◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 流星ワルツ:ふきのとう | main | サイレンスがいっぱい:杉山清貴&オメガトライブ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  永遠の嘘をついてくれ:中島みゆき  ○●○
    パラダイス・カフェようやく春が来たと思っていたら、沖縄は梅雨に入っており、台風さえ近づいてくるようになっています。
    雨が近づくと、湿度の高い福井は蒸し暑く、かといって窓を開けたところで涼しい風が入るわけでもなく、本当に過ごしにくくなる。
    雨が降り始めたら、途端に肌寒さが戻って…。
    私を含め、私の周囲で、「風邪引きさん」が多いわけです…。


    実は、このところ少し落ち込んでいました。
    1つには、仕事の上での、ちょっとした落胆。
    1つには、義母が、1月の手術後、帯状疱疹を患って、
    その世話が焼けること…。
    そして、もうひとつは、自分の実家のことです。

    私には、母方の叔母(実母の妹)がいるのですが、
    彼女は恥ずかしながら、「年金パラサイト」です。
    独身で、仕事もせず、祖母の年金で暮らしていました。
    ところが、祖母もいよいよ身体が弱って来て、10年くらい前から、介護や入院治療にお金が必要になってきました。
    去年までは、離婚してひとりになった叔父(実母の弟)と3人で1軒の家を借りて暮らしていましたが、叔父も仕事を引退して年金暮らしになり、自分ひとり、1人用の公営住宅での生活しか出来ない、ということになり、しかし、叔母は祖母の年金以外の収入はないので、どこかに住まいを借りることは出来ず、仕方なく、実母と、独身の私の兄が住む実家で、叔母と祖母の2人を引き取ったのです。

    それから途端に実母は、ストレスでよくめまいを起こすようになり、
    私は、これまでも実家に帰ることはあまりなかったのですが、
    実家にはもう居場所はないので、今まで以上に、行くことがなくなり、
    実母、叔母のそれぞれから愚痴話ばかり聞かされるようになりました。
    当然、私から見たら、理不尽なのは叔母であり、
    実母がかわいそうで仕方ない。
    実母は、私以上に、自分の実家の犠牲になってきたのを、
    誰よりも私が知っているから…。
    それに、叔母がきちんと自立出来ていたら、祖母の介護は祖母の年金で十分に可能で、
    特別、実母に今ほどの負担がかかることもなかったろうに、と思うと…。

    兄も、それまで私とゆっくり話をすることなど、ほとんどなかったのに、
    近頃は、何か用事で電話をしたり、家に来たりした時には、
    何時間でも愚痴をこぼしていくようになりました。

    昨日も、実母がいない間に、その叔母から電話があり、
    実母には内緒で、お金を用立てして欲しいとのこと。
    金額的には僅かなことだったので、すぐに持って行きました。が、
    私は、小さい頃からずっと背負わされてきた実家の、あの貧乏から抜け出すべく、
    これでも一生懸命頑張って、今の生活を手に入れたつもりなのに、
    やっぱり、あの家から完全に逃げることなんか、出来ないんだな…、と、
    すっかり落ち込んでしまいました。


    けれど…。


    4月から、白血病の再再発で入院していた、闘病仲間のMさんが、
    昨日、天に召されて行きました。

    少し前までは、Mさんとも、ネットを通じてやり取りしていたのが、
    ここ3週間ほど前から、やり取りが無くなって来ていて、
    ご主人が、毎日ブログで、その日の様子をご報告下さっているのを見ながら、
    ただただ、「なんとか、持ちこたえてね」と、祈るばかりだったのです。

    けれど、今日、ご主人のブログを見に行ったら、書かれていたのは、
    Mさんの永眠の報告と、感謝のお言葉でした。


    とにかく、涙が止まらなかった。
    何を考えることも出来ず、1時間ほど、呆然としていました。

    去年の今頃(6月23日だったと思う)、金沢の闘病仲間が逝った時も、
    自分だけ、元気に金沢へ行って楽しく過ごしているのが申し訳なくて仕方なかった。
    今回は、あの時よりさらにショックが大きく、
    自分だけ生きていることが申し訳なくて仕方なくなってしまいました。

