◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Many Rivers to Cross:Jimmy Cliff | main | ロンド:オフコース >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  そよ風のくちづけ:キャンディーズ  ○●○
    そよ風のくちづけいい加減、綿の入ったコートを着るのは恥ずかしく、薄手のコートやカーディガンを着るようになりました。
    でも、私は朝晩は今だ、ファンヒーターをつけている始末。
    日中や、建物の中は暑いので、薄着をしては、結局、風邪をひきました。
    いやはや。運転中の車窓から見える山々は萌えているというのに…。


    元キャンディーズのスーちゃんこと、田中好子さんの訃報が入りました。

    子供の頃も含め、若い頃は冷めていた私、
    アイドルに焦がれることはあまりなかった。
    ましてや、同性のアイドルを好き、という感情が、私には理解できずにいました。

    けれど、思えば、キャンディーズだけは別だったな、と思います。
    キャンディーズの曲は、やっぱり好きだったし、
    TVの「みごろ・たべごろ・笑いごろ!」などは、地方である福井では、リアルタイムでは放送されず、土曜日の午後などに放送されていて、部活でなかなか観れないにもかかわらず(当然、当時、ビデオなどというものはない)、あれが観たいがために、部活を終えて走って家に帰ったのを思い出します。

    つまり、好きだったんだ。
    そういうのを、好きだ、というんだ、と、今の私は思うのですが、
    当時は、「恋焦がれる、ものすごく惹かれる」のだけが「好き」の定義だと思っていたのかもしれない。

    そして、中で誰が1番好きかと訊かれたら、迷わず、スーちゃんでした。
    ほんの少し丸かったところや、中では声が低めな感じに親近感を持っていたのかもしれないし、何より、同性だから、お色気より健康的さ、の方が優先されたからかもしれない。

    そう、スーちゃんのイメージは「健康的」だったのです。

    ところが、今回の訃報とともに、いっせいにマスコミに流れたのは、田中好子さんはずっと前から、闘病していたとのこと…。

    少し前、TVドラマに出演されている姿をチラッと見た時に、
    「なんだか、急にすごく やつれたな…」と思ったのですが、
    それは、齢のせいだと思っていました。
    やっぱり、女優さんでも、さすがに50を過ぎると少しはやつれてくるんだなぁ、と。

    でも、たぶん、齢のせいだけではなかったんだ、と、今になって思う。

    そして、有名人の訃報なんて、毎日のように流れるのだから、
    なるだけ気にしないようにしようと心がけているけれど、
    さすがに、田中好子さんの訃報は、ショックでした。
    自分の10年後を、ぼんやりと想像し、急に怖くなってきたのは事実です。
    田中好子さんが最初に乳がんを患ったのは、たぶん36歳くらい。
    それから、20年…。

    私も、CMLを発症したのは29歳だったので、
    55歳になる頃には20年を過ぎている。
    そして、今、17年目で、肝硬変中期にまで至ってしまっている…。
    あと、何年もつんだろう、
    自分では、寿命を全う出来る可能性を信じてきたけれど、
    今回の訃報を聞くと、やっぱり、それは無理なのかなぁ、と、
    少し、心が折れそうになっています。


    まぁ、自分のXデーはいつなのか、それを恐れながら毎日を過ごすことは愚かだと、だから、とにかく毎日を、楽しんで悔やまないように生きていくんだ、と決めたのだから、これからも、自分にそう言い聞かせながら行こうと思いますが。

    実際、考えても考えなくても時は流れていくので、
    その瞬間、その瞬間を積み重ねていくしかないのです。


    今日は、私が、キャンディーズの曲の中で1番好きだった「そよ風のくちづけ」をセレクトしました。
    当時、小学校の2年生だったと思いますが、クラスでお楽しみ会があって、担任の先生が、お楽しみ会のメインイベントとして「歌合戦」を企画しました。
    何を歌おうか、私は、この「そよ風のくちづけ」と、「エースをねらえ!のエンディング・テーマ」と迷ったのですが、「くちづけ」という言葉が、小学校2年の私にはどこか気恥ずかしく、学校だから、たぶん、先生も、「不適切」と思うのだろうな、などと考えて、エースをねらえ!の方にしたのを覚えています。

