◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< ファイト!:竹原ピストル | main | 海を抱きしめて:中村雅俊 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  9月の蝉しぐれ:松任谷由実  ○●○
    DOWN PURPLE9月。どこか淋しい響き。
    これは、夏休みが終わって新学期が始まってしまう、あの憂鬱感が心の奥底に残っているせいでしょうか。
    それとも、台風の到来だったり、1日の暮れるのが早いのを実感したり、そういう、気候の変化を実感するからでしょうか…?
    過ごしやすくなったり、月がきれいに感じられたり、いいこともあるのにね…。

    なかなかTVを観ないので、この前書いた「前略おふくろ様」を、いまだ観終わっていません。

    久しぶりに、特に出かける用もない、今日のような休日、そうだそうだ、と思い出して、観ました。

    その中で、主人公さぶの幼馴染で、少なくとも、その女の子(風吹ジュン)は、さぶに想いを寄せていたらしい、という子が、東京に出てきて、さぶに、会いたいという電話をしてくるシーンがありました。

    なんてことない、ただ、「日曜日空いてたら、新宿あたりで会えないか」、「遅い時間でいいなら」、「じゃあ、7時に伊勢丹の前で」…とかいう、それだけのくだりなのですが、要件が終わった段になって、電話を切れない。
    お互い、相手が切るのを待っている。それは、ほんのひと呼吸のことで、長い時間ではなく。
    もう1度、さぶが「じゃ」と言ってみる。
    「じゃ」
    …。また、ひと呼吸。
    たまりかねて、さぶが「どうして切らないの?」などと言う。
    「切って。さぶちゃんが切ってほしいの」


    これだけの短いシーンだけれど、何か私にはすごく心に響きました。
    そして、当然のように、その後のシーンで、さぶが、そのことに触れていました。
    そこで、やっぱり、脚本家は、かなり意図してこのシーンを書いたんだな、と思いました。


    私も、電話を自分から切ることが出来ない人間です。
    これはもう、癖になってる気がします。
    最近は、電話の代わりにメールもよく使いますが、メールでも同じ。
    というか、これを「同じ感覚」と思うのは私だけかもしれないけれど…。
    というのは、1回のやりとりで、相手からのメールを最後のメールに出来ないのです。
    なんとなく、相手からのメールを最後にする、つまり相手からのメールでやりとりを終えると、それはまるで、自分から電話を切ったような感覚になるのです。

    例えば、仕事などで、上下関係が存在する場合など、
    下の者が後、というのはある意味、常識的なことかもしれません。
    けど、「癖になってしまっている」私は、例えば、いい齢になってきているので、私の方が立場的に上の場合など、その、「常識的なルール」を守るため、相手からのメールを最後にする時など、すごく気持ちが落ち着きません。
    どこか、建物や部屋に入る時なども、自分が後、というのが癖になってしまっていて、
    例えば、ちんとふたりでご飯を食べに行った時など、お店の入り口で、また、帰って来た時に自宅の玄関の前でさえ、少し時間がかかってしまう。

    私としては、ドアを開けて、ちんが先に入るのを待ってしまうわけですが、
    ちんも、私に先に入って欲しいのです。
    「そうだ、私が先に入らなくちゃ」と思い出して、私が入る。
    その間、ほんのひと呼吸ですが、時間がかかってしまうのです…。



    この前の記事で、夏が終わりそうで淋しいと書きましたが、
    そう言っている間に、暦は9月に。
    9月、と言うと、もう、逃げ場のない、間違いない「秋」という気がします。
    遊ぶのにいい季節だし、食べ物もおいしくなるし、いいことばっかりのはず。
    だけど、何故か今年は、やっぱり、どこか淋しい。

    今日、チョイスしたのは、またもやユーミンで恐縮ですが、
    9月の、ほんの少し淋しい気持ちがする曲。
    このアルバムが発売された頃は、私は、育児と仕事と大学とで、
    とても新しい音楽なんて聴けずにいた頃。

    後になって、何もかもが落ち着いて、時間が出来てから聴きました。
    私も、9月初旬には、片思いの頃の思い出があります。
    この曲では9月の「蝉しぐれ」ですが、私は、陽が落ちたばかりの頃の、
    帰り道に見上げた「月」…。
    もちろん、片思いですから、ひとりで見上げた月ですが…。

    この曲の中の女の人は、もしかすると、
    この電話を、敢えて自分から切ったのでしょうか…。

    大人になる、というのが、もう平気になる心、なら、
    私ももう、大人になれているのかな…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                      9月の蝉しぐれ → 


