◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< あの唄はもう唄わないのですか:風 | main | 何度でも:Dreams Come True >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  HARBOR FREEWAY:柳ジョージ&レイニーウッド  ○●○
    Woman and I12月。京都に来ています。
    雨が冷たくなってきました。
    少し前まで、「濡れても大丈夫」という感覚で過ごしていたのに、今は、出かける前に、傘を持っていくべきかどうか、すごく気にかけるようになりました。
    今年は私にとって、ここ数年のうちで1番駆け足で過ぎた気がします。
    街の中も、心なしか
    慌ただしい風が流れているよう…。

    以前、mixiで、自分のお友達として登録する、マイミク制度のことで、知らない間にマイミク登録を外されていたことを書きました。
    その時、実際にお会いした際には、おそらく、その方の方が傷ついておられるのではないか、ということを書きました。

    先日また、ご一緒する機会があって、
    その時は、少しお話しすることが出来ました。

    その方の方から、マイミクを切った理由を話してくれました。
    すごく、同感できる理由でした。

    ただ、やはり、私が憂慮していたように、
    その方は、きっと、私に会うたび、つらい思いでおられたのだと思いました。
    それを思うと、私も心が痛みました。
    じゃぁ、その方の痛みをなくすために、私には何が出来たか、というと、
    何も出来なかったと思うのですが…。
    どうして、人と人とが触れ合う時に
    少しでも痛みを伴うことが存在してしまうのか
    つらいけれど、仕方ないと割り切らなければならないことなのか…。
    心が痛みました。

    でもこれから、きっと、その方と素敵な時間を紡ぐことが出来る、
    そう思って、嬉しくなりました。

    傷つくことも、
    傷つけることも怖くて、
    交わること自体、避けようとしてしまう。

    でも、「その先」が存在するのは、
    交わった場合だけ…。
    交わらなければ、今、傷つけたり傷ついたりすることはないけれど、
    その先に、素敵な時間もない…。


    ちんが、高校時代のバスケ部の、「熱さと一体感」を忘れられず
    今のサークルに入ったことを後悔しがちのようです。
    そのたびに、私が言えるのは
    みゆきさんの言葉をお借りして
    「きっと、出会わなかった方がよかった人なんて、いないって思おうよ」ということだけ…。

    私自身、その時には辛くて、
    出会わなければよかった、やらなければよかった、言わなければよかった、
    って思うことも、過去に少なからずあったけれど、
    人には「忘れる」という能力が与えられていて
    いつしか、すべて許せていたりする。
    悪いことばかりじゃない、楽しい、いい思い出もあったり、
    傷つけたり傷ついたりしたことまでもが
    どこか温かい思い出になってる…。

    もしかするとそれは、多分に自分の人生を否定したくない、護身術のような発想からかもしれないけれど、それでもいい、穏やかな気持ちになる時が来るよ、と言ってあげたい…。


    ちんのところに来た時に、いつも運転時のBGMにするのは [FM COCORO]。
    今回も、ラジオのスイッチを入れた途端に、この曲が流れてきて、
    一瞬で時間が高校・大学時代に戻って
    なぜだか鼻がツーンと来た曲…。
    あの頃の私も、傷つけたり傷ついたりしていた。
    1番傷つけ傷ついたかもしれない友達と、
    来週水曜に、2人だけでゆっくり話し込もうと約束しています。
    思えば、そんなことは、出会って以来、初めてだと思う…。
    1度、ひどく傷つけ傷ついた時から、かなり長い間、
    こんな日は絶対に来ない、私は絶対にそんな時を持とうとしないだろうと思っていた。

    今日は、その曲をチョイスしました。
    柳ジョージさん、謹んでご冥福をお祈りいたします…。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                    HARBOR FREEWAY → 



    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 柳ジョージ(&レイニーウッド) | 15:57 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 15:57 | - | - |- pookmark
        オラにも少しは分かってるつもり