    そして、私がいろいろ考えて、「そよ風のくちづけ」を断念したのに、
    当時から何かと絡んでいたS君が、齢の離れたお姉さんのレコードに入っていた「心の旅」を歌ったのを聴いて、
    「なんや!このいい曲は!! しかも、「抱いていたい」なんて言葉を歌うくらいなら、私も、そよ風のくちづけにすればよかった!」
    と、チューリップの曲との初めての出会いに感激するとともに、
    自分の選曲を後悔してやまなかったことが思い出されます…。


    田中好子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       そよ風のくちづけ → 

    *なお、これまで、自分の音源をアップしてきたサイトが
     4月いっぱいで閉鎖になります。
     申し訳ありませんが、再アップはおそらく実現しないため、
     4月いっぱいで、聴けなくなります。
     You Tubeなどになかなかアップされてない曲など、
     よろしければ4月中にぜひご再聴くださいね!




    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代 
    0
      | キャンディーズ | 17:16 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:16 | - | - |- pookmark
        その頃オラは高校の音楽室で

        「心の旅」のピアノを弾かされていた

        ちょっとお兄さんなんだって思い知ったぞ

        その分キャンディーズに歳が近いわけだし


        でも

        ミキちゃん派だったし

        それよりリリーズ派だった

        だって

        好みのタイプがいっぺんに2人!!!
        | らんchaboすーchaboみきchabo | 2011/04/25 7:01 PM |

        .....................................................................................
        らんchaboすーchaboみきchaboさん

        いや、50過ぎのジイサンだってことはすでに周知の事実(笑)。

        しかし、ミキちゃん派ですか。なかなかシブイ。
        んで、リリーズ、って、すごくわかる。

        んで、ちょっと似てるけど、松本ちえこじゃない、っていう(^_^;)
        | よぴち | 2011/04/25 9:44 PM |
        スーちゃんの訃報は衝撃的でしたね
        乳がん発症から19年と聞いた時には
        乳がんを宣告されたことのあるブログ仲間さんのことを思いました。
        術後回復された とはいっても
        ショックだったのではないか と。。
        ブログされてる人に多いんですよ
        ってことは
        実際の知人の中にも
        秘密にしているが実は.... の方が多いのかもしれません。

        昨夜
        生前に吹き込んだ声を聞いて号泣
        死を予感されていて
        息苦しそうなのに
        被災地の方々を心配され
        みなさんに感謝のことば
        自分は
        あんな風にできるだろうか....
        いや
        あれをめざそう! と思いました。

        お楽しみ会での歌披露 と言えば
        高3のとき
        年下の男の子
        4人仲間でやらかしたんですよ
        1人がこの歌にしよう!
        あと3人
        えぇ〜っ?! と言いつつ
        もう練習に入ってました。

        「心の旅」にも思い出がある〜☆
        こちらは中3
        友だちが
        家で大きな声で歌ったら
        お父さんに
        なんて歌 歌うんだ! ってカミナリが落ちたんだって
        あの子
        元気かなぁ

        いろいろなこと思い出させていただきました!
        | ありんこbatan | 2011/04/26 5:11 AM |
        スーちゃんの訃報。言葉になりません。自分としては、アイドル・グループはピンク・レディーよりキャンディーズでしたから。

        あの美しいコーラスはアイドルばなれしてたなと感じます。最初は彼女がリードでしたし、いい曲が多いです。 よびちさんも、自分に重ねず、精一杯楽しくやりましょう!
        | 力道 | 2011/04/26 6:35 AM |
        ------------------------------------
        スーちゃんの訃報には驚きました。
        私の義姉も35歳の時に乳がんで亡くなってますしね。

        改めてキャンディーズを聴くと、ちゃんと唄ってて、ハモってるんですよ。
        そこが今のアイドルグループとは違うのかなと思います。歌がちゃんと唄えて、それからバラエティに出れるとか、ちゃんと唄える事が前提なんですね。
        そういう意味ではグループシンガーの元祖と言えるのでしょうね。

        自分のXデーなんて考えると落ち込むでしょ。だからね、考えないんです、私は。
        近づいて来たら自分なりに足掻くのでしょうけど、それまでは考えないように、今を考えてます。
        でも“今”出来る事なんて無いんですけどね。
        | SHIBU | 2011/04/26 10:16 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        そう。
        私も、スーちゃんのメッセージ、夜のニュースワイドで聞きました。
        自分の「死」を受け止めなければ、あんなことは出来ない。
        あんなに穏やかに見える方の、どこにそんな強さがあったんだろう、私にはとても無理だろうな、と、自分のヘタレ加減を痛感しました。

