◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< わがまま:因幡晃 | main | 君に捧げるラブソング:岡林信康 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  祈り:加川良  ○●○
    駒沢あたりでまた 白い朝を迎えました…。
    雪になるたび
    今年は 積もるほどの雪はもう これで終わりかな、と思うのに
    やっぱり そう甘いものでもなく…。
    夕方、少しずつ「あ、まだこんなに明るさが残ってる」と思うことが 今の唯一の「春からの手紙」です…。
    今はまた 「雪雷」が…。
    今夜は まだ少し 積もるようです…。


    今日は どの曲にしようか
    つまりは 何を書こうか
    ずいぶん 迷いました。
    ホントは のんびりとした恋の曲で
    春気分の記事にしようと思っていました。

    けれど
    今の気持ちは 正直 少し 動揺しています…。
    それを記事にしたら
    他人様どころか 自分にさえ どうにもならないことについて
    ただ グダグダと書くだけに過ぎません。
    でも、やっぱり 敢えてそれを書こうと思いました。
     
    せっかくブログをやっているのだから
    そんな「気持ちの揺らぎ」のようなものを
    記録として綴っておいて
    あとで 「そんなこともあったな」って 笑えたらいい、
    …そう思いました…。


    昨日は 血液内科の受診日でした。
    このところ、血液内科の受診は
    「変わりないですか」「はい、変わりないです」の繰り返しで
    まるで 株主総会が「シャンシャン」と終わるかのような気持ちでした。
    もう自分は 半分くらい白血病患者ではなくなっているかのような錯覚さえあって
    それなのに 肝硬変に至るまで抗がん剤を使い続けた主治医に対して
    恨むような気持ちさえありました。
    いや、それは今でも 多少ありますが…。
    途中で薬を変えていたら、こうは ならなかったように思うので…。

    けれど 今回
    前回受診時にやった染色体検査の結果が出ていて
    少し 異常染色体の数が増えて いわゆる「異常値」の範囲に入っていました。
    普通の人でも0ではなく
    これまでは 私も0ではないまでも、「普通」の人と同じ範囲まで
    抑え込まれていたのです…。

    でもまだ、ほんの少し上回っただけ。
    だから、主治医は、次回受診時にまた検査しようと、再検査の選択を。
    ただ
    「インターフェロンやめて どれくらいになりますかね…?」
    「もう2年になります」
    「あぁ…」
    と、まるで、「あぁ…」のあとは、「それじゃあ、仕方ないですね」とでも続くような そんな会話…。

    また悪くなった場合の抗がん剤の選択について
    もう2度と失敗したくない私は
    そのことについて 自分の意見を話し
    主治医に
    「あまり気にしないでくださいね、誤差かもしれないから…。ほんの少し悪いだけですから」
    と 念を押されて診察室を出ました。


    帰り道、どうしても涙がこみ上げて来てしまって
    …別に 抗がん剤を始める、というだけで
    すぐに死に至るわけでもないことを知っているし
    だから
    最初に 自分の病気を知った時とは全然違った気持ちなのですが

    涙がこみ上げて来てしまったのは
    たぶん いわゆる「青天の霹靂」かのような
    衝撃というか 動揺だったのだと思います…。

    ただ
    昨日はホントに忙しくて次から次へと 仕事の電話やメールが相次いで
    それに対応しているうち 悪いことを深く考え込まずに 
    そのうち 少しずつ 落ち着いて行くことが出来ました。

    最初に発病した頃は
    結婚さえも悔やんでしまうほど
    仕事に没頭していた頃。
    発病は それに対する罰のように思えた。
    その後も、少し病状や気持ちが落ち着くと 仕事がしたくなって
    少し力を入れ始めると 悪くなって…の繰り返し。

    今回も また そうなんだろうか、と思ったりします…。

    でも
    死んだような毎日を積み重ねるのは 
    今は もう やめたい気持ちが大きい…。
    これまでは ちんがいたので
    ただ 生きながらえるだけでも
    ちんにとっては 価値のあるものかもしれないと思った。
    今は ちんも巣立ち
    茶戌にとっても
    ただ 生きながらえることだけが 価値があることではない気もします…。

    とはいえ
    ホントに その場に望んだら
    また どんな気持ちになるのか
    自分でも 分かりませんが…。


    そう、悪くなっていると確定したわけではないのです。
    ホントに五分五分、それどころか今は、「きっと 大丈夫だろう」が ほんの少し優勢なくらいの気持ちでいます。


    今日 セレクトした曲は 大好きな良さんの曲。
    こんな雪降る夜は
    静かに 聴いて 気持ちを落ち着かせたい…。
    コーラスは Lazy Hipのどなたかなのでしょうか…?
    それを再現できないからか、
    ライヴで 良さんがこの曲を歌っているのを聴いたことがありません…。
    ギター1本で 雰囲気が出せる曲だと思うにも拘らず…。

