◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< ラヴ・パレード:ORANGE RANGE | main | 砂時計:谷山浩子 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  雪の朝:グレープ  ○●○
    わすれものようやく 昨日あたりから
    ネットの転送速度が戻ってきました。
    何が原因かわからないのですが
    時折こういうことがあって
    1週間〜10日くらいで自然に戻って行きます。
    仕事も、ブログを更新するのも楽になりました。
    その割には、仕事も
    ブログ更新も出来てないのは…
    これも「何が原因かわからない」(^_^;)


    外は雪が降っています。
    1月も終わりが近づいて
    福井の冬なら 雪が降るのは当然のこと

    降らなかった年は 決まってスキー場の嘆きが報じられて
    春から夏にかけては病害虫の発生が報じられて
    …だから ずっと経てきた季節の変化は
    やはり そのとおりでないと都合が悪いことも多く…

    それはわかっているものの、
    やっぱり 少し 億劫になってしまう私です。
    もう、雪降る福井に46年以上も住んでいるというのに…

    私は田舎に生まれて 小学校も中学校も1学年2クラスしかない
    小さな学校でした。
    その頃は福井県では、新卒の教員は僻地に赴任するのが一般的で
    (今は、経費のムダということからか、そうでもなくなっています)
    私の母校などは 若い先生がたくさんおられました。

    田舎なので当時はアパートなんていう派手なものはなく、
    下宿が必要な先生は 決まって 
    ある独り暮らしのおばちゃんのところに下宿する、
    というのが慣例になっていました。

    私が中学時代も、新卒の英語の先生が、そこに下宿していて、
    私の家は学校から近かったので、当然、その下宿も近く、
    休みの日などに、時々、みんなでその先生の所に押し掛けたりしていました。
    また、学校区に、「幹線林道」などが通るような山間部も含まれていて、
    そこの子たちは、冬、雪が降ると登下校できず、
    冬場は学校に併設された「寄宿舎」に入舎していました。
    当然、私のように学校に近い者は、遊びに行ってしまうわけです。
    そこは、臨時採用の若い舎監の先生や、
    同じようになんとなく集まってくる若い先生方で、
    私たち生徒にとっては、とても楽しい空間でした。

    その
    よく遊びに行った英語の先生は さだまさしさんが好きでした。
    当時、曲についてよく語り合いましたが
    1番好きなのは?と訊いた時、
    先生は「やっぱり雪の朝かなぁ」とおっしゃっていた…
    私は、その頃は「雪の朝」はあまり好きじゃなく
    へぇ〜、やっぱり人それぞれだなぁ、なんて思ったのを覚えています。
    The Beatlesの曲についても語り合いましたが
    ”Yesterday”の歌詞の中の
    ”believe in yesterday"の "in" について
    どういうニュアンスなのか、あーでもないこーでもないと話したのも遠い日のことです…(^_^;)

    外は 相変わらず あっという間に 20cmは越える積雪
    子供の頃 周りの大人から教わった「雪雷(ゆきがみなり)」が鳴っています
    今夜は少し 積もるのでしょうね…

    明日の朝
    この曲を思い浮かべて
    憂鬱ではなく 幻想的な気持ちで 1日を始められたら
    …そう思いながら この曲をチョイスしました…


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                         雪の朝 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | グレープ | 17:40 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 17:40 | - | - |- pookmark
        そちらはやっぱり雪国なんだなぁ
        って
        改めて思いました。
        冬場の寄宿舎
        楽しい場だったんだろうなぁ
        いえいえ
        家族から離れて過ごさなければならないワケだから
        ウキウキばかりではなかったことでしょうけど....
        「in」について討議
        こういうの
        おもしろいのよねぇ
        しっかり考えると
        それからの英作文で
        かえって迷うことになったりして (^−^;
        うんうん
        雪や雨も
        めんどくさくて
        予定を狂わすものだったりするけど
        「幻想的なもの」
        「神さまからのステキなプレゼント」
        ってとらえたいね
        大雪のタイヘンさを知らないから言ってられる (゜゜)\バキ
        | ありんこbatan | 2012/01/26 4:55 AM |
        こんばんは
        今年の雪は半端でないようですね
        こちらはあまり雪は多くはありませんが
        とにかく寒いですよ
        明日朝はマイナス九℃とか
        今日の最高も零度
        去年よりこんな日外に出かける気持ちになれません
        やっぱり歳なんですね
        | カツオ | 2012/01/26 6:18 PM |

        ...................................................................................
        ありんこさん

        寄宿舎…楽しかったですよ、クリスマスパーティーなんかもやったりして♪

        とらえ方ひとつで…って、
        私の中学時代の恩師が、今、私が住んでいる地元の小学校(つまり、ちんの母校)の校長をしているのですが(国語の、キレイな女の先生でした)、回覧板で、小学校の学校便りが回ってきて、今月号に「幸」と「辛」の字について、書かれていました。
        ひとつ加えるだけで…という、よく聞く話なのですが、
        今更ながら、そうだ、とらえ方、考え方、見方の違いで、幸せになれるものかも、って、しみじみ考えてしまいました。

        雪も…いいところもありますよね(^_^;)
        | よぴち | 2012/01/26 10:15 PM |

        ....................................................................................
        カツオさん

