◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Cape 117:伊勢正三 | main | ファイト!:竹原ピストル >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  気ままな朝帰り:松任谷由実  ○●○
    悲しいほどお天気「お盆を過ぎたら、もう海水浴には行けない
     海水温度が下がってクラゲが出るから」
    …などという感覚がなくなって、どれくらい経つでしょう。
    最近は、お盆を過ぎても、まだまだ暑いのが当たり前。
    むしろ、残暑の方が暑く感じたりもする…。
    それでも今年は、去年よりはしのぎやすく感じるのは私だけでしょうか…?

    8月21日は、ちんの誕生日。
    今年で20歳になります。
    お盆には、公民館で地区だけの「成人のつどい」のようなものが催されて、ちんは行けませんでしたが、行った子がmixiに写真をアップしてたのを見せてくれました。
    「え〜っ、これ、○○ちゃん??」
    「あ、この子は全然変わってないわ。」
    …などと、ひとしきり盛り上がりました。

    どこの親御さんでも、我が子の成人には感慨深いものがあると思います。
    私も然り。
    発病した時、まずは小学校の入学まで生きられたら、から始まって、
    次は中学の入学式…と、どんどん目標が延びていきましたが、
    実は、最初に絶望の真ん中で入院した時の目標は、18歳まで、でした。
    高校を卒業する頃にはきっと、私がいなくてもなんとか、そんなに生きるのに支障が出なくなるだろう、と思ったのです。
    でも、正直、当時、確率的にはかなり難しい目標でしたから、
    私がそう言って涙ぐむと、病棟師長さんが一緒に泣いてくれたのを覚えています。

    だから、ちんが高校を卒業し、この家を出て行った時も、
    いろんな思いがあって、しばらくは心の置き場がありませんでしたが、
    今回、20歳を迎えた、というより、
    あの子の20歳の誕生日を「私が」迎えられたことが、
    とてもとても有難くて、有難くて、有難くて有難くて、
    言葉になりません…。

    ちんにはもちろんのこと、茶戌はじめ家族や、
    私の周りで私を、ちんを、支えて下さったすべての方々に、感謝、感謝です…。


    …さて、当の本人は、というと、
    確かに成長した部分もあるけれど、
    やっぱり、基本的に「天然」なところがあって、
    まだまだ危うい。
    でも、行く先々に赤じゅうたんを敷いて、
    「さぁ、ここを歩けば、靴が汚れないよ」と言っていたのでは、
    いつまでも、汚れずに歩ける道を見極められないでしょう。
    汚れた靴を洗う手伝いをするのが関の山、
    だから、つい、手や口を出したくなるのを出来るだけ抑えてはいるつもりなのですが、
    …どうでしょう…?
    たぶん、未だ私はバカ親を卒業できないでいます(^_^;)


    今日は、この曲を聴くたび、ちんを思い出す、「気ままな朝帰り」をチョイスしました。
    初めて京都に引っ越す日、車の中でCDを聴くことが出来ず、BGMにしていた昔のカセットテープから、この曲が流れてきたとき、しみじみと、
    「家なんか出てしまおう なんとか暮らしてもう2度としばられない」
    というフレーズがやけに心にしみたのを思い出すのです。
    あぁ、淋しいのは私だけで、ちんの心の中は、こうなんだろうな、
    こうでないといけないしなぁ、と、複雑な気持ちになりました。


    盆が明けたら、私の胃カメラ・白血病染色体の検査、
    茶戌の網膜剥離の手術、
    そして、私の実家に、ひとつ大きな出来事が待っています。
    それらがすべて、つつがなく終わって、
    落ち着いた秋を迎えることが出来るよう、
    そして、ちんのこれからの幸せを、
    ただ、祈る今日です。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                      気ままな朝帰り → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 松任谷由実 | 02:34 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 02:34 | - | - |- pookmark
        まだ少し早いけど
        ちんちゃん
        お誕生日おめでとう!
        ウチの長女も8月末の生まれで
        妊婦生活は暑かった〜

        よぴちさんは早々と入院させられていたんだよね
        暑さにフーフー言うどころか
        タイヘンだったんだ....
        出産に至ったときは感無量だったよね
        ちんちゃんも
        口に出して言わないかもしれないけど
        スゴク感謝してると思うよ

        健康体でありながらも
        子どもの成長を感じる節目では
        うるうる いや 号泣してきました。
        ブログ上では
        はっきり書いていないけど
        長女が結婚しまして....
        新居に行ったとき
        もらってくれた旦那さまが
        遠くから娘をよぶのに
        「○○子〜!」と呼び捨てにしているのを聞いて
        あぁこの人と歩みはじめたんだなぁ って
        自分の中で
        またひとつ
        節目を感じました。
        (それまでは親の手前言葉だったのかもしれないけど「○○ちゃん」だったの)

