんじゃないかなぁ
        いい先生だと思うよ

        何もする気がおきなくて
        とりあえずギター
        いいね!いいね!
        避難所でも
        食糧が入ってくるようになったら
        次には....
        子どもには絵本やおもちゃ
        そして
        楽器がほしいという声もあるそうです。
        これは子どもから大人まで
        自分が弾けなくても
        そんな潤いがほしい....
        避難所が学校体育館とかで
        ピアノがあって
        誰かが弾いてくれると
        雰囲気がぐっと違うって。
        みんなが知ってる歌の伴奏だったら
        きっと大合唱になるんだろうね
        1日も早く
        日常を取り戻されますように。。
        よぴちさんも
        無理のないよう
        ゆっくり日常復帰していってくださいね     
        | ありんこbatan | 2011/04/10 2:49 AM |
        よぴちさん、お帰りなさい(^o^)

        まず、ギターですか♪
        わたしは何もする気が起きないときは、お風呂に入って、歌います。うまく聞こえるので、気分がよくなります。

        でも、よぴちさん、がんばりすぎないでよ。ぼちぼちですよ(^-^)

        昨日は、森源太さんと弓削田健介さんという人のライブに行ってきました。二人とも九州出身のミュージシャン。

        森源太さんが実際に東北の被災地(行政がまだ入っていないところ)にボランティアで行ってきた話をきいて、森さんの情熱的な歌とギター、弓削田さんの小田和正みたいなきれいな歌声とピアノにうっとりしてきました。

        本当に現地はテレビどおりの情景なんだそうです。

        でも、今度また東北(石巻と言っていたと思うのですが)に行くらしいのですが、支援物資で欲しいといったものが、タバコ、お酒、お菓子、コンタクトの保存液、老眼鏡、電池…。

        少しほっとするでしょう。ライフラインより一歩進んでいます。しかしやっぱりお酒か…。わたしは飲めない方ですが、力水なんですよね。

        わたしは大量購入したコンタクトの保存液を持って行きました。

        一歩、一歩ですね。

        | いーみん | 2011/04/10 8:43 AM |
        じゃあ今日はまたよぴちの誕生日だ

        どんどん歳とって

        700歳くらいになっちゃいそうだ

        世界一じゃねぇかぃ


        歌は世につれ世は歌につれ
        | new masohistick chabo | 2011/04/10 8:56 AM |
        謝る必要なんか何もないですよ。懸命に病気と戦っていらっしゃるのだから、前向きに考えての退院いいと思いますよ。
        季節は容赦なく巡りますが、生きている喜びを噛み締めましょう。
        ところで、[残照]久しぶりにカラオケで歌いました。いい歌ですよね!これが収録されたアルバムが現在確か廃盤。再発を願ってます。
        | 力道 | 2011/04/10 10:38 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        本当に、いつも気にかけて下さってありがとうございます。
        そう、最初はとにかく呆然としていても、やっぱり生きている限り少しずつでも歩き始める。
        その時に、心を潤すものが必要になってきますよね…。

        大人もさることながら、子供のことがとても心配です。
        学習が遅れるとか、そんなことだけじゃなく、
        子供にとって、家庭以外の、大きな自分の場所、それは学校だと思う。
        家族や友達だけじゃなく、学校さえ失われた子供たちの心を、なんとか支えてあげたい。

        それは私にとっては音楽や、文学だけれども、
        他のなんであってもいいと思う。
        心折られた方々が、それを得ることに、少しでも力になれたら、と思います。
        | よぴち | 2011/04/10 1:06 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        いつも気にかけて下さってありがとうございます。
        そっか、いーみんさんにも、いい充電になったなら、よかった。

        被災した方々も、決して立ち止まってなんかいないですね。
        支援も、少しずつ、その方々の足並みに合った形になっていくべきなんでしょう。

        生活必需品、と、ひと口に言っても、本当に、いろいろなものがあるんだなぁ、と、しみじみ。
        生きていくのって、本当に大変で、それを得られている私は、本当に恵まれているんだと実感せずにいられないです。
        | よぴち | 2011/04/10 1:09 PM |