    こんな夜は
    数年前、NHK「フォークの達人」に出演された時の録画DVDでも観たくなる…。
    今夜は 茶戌が帰宅するので無理かもしれないけれど
    (我が家は狭いので 過ごせる空間はリビング1つしかありません…(^_^;))

    来週にでも 静かに 良さんのライヴの中で過ごす時間を作れたら、と思います。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          祈り → 
    0
      | 加川良 | 18:27 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 18:27 | - | - |- pookmark
        じゃあ

        オラはのんびりした恋の歌でもうたおうかなぁ

        何がいいかなぁ


        と思って考えてたら

        眠くなっちゃった


        だから

        また今度にするね
        | 教訓chabo | 2012/02/17 7:36 PM |

        ...................................................................................
        教訓chaboさん

        今日セレクトするつもりだった「恋の歌」は、今度、必ず取り上げるつもり。
        それまで、chaboさんは、眠りながら待ってて。

        最近、ほんの少しだけ、お酒を解禁したよぴちは
        今夜も ほんの少しだけ飲んでます。
        だって雪、降ってるし。

        恋の歌も もう何曲も歌った。

        元気です。ありがとう。
        | よぴち | 2012/02/17 11:52 PM |
        病気の知識に乏しく
        どれだけ深刻なことなのか
        想像するしかないのだけれど
        検査結果が悪くないことを祈っています。
        自分式のおまじないは
        頭の中で
        すごく悪い方に物語を展開させることです。
        そうすると
        全く違う現実になるの
        拍子抜けするほど
        あっけなく いい方向に....
        だから
        よぴちさんがベッドで寝ている図を思い浮かべつつ
        笑顔で春を迎えられることを祈りますね
        加川さんも
        よぴちさ〜ん って
        にっこりしてる (^−^*   
        | ありんこbatan | 2012/02/18 4:46 AM |
         
        生きてくのも易うないなあと思うこの頃。まあええか、と思うたときもあったけど、最近は特に執着心みたいなもんが芽生えてる。僕は。
        「心の記憶」を書き留めとくんは、悪ぅないことやと思う。なかなか気持ちは落ち着かんとは思うけどな。
        とりあえず、ワシにはなーんも出来んから、祈るわ。ただ祈るだけではどないも進展せんと思うけど、これから出かけるさかい神社にも寄ってくる。風の祈りも聴こえるかもしれん。
        たまに酒呑むと、キクやろ? あ、もともと酒豪の人にはそうでもないか(笑)。でも患者なんやから、過ごさんようにね♪
        | 凛太郎 | 2012/02/18 10:30 AM |
        ...................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます(T_T)
        でも、ごめんなさい。私、ベッドで寝る気はないのです…。
        最近は、抗がん剤も飲み薬で、しかも、悪い細胞が生まれそうな染色体だけを見つけて、その細胞が悪いものにならないよう、その時点で分裂を止めてしまうという、「分子標的薬」が数種類開発されているのです。

        ただ、その中のどれが私に合うか(効果と副作用の兼ね合い)、決定するために入院することもあるようですが、私はそれも、出来れば在宅で、と思っています。
        だって、仕事も遊びもやりたいも〜ん(^o^)丿

        残念なのは、抗がん剤始めると、せっかく今、筋肉の引き攣りが少し軽くなって、ギターが少しだけ「戻ってきた」感があったのに、また、引き攣りで、弾ける曲が限定されてくるかもしれないことと、身動きがしんどくなって外出に少しエネルギーが必要になることくらい。
        つまり、ただの「贅沢」(笑)。

        それに、まだ確定したわけでもなく、
        私は、「たぶん、大丈夫なんじゃないかな」と思っています。
        抗がん剤を始める、ということがすでに、私にとって「最悪のシナリオ」なんですよね。

        「憎まれっ子、世にはばかる」というから、
        祈るかわりに、私を今以上に憎んでくださ〜い!
        | よぴち | 2012/02/18 1:25 PM |
        ...................................................................................
        凜太郎さん

        泣かせないでよ〜(T_T)
        凜太郎さんの言葉で、それまで張りつめていた(もちろん意識はしてなかったけど)糸のようなものが一気に切れて、涙が出て来てしまった…。不覚。

        「生きる」ということに執着すると
        決まって悪くなってきたので、
        そうしないように心がけてきた、これまで…。
        でも、今は、少し身が軽くなって、
        「自分を生きる」ことに執着し始めています。
        そして、やっぱり、この「知らせ」。
        まぁ、まだ「知らせ」かどうかは分かりませんが。

