◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< サイレンスがいっぱい:杉山清貴&オメガトライブ | main | 恋は流星:吉田美奈子 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  鳥のようなもの:永井龍雲  ○●○
    三十年紀行今夜の福井は雨模様。
    昨日一昨日は、梅雨を通り越して夏が来たかのように暑く、夕暮れ時、一瞬、夏の匂いさえ感じました。
    それが、一気に春先に戻ったかのような肌寒さ。
    この間、血液内科に受診に行った時も、主治医が「今日は風邪の人が多い」とおっしゃってました。
    そりゃ、風邪ひきますよね、こんな気候では…。


    最近、わけもなく気持ちが低迷しています。
    冷静に考えれば、落ち込む要因はないはずなのに、
    どうしてこんなに元気が出ないんだろう、
    あんまりテンションが低いと、自分でも嫌になってきます。

    そして、いつも、そんなふうに落ち込んだ時に戻るのは、
    中学の頃…。

    そのわけも、わからない。


    でも、無理矢理こじつけると、
    たぶん、中学の頃の自分は、
    今みたいに、いろいろ考えて、自分を作ることが少なかったからじゃないか、
    …と思います。

    今は、やっぱり、少しは自分を取り繕うことを覚えました。
    それを、たぶんこの世間では、「大人になる」というのだろうし、
    社会人として生きるに必要なことなんだから、
    これは、いいことなんだけど…。

    でも、時に、そこから逃げ出したくなっちゃうんですね、私の場合。
    なにせ中身が未熟者なので。
    取り繕うことなしに過ごすことに、憧れてしまう。

    …こう書いていると、なんだか、自分が、すごく大人で、
    いつも誰の前でも、きちんと相手の望む自分を取り繕っているみたい。
    全然、そんなことないんですが。
    自分で取り繕っているつもりなだけで、
    おそらく、「十分、好き勝手やってるじゃない」と思われてると思います…(^_^;)

    今日セレクトしたのは、そんな中学時代によく聴いた、永井龍雲さんの曲。
    といっても、この曲は、もっとずっと後の作品ですが。
    数年前、NHKで「フォークの達人」という番組をやっていた時に、
    永井龍雲さんの放送回もあったのです。
    その時、初めてこの曲を聴き、聴いた瞬間から涙が止まらなかった曲です。
    このブログにもよくコメントを下さる凛太郎さんが、
    久しぶりに永井さんを聴きたくなりました。
    リンクしたいところですが、了解をとる前に記事にしてしまっているので、
    凛太郎さん、これ読んで下さって、もしよろしければ、
    トラックバック貼ってくださると嬉しいで〜す!(←記事中に名指しし、手間までかけさせるとは、なんと図々しい!! 申し訳ありません…)

    You Tubeで探しても、どうしても見つからず、
    私が音源をアップしていたサイトも、なぜかまだ、継続されてるみたいなので、
    今日は、いつ消えてしまうのかは分からないけれど、
    久しぶりに、自分のサイトに音源をアップしました。

    …元気出して、行きますね。
    いつも本当に、ありがとうございます。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       鳥のようなもの → 

      *追記:文中で紹介している凛太郎さんの了解が得られたので、
          そのくだりにリンクを貼りました。ぜひ、ご高覧ください。

    JUGEMテーマ:音楽 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 永井龍雲 | 02:23 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 02:23 | - | - |- pookmark
        わ〜い
        よぴちさんのアップした「鳥のようなもの」
        すごくいい音〜♪
        聞いたことあるような気がするけど
        じっくり歌詞をかみしめたのは初めて
        >すべては 天の はからい
        そうだね
        どんなことも
        神さまがお決めになったこと
        「今」を受け入れられなくても
        ジタバタもがくのでなく
        落ち着いて時間を過ごすのがベストなんだろうね

        理由が思いつかないんだけど
        気分がふさぐ
        あるある!
        いつも
        なんとなく終わってる....
        よぴちさんも
        きっと
        スグ元気になるって!
        ギターでもいじってみてよ


        | ありんこbatan | 2011/05/24 4:27 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        音を褒めていただいて、ありがとうございます〜♪
        嬉しい!