        ところで。
        やっぱり、中3でも、「心の旅」にはカミナリが落ちたんだ…。そうですよね、私はなんたって小2、「くちづけ」はヤバイですよね〜。
        でも、そこから私のチューリップは始まったんです。あのお楽しみ会からそう日を置かず、その子の家に遊びに行って、「あのレコードは今、聴けないか」と言った覚えが…^_^;
        「姉ちゃんのやで、勝手に聴けない」と言われてガッカリしたなぁ…。
        | よぴち | 2011/04/26 9:36 PM |

        .....................................................................................
        力道さん

        そうか、力道さんも、ピンクレディーよりキャンディーズ!
        私も、ピンクレディーは、歌は歌ったけれど、周りのみんながやるように、「振付」を覚える気にはなりませんでした(^_^;)

        そうなんです、この曲の頃は、確か、スーちゃんがセンターだったんだ。いつの間にか、蘭ちゃんになってましたが。1曲、「わな」だけ、ミキちゃんがセンターだったような。

        ちなみに、当時私がずっと片思いしてた男の子も、例にもれず、お気に入りは蘭ちゃんでした(笑)。
        | よぴち | 2011/04/26 9:40 PM |

        .....................................................................................
        SHIBUさん

        昔は、アイドル、と言ったら、絶対、歌がつきものでしたよね。だから、必ず、歌が上手いかどうかが話題になった。
        たいてい、歌番組からアイドルが出て、「平凡」や「明星」の唄本に紹介される。3か月に1曲くらいのペースで新曲が出てました。
        今は、グラビアアイドルなどというものも出てきて、なんか、「アイドル」の定義が、私の、昔のままの感覚とはちょっと違う気がします。

        おっしゃるとおり、死を考えずに生きるとして、じゃ、今、何をするかと言われたら、私も、特にないんですよね。
        だから、とにかく、一瞬一瞬、納得しながら積み上げていこう、と思ってるんです。

        SHIBUさんの、何か「生きる姿勢」というか、日々の過ごし方というか、それには、いつも勇気づけられてますけどね。
        ありがとうございます!
        | よぴち | 2011/04/26 9:45 PM |
        今、東京出張の帰りの”はくたか”の中です。
        キャンディーズはとてもなつかしい。
        「年下の男の子」とか、友達と一緒に歌ってましたね。わたしは、らんちゃんが好きで、田中好子さんは、むしろ解散後に好きになったのだと思います。
        病気をされていたから、輝くということもあるのかも。
        そういう人のほうが、毎日を大事にしているかもしれませんよ。





        | いーみん | 2011/04/28 5:17 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        出張ですか。お疲れ様です。
        私も、今、帰宅しました。

        そっか、いーみんさんもギリギリ、キャンディーズ世代なんですね。
        「年下の男の子」を振り付きで歌うのは、むしろ解散してから流行した文化かもしれない。

        病気をして学ぶことはたくさんありますよね。
        私なんて、病気になって、数年で死ぬかもしれない、ということになって初めて、「あ、もう私の人生始まってたんだ」って、気付いたくらいです。もう、29歳にもなってたんですが(←それも極端か^_^;)。

        結果、幸せな人生になったなぁ、と、思ったりもします。
        気持ちが落ち着いてる時は…ね。

        いつだって、落ち着いていれるようになれたら最高なんだけど(笑)。
        結局、死ぬときまで足掻きそうだなぁ…、私の場合(^^ゞ。
        | よぴち | 2011/04/28 5:50 PM |
        気温差の大きい毎日ですが、お具合はいかがでしょうか。
        この曲を含めて、若い時に聴いた流行歌の歌詞で、自分の人生観が形成されていたと今になってわかります。ちょっと恐いですね。
        話は変わりますが、福島第一原発の事故は大変なショックでした。今でもショックです。安全神話を固く信じていたので、水素爆発のニュースを見た時は、誤報かと思いました。
        私は被災者でも周辺住民でもないですが、そういう人で私のように、信じていたものに裏切られた気分になっている人は多いだろうと思います。これって、太平洋戦争に負けた時に、当時の人たちが味わった気持ちに似ているんでしょうね。
        | コーヒー党 | 2011/04/28 8:10 PM |

        ....................................................................................
        コーヒー党さん

        お気遣い、ありがとうございます。
        コーヒー党さんは、体調、いかがですか…?