        この前、初めて「菊一」へ行きました。
        ほんの少し、日本酒も戴いた。
        言葉少ないご主人と、気さくなおかみさんの、温かいお店でした。

        凜太郎さん、祈る代わりに私の我儘を聞いてくれるなら
        1度、懐かしい金沢へ来てください。
        菊一のおでんを食べて、フォーク酒場で、「あの頃」の曲を一晩中、歌おう…。

        ま、急がなくていいですけどね。
        まだまだ、私は生きますから!
        ありがとう。
        | よぴち | 2012/02/18 1:34 PM |
        よぴちさん、日本酒も飲むんだね。寒い夜には、温かい日本酒の方が似合う。
        わたしはお酒が弱いんですが、日本酒は好きです。いい匂いおいしいって、おちょこ1杯。養命酒じゃないってねえ。
        金沢も昨日は雪が降ったけど、もうすぐ春が来ますね。
        昨日はベランダのバラの選定をしました。寒いまだ芽が動かないうちにしなくてはいけないみたい。春の準備です。
        根拠はないけど、わたしはなんだか大丈夫な気がしてる。
        音楽や仕事に充実した日々が続く気がします。
        でも、休息はちゃんととってね。

        | いーみん | 2012/02/19 8:43 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        ありがとう。
        心配して1番にメールくれた時も
        有難かったし、申し訳なかった…。

        私も、たぶん、大丈夫なんじゃないかと思ってるのです。
        こうして、ダメかも、ダメかも、って大騒ぎして
        結果、全然OKで、ちょっとバツが悪いくらいが、
        私に用意された人生なんじゃないかと思って。
        悲劇のヒロインっぽいのは、
        私には ちょっと 素敵すぎるでしょ?(笑)

        で、
        音楽と
        ちょっとだけお仕事に
        これまでどおり、我儘三昧で行きます!
        | よぴち | 2012/02/20 3:54 AM |
        むーん
        なんとコメントするかな
        私のちっぽけな痛みから自分のことしか知らないのでそれを書こう

        片眼だけでみるとやっぱり歪んで見える
        もう一方の眼だけでみると疲れる
        両方でみると何とか普通かな
        でも
        じっと見ていると二重に見える
        だから免許も返上した
        とても不自由なことある
        でも
        受け入れてその範囲で楽しんでいる
        腕と手指
        しびれプラス痛み増す
        寝れない日々
        四つの医師回るも原因不明
        今月末検査入院し新しく別の大きい病院紹介してもらう
        あんなに
        死ぬのではと思った狭心症は何ともないすこぶる元気
        血圧も薬で安定
        肝臓や糖も 境界で済んでいる
        胃なんかは若い時すごく大変だったのに今は良好

        あんなに走ったりスポーツ得意だったのにボーリングもパークも卓球もできない 走るのはもちろんダメ でもまだ山とか沢とか登る 歩くのも早い

        今過ごせること大切にしようと思う
        これから何がどうなるかわからない
        だって十年前今の状況になるとは予想できなかった
        必ずしも悪くなるということでもなく
        よくなるかもしれない
        まあー
        どうなるかわからないが
        今の今を楽しむのが一番
        | カツオ | 2012/02/20 5:20 PM |

        ....................................................................................
        カツオさん

        ありがとうございます…。
        忘れていたことに気づかせていただいた気がする…。

        そう、10年前を思い起こすと
        今は 想像できませんでした。
        その10年前は、もっと想像できなかった…。

        その渦中にいる時は
        これが ずっと続くような
        少なくとも 終わりなり 出口なりは見えないものですね。
        でも、
        後で振り返ると、終わったり、抜け出したりして

        そして その渦中にいる時でさえ
        楽しいことも嬉しいことも

        結局、人生ってそんなものなのでしょうか。
        常に 悲喜こもごもというか。

        最初に 病気を知った時に比べたら
        経験値が 多少は上がったこともあるでしょうし
        娘が巣立つなど 状況も変わって
        今は ずいぶん 落ち着いています。

        ありがとうございます。
        そのうち、ヒョイと仙台へお伺いしたら
        よろしくお願いしますね!きーさんとともに。
        | よぴち | 2012/02/21 1:07 AM |
        検査結果が悪くないことを祈っております。
        | 力道 | 2012/02/21 4:38 PM |

        ..................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        私も、祈る気持ちです…。ていうか、それしかないし。

        でも、悪かったら悪かったで、流れていくしかないですよね。
        抗がん剤を使い続ければ、抑え続けられるだろうと思うのですが、肝臓が、どこまで抗がん剤に耐えられるかが分かれ目だなぁと思っています。

        まぁ、まだまだ大丈夫です!
        それから、この前紹介されていた「ヒミズ」、こちらでも公開されているようです。
        私は映画館へ足を運ぶことはないと思いますが、早々のレンタル落ちを望む!!
        | よぴち | 2012/02/21 10:24 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/326