◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 弥生つめたい風:NSP | main | 恋のゆくえ:Bossanova Cassanova >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  れくいえむ:南こうせつ  ○●○
    れくいえむ3月に入って、ずいぶん暖かくなってきました。
    我が家の玄関前も、雪を避けるために移動してあったプランターが、元の場所に戻って、ほんの少し彩られています。
    でも、明日からまた、3日ほど雪の予報。やはり、高校入試の合格発表の頃は なごり雪です…。
    三寒四温を繰り返して 本当の春がやってくるなら 焦らず、あと少しの辛抱です。

    週末は茶戌がいるので、珍しく我が家のTVが稼働します。
    今日のニュースワイド番組で、タレントの山口美江さんが自宅で孤独死されていたニュースが報道されていました。
    独身で独り暮らしの方が自宅で突然死を迎えたら、
    当然、「孤独死」になってしまう…。

    いつだったか 文芸春秋に、そういう、「死んだあとの片付け」を引き受ける業務の方のエッセイが掲載されていました。
    それを読むまで、そういう「業」があることを知らなかった私でしたが、それを読んで、なるほど、ニーズはある、あってしまうだろうなぁと思いました。

    遠くで暮らしている方のために、お墓掃除を代わりにやる業者さんなども、それに近いものを感じます。

    この前、食事の時に30分ほどつけていたTVの番組では、亡くなった後の片づけをやる人が誰もいない人のための、片付け費用を補償する保険が出来た、と言っていました。
    それも、なるほどなぁ、ニーズはあってしまうんだろうなぁ、と思ったところです…。

    私も今は
    お隣の方とでさえ、たまにお会いした時にしか言葉を交わさないような生活をしている…。
    町内も 160軒くらいなのですが
    一緒に役員をした人くらいしか 顔も家も知らなかったり
    ごみ収集の場所で顔を合わせれば あいさつ程度の会話はしても
    その方が どの家の誰さんなのか 知らなかったりする…。

    それに比べ、実家は田舎なので、
    今でも、母が留守の時に洗濯物を干したまま、雨が降ってきたりすると、
    隣のおばさんが 雨が当たらないところに入れてくれていたり
    近所の手芸店の、編み物の先生が編んだ作品を、お店に展示してあったのを、
    誰かひとりが買って着ていると、「それ、どこで買ったの?」が始まり、
    町内のおばさま方みんなの間で、それが大流行りしてしまったり
    はたまた
    たとえば 大根の種まきの季節になると
    母が 畑(母は畑を借りてまで、ほんの少しですが野菜などを作っているのです)の草むしりをしていると
    その近くの畑の 同じ町内のおじさんが
    畑の畝を耕してくれたり

    そんな、息が詰まることもあるけれど 暖かさもある コミュニティです…。


    居酒屋のカウンターで隣り合わせた人や
    公園のベンチで 隣に座った人
    散歩途中で 出会った人など
    …まったく知らない人と 
    名前も住所も どんなお仕事なのかも
    何も知らないまま 天気の話や ちょっとしたニュースの話や
    日々の雑感を 話すことがある

    そんな時 とても 穏やかな気持ちになります…

    たぶん
    みんな ホントは ふれあうと 心地いいんだ
    でも
    過ぎるのが億劫で 最初から 触れないでおこうとしてしまう
    だって ホントは相手のニーズに応えきれないことが発生しても
    うまく 断りきれなかったり 
    断ること自体 多少はつらいし
    だったら 最初から 関わらないでおこう、って…


    私自身も 今現在 そんなふうな生活に近いだけに
    何とも言えないのですが
    このままでは いけないんだろうな、というのは
    漠然と感じています…


    今日は3月11日…
    昨年は 本当に大変な1日でした。
    この日を境に 心から笑うことが無くなってしまった方々
    今、どれほどの人に 笑うことが戻っているのでしょうか…。
    僅かな寄付以外、何もしていない私には エラそうなことを言う資格はない。
    ただ 祈るだけです…。

    でも あんな大きな災害の前で
    人は ホントに弱い存在で
    嫌でも 触れ合わずにはいられなかったはず
    それは あたたかなふれあいだけとは限らず
    ぶつかりあいも 多かったことと思います

    生きることに 真剣になったら
    必死になったら
    たぶん ひとは 嫌でも ふれあう生き物なのでしょうね…


    今日は 
    歌詞の内容は 恋愛に関するものなので
    あまり関係ないのですが
    3.11で 人生を終わらせざるを得なかった方々に
    鎮魂を と思った時に
    心の中に 浮かび上がったこの曲を セレクトしました