    そして、生きてるくせに、
    まだ、不満を言っている自分が、本当に本当に申し訳なくて…。


    まずは、冷静になって、やるべきことをやっていくことだと自分に言い聞かせ、
    やりかけの仕事を仕上げて、
    ご飯の支度をしました。
    そうやって、何かをやっていないと、おかしくなってしまいそうだった。


    今日、セレクトしたのは、みゆきさんが拓郎さんに書いた、あまりにも有名な曲。
    私の中では、Mさんはまだ、いなくなってなんか、ない。
    この嘘は、私にとっては、永遠です…。

    Mさんが頑張ってるから、私も頑張るからね。
    楽しく楽しく、生きてくからね。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                    永遠の嘘をついてくれ  → 



    JUGEMテーマ:音楽 
    0
      | 中島みゆき | 21:43 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:43 | - | - |- pookmark
        Mさんの御冥福を心よりお祈りします。
        身近な方の死は
        本当につらいものです。
        時間に癒してもらうしかないですね
        家族のゴタゴタは
        できれば見たくない
        と思ってしまう....
        見ないように
        考えないようにしていても
        心に重い雲
        気持ちが暗くなってしまうこと
        わかりますよ
        それが
        身体に悪い影響を与えませんように     
        | ありんこbatan | 2011/05/14 10:31 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        絡みづらい記事にコメント、ありがとうございます。
        自分でも、記事アップして、一晩経って朝起きたら、
        もう、削除しようかと思うほど、なんだか、後味の悪い記事ですね…。

        愚痴を聞くのは、全然、構わないのですが、叔母に関しては、おそらく、実母がいなくなってもやっぱり、私にかかってくるんだろうな、と思うと気が重くなっちゃうんですよね。
        自分の身内なのに、そんな感情を持ってしまう自分自身にも自己嫌悪感が沸いてきてしまって…。
        ホントに、私って、めんどくさい奴だなって、思います。

        でも、Mさんが、ご自分の命を持って、私に、教えてくれた気がします。
        こんな気の重さなんて、なんてことない、生きていられるんだからいいじゃない、って、今は思っています。

        食べて、ギター弾いて、歌って…。
        いつもの私です!
        ご心配をおかけして、ホントにスミマセン…。
        そして、ホントにいつも、ありがとうございます…(T_T)
        | よぴち | 2011/05/14 12:14 PM |
        ショックですね。さぞ落胆のことと御心中察します。 煩わしいこと、悪いことは、続いたりするんですよね。
        でも底辺はあるわけで、永遠に続いていると願かけして頑張るのも一つの方法かも知れないです。
        Mさんのご冥福、御祈り致します。
        | 力道 | 2011/05/14 6:38 PM |
        やっぱりおいしいもの食べて、寝て、ギターを弾いて、歌ってです(^_-)-☆

        わたしは、身近な人がなくなったことがないので、想像するしかないですが、日常が助けてくれることがあるよ、きっと。

        Mさん、見ていてくれてるよ。

        煩わしいことでエネルギーを取られないようになると、いいんだけど。










        | いーみん | 2011/05/14 11:09 PM |

        .....................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        そう、今日もMさんは頑張ってる気がして、私はお通夜にもお葬式にも行ってない分(栃木の方なので)、いなくなった実感は全然、ありません。
        おそらく、ご主人がこれからも、骨髄バンクの普及啓蒙活動を継続されると思いますし…。

        私に出来ることは、私自身がありがたく、楽しく生きていくことしかない。
        そう思っています。
        | よぴち | 2011/05/15 3:09 PM |

        .....................................................................................
        いーみんさん