        ....................................................................................
        new masohistick chaboさん

        そう、今に私は、デーモン小暮みたいな年齢になっちゃうかも(笑)。

        つまりは、人の何倍も生きれるというのは、ある意味、幸せなことなんだろうなぁ…。

        chaboさんも、復興に向けて、忙しくなるんだろか。
        まぁ、masohistick な chaboさんだから、それも、ある種、快感に思えちゃう??

        chaboさんのコメントで、しみじみ、歌も世につれるけれど、そうだ、世も歌につれるんだ、と思ったら、なんか、少し明るい気持ちになってきました。
        | よぴち | 2011/04/10 1:13 PM |

        ...................................................................................
        力道さん

        いつもいつも、ありがとうございます。
        最近、めっきりカラオケに疎くなってしまってますが、
        そっか、最近では、カラオケに「残照」があるんですね!
        曲調とかコード進行は、ちょっと「君のために作った歌」に似てるんですよね。
        千春さんの代表的ないくつかのパターンの1つだと思います。

        私は、今回の震災では被害に遭っていない、それはどうしようもなく事実で、かといって、私も同じ目に遭うことが、被災した方々のためになるとは思えない。
        だけど、せめて、幸せをかみしめて感謝しなかったら、被災した方々に申し訳ないと思う。

        これからも、幸せに生きていきます!(←なんか、結婚式の挨拶みたい?笑)
        | よぴち | 2011/04/10 1:18 PM |
         
        遅うなったけど、おかえんなさい。
        何書いてええのかわからんから(前の退院のとき「これで大丈夫やな」みたいなこと書いたら再入院やったんでちょっと失敗したなぁ思てね。別に言霊信者やないけどさ)、歌の話でも。
        あたしね、最近何やら落ちてて、NSP聴いてさらに落ちてたんですわ(笑)。無性にNSP聴きたい時てあってね。DNAに組み込まれてんのかいなと思うほど。この旋律に弱いんやね。
        んで、こちらへお邪魔したら「歌は世につれ」。符合も感じるけど、このバージョンはあかんね。やっぱり泣くわ。涙腺弱わなったわ。
        ずっとここしばらく、ただ漫然と生きてきたなと思う。流されるように。ほんでも最近、ちょこっと人生に指針みたいなもんが見えてきたり、やりたいことが出てきたり。そうなると無性に生き続けたくなんのね。現金なことやと思うけど。
        「生きる」ってことの大切さは、切羽つまらんとわからんもんかなと思てみたり。
        よぴちさんは、ずっとそれを思いながら凛として過ごしてきたのかなと思うと、改めて自らを反省したり。
        天野さんは、何を思て声つまらせたんかな。
        やっぱり天野さんも生きたかったやろな。歌があるんやさかい。
        天野さんが逝ったとき、なんでこんな早うに、と思たけど、あれから幾年過ぎて、だんだん自分らがその歳に近づいてくると、その無念さが今リアルに感じられてきてね。
        何書いてんのかわからんようになったけど(人様のブログでごめんね)、やっぱり生きるっちゅうことは、これに勝るもんはないんやと、今つくづく思てます。よぴちさんには、今頃そんなこと言うて、と怒られるかもやけど。
        言葉選ばんで、ごめんね。
        | 凛太郎 | 2011/04/10 5:56 PM |
        ...................................................................................
        凛太郎さん

        ぞうなんです。このヴァージョンは、ヤバイですね。
        私も、何度聞いても慣れることなく、泣けてしまうんです…。

        天野さんといい、河島英五さんといい。
        もう、自分の年齢がすぐそこに近づいています。
        そして、それよりも、病気になって、ともに生きてきたはずのたくさんの「病友」との別れを味わって、
        しみじみ、自分の今のありがたさを噛みしめずにはいられません。

