◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 何度でも:Dreams Come True | main | 風に吹かれて:エレファントカシマシ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  こんな静かな夜:南こうせつ  ○●○
    こんな静かな夜クリスマス大雪 だとか
    クリスマス寒波 だとか
    何かとメディアは、「名前」をつけたがるようですが、昨日から福井も、雪です。
    まだ、地面の温度自体がそんなに下がりきっていないので、思うほど積雪にはなっていませんが。
    私の風邪は、やはりまだ咳が残っていますが、ようやく「快方に向かっている」状態にはなったと思います。


    12月24日、クリスマスイヴなんですね。
    なぜか、日本では、クリスマスより、イヴの方が盛り上がってる…。
    ちんのいない我が家では、
    なんだか、もう、クリスマスもなくなってしまった感じ。

    12月に入って、一応、玄関にリースを飾り、プランターのゴールドクレストにもほんの少しツリーの飾りを付けましたが、それだけ…。
    クリスマスあとは、甥っ子・姪っ子へのプレゼントを用意し、今日、とりに来た彼らに渡して、終わり。


    私は、女なのに、あまり甘いものが好きでもなく、ケーキなどにも、そんなに執着がないのです。
    ちんがいなくなってからは、クリスマスにケーキを用意することもなくなりました。


    今年は、12月に入ってわりとすぐに、風邪を引いて、それが長引いていることもあるし、今までに比べたら、いろいろと予定があったこともあって、いつもほど「クリスマス」なり「年末」なりを意識することなく、今日を迎えた気がします。

    そして今日も、いつもと同じように
    淡々と過ごしています…。
    特別、クリスマスっぽい料理を食べることもなく、
    普通にご飯を食べて、録画してあったものを見たり、
    私はギターを弾いてみたり、
    「ぷかぷか」でいつもお世話になった、スタッフの方へのプレゼントにと、
    ネックレスを作ってみたり…。
    茶戌は茶戌で、ぷかぷかでのクリスマスライヴを録画したものを編集していたり…。

    淡々と、12月24日が過ぎていきます。
    外は、雪が降って、とても静かな夜…。


    雪が降ると、いつもここに書くことですが、
    雪の夜は、本当に静か。

    時には、外の様子が見えてなくても、
    その静けさで、「もしかして…」と、外を見ると、雪が降っている、ということもあるほど。


    今年は、行きつけのフォーク酒場のイベントで、チョコチョコと、人前で何か「ネタ」を演奏しなければならないことがあって、そのたびに、何をやろうか考えて、という感じでした。
    そして、ひとつイベントが終わるたびに、「好きだったけど、もうしばらくは演奏したくない」曲が増えて行ったのも事実。

    そして、ひとつイベントが終わるたびに、
    本当に私がやりたいのは、どんな曲なんだろう、どんな音楽なんだろう、と、考え込んでしまったのも事実。

    12月も、”Blues Night”でBluesを歌い、クリスマスパーティーで「サイレント・イヴ」をやりました。
    そして、今は、それらはもう、しばらくやりたくなくなってる…。

    そんなの、おかしいんじゃないかな、私は本当に、ギターなり、歌が好きなんだろうか、とさえ考える。


    でも、今日、久しぶりに こうせつさんの曲を少し、聴いてみたら、
    私は正やんのファンで、そんなにこうせつさんを聴きこんだ覚えもないのに、
    いろんな曲が、スラスラと、口を突いて出る自分がいました。
    ギターさえ、気持ちよく弾いてたりした。

    そうして、
    そうだ、いつも、こんな、雪の降る静かな夜には、
    中学時代の曲に還っていたな、と思いだす…。

    結局、私が1番好きなもののひとつに、確実に中学時代の曲たちがあるんだ、と、
    今更、認識する。

    でも、なぜか、人前で、その頃の曲を演奏することがあまりなかった…。

    あの頃の曲は、いつでも、譜面もなくても出来る、と思っていたけれど、
    いざ、やってみると、あまりに長い間やらなかったことで、
    もう、歌詞もコードも、指の動きも忘れていたり、出来なくなっていたり。

    そんな時、しみじみと、いったい自分は何をやっているんだろう、と思うのです。

    出来ないことを
    新しいことを 追うことばかりで
    本当に自分の心が休める場所を、自分から離れて行っているのかな、って…。


    私が1番休める場所である「ぷかぷか」は、12月28日を最後に、
    新しい場所に移転します。

    何が変わるわけでもないのだろうけど、
    私自身、その節目を利用して、
    少し、変わりたいな、
    …なんて、今、思っています。


    本当に、幸せな気分でギターを弾いて歌える自分であるように
    周りの声に惑わされることなく
    楽しく 幸せに ギターを弾いていたい…。


    周りがひいてしまうような暗い曲も
    あまりみんなに人気がないようなアーティストの曲も

    とにかく、自分が幸せに演奏できる曲をやろう…。


    こんな話、誰に話してもたぶん、
    「そんなの当たり前じゃないか」っていわれるようなこと。
    でも、何度もそう考えながら、
    これまで、それが出来ずにいた私なのです…。