        ありがとうございます。
        学生時代も、同じバンド仲間がバイク事故で逝ったことがありましたが、病気になってからは、やはり、仲間がちょこちょこと先に逝ってしまうことが多くなってしまいました…。

        病気で逝くのは、まだ、恵まれているのかもしれない、事故や災害で逝く人は、本当にあっという間に他界していくのですから…。

        本当に、結局、人の運命ってわからないな、と思います。

        だから、今日も私は、食べて、寝て、ギター弾いて、歌っていきます!
        | よぴち | 2011/05/15 3:13 PM |
        お久しぶりです。
        大変そうだけど、元気そうだからよかったです。
        青い文化祭で一緒になれるかな。
        食べることと、ギター弾くことと、唄うことは
        いつでも力になるからね。
        | ぐっち | 2011/05/17 11:39 PM |

        ....................................................................................
        ぐっちさん

        ありがとうございます〜。
        青い文化祭、最初は、いつものように、ぐっちさんリードで私がサイドで茶戌が歌えばいいや、と、簡単に考えていました。
        けれど、今年は参加者が増える見込みなために、なるだけセッションで、発表組数を増やしすぎないようにという空気が感じられて、その上、ぐっちさんはまず「居酒屋こうせつ」があるし、新橋・落陽組もあるし、きっとほかにも、ぐっちさんは、なんやかんやと声がかかってしまうだろうな、と、焦りまして…。
        結果、今のところ、私と茶戌の二人だけですが、茶戌がなんと!エレキでリードギターデビューをする、という、「聴かせ」よりもエンターティメント性重視(笑)のネタということで頑張っている最中です。

        今日、いーみんさんからメールが来ました。
        私では、ぐっちさんの足を引っ張ることにならないか、それだけが気がかりですが、とにかく、喜んでご一緒させていただきます。
        ありがとうございます!
        | よぴち | 2011/05/18 7:26 PM |
         
        遅くなりましたが、Mさんのご冥福をお祈り申し上げます。残念なことでした。
        僕はMさんという方を存じ上げませんのに追悼の意を表することは偽善的と思われるやもしれませんが、何だかいろいろな部分が人事ではなく、また「永遠の嘘」を聴きながら読ませていただいたので、どうにもこうにも感情が高ぶってしまいまして。
        なんとか、永遠に旅の途中に居ることは出来ないのか。それはよぴちさんも、僕自身も。

        この歌には、何かひとつの「到達点」を感じています。ブログ始めた頃からこの歌について書きたいとずっと思っていましたが書けず、そのうちにあの「つま恋」があったものでなおさら書けなくなりました。みゆき拓郎瀬尾一三の3ショットは泣けますね。
         
        | 凛太郎 | 2011/05/21 7:21 AM |

        ....................................................................................
        凛太郎さん

        ごめんなさい。貴重なコメント、今、気付きました。
        この記事は、なんだか後味が悪くて(自分で書いたくせに…)、あんまり覗かないようになってしまって…。

        Mさんの遺影を、ご主人を通して見させていただきました。
        それでも、やっぱり、私の中で、Mさんが生き続けている状況は全く変わりませんでした。
        なんででしょうね…。

        それなのに、生前、Mさんが寛解状態(白血病では、目に見える異常染色体が無くなった状態を、完治と区別してこう呼びます)で退院し、骨髄バンクの登録推進講演で歌われた「ハナミズキ」を歌うと、どうしても泣けてくるんです。
        Mさんとご主人の思いが100年続きますように、って…。

        つま恋でのみゆきさん、拓郎さんのこの曲も、何度観ても号泣してしまう。
        あの強がりの拓郎さんが、あんなに長い時間頭を下げ続けたお辞儀。
        どんな思いだったのでしょう…。

        私も、手探りで生きて行きます。どうせ、人生なんて蓋を開けなければわからないものだから。
        ただ、いつも自分なりに納得しながら行きたい、それだけ、忘れないようにしようと思ってます。
        ありがとう。
        | よぴち | 2011/05/23 10:23 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/295