        誰もが、本当は明日はわからない。保証されてる人なんて誰もいないし、自分の寿命が分かる人はいないと思う。

        私も、今、このときを、特に何をするわけでもなくても、
        愛さずにはいられません。
        | よぴち | 2011/04/11 12:56 PM |
        退院おめでとうございます♪
        音楽に対する記述、私も同感です。
        たとえが悪いけど、もし仮に私が全てを失っても、
        心の中に記憶している音楽さえあれば、
        何とか生きていけるのかな。。。と思っています。
        | AQUARIA | 2011/04/12 10:37 AM |

        ....................................................................................
        AQUARIAさん

        ありがとうございます♪
        きっと、人は、全てを失っても物理的には生きていけるのかも…。
        ただ、「心」を支えたり潤すものが、やっぱり必要なんですよね。
        それが、きっと私にとっても、AQUARIAさんにとっても、音楽なのかも…。

        そして、そういう人は、すっごく多いと私は思っているんだけどな…。
        | よぴち | 2011/04/12 12:47 PM |

        よぴちさん逞しいと思いましたけれど、確かに入院生活は萎えさせるものがあります。
        規則正しい単調さと不自由さがさせる技かと。

         食道狭窄、パラも食道痙攣が有るな〜〜と思ったら食道静脈瘤の治療から来ていると、大きな病気を抱えて明るく仕事に意欲を持って行きぬかれている姿に、ただただ頭が下がる思いです。

         今回の東北・太平洋沿岸大地震は、今も大きな余震が毎日起きて職場や自宅で怖い思いをしています。
        被災地の方々の苦しみのほんの欠片ですので、原発を含め考えさせられるものも多いです。

         退院して直ぐにパラのブログに来てくださってありがとうございます。
         とても勇気を頂きました。

         大切なお仕事でも、先ずはよぴちさんの身体が第一ですから、お大事にしてください。

        | パラ | 2011/04/12 11:02 PM |

        ....................................................................................
        パラさん

        こちらこそ、ありがとうございます。
        パラさんのブログにお邪魔したのは、
        写真に癒されたかったからです。
        そして、綺麗な桜の写真に、束の間、落ち着きを取り戻しました。

        いろんな方が、いろんなことで苦しんでおられる。
        私は、ブログで愚痴ばかり言って、
        そのたびに皆さんに温かい励ましをいただいて、
        本当にダメダメ人間です。
        みんな、黙々と、その苦しみと闘っているのにね…。

        昨日、今日と、無事、お仕事を終えました。
        また治療が必要になって、どうしても休まないといけない時は仕方ないけれど、そうでもなければ、なんとかやっていけるな、という実感を得ました。ありがたいことです。

        少しずつ、気分は上がってきています。
        そもそも、長く悩んでいることの方が苦手な私ですから(笑)。

        パラさんこそ、季節の変わり目、お大事になさってくださいね。
        | よぴち | 2011/04/13 12:06 AM |
        はじめまして、よびちさん。

        as time goes by を検索したところ、こちらのブログに気になる言葉があったので立ち寄ってみました。

        いやぁ、参りました。
        突然、無いはずのガラス戸に頭を打ち付けたようです。
        もちろん、いい意味でですよ。

        当方、48歳、妻と三人の子供たちがなんと言おうとギターを弾き続けている「歌、詩」が大好きなものです。

        これからも、昔懐かしラジオ感覚でヘビーリスナーになりたいと思っております。

        取り急ぎご挨拶と、よびちさんには、ご自愛いただきますよう書き込みさせていただきました。それでは。 adajii
        | adajii | 2011/04/16 6:43 AM |

        .....................................................................................
        adajiiさん

        ご訪問、ありがとうございます♪
        「気になる言葉」というのが、なんだったのか、逆に「気になる」私です(^^ゞ

        年齢的にも、「歌、詩」が好き、という点でも、何か、とても話が合いそうな気がして嬉しい気分です。

        見も知らぬ私に、お見舞いのお言葉、本当にありがとうございます。
        頑張ります!

        adajiiさんもブログ、やっておられましたら、ぜひ、URLお教えいただけると嬉しいです。

        またぜひ、お会いできますよう…。
        | よぴち | 2011/04/16 7:49 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/290