◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< While My Guitar Gently Weeps:George Harrison & Eric Clapton | main | 何かいいことありそうな明日:風 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  シェリー:尾崎豊  ○●○
    回帰線
    高いところを見上げると桜の薄い薄い桃色、通りの傍らにはチューリップの鮮やかな色たちが、なんとなく気分を高めてくれています。

    雨さえも暖かくなってきて
    つい この間まで雪が降っていたのが
    もう 遠いことのよう…。


    新年度になって、あっという間にもう20日で、
    あれよあれよという間にGWが来て
    それが明けたら5月の中旬に差し掛かってしまうのでしょう。
    骨折した指は まだまだ思うようには動かせず
    リハビリの時間は 息も止まるような痛みとの闘いですが
    辺りが春めいて 過ごしやすくなって
    やはり 身体は軽くなって来ています。
    (体重は…(^_^;))

    外に出かけることが増えて(そう言ってもまだ、毎日ではない私ですが(^_^;))
    本屋さんへ立ち寄ることも増えました。
    私は、滅多に買い物に出ないために、
    連載物の小説雑誌は なるだけ避けているのですが
    4月号の小説新潮に「大特集 尾崎豊NOTESー肉筆版ー」とあるのを見て
    即買いしてしまいました。

    結局は 4月6日に新潮社から発売された「NOTES−僕を知らない僕ー」のPRのための特集なのですが
    発売された単行本はNoteの中身は完全版ではあるものの、活字化されていて
    この特集はピックアップされた一部だけれど、肉筆のまま掲載されていました。

    私のブログに長くお付き合いくださっている方は、ご記憶にあるかもしれませんが
    以前、ちんが中学生の頃に
    ネットで知り合った彼氏くん(私には、そういう「お付き合い」が成立するとは思えませんでしたが)に高崎まで会いに行きたいと言い出して
    相手が本当に同じ中学生かどうかさえ疑わしくて
    とても ちんひとりで会わせる気持ちにはなれなかった私は
    一路、高崎まで車を走らせて、「デート」に同行したのでした…。

    無事、等身大の同じ中学生だと知って、しかも、そう悪くもない子だったので
    少し安心しましたが
    その後、その子がドラムをやっているバンドが高崎高校の文化祭で演奏するということで
    ちんが行きたいと泣き出したので
    そんなことで受験勉強にも身が入らないのは困ると思い
    再度 高崎へ車を走らせたのでした。

    その時、高崎で「山田かまち記念館」に立ち寄ったのです。

    衝撃でした。
    かまちくんの絵、詩、
    その前で立ちすくんだまま 涙を抑えることが出来なかった…。

    今回の 尾崎豊のNoteにも おなじ空気を感じます…。


    今、少し仕事に復帰して
    フォーク酒場などへ遊びにも行くようになって
    いろんな人と交わるとき
    私は
    物が分かった顔で 適当に合わせながら
    ホントは 違うんじゃないかなと思うことにも
    どこか違和感を感じることにも
    「そうするのが フツーだろうし
     フツーのふるまいをするひとが 大人、というものなんだろうな」
    って
    そうやって 過ごしています…
    そして そのおかげで 楽しめているとも思っているし
    命を長らえるための「衣食住」を営めているのだとも思う

    でも こころの中では
    未だに 何が正しくて 何が悪いのかは 分かっていません
    今では 分かろうとさえしないで生きて行こうとしてる
    まるで 何が正しくて 何が悪いのかを
    決めずにいることが 正しいことかのように…

    ここしばらくは ずっと
    尾崎さんの世界を忘れていました
    今の私はもう 尾崎さんの歌に 以前ほど 震えないんじゃないか、
    と思っていました

    でも 今回
    このNotesの書き込みを読みながら
    あらためて 私が 尾崎さんの曲の中で1番好きなこの曲を聴いたら
    やっぱり 昔と変わらず
    どうにも泣けて仕方なかった…

    泣けた理由は 昔とは もしかしたら変わっているのかもしれないけれど

    私は尾崎さんの様に 世の中と闘う気はないけれど
    たぶん 自分の中のもろもろとは ずっと闘いながら生きていくのかもしれません
    そして尾崎さんが言うように
    「私は 街に飲まれて 少し心許しながら」
    仕事に 遊びに 
    病気やけがの治療に
    …生きていくんでしょうね…


    今日は もう とっくにアップしているとばかり思っていた
    「シェリー」を セレクトしました。
    どの動画をリンクしようか ずいぶん迷いました。
    結局 オリジナルの音源でなく ライヴ音源なので
    メロディーラインはつかみにくい動画なのですが
    12弦ギターの弦が切れたまま かっ弾き 歌っている、
    尾崎さんの魂が感じられるものを選びました。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          シェリー → 


