◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 恋のゆくえ:Bossanova Cassanova | main | While My Guitar Gently Weeps:George Harrison & Eric Clapton >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Wake Up:財津和夫  ○●○
    Wake Up
    今日の福井は雨は降らないまでも、やはり風は冷たい1日でした。ファンヒーターはまだまだ仕舞えそうにありません…。1日まで8日間いた京都は暖かだったのに…。

    4月1日、車中でいつものFM COCOROを聴いていましたが、何度も何度も”April Come She Will”が流れました…。
    4月、なんですね…。

    京都では、1日だけ仕事、他は ちんの引っ越しのために滞在していました。
    初日が仕事だったので、とても疲れていましたが、その後は毎日アクシデント続きで、なかなか疲れがとれませんでした。

    当初は、1週間も滞在する必要はないんじゃないか、後半はゆっくり出来るかな、と思っていたのですが、結局、4月1日日曜日まで、毎日、なんやかんやとアクシデントが起こり続けていました…。
    ちんの以前の住まいは、電化製品付きの○オパレスだったので、
    今回、電化製品やちょっとした家具など、1から揃えなければならず、
    ネットで購入して直接部屋に届けてもらうも、初期不良品だったり、
    部屋の管理業者さんのミスでインフラが整ってなかったりと、
    なかなか思うようには進まなかったのです…。

    でも、とりあえず住環境は整い、荷物の整理も出来て、
    ちんは、新生活をスタートさせました。

    途中で、ちんと何度も衝突しました。
    私も、そもそも骨折で左手が不自由なうえに、疲れがとれず、
    進捗状況が思わしくないことや、仕事のことで気持ちに余裕がなかったので、
    ちんにも、そんな空気が伝わっていたのでしょう。
    早く私に帰ってもらって、一人の生活を送りたい、でも、
    生活の整備には私が必要、
    その狭間で、イライラしていたようです。

    ちんはこの2年間、あまり学校へは行かず、
    学校へ行かないので単位も落としがちで、
    マネージャーとして入った女子バスケットのサークルも、
    高校時代の部活と比較してしまい、どこか納得できずに辞めてしまい、
    かといって、アルバイトも週に1~2回の塾講師だけで、
    とても「充実している」とは言い難い状況でした。

    でも、3回生になって、単位は足りないまでも、
    ゼミの先生の温情で、他の3回生と一緒にゼミをスタートすることが出来、
    これから、ゼミの仲間たちと交流も多くなって、
    少し「大学生活」らしくなってくるかなぁと、期待しています。

    この期待は、たぶん、ちんも同じ。
    これからに期待している感じを受けました。


    いつも この季節になると、
    私が、田舎の中学を卒業して、初めて、「街中の」高校へ、
    入学準備物の購入に行った日を思い出します。
    学校の近くの歩道橋の上で、
    しみじみ辺りを見下ろしながら、
    何かいいことが待っていそうな予感で、
    とても清々しい気分だった…。
    その時、頭の中に流れていたのが、今日、セレクトした "Wake Up" です。

    ちんが新しい生活をスタートさせるのと時を同じくして
    私も、新しいプロジェクトをスタートさせています。
    京都にいる間にも、期限を切られた仕事のメールが追いかけてきました。
    今は、やはりワクワク感より、不安の方がずっと大きい状態ですが、
    ひとつひとつ、越えて行かなくては…。
    きっと、越えた向こうに、何か「いいこと」があると信じて…。


    衝突ばかりの ちんとの8日間でしたが
    ひとつだけ…
    ちんの手帳のカバーの裏に 私の名刺が
    裏側の英語表記の部分を表にして 入れられていました

    「なんで こんなもの入れてんの?」
    という 私の言葉に
    「え 別に…なんかカッコいいかな、と思って」
    と 彼女は言葉を濁しましたが
    このことだけで
    私は やっぱり 仕事、頑張ろう、頑張らなくちゃ、と思えました…


    4月…
    「いいこと」へのスタートにしたいと思います…。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     Wake Up → 

    JUGEMテーマ:70年代・80年代 
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 財津和夫(Tulip) | 00:54 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:54 | - | - |- pookmark
        好きな歌です〜♪
        お引越しの手伝い って....
        そうそう
        骨折してたじゃん!
        大丈夫だったの?
        不良品が届いたり
        転居先が不備だったり なんて
        タイヘンだったのね
        これ以上トラブルがないよう
        祈っています。
        快適な「住」がなければ
        日々
        憂鬱を抱え込んでしまうことになるもんね
        ちんちゃんとのゴタゴタは
        すごくわかる ような気がします。
        ウチの場合は
        もっとひどかった かも
        今となっては
        嘘のように
        お互いに気持ちがゆる〜くなってるんだけど
        それも
        婿さまのおかげ と
        いつも思っています。
        ええ人にもらってもらえたもんじゃ 。・゚゚ (*/□\*) ゚゚・。
        名刺を入れてたことは
        うれしい!うれしいよ〜!
        お母さんを尊敬してる証だね   
        | ありんこbatan | 2012/04/03 5:39 AM |
        ちんさんは何だかんだ言っても、母親のことを思っているんですよ。
        3年は僕の友達も皆、引っ越ししたなぁ。ゼミを決めて再出発ですね。
        この財津さんの曲はピッタリ、チューリップ9月に福井だそうですよ!行けるといいですね。
        | 力道 | 2012/04/03 6:59 AM |
        Wakeup懐かしい。さわやかな朝にふさわしい曲ですね。
        今日は全国的に荒れ模様みたいですが。
        いつもながら、よぴちさんのブログをみると頑張らなくちゃとおもいます。仕事も生活もね。
        ちんちゃんもなんとかお引っ越し終了(^o^)
        新しい生活が待ってるよ。充実した毎日が送れるといいね。
        女親と娘の関係って素直じゃないよね。
        でも、情はあるし、とても大切だったりするのです。
        年をとると変わってくるんだけど。
        | いーみん | 2012/04/03 7:39 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        そうなんです。普段の生活自体、厄介な状態で「引っ越し」は。。。(+_+)
        けど、骨折は自業自得ですから…。