        私も、今回、被災から免れて、毎日、ぬくぬくと暮らしています。
        が、福井は原発立地県、以前から、原発の安全性について興味はありました。というか、持たざるを得ない。
        原発近くで地震があるたびに、原発は大丈夫だったかが必ず報じられます。

        けれど、本気で反対していたかと言うと、まだまだぬるい感情でした。

        今回、国民みんなの中で、安全神話が崩れたのではないかと思います。
        けれど、エネルギーの供給を人任せにしていた自分たちにも責任がある。
        まず、余計な需要を減らすことと、原発以外の発電方法を真剣に考えなくてはならないでしょう。
        私も、自分自身に「喝」の気持ちです(^_^;)

        戦争に負けた時、多くの兵士たちは信じられなかったそうですね。そしてその後の、瞬く間の文化の変化…。
        あらためて、先達の柔軟性と精神力に敬服する思いです。
        | よぴち | 2011/04/28 10:24 PM |

        よぴちさんこんばんは〜♪

         すーちゃんが55歳で亡くなったと新聞で知りました。
        2日前にとそこには書いてあって、パラは気が付かなかったのかと思いましたら、それからTVで報道されてきました。
         夏目雅子さんが27歳で亡くなったときは涙がポロポロこぼれました。
        その後に再婚されたとずっと思っていましたら、お兄様と結婚されていたのですね(こんな時に失礼とは思いながら)
        20年近く闘病されていたと読んで驚きました。
        ランちゃん、ミキちゃんが最後を7時間も一緒に居て、ひたすら名前を呼んだというのが、パラも経験が有って心に残りました。
         戻って来て欲しい願いは名前しか呼べない。

        8時だよ全員集合で運動オンチでもめげずにやっていたのが印象的で、素直な方と思えました。

         落ち着いたら復活すると弱弱しい声でしたが言っていました。
         復活を待っています。
        今は静かにご冥福をお祈りするしています。

        パラの感想ばかりになってしまいましたが、同じ気持ちですーちゃんの死を思ったので。



        | パラ | 2011/04/30 12:20 AM |

        ....................................................................................
        パラさん

        実は、私は何よりもあの、「復活する」という言葉に打ちのめされたんです。

        それは、とりあえず今、目前に迫っている死をきちんと受け止めて、そしてそれは「肉体」の死であると自分なりに咀嚼して初めて言えることだと思うから…。

        彼女の視点は、「死」を越えたところまで及んでいた。

        私は、足元しか見えない。
        明日を見ることさえ、怖くて逃げることがある。

        本当に、あの強さに打ちのめされました…。


        私も、頑張ります。いつも、ありがとうございます。
        | よぴち | 2011/04/30 12:31 AM |
        とても良い曲ですね♪
        何か昔の方が良い曲が多いような気がするのは歳のせいかな。

        死は生まれたからには必ず訪れる自然な事。
        理屈では解っているけど、
        どうしても感情的になってしまいます。

        闘病生活を体験した事のない私が、
        何を言っても説得力のない言葉になってしまいそうですが、
        よぴちさんの考え方、素敵だと思います(^−^
        | AQUARIA | 2011/05/07 1:17 PM |

        ....................................................................................
        AQUARIAさん

        「歳のせいかな」なんて、いや、まだまだお若いはず…(^_^;)
        昔の、特に歌謡曲は、本当によく出来てるというか、まとまっているんだと思います。
        曲も、詞も。
        だんだん、それに慣れて、人々がそうでないものを求めるようになって、いわゆる「破調の美」のようなものが多くなってきたんだと思う。
        昔は、ドラマの終わり方も必ずハッピーエンドだったのに、今はそうでない、みたいな…。

        刹那的な私の考えは、常に、「我儘」とか、「他人様に迷惑をかける」とかいうことと背中合わせで、たぶん、世の中の道徳としてはよくない生き方としてあげられるんだと思います。

        でも、とりあえず、こんなふうに生きようと決めて、17年、後悔することは少なくなりました。反省は多いですが(^_^;)
        ただの「意地」かもしれないですけどね。
        とりあえず、「あの時、私は、いろいろ考えてそう決めたはずだから」と納得するようになりました。
        そうこうしてるうちに、刹那が17年、積み重なっての今です。

        ただ、「自己中」が進化してる気がして、自分でも怖い(笑)。
        これが、世に言う「おばさん」ってことなのかな???(苦笑)
        | よぴち | 2011/05/07 2:24 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/292