    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 松任谷由実 | 22:35 | comments(15) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:35 | - | - |- pookmark
        8月に入ってからは
        いよいよ娘の出産だ って思って
        落ち着かなくて
        いざ 生まれたら
        ホッとしたのと連動するように
        暑さがひいていました。
        娘と子どもは実家に少し居ますが
        あとは
        娘 カズくん(旦那くん) 赤ん坊 
        新米親子3人で
        なんとかやっていくでしょう。
        SOSがないかぎり
        知らん顔してた方がいいのかな
        そう思うと
        ちょっとさみしい9月です。

        好きな人との電話をきるとき
        たしかに
        ひと呼吸でした。
        相手がきった音をきいて
        やっと自分も受話器を置く....
        (キャハ そんな時代もあったゼ!)
        今は
        おつきあいの関係で
        自分からきってしまっていいんだろうか
        ちょっと考えますよね
        でもまぁ
        そこはなんとか....
        気にしてしまうのは
        息子のお嫁ちゃん・娘の旦那くん
        電話ならば
        「は〜い!」でおしまいにするんだけど
        メールは
        ちょっと悩みます。
        多分
        こちらから発信すると
        お返事しなくちゃ!って思うんじゃないかな
        そう考えると
        電話の方がラクなワケで ← 「前略おふくろ様」バージョン
        でも
        電話するなら時間を選ばないといけないワケで....
        電話もメールも
        夫とわが子以外には
        消極的です。
        | ありんこbatan | 2011/09/04 5:01 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        そうですね、ありんこさんの今年の夏は、若様のお誕生に終わっちゃったんでしょうね…。
        昼夜関係なく、若様とご家族の世話に追われているうち、娘さんが新居に戻ると同時に、深い秋がやってくるんでしょう。
        楽なんだけど、淋しいですよね。
        私も、滅多に帰ってこない娘ですが、ちんが帰っている間は、若いちんのリズムに合わせて、そのお世話で疲れ、でも、帰った後には嵐が去った後の、静けさと淋しさが押し寄せてきます。

        ありんこさんの場合、今回は実の娘さんだから、ヘルプコールは、存外、嫌と言うほど来るかも…。

        面倒なような、待っているような、
        迷惑にならぬよう、娘の母としての成長を促すのも自分の務めだし、なんて、
        お互い、母も、母として成長中ですよね(笑)。
        | よぴち | 2011/09/04 12:43 PM |
        確かに携帯のない時代は、電話を切れない、切りがたいというのがドラマになりましたね。歌詞なんかにもよく使われましたよね。
        9月、確かに秋を感じさせますね。特に今年は台風で徐々に気温を下がってきてます。 僕は秋のもの悲しさが好きだったりします。 急な気温の変化で体調を崩されないように、お互いに気をつけましょう。
        | 力道 | 2011/09/05 4:57 AM |

        ....................................................................................
        力道さん

        電話も進化して、今やケータイでワンプッシュで発信。
        昔は、ダイヤルを回していたので発信までに時間があって、その間にもドラマがありましたね。
        ダイヤル回してる途中で、やっぱり気が変わったり…。

        台風の被害はどうでしたか? 雨の被害がなかったなら、いいのですが。
        福井は雪は降るけれど、台風の被害は少ない方で、今回も、多少風は強かったけれど、雨も少なく、静かなものでした。

        これを書いているうち、太田裕美さんの「九月の雨」が頭の中に流れてきました。
        早速、聴こう♪
        | よぴち | 2011/09/05 4:00 PM |
        心配ゴム用じゃ!

        オラはいたってゲム気です!

        (ありがとう 照)


        受話器を持ったまま

        30分位黙ってたことあるぞ

        あ いたずらじゃないよ
        | chabotember | 2011/09/05 7:01 PM |

        ....................................................................................
        chabotemberさん

        あぁ、よかった。
        元気なら、いいのです。
        (まぁ、血が甘すぎる時でも元気はあったりするけど…)

        受話器の前で黙り込んでる純情BoyのChaboさんが浮かびますな(笑)。
        今や、"My Favorite Things"でブログを書くおじさんでも、さ。

        Bob Dylanは "I Shall Be Released" って言ってるのに、大塚まさじさんは「男らしいってわかるかい」って歌った。
        Chaboさんの疑問は果てしなく続きますね…。

        | よぴち | 2011/09/05 8:36 PM |

        ご無沙汰してました。
        恐縮せずに毎回ユーミンで良いですよ(*^_^*)
        | 風√空 | 2011/09/05 11:25 PM |

        ...................................................................................
        風√空さん