    雪が降る静かな夜が
    こんなことを 私に考えさせてくれた…。


    今日は、その、懐かしい1曲をチョイスしました。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                    こんな静かな夜 → 


    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 南こうせつ | 01:55 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 01:55 | - | - |- pookmark
        クリスマス
        自分も盛り上がってないけど
        まわりも
        いつもの年に比べて
        あんまり盛り上がっていないような....
        節電PRの影響か
        震災があった年なので
        ハデハデを控えているのか
        う〜ん
        このくらいでちょうどいい気もします。
        雪の静けさは
        福島育ちの母から聞かされていたので
        そういうもんだと意識するから
        よくわかるんだけど
        子どもたちは
        そおぉ?? ってカンジです。
        降れば
        単純にはしゃぐ♪
        でも道路はスグにパニック
        雪国をしょっちゅう走ってる長距離トラックさんは
        これしきの雪でなんだよー って
        すごくイライラされてると思います。
        「ぷかぷか」さん
        移転されても
        行けそうなところかな
        通えるといいね
        何かに便乗して
        自分の節目にする.... あるある!
        子どもたちがきれいに出て行った年なので
        子ども部屋を
        「物置き」でなく「使える部屋」にしようと
        日々掃除に励んでいます。
        「使える部屋」ができたら
        新しい風が入りそうで
        すごくワクワクしてるの♪
        何かが変わる? 何かのスタートになる?
        そんな思いで新年を迎えられそう (^−^*
        | ありんこbatan | 2011/12/25 6:15 AM |
        忙し過ぎて、こちらもクリスマスらしいことは何もしなかったです。
        余裕のない日々は嫌ですね。
        こうせつのこの曲は懐かしい。一番ソロで売れた頃かな。
        [雪が降る日に]なんかを久しぶりに聞きたい気分。 風邪早く全快されるといいですね。
        | 力道 | 2011/12/25 10:16 AM |

        ...................................................................................
        ありんこさん

        そうだ、今年は、ありんこさん家はいくつもの「おめでた」が…。
        家の中が静かになって、ほんの少し淋しさもあるかもしれないけど、
        うんうん、「新しい始まり」にしたいですよね!

        我が家も、ちんの部屋は、ちんが出て行った時の散らかったままにしてありますが(ちんが帰って来た時に、もう自分の家でなくなってしまったかのように感じないようにと)、数年後には、整理しないといけない時が来るんでしょうね…。
        淋しいけど、「ちんの家族」ごと、迎えられるようにしたい、って、考えてます☆

        私も、今年も十分生まれ変わったのですが、
        来年も、行くぞ〜!って感じ(^_^;)
        まぁ、今年、もう1度、記事更新したいと思ってるので、
        その辺の話はとっておこうかな(^o^)
        | よぴち | 2011/12/25 2:10 PM |
        よぴちさん、最近いろんなことにチャレンジしていて素敵です。風邪もよくなってきたようでよかった。

        今年のクリスマスイブイブは、歌チームの恒例のLIVEがあって、そのあとぷかぷかにも行って楽しい日になりました。
        よぴちさんたちのが、聴けなかったのが残念ですが、ギターは見れた。かっこいいね。濃いブラウンで男っぽいギターでした。きれいな色でした。

        久しぶりにMDを聴いていたら、綾戸智絵さんが金沢芸術村でゴスペルクワイヤ(わたしもクワイヤで出てた(^_^)v)とライブをしたときのものが出てきました。そのときに綾戸さんがいっていたことを今でも思い出すときがあります。
        何故音楽を苦しみから始めるの?楽しくて楽しくて見ている人も一緒に歌いたいと思うような誘惑するような歌を歌いなさいというようなことを言っていました。へたっぴいで楽しいだけの素人の私たちをフォローしてくれた言葉ですね。
        でもそのとき上手くなりたいと思うと苦しみがやってくるとも言ってた。

        楽しい好きな気持ちがまず大事でそれがないと次がないよねって、自分なりに解釈をして、何故か歌は続いてます。

        よぴちさんは音楽の財産がいっぱい身体の中にあっていいな。少しやったら思い出すよ、きっと。ふるさとに帰るのも大事な事です。
        『こんな静かな夜』は、わたしも好きです。雪が積もるとあたりが静かになって、雪明かりでなぜだかぼんやり明るくて、家の中がいっそうあたたかく感じられる。やさしい気持ちになるね。