        この曲に出会った頃は、インターフェロンのダメージが1番出てた頃(今思えば、この頃から肝硬変化が始まったと思われ)。
        どんどん動けなくなってく、自分の思いどおりにならない身体で自分の存在価値も見失いがちな頃でした。

        聴いた瞬間、気持ちが解放される気がしました。
        流れることにさえ疲れてたので、頑張って流れて行こうと思えました。

        なんとなく気分が塞ぐ…、そういえば、ありんこさんのおっしゃる通り、時々あって、自然に戻って行っていたような。
        そうだ、足掻かなくても待ってれば、どうにかなるか。
        更年期かもね…(^m^)。
        | よぴち | 2011/05/24 3:39 PM |
        日曜日は会えてよかった。
        ライブよかった。
        またね☆


        | いーみん | 2011/05/24 10:54 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        はい!お会いできて嬉しかった。そして、ライブ、ホントに良かった。
        特に、私にとって、のっぽさんの音との出会いは、大きかったです。
        理由は、私が学生時代に、その音に惚れこんで一緒にバンドをやってもらった、ひで君の音、もう出会えないと思っていた、その音にすごく近かったから…。

        でも、いーみんさんとほんの少ししかお話しできなかった(T_T)
        また、メールしますね。
        | よぴち | 2011/05/25 3:21 AM |
         
        「鳥のようなもの」ありがとうございます。いいうただなあ。
        このうたでの永井龍雲さんは、ひとつ超えられていますね。今をどうやって受け入れてゆけばいいのか。超えてきたからそれが言えるのかな。こういうのが、大人なのかもしれないな。
        中学時代というのは僕にしてみれば、自我が成立した頃だったのかもしれない。自分が自分になったときか。精神的に誕生したときとも言えるか。原点だから、戻りたくなるのかもしれません。
        今は、確かに作って作って生きてますからね。曲げてとも言えます。戻りたいなぁ(笑)。龍雲さんのように大人になれば、そう思わなくなるのかもしれませんけど、わかんない。

        ところで、何度も言ってることですがリンクなんて了解いりませんよ。Webに載せて世界に発表してる時点で、引用するのに承諾が必要なんておかしな話なんです。googleやyahooはみんな無断リンクだ。文句言ってる人なんていません。
        まあTBしますけどね(笑)。
        そんなんより、元気出しなはれや。落ち込むんて身体にも悪いっちゅうんはホンマの話みたいやさかい。カラ元気でもええやん。そのうち心から元気になるかもしれへんし。
        | 凛太郎 | 2011/05/25 5:01 AM |

        .....................................................................................
        凛太郎さん

        すみません。きっと、凛太郎さん、言えば断りはしないだろう、という気持ちはあったのですが、検索を避ける工夫をされてたので、ちょっと迷ってしまって…。
        早速、リンクさせていただきますね。

        >このうたでの永井龍雲さんは、ひとつ超えられていますね。
        …そうなんです。私も、まずそう思いました。
        龍雲さん、この曲を書くまでに、相当にご自分の中に響く出来事があったのかなぁ、とさえ思いました。
        最近の龍雲さんの、ロングトーンの時のちょっとシャープしていく感じは、実はあまり好きではないのですが、この曲に関しては、昔のような絶叫というか、大きく強く声を出さずに静かに歌っている感じが、逆に私にはグッと響いてきます。

        私は、単純バカなんで、随分、元気出て来ましたよ!
        いつも、ありがとうございます。
        それよか、凛太郎さんこそ、元気なのかなぁ…。
        実は、ちょっとだけ心配してます(^_^;)
        | よぴち | 2011/05/25 2:43 PM |
        梅雨に入りましたね。気が滅入りますが、まぁボチボチ行きましょう。
        永井龍雲は[道標ない旅]しかわからないです。 カラオケでよく歌います。ちょっと前に何周年かのコンサートがあったはず。ラジオで言ってました。
        | 力道 | 2011/05/29 11:15 AM |

        ....................................................................................
        力道さん

        それって、たぶん、30周年だと思います。
        デビュー曲の「想い」から、早、30年か…。
        そういえば、私は確か、中2か中3。
        今年、46歳ですもんね…。あー。

        道標ない旅、当時はそんなに好きでもなかったんです。
        私の中で「想い」が大きすぎて。

        でも、最近聴いたら、なぜか泣けました。
        やっぱり、売れた曲って、その時代を一緒に包含しますね。
        一気に、気持ちがあの頃に帰っちゃって、なんだか泣けてしまい、今は、好きな曲になりました。
        | よぴち | 2011/05/30 12:36 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/297