◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 君に捧げるラブソング:岡林信康 | main | れくいえむ:南こうせつ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  弥生つめたい風:NSP  ○●○
    明日によせて3月になりました。
    入院のなかった冬、長く感じられるのかと案じていましたが、おかげさまでバタバタと忙しく過ごして、あっという間に春が見え隠れするようになりました。

    夜、何かのついでに外に出た時、星を見上げると、南側の「冬の空」が西にずれている…。そして、私にとっての「春の匂い」がします…。

    昨日は、Kさんのヴォーカルに私のギター&キーボードでの伴奏とコーラス、という、初ユニットでのステージでした。
    小さなミスはたくさんありましたが、なんとか演奏を途中で止めなくてはならないことは避けられて、もとよりKさんの歌は本当にお上手なので、聴きに来て下さったお客様は、Kさんの歌を喜ばれていたように思いました。

    そして今日…。
    先週1週間、昨日のステージのために、仕事の方は「大急ぎ」のものだけになっていたのを、いい加減、集中しなくては、と動き始めました。
    予想通り、動き始めたら、「止めてあった分」が一気に押し寄せてきました…。

    しばらくは、こちらに集中しなくては、と思います。

    さっき、昨日、ご一緒したKさんから、お疲れ様メールが来て、
    要件があるけれど仕事中なら、夜、ちょっと遅くなるが電話する、とのこと。

    今日は比較的ゆったりと、どうせ自宅で仕事をしているわけですが、
    たまたま手が離せないタイミングだったので、夜の電話に頼ることに。

    …まだ、電話はありませんが
    不安で仕方ない自分を感じています…

    Kさんは、子育て支援を中心に、金沢でいろんなことをやっておられる、とても精力的で行動的な方です。
    もし何か、HELPを求められても
    私には それが出来る自信がない…
    時間的にも体力的にも。
    そして 気にしていないつもりでも
    もしかしたら また 体力が落ちてしまうかもしれない、という不安。

    こんな時
    本当に、どうしてこんな自分になってしまったのか
    自己嫌悪に陥りそうになる…

    昔の私なら、
    新しい仕事の話が入った時は もちろん 不安もあったけれど
    それとは別に まるで武者震いするかのように
    そこから開けてくる 新しい未来や 出会いに
    ワクワクするようなところがあった…

    今でも 職場では そんな自分のイメージを払拭出来ず
    一生懸命 背伸びして 自分を奮い立たせている自分がいる

    でも今の私は
    本当は「怖さ」や「不安」の方が
    ワクワク感より ずっとずっと 大きくなってしまってる…

    だから 何もしないように
    したくならないように
    なるべく 外を見ないように
    聞かないように
    …そうして過ごしてきた

    でも ほんの少しだけ 元気が出て
    もう少し 落ち着いて考えたらよかったのに
    今、今じゃないとダメだって 焦るように
    少し 外に出るようになった…

    そしてやっぱり
    こんな風に 怖くて仕方ない自分を持て余している。


    もう、愚かすぎて
    自分の気持ちをどこに どう 逃がしたらいいのか
    ホント、バカですね、私…。


    仕事だけでも
    今日、3つの課題が動き始めました。
    こんなふうな自分になってからは
    こんな時 いつも ひとつひとつ、クリアしていこうと心がけています。
    そうするうちに、進んでいくから、と。


    昨日のライヴが終わった後、
    帰宅が深夜で 雨が降っていたこともあって
    「今日明日は、ギターは弾かないだろう、弾いたとしても、他のギターでいいし」
    と、ギターを車から降ろすのをやめていました。

    でも今、やっぱりギターを弾いています…
    やっぱり私には
    こんなとき ギターを弾くしかなかった。
    そんな存在が そばにいてくれるのは
    本当に 有難いことだと思います…

    3月
    弥生
    …頭の中に浮かんできたのは この曲でした
    いつものように わけもなく
    この「音」を聴くだけで 涙が出てしまう私ですが
    その涙は こころの中の 何か得体のしれない「もやもや」だとしたら
    ギターに手伝ってもらって 流してしまって

    …明日から また 頑張ろうと思います。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     弥生つめたい風 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | NSP | 23:07 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:07 | - | - |- pookmark
        Kさんからのお話
        何だったかな?
        もしも
        依頼・お願い・相談であれば
        頼ってもらえたんだから
        スゴイことだ!
        なんて
        自分だったら嬉しくなっちゃいます。
        期待には応えられない と思っても
        声をかけてくださったことに単純に感激しちゃうなぁ
        できないことはできないんだけどね (^−^;
        よぴちさんの病気のこととか
        わかってくださってる方なら
        じっくり考えて のことでしょうから
        ゴメンナサイ! のコタエでも
        全然かまわないんじゃないかな
        アタシなんか
        健康体でヒマなクセに
        いろんなこと断ってますよ (゜゜)\バキ
        「ひとつひとつ」
        これ
        座右の銘です。
        あぁ〜 これも!それも!
        そんな風にガチャガチャ手をつけたら
        疲れてしまうだけで
        ひとつもキレイにならないもんね
        | ありんこbatan | 2012/03/06 4:47 AM |
        ライブお疲れさまでした。いい時間を過ごされたようで何よりです。
        ギターは心の友、いつでも癒してくれますよ。
        またお仕事無理せずに頑張って下さいね。こちらも3月は月末が忙しいので、戦線恐々としてます。お互いにに何とか乗りきりたいですね。
        | 力道 | 2012/03/06 10:29 AM |
        何にもできないけど
        このお話を読んで
        これからまだちょっと続く
        吹雪とか雨とか風とか
        そのたびに解かされていく水に
        よびちさんの流した涙や
        イライラや
        不安などを
        一緒に流すことの手伝いをします
        嫌なことはためないで流しましょう
        それは好きなことをする
        好きな家族に電話する
        余裕があれば足を運んでみる
        もう春はそこまで
        東北より北陸の張ると早いんですよね
        桜咲くのも早いんだよね
        | カツオ | 2012/03/06 4:49 PM |
        コメントしようと思っていたら、もう次がアップされたので、こちらに書きます。
        五木さんの『青春の門』は、僕も高校時代に読みました。今読むと暗いなぁと思いますが、あの頃はドキドキしながら読んでいました。筑豊編、自立編と読んで、放浪編の途中で飽きてしまいました。起承転結が無いんですよね。
        今は、文学に限らず、本が売れなくなっているそうですね。ネットで、瞬間的に情報が得られるから、本を買って、一定の時間黙り込んで活字を追うのは、効率が悪いですからね。
        石原さんは、大変失礼ながら、ご自分の作品はなんかパッとしませんが、批評の目は確かですよね。
        | コーヒー党 | 2012/03/06 8:47 PM |