        お久しぶりです。
        尤も、mixiイイネ!を戴いてるので、あんまりご無沙汰感はないのですが…(^^ゞ

        ユーミンは、やっぱり、私の青春には欠かせない。
        振り返って、何か気持ちを音楽に反映しようとするとき、思い浮かぶことが多いアーティストのひとりです。

        風√空さんも、最近あまり日記を更新されてませんが、お元気でしたか?
        便りがないのは良い便り、…だと、思ってますが。
        | よぴち | 2011/09/05 11:38 PM |
        秋風が吹いてますね。毎朝涼しくて、朝寝坊。
        今回スマホから、コメントしようとして何度か消えました…。
        今年の夏はわたしにとって久々に夏らしい夏でした。それなのに夏ばてをあまりしていないのが不思議。
        夏の終わりは寂しいけど、新しい季節のはじまりでもありますね。
        ユーミンの歌を聴くとそのときの気持ちをリアルに思い出したりして(自分が経験していなくてもそんな気になったりもして)それにそのときの季節感がついてくる。やっぱり好きなアーティスト。
        9月はおいしい季節の始まりでもあります。楽しみのような怖いような。



        | いーみん | 2011/09/07 6:57 AM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        本当に。
        昨夜、今朝と、放射冷却の影響で、寒いくらいでした。
        星がとてもきれいで、しばらく見入っていました。
        (ここで、古い私は、風の「星空」と言う曲を思い出してしまうのだった(^_^;))

        今日も、さわやかないいお天気。
        ようやく、秋を楽しむ覚悟が出来てきたような。

        入力しづらいスマホから、コメント本当にありがとう☆

        ユーミンの秋の曲っていうと、私の中では、
        8月終わりの「晩夏」から始まって、
        「9月には帰らない」…これは秋の砂浜で、ギタレレでよく歌う曲(笑)。
        そして、10月に入ると、「ジャコビニ彗星の日」「りんごの匂いと風の国」「帰愁」…と、もう、尽きないんですよ。
        | よぴち | 2011/09/07 1:19 PM |
        はじめまして。由津子と申します。
        私もユーミン世代で、9月の蝉しぐれは
        とても好きな曲です。これからの季節には
        ユーミンの曲はかかせないですね☆

        御身体、お大事になさってください。
        | 由津子 | 2011/09/12 12:32 AM |

        ...................................................................................
        由津子さん

        ご訪問、本当にありがとうございます。
        ブログを通じて、また新たな方と繋がれたことを、
        ホントに幸せに思います。

        ユーミン世代、ということは、同じくらいのお齢なのでしょうか…。
        一応、このブログでは、いろんな曲をご紹介したいので、なるべく、「ものすごくは」偏らないようにしていますが、もう、ユーミンの曲は、どうしても、私の青春時代のことを語るには欠かせなすぎて、他の曲に代えるのは、とっても大変なくらい(笑)。

        由津子さんもブログをされておられたら、ぜひ、お教え下さいね。
        ユーミンを、思いっきり語りたいなぁ…。
        ただし、最近のユーミンは、実は、あんまり聴いてないのですが(^_^;)
        | よぴち | 2011/09/12 1:00 AM |
        よぴちさんへ
        お返事ありがとうございます。
        実は「蝉しぐれ」というフレーズから、私のブログに訪れてくれた方がいまして、そこからまた、よぴちさんのブログを知りました。人のご縁とは不思議なのもです。私のブログ8/29の「忘れられない蝉しぐれ」という記事を、よかったら見てください。本当にあった話しです。
        ブログ「由津子の不思議な世界」で検索してみてください。

        あと、私の知人も肝臓の病で悩んでいましたが、少し前に
        テレビで梅エキスが効果があると知り、試してみたら、
        次第に数値も正常に近くなってきたと喜んでいました。
        ご存知でしたでしょうか。

        私はよぴちさんより少しお姉さんです(^_^;)

        | 由津子 | 2011/09/13 12:57 AM |

        ....................................................................................
        由津子さん

        ありがとうございます。
        早速、訪問させていただきました。
        ドラマなら、聴いたことがあるような話だけれど、
        実際に自分の身に起きたら…。
        切なすぎるお話でした。

        本当、あの時の新婦さん、今頃、すっごく幸せに暮らしていると信じたいですね。
        | よぴち | 2011/09/13 7:38 AM |
        よぴちさんへ
        見ていただきありがとうございます^^
        たまに遊びに来てくださいね。
        私もまた訪問します☆。
        | 由津子 | 2011/09/13 8:46 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/309