        で....
        ご主人
        網膜剥離?!
        さらっと書いてるけど
        自分が知ってるのは
        突然「見えなくなる」ですよ〜
        大丈夫なの??
        | ありんこbatan | 2011/08/17 3:50 AM |

        .....................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます。
        そして、ありんこさんこそ、おめでとうございます☆
        うんうん、そういう小さな瞬間に、ドキッと実感させられますよね…。

        そうなんです、網膜剥離、悪くすれば失明、という危機なんですが、「剥離しかかっている」状態を、剥離させないためにくっつける予防的な手術なんです。
        だから、今回の手術で即失明、という可能性は低いと思いますが、やはり手術は手術なので、本人は多少はつらいだろうし、予後も含めて私も心配ですが…。
        本人も、珍しく神経質になっているのが分かるし、ただ私は、無事を祈るのみ…。

        子宮摘出手術に始まり、何度も手術を経験してきましたが、ホント、自分が手術を受ける方がよっぽどいいですね。
        家族が辛い場面に臨むのをただ見ているのは、本当につらいです。

        それらすべてが通り過ぎた時、わずかでも安寧な時があるといいなぁ…。
        | よぴち | 2011/08/17 1:50 PM |
        9月の夜の海に飛び込んで

        電気くらげの餌食になったあの頃

        もちろん娘も息子もこの世界にはいなかった


        だけど

        娘が成人した今もきっとオラは飛び込むだろう


        馬鹿はバカ!!


        でも今日のよぴちのブログを読めてうれしいのだ!
        | chabonが明けたら | 2011/08/17 6:36 PM |
        ちんちゃんにおめでとう
        よぴちさんにおめでとう

        なんだか、うれしい気持ちをもらった。

        家を出たくなるのは健康な証拠。
        でもさみし。せつないね。

        親娘は不思議。

        わたしは百恵ちゃんの秋桜を聴くと泣けるのに母には冷たいです。




        | いーみん | 2011/08/17 10:05 PM |

        ....................................................................................
        chabonが明けたら さん

        なんか、雨が止んだらお別れなのね、って感じの名前ですな。

        私も、娘も息子もいない頃、夜の海で泳いだことある〜。
        クラゲの餌食にはならなかったけど、なんか、何者かに足を引っ張られたらどうしよ、とか思って、必死にテトラポットまで泳いだなぁ…(笑)。

        私も、今日、chaboさんのコメントを読めること(そして、このところ毎日chaboさんの日誌が読めること、とは敢えて言わないでおこう)、とてもうれしいです!

        生きてることに万歳!
        | よぴち | 2011/08/17 10:37 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        ありがとうございます。
        秋桜、最近は、親の気持ちと娘の気持ちに挟まれて、歌うのが苦しい。
        そんなふうに、ダダ泣きしてきてしまって、人前では演れない曲、多いんだけど(笑)。

        今度、いーみんさん、私のギターで歌ってください☆
        | よぴち | 2011/08/17 10:43 PM |
        よぴちさん、よろしくね。
        でも、泣くかも。
        | いーみん | 2011/08/18 6:49 AM |
        ちんさん。もうすぐ誕生日なのですね。おめでとうございます。色々大変そうですが、無事に日々が過ぎるように祈ってます。
        この頃のユーミンはいいですね。若者の心理をよく捉えていますよ。
        | 力道 | 2011/08/21 2:16 PM |

        .....................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        今日0:00に、ちんから、「はたちになりました。ありがとうございます」とメールが来ました。
        こちらこそ、ありがとうの気持ちです(T_T)

        茶戌の目の手術は、仕事の関係で長期の休みが取れず、10月に延期になりました。
        課題を抱えているのも、どこか落ち着きませんが、まぁ、元来、楽天家な私なので、毎日楽しんでいま〜す♪
        | よぴち | 2011/08/21 2:46 PM |
        20歳の原点ですね。
        娘さんの人生もさちあれ!
        | 長七 | 2011/08/22 10:11 PM |

        ....................................................................................
        長七さん

        ありがとうございます。
        私自身、20歳のころからちっとも成長してないというか、
        むしろ20歳のころの方が今よりしっかりしてた気さえして、
        不思議な気分でいます。

        だから、娘のいろんな話を聴いたり、いろんな出来事を知るにつけ、「今のいろいろは、一生ものだからね、いつまでも忘れないし、きっと、懐かしく思うことばっかりだよ」って、思いますね。
        | よぴち | 2011/08/23 12:12 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/307