        ...................................................................................
        ありんこさん

        お返事遅くなって申し訳ありません。
        あれから、奮い立ったり、ホッとしたり、また追い詰められたりと、一喜一憂しながら過ごしています。

        先のことを考えたら、もう、何も出来なくなってしまって
        …だから、目の前の、「今、これをやろう、やるべきだ」と思うことをとにかく、やっています。

        Kさんからは、結局、まだ電話はありませんが、メールを下さって、なんとなく、私と話したかった、とありました。
        ひとまわりも年齢が上の方なのに、そんなふうに感じていただけたなら、すごく嬉しいし、有難いことだなぁと思いました。

        いつも ホントにありがとうございます。
        頑張ります。
        | よぴち | 2012/03/07 1:57 PM |

        ...................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        ライヴは、いい経験になりました。
        終わった後は、一気に疲れが出た気がしました(^_^;)
        力道さんは、3月を乗り越えたら、少し落ち着かれるのでしょうか?
        結局、4月以降もやっぱりお忙しい日々になるような…??

        無理しても、キャパの小さい私は、すぐにダメになってしまう、その結果、結局、周囲にもご迷惑をおかけすることになるので、まぁ、ほどほどに、頑張ります(^_^;)
        | よぴち | 2012/03/07 2:09 PM |

        ...................................................................................
        カツオさん

        そちらは まだ雪の日があるようで
        やはり、厳しいんだな、と、写真を見るたび感じています。
        カツオさんも、身体も心も、ほんの少し疲れておられるようで、それを思うと、私なんかの状況は、ずいぶん恵まれていると思い返しています。

        それでも、いつか桜は咲くし
        それが終わればツツジが。
        そうやって、自然と共に、私自身も「営んで」いけたらなぁ、って
        そのために 今日、一歩を、って
        そう思って、頑張ります。
        | よぴち | 2012/03/07 2:13 PM |

        ...................................................................................
        コーヒー党さん

        ありがとうございます。
        そう、「青春の門」、暗いですね。
        その暗さが、なんとなく、時代を映している気がしているのですが。暗さの中に、力がある、というか。
        「放浪編」は、私も、少々、飽きが来た記憶があります。
        でも、その次の「堕落編」が、また私を引き戻した、というか、高校時代は、「堕落編」で、考え込みました…。

        そして私も、石原さんの作品自体は、そんなに「ガツン」とは来ないのですが、「言論の自由」を駆使しているかのような、あの発言に、必ずしも同感は出来ないまでも、アッパレ、とは思うわけです。
        今回、石原さんの他に、黒井千次さんも審査員を引退されて、次回からは、また新しい風になりそうです。
        | よぴち | 2012/03/07 2:19 PM |
        Kさん、何か話したいけど出てこなかったのかもしれない。頼まれごとかあ。頼まれることは認められることだから、うれしいことですね。
        ただ、体調もあるのだから、無理なことは無理といわないとだめだよ。熱心のあまり、人の状況が分からなくなるひともいるからね。
        仕事は一喜一憂しながら一歩一歩なんだけど、なかなかそれを楽しめる余裕はないです。わたし。
        昨日ちょっとしょんぼりすることがあり、ばすでMさんと一緒にいられて助かった。音楽を楽しむひとたちと一緒にいられるのはしあわせ。こんなにはまるとは思っていなかったよ。

        もう春ですね。はやく沈丁花咲かないかな。



        | いーみん | 2012/03/07 8:08 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        ありがとう。
        私も、明日、ちょっとした諮問会があるので、
        つるし上げられないよう、勉強しなきゃ、と、
        アサガエリさんが今日、金沢へ来られると知りながら、
        勉強のためにも福井残留したのに、
        例によって勉強は、遅々として進まず…。

        遅い時間になると集中できる私ですが
        それでは時間が足りるかどうか不安だし…。
        そもそも、今日までの間に、十分勉強してあるはずでしょ、って話なんですが。

        ばすで心地よく過ごせたなら、よかった。
        私も、話して楽になることなら、いくらでも聴きますよ…。
        でも、話すエネルギーもないこともあるから…。
        私の場合、人に話せるようになった頃には、少し落ち着いていたりします。

        沈丁花…蕾は膨らんできてると思うのですが、来週はまた名残雪が降るみたい。

        1歩1歩、ですね、季節も、自分も。
        | よぴち | 2012/03/07 8:55 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/328