        ちんは、基本的には、私に比べたら随分、親に従順な子だなぁと思います。
        それだけに、今になって「反抗期」が来たような。
        今まで、言いたいことも言えずにいたんでしょうかね。

        一緒に住んでいない、この「距離」が、私にはいい気がします。
        一緒にいると、いろいろ目について、「余計なお世話」をしてしまいそうなので(^_^;)
        彼女も、就職や結婚や、自分の将来について不安定要素が多すぎて、落ち着けないのでしょう。
        なるようにしか ならない。
        もう少しの辛抱だと自分に言い聞かせています。

        | よぴち | 2012/04/03 5:29 PM |

        ...................................................................................
        力道さん

        チューリップ、9月、福井ですか。
        私も、Web上であれこれ調べてみたのですが、そっか、もうツアー概要が発表されてるんですね。
        私は、「バンド」での演奏には、そんなに魅かれないタイプだったのですが、チューリップは割と好きだったんですよねー。
        Beatlesも好きだから、やっぱり共通した何かがあるんでしょうか?

        4月になりましたが、力道さんのお仕事の方はどうですか?
        少しは落ち着いているといいのですが。
        | よぴち | 2012/04/03 5:33 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        さわやかな曲なんですが、
        確かに、福井の今日は「荒れて」います。荒れすぎです(+_+)
        もう、家の周りで物が飛び交って、プランターは3段のプランター台からひっくり返るし、自転車小屋までが…。
        家の前が駐車場で風が直撃するせいか、我がボロ家は、2階にいると揺れて怖いです。

        サボってばかり、甘えてばかりの私、
        ブログにそのことを書くのは、頑張っている皆さんに申し訳なくて仕方ないんだけれど、
        まぁ、その姿を見て、頑張ろうと思っていただけるのなら、有難いです(;_;)

        私の方こそ、頑張らなくちゃ。ありがとう。
        | よぴち | 2012/04/03 5:38 PM |
        オラが高校に入ったのは

        1973年

        「学生運動」の最後の残り火が

        「制服反対!」ってプラカードだった

        学則を読む限り私服オーケーだったから

        入学式私服で行ったらオラ一人

        それ以来ひじょーにちびしい人生送ってます


        この年チューリップの東京でびゅー

        日比谷野音で見てたりして てへ
        | chaboてんの花 | 2012/04/03 7:40 PM |

        ...................................................................................
        chaboてんの花 さん

        そうなんだよねー、チューリップデビューは私、小学校2年の時。
        クラスのお楽しみ会で、齢の離れたお姉ちゃんがいる男子が、お楽しみ会のメインイベントであった、「のど自慢」で、「心の旅」を歌ったのよ。
        もう、「なんていい曲なの☆☆」って感動したの覚えてる。

        高校の頃の私も、chaboさんと同じくカワイイもんで、
        せいぜい制服の丈をさわったり、規定外のコートや靴下を身に着けていくくらいが「学生運動」だったなぁ…。

        ところで 財津一郎さんは ご存命でした(^_^;)
        | よぴち | 2012/04/04 2:01 AM |
        久しぶりにこの曲を聞いて、さわやかだけど、計算されているなと思いました。こういうメロディーにこういう詞を付ければ、確実にウケると考えてますね。フルーツサンドイッチを食べた後に牛丼が食べたくなるみたいに、竹原ピストルさんみたいな、不器用だけど情熱のこもった曲が、懐かしくなりますね。
        それにしても、よぴちさんは、小学校2年生の時のことをはっきり覚えていて、すごいです。僕なんか、何も覚えてないです。チューリップの『心の旅』は、ゆずの『夏色』と、曲の表現しているものが似ていますね。目の前の君が好きだけど、これからの自分が不安だというような十代後半位の若者の気持ちが伝わって来ます。男性の作る曲の、一つのパターンなんでしょうね。
        | コーヒー党 | 2012/04/09 8:38 AM |

        ...................................................................................
        コーヒー党さん

        財津さんはやっぱり、新しい「音」への感性が優れた方なんだと思います。チューリップの初期の「音」も、私にとっては「新し」かったし、「虹とスニーカーの頃」あたりから、さらに新しい音になった…。
        沢田知加子さんの「会いたい」松田聖子さんの「チェリーブラッサム」など、ヒットするツボが分かっている方なんでしょうね。

        私も、昔のことをすべて覚えているわけじゃないんです。
        本当に「感動」したことだけ…。
        「心の旅」を聴いた時の感動は、ホントに大きかったのです。私自身、歌いたい曲があったけど、「小学2年生が学校でこんな歌詞は…」と叱られそうで引っ込めただけに、その子が、「抱いていたい」なんていう大胆な歌詞の歌を歌って、しかも、その曲がすっごくよくて、ということが、ショックだったんですね。
        | よぴち | 2012/04/09 2:53 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/331