        寒いと、外に出たい願望が一気に下がるのは私も同じ…。
        特に、雪かきしてからでないと家から出られなかったりすると、ホントに、もう出る気が無くなってしまいます。

        じぞうもじの本、ありがとうございました。
        なんだか、すべての頁で心温まる気持ちがしました。
        思えば、カツオさんのメールアドレスを存じ上げなくて、
        手紙を書こうと思っていました。

        やはり、元気いっぱいのカツオさんも、
        さすがに今回は、少し参られたのだと思います。
        元に戻るのに時間がかかるのは
        環境だけじゃなくて こころも同じ…。

        ゆっくり、ゆっくりでいいんじゃないでしょうか。
        私も、ゆっくり、ゆっくり、でも、前にだけは向いていようと思っています。
        | よぴち | 2012/01/26 10:21 PM |
        今日の金沢は晴れたり、降ったり。雪は大変だけど、雪の後、晴れると本当に気持ちがいい。雪が降ったときの空気のにおいも好きです。

        いいなあ、そんな学校。わたしは学校の先生とそんな話をする機会なんてなかったなあ。
        ただ保健室と音楽の先生のところには何故かよく遊びに行っており、先生が練習しているときに横で歌ってました。今とあまり生活が変わっていないような。
        独身の女の先生でしたが、今頃どうしてらっしゃるかなと思います。

        先日は誘ってくれてありがとう。浮き上がるきっかけになりました。
        | いーみん | 2012/01/28 2:59 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        私も、中学時代、保健室にはよく遊びに行きました。
        当然のように保健の先生も若くて、かぐや姫のファンだったので、私は、音楽室からガット・ギターを持って行って、いつも保健室で歌っていたのです(^_^;)

        …で、よく、気づいたら午後の授業が始まって30分以上経ってた、なんてことも。

        先生も、何も言わなかった。
        「この子は病んでる」って思われてたのかも(^_^;)


        この前は、こちらこそ、ありがとう。
        とっても楽しかったね♪
        | よぴち | 2012/01/29 12:28 AM |
         
        寒いですなぁ。僕の住んでるところは温暖であるはずなのにどうも冷えまして、あたしゃ久しぶりに風邪なんぞ引いてしまいました。しかし、この程度で寒いなどと言ってましたらよぴちさんに笑われますね。福井の雪の便りはこちらにも届いています。雪おこしの雷のことも、北陸を離れてずいぶん経つ僕には、なんだか彼岸のことばのように思えていました。
        「雪の朝」は好きですね。でも、やはりこの歌は長じてから好きになったかな。少年にはなかなかわからない良さがあったのかもしれません。
        あの頃は、先生に限らず「大人」に、自分の考えや思いをぶつけてみることが好きでした。ただ、態度が生意気でしたので、なかなか聞いてくれる度量を持つ人は少なかったようにおぼえています。が、真摯に立ち向かってくれた大人の方々には今、感謝しています。
        僕は今、少年や少女と、in yesterdayのinについて真剣に語れる大人になれているかな。そんなことを、よぴちさんの話を読みつつぼんやりと思っています。
        寒い日が続きます。ご自愛ください。
        | 凛太郎 | 2012/01/29 7:19 PM |

        ...................................................................................
        凜太郎さん

        「寒い」と感じるのは結局、「人」であって、
        絶対的に気温が何度だから寒いとか暑いとかいうのじゃないんだな、と、最近実感しました。
        というのは、娘のいる京都に行くと、福井と同じ気温でも、温かく感じるのです。
        変な話、福井にいる時に、たとえばババシャツなど欠かせないのに、京都では、それを着ていられない。暑くて。

        たぶん、福井でずっと過ごしていると、身体が「寒い」と感じる温度が下がってくるんじゃないかな、と思っています。
        だから、私がそこに行ったとき、大して寒いと感じなくても、その温かいところに住んでいる方は、「寒い」と感じているのでしょう。
        なんだか、うまく表現できませんが。

        私は今でも、本当には"in"についてなど、語れないです。
        でも、自分の人生の終わりについて具体的に考える機会をもらったために、少しだけ、私なりの"in"の意味合いを実感している気でいます。

        "in"の積み重ねで人生を作って行きたい。
        今は、そんな思いでいます。


        | よぴち | 2012/01/30 2:57 AM |
        こんばんは
        素敵な葉書ありがとう
        三人の家族のあったかさ
        昨日からの吹雪と寒さで積もった雪を
        一気に解かして私の心の中に入り込みそう
        ありがとう
        | カツオ | 2012/02/01 7:18 PM |

        ....................................................................................
        カツオさん

        いえいえ、私の方こそ、「じぞうもじ」で
        温まったのです。
        とにかくお礼を、と思ったのですが
        ハガキ1枚でごめんなさい。

        また、ゆっくりお手紙書きますね。
        この前、カツオさんの「ふきのとう」の写真にも
        ほんの少し春の便り、雪の中でも黙々と頑張っている命に力を戴きました。
        | よぴち | 2012/02/01 10:07 PM |
        今年は厳冬で厳しい。まさに[雪の朝]ですね。グレープの中ではあまり好きな歌ではないですが、体調に気をつけて下さいね。まだ寒波続くみたいなので。
        | 力道 | 2012/02/04 7:23 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/323