        少しだけだよほんとに


        だから書いてるんだもん
        | chaboに泣いてる | 2011/12/01 9:24 PM |

        ...............................................................................
        chaboに泣いてる さん

        えー、chaboさん、わかってるんだ、すごいな…。
        だって、ホントは私、わかってない気がするもん…。
        いや、正確には、「わかってるけど、出来てない」かな…
        (-_-;)

        私も、どうにかブログは書いたけど、
        最近、誰の所にお邪魔しても
        言葉を残せないでいる。
        降りてこないんですね、言葉が…。

        ごめんね。
        | よぴち | 2011/12/02 1:29 AM |
        柳ジョージさんの声
        いいなぁ!
        気になっていた人と
        またステキな時間が持てそう だなんて
        本当に
        本当によかったね (^−^*
        友だちだけでなく
        家族とも
        いろいろあったなぁ
        忘れてはいなくても
        どころか
        心の中で傷になっていても
        自分が歳くって
        子どもの場合は
        少し大人になって
        許せる まではいかなくても
        あの時は仕方なかった
        なんて思えるようになってきたように思います。
        忘れてしまった方がいいことは
        どんどん忘れてしまいましょう!   
        | ありんこbatan | 2011/12/02 5:02 AM |
         
        うん、HARBOR FREEWAYいいね。フレーズひとつひとつが沁みる。「昔、この道を…」と言われただけでなんか迫るなあ。
        なんでしょうね。やっぱり、積み重なってきたものがあるからなんでしょうね。
        そうしていろいろと経験を積み重ねると、自分を守る術に長けてきます。ずるさも覚えますし。傷つけられるのはもちろん避けたい。そして、相手を傷つけることは結局、自己評価を下げ、あげくに自分が傷つくことだということにもう気づいている。だから、平穏無事でいるためには、危ない橋は渡らない。僕なんかはそうなってきてしまっています。
        ホント進展性がないですね。そうやって事なかれ主義で時を経るから、一年が短く感じてしまうのかもしれない。僕なんかは。
        交わらなければ、その先に、素敵な時間もない。
        よぴちさんのお言葉を、ちよっと噛み締めようと思います。
        来週水曜が、素敵な日になればいいですねー。
        | 凛太郎 | 2011/12/02 5:50 AM |

        .................................................................................
        ありんこさん

        うんうん、家族とも、いろいろありましたよね…。
        私の場合、どちらかというと実家の父母と…。
        みんな覚えているし、傷でもある。
        でも、不思議なことに傷ついたことはほとんど忘れていて、今でも痛む傷は、ほとんどが、傷つけた時のことです…。

        「忘れる」って、いつも言いますが、私はとても貴重に思っているのです。
        だから、他人が何かを忘れてしまってるのは、比較的許せる。
        ん? それは自分が忘れることが多いからか??(笑)。
        | よぴち | 2011/12/02 9:27 AM |
        ..................................................................................
        凛太郎さん

        いや、私もまったく同じ。
        危ない橋は渡らず、時には叩いてみている間に橋が落っこっちゃった、みたいな(^_^;)

        水曜日、どうなるのか自分でも楽しみだったり不安だったり。
        彼女は大学の同級生ですが、一時、学校に来なくなっちゃって…。
        どうしても、一緒に卒業したかった私は、代返やレポート代書きは勿論のこと、テストも受けに来ない彼女に、再テストを実施してもらうよう先生に交渉したりと、一生懸命でした。
        けれど、私のふとした一言を彼女のお母さまが誤解されて、電話でひどく攻撃されまして。
        お母様にどう思われようと平気だと思いましたが、彼女も私に同じような感情を抱いたんだろうか、と思うと、もう、怖くて、また、ちょっとした人間不信のような気持にもなってしまって、以来、彼女に深くかかわるのが怖くなってしまったのです。