        もうすぐ新年ですね。よい年が迎えられますように。
        | いーみん | 2011/12/25 3:23 PM |
        炉辺で軽い手拍子で

        ばあちゃんが唄う

        じいちゃんは赤い顔で

        舟を漕いでる


        音楽の生まれ故郷には

        雪が降り積もる
        | silent chabo | 2011/12/25 8:09 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        うんうん、いーみんさんが歌うことが好きで楽しんでる感じ、いつも感じてます。
        歌った後のいーみんさんって、とってもいい顔してるもの…。

        人前で歌う時、やっぱり、聴いてくれる人(嫌でも聴かされてしまうだけに)の心地よさを、全然考えないのはいけないとは思うんですよね。
        でも、そればかりに固執すると、自分の楽しさがどっかに行っちゃうときがあって。

        私が、リビングでひとりで弾いて歌う時が1番幸せなのは、それを一切考えないからかもしれない。

        どこか、折り合いのいいところで、人前でやる時にも楽しめたらいいな、と思います。

        今夜も静かです。やらないといけないこと、山積みなんだけど、やっぱりギター弾きたくなってきた(^_^;)
        | よぴち | 2011/12/26 1:22 AM |

        ..................................................................................
        silent chaboさん

        素敵なクリスマスでしたか…?
        今日の書き込み見て、「chaboさん、なんで知ってるの?」って思った。
        だって、私、歌ってる時、よく「舟を漕がれる」んですよ…(^_^;)

        雪が降り積もる…、か…。
        雪って、なんか、世の中の汚いもの全部包んで降りてくる気がしますよね。
        だからその周りは、すごく澄んでいる気がする。
        y木の降る静かな夜に、
        私が、ホントに休める音楽に浸りたくなるのは
        そのせいかもしれない。
        | よぴち | 2011/12/26 1:44 AM |

        ....................................................................................
        力道さん

        昼間、確かに力道さんにコメントのお返事書いたのに、
        今見たら、何故かUPされてない…(・_・;)
        すみません…。

        力道さん、そういえば、忙しくてなかなか映画評が書けない、っておっしゃってましたよね。
        (私から見たら、十分ですが(^_^;))
        もう、年明けまで、お忙しい毎日は続くのでしょうか…?
        私が言うのもなんですが、くれぐれもお身体ご自愛ください。

        「雪が降る日に」、
        中学時代、田舎で、一緒にギター弾く仲間がいなくて、ひとりで何役もやってカセットテープに多重録音して遊んでた曲の1つです。
        私の中では、この曲は、2月くらいの、ホントに次から次へと雪が舞い降りてくる日にやりたくなる曲なのですが。
        あと、私の中で雪の日に思い浮かぶのは、猫の「雪」もそうです。
        | よぴち | 2011/12/26 1:50 AM |
         
        「こんな静かな夜」を聴きながら、昔金沢に住んでいたときの雪の夜を思い出しています。音を吸収するんですね。そんな静寂な時間がなんだかしみじみと懐かしい。
        体調がまだ優れないのに、リースや飾りつけ、偉いですね。うちなんぞツリーすらありません。やっぱり子供さんがいるといないのとでは違うのかな。我が家では20年間変らず、クリスマスはただとにかく、ご馳走を食べる日です(笑)。淡々としていなくて誠に申し訳ない(汗)。
        このアルバム、持っています。僕は演奏する側の人間になることはほぼ無かったので、よぴちさんの思いは実感として多分、わかっていない。でも、人前で演った数少ない経験の中に、「オハイオの月」「君といっしょなら」があります。明るいでしょ(笑)。こういう歌を演ると、ハッピーになりますね〜。おいちゃんも中学時代も、やっぱり楽しかったなー。その思いを糧に、今も生きてます♪
        | 凛太郎 | 2011/12/26 5:49 AM |

        ....................................................................................
        凜太郎さん

        リースも飾り付けも、毎年同じもの(どうせ100均グッズで適当に作ったもの)をとりつけてるだけで、でも、12月に入ったら、毎年やってるんです。
        家の前は通学路なので、子供たちが少しでも、楽しい気持ちになってくれたらいいな、と思って。

        いや、私も、クリスマスはご馳走を食べる日だったんですよね、いつもなら。なんか、今年はやっぱり体調がすぐれなかったからかな。しかも、雪降ってるし(>_<)
        外、出たくない。つい、家にあるもので…。

        いつも凜太郎さんが言われるように、結局、私も、あの頃だけが「糧」なのです。
        分かってるくせに、人前ではなんか恥ずかしくなっちゃったりする。

        少しずつ、素直になるようにします。これは、子供に還るのではなく、「認める」という、大人の行為として。
        (さださんも、「療養所」で、これが言いたかったのではないかと、勝手に思っています)
        | よぴち | 2011/12/26 1:29 PM |



        トラックバック機能は終了しました。