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     れくいえむ → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 南こうせつ | 02:07 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 02:07 | - | - |- pookmark
        あれから1年ですね。
        朝刊は
        いつもと全く違う1面で....
        その中に
        「あの」震災でなく「この」震災
        と書いてあります。
        全くその通りだと思います。
        これが
        先進国日本なのか!
        自分にできることは
        祈ることと「忘れない」こと
        そして
        一生懸命生きていくことかな
        | ありんこbatan | 2012/03/11 9:32 AM |
        もう一年なんですよね。当日は関東も帰宅難民が出て大変でしたが被災地の方に比べたら、大したことではない。
        早く復興が進むことを祈りたいです。
        | 力道 | 2012/03/11 10:20 AM |

        ...................................................................................
        ありんこさん

        遠く離れて
        しかもTVなどもあまり観ない私、
        どれくらい復興されているのか、まったく実感がありません。
        時折見るのは、やはりまだまだ苦しんでおられる方々のご様子なので、ホントに、復興されている実感がないのです。
        いくらなんでも、多少なりとも復興されてきているはずなんですが…。

        街が復興しても こころの問題は長く続くでしょう。
        まして放射能の問題は 一世代では終わりにはならない。
        少なくとも、観察は続けないといけませんから…。

        それでも、一瞬、一瞬を積み重ねて生きて行ってほしいと思います。
        その一瞬、一瞬の中には 笑いもあるでしょうから…。
        | よぴち | 2012/03/11 11:31 AM |

        ...................................................................................
        力道さん

        東京も、まだこれから大地震が、と、
        ずっと言われ続けていますね…。
        対策も、少しずつ講じられてはいるようですが
        東京は地下街も多いし、本当に心配です。

        備えをして
        あとは覚悟するしかないのでしょう。
        私は病気になってから、ダメなことは諦めるしかないんだ、ということだけは学んだ気がします。
        大自然の前で 運命の前で 人は本当に無力です。
        | よぴち | 2012/03/11 11:34 AM |
        一人暮らしが長いわたしとしてはなかなか身に染みますね。やはり人間は集団生活するいきものなのですよね。わたしは人と猫くらいのつきあいしかしてないかも。

        3.11の津波がきたときの映像をわたしは未だに現実と思えない。早く復興が進みますように。

        福島原発の事故がなかったらと本当に思います。
        | いーみん | 2012/03/11 8:27 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        福島原発の事故がなかったら…
        ホントに、そう思います。
        阪神大震災の方が、もしかすると地震自体の被害は大きかったかもしれないくらいなのに、それは、なんとか時間が経つにつれ復興できた。
        でも、放射能に関しては、前例がないだけに まだまだ分からないことばかりで、不安が消えないと思います。

        福井も石川も原発立県。
        他人ごとではないですよね…。


        私も、人との付き合いを避けてるところがあって
        自分で なんとか 奮い立たせているところ…。
        おそらく周りからは「社交的」と思われていると自負してはいますが(^_^;)

        自然体で ぶつかることを恐れずに行けたら
        おそらく もっと 分かり合えるんじゃないか、と
        頭では理解しているのですが…。

        人って、難しい生き物ですね。 
        | よぴち | 2012/03/12 2:01 AM |
        よぴちさん、ご加減いかがですか?
        けがをしてから顔を合わす機会がないので、こんな変なところに書いてます。
        今日はぐっちさんととおるさんが金沢に来ていて、久しぶりにそろってやることが出来ました。
        今、居酒屋こうせつは増殖中で臨時メンバーが増えつつあります。バンジョーのMさんが入ったり、ケントさんがはいったり、今日はドラムまで入ってました。もちろんHIROさんも。
        ミュージックばすの日は京都でしたね。
        まめさん、なかなか素敵に仕上がってきましたよ。
        早く回復するように祈ってます。またお会いしたいですね。
        | いーみん | 2012/03/19 11:48 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        ご心配をおかけして、ごめんなさい。
        なんとか元気でやっています。
        ばんけん にも行きました。

        でも やっぱり、ギターが弾けない状態は苦しいです。
        音に触れていたい私は、とりあえずキーボードでしのいでいますが、
        そうしてみて初めて、あぁ、私は やっぱりギターで弾き語るのが好きなんだと再認識しました…。
        原曲がピアノの曲でさえ、ギターで弾き語りたくなってしまうのですから…。

        今は、この苦しい思いを味わいながら、フォーク酒場の空気の中に身を置くのが、自分にとっていいのか悪いのかもわからないまま、
        ただ、毎日の背活の中で、ギターを弾く時間がぽっかりと そこだけ空いてしまっている感じで どうしていいのかわからずにいます…。

        懲りない…絶対に 懲りないと思いますけどね、私は。
        やっぱり 夜な夜なお店に現れて たとえヘタクソなキーボードでも 歌ってしまうと思います。
        | よぴち | 2012/03/20 2:01 AM |



        トラックバック機能は終了しました。