        表面上は「普通の友達」を続けてきてるので、水曜も、その延長で終わるかもしれないし、お互い、もっと踏み込んだ話になるかもしれないし…。
        踏み込んだ話をしたくて、今回、私の方から誘ったんですけどね。

        高々、友達に会うのに、構える必要もないか。バカみたいですよね。

        肩の力を抜いて、行ってきます☆
        | よぴち | 2011/12/02 9:37 AM |
        お邪魔します。
        柳ジョージ&レイニーウッド 伝説の解散コンサート完全版が出ます。
        是非Get!
        http://www.vividsound.co.jp/item_show.php?lid=4540399038667
        http://www.clinck.co.jp/merurido/dtl.php?ky=VSCD3866-67
        http://www.amazon.co.jp/LAST-TUNE-~%E3%80%8ELIVE-AT-BUDOKAN%E3%80%8F%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%9B%A4~/dp/B0064IUY2Q/ref=pd_rhf_ee_p_t_1
        | 若年寄 | 2011/12/05 9:50 PM |

        ...................................................................................
        若年寄さん

        情報、ありがとうございます。
        そうなんです、本文中に書き忘れましたが、
        以前、発売された解散コンサートライヴ盤には収められてなかったこの「HARBOR EREEWAY」も、今回発売されるものには収められているそうで。
        ラジオでは、その周知のために、この曲が取り上げられていました。
        | よぴち | 2011/12/05 9:56 PM |
        ずいぶん、寒くなってきました。あっという間に12月ですね。福井も寒いですか。

        なんだかかけないのです。コメントしようとしては止まってしまって。

        傷つけたり傷つけられたりって、それが今も気になってるなんて本当にその子と深いつながりだったんだなと思う。
        自信をもっていってきて。水曜日がいい日になりますように。
        | いーみん | 2011/12/05 10:19 PM |
        こんばんわ。
        お返事ありがとうございます。
        ラジオで紹介があったんですか。
        聞いてみたかったですね。
        | 若年寄 | 2011/12/05 10:51 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        そうですか。いーみんさんにも「言葉が降りて来ない病」を移してしまったかな…(・_・;)

        そうですね、その子は、背が高くていつも背筋を伸ばして歩く、堂々とした気の強い子でした。
        私なんかは、今とおんなじ、いつでもウダウダ言ってて、
        よく、「イライラする」って言われたりした。

        でもきっと、ホントは弱いところもあっただろうし、
        私が色眼鏡で見ていただけなのかもなぁ、と、
        この前、みんなで会ったとき、初めて思えたのです。
        あの時、初めて、みんながあんまり怖くなかった。
        対等に話している自分がいました。

        楽しんで来ますね。
        一生懸命、コメントを残してくれて、ありがとう…。
        そして、お土産、ありがとうございました。ちん宅にもおすそ分けしました♪
        | よぴち | 2011/12/05 11:29 PM |

        ...................................................................................
        若年寄さん

        そうなんです、関西地区でしか聴けない[FM COCORO(76.5KHz)]なのですが。
        点けた時、もう番組は始まっていましたが、
        別に特集していたわけではなくて、
        普通に番組の中の1曲としてこの曲が流れ、
        曲の終わりに、完全版の発売のことが紹介されていました。
        私も、レコードの方は、何度聞いたかわからないくらい、
        MCを覚えるくらい聴きましたが、なにせ9曲だけでしたから…。
        楽しみです。
        | よぴち | 2011/12/05 11:30 PM |
        人は気がつかないうちに人を傷つけたりしているもの、もし誤解やわだかまりがありそれが解けたのなら嬉しいことですね。
        | 力道 | 2011/12/08 12:11 PM |

        ....................................................................................
        力道さん

        はい、昨日、行ってきました。
        結果、All rightです!
        いろんなことを話し、いろんな面を見せ合い、
        とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

        久しぶりに話すから、こんなに長くなっちゃうんだ、これからは、もっとちょくちょく会おう、と言って別れました。
        | よぴち | 2011/12/08 2:12 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/318