    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 尾崎豊 | 00:36 | comments(12) | trackbacks(1) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:36 | - | - |- pookmark
        よぴちさんの心の中は
        まだまだ青春なんだ!
        大人として生きながら
        若者の目で外を見てるのね
        殆どの中年以上は
        もう思い出話にしちゃった「熱さ」
        それを
        まだしっかりと持ってるんだよ
        ステキだなぁ!
        今年もフォーク酒場でライブやって
        その若さを
        ぶんぶん振りまいてね (^−^*
        そのためには
        指をしっかり治さなきゃ
        無理しないで完治めざすんだよ 
        | ありんこbatan | 2012/04/21 3:55 PM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます。
        今、リハビリから戻りました。
        今日は、私の指の腫れがあまりに酷いので、リハビリは「お手柔らか」でした(^_^;)

        「若い」って、この齢になると、「幼さ」と紙一重。
        私の場合は おそらく 幼いのです…。
        大人にならなくてはなぁ、と思いつつ
        「大人って何かなぁ」と考えるあたり、やっぱり「幼い」んでしょうね…。ヘタすると、こんな迷いがなかった分、20代の頃の方が「大人」だったかもしれないな、とさえ思います。

        ありんこさん、身体の具合 どうですか?
        お互い、無理せず、ボチボチ行きましょうね。
        | よぴち | 2012/04/21 4:19 PM |
        生き延びちまったからなぁ

        仕方ねぇよぉ

        孫の顔でも拝むしかねぇよぉ


        お手々大事にね
        | 十五のchabo | 2012/04/22 1:07 PM |

        ....................................................................................
        十五のchaboさん

        そうなんだ、生き延びちまったもの、仕方ないよね…(笑)。
        孫の顔は、当然、拝むつもりだけど(^_^;)

        お手々の方は、今日は病院が休みで自主リハビリ。
        それがさ、その方が「腫れずに、成果だけ出る」ってカンジで、病院でリハビリするよりいい感じで困ってしまった。
        明日、病院へ行くと、また腫れて後戻りするような…。
        う〜ん(+_+)
        | よぴち | 2012/04/23 2:02 AM |
        昨日はライブに来て下さってありがとうございます。
        知っている顔があるのはとてもうれしい。心強かった。
        再放送が、すぐにあり、見ないでおこうと思ったけどみてしまった。感想はまたお会いできたときに。

        よぴちさんの手を見て、少しほっとしました。もっとひどいことになっていると思っていたので。
        腫れてはいたけれど、ずいぶんよくなったんだろうな。
        リハビリ痛そうですが、がんばってね。自分がいちばん加減が分かるのかも。また、よぴちさんのギターと歌を聴きたいです。それにはゆっくり直して下さいね。
        ところで茶戌さんwithぐっち&うっしは応援行きたいです。

        尾崎豊さんとか山田かまちさんは好きだったなあ。でもよぴちさんに言われてやっと思いだした。
        今回のupは泣けました。確かにあの頃とはわたしも理由が違うかな。
        あの頃の危うさはもうない。もしくはしまい込んでしまったから。
        | いーみん | 2012/04/23 3:45 PM |
        かまちは、望月六郎監督が映画化しました。衝撃を受けました。
        尾崎は、僕なんかには世代が新しいので、残念ながら影響を受けてないな。僕は浜省世代ですから。
        ちんさんも色々あったのですね。母親としての心配、ご苦労伝わります。
        指の具合、早くよくなるといいですね。季節はめぐりますから、いつかは自然に戻りますよ。 我慢して下さいね。

        さてこちらは無責任な奴のために、やっと楽出来るはずの4月が地獄のスケジュール。
        怒りのぶつけどこもなく日々過ごしてます。 お互いに頑張っていきましょう。
        | 力道 | 2012/04/23 10:35 PM |

        .....................................................................................
        いーみんさん

        昨日はお疲れ様でした。とっても素敵な1時間でした☆
        いーみんさんのコーラスも、いい感じに入っていたし(私の好みとしては、PAさん、もう少し大きくしてくれてもいいなぁと思いましたが(^_^;))、なんといっても、笑顔がとっても良かった。

        指は、とにかく腫れが引かないことには、曲げるのに限界があってしまう、という感じ。
        でも、その代わり、折れた関節自体は、そんなに痛くない気もしてるんですよ。だから、腫れさえ引けば♪と思ってます。

        危うさをしまい込めた、って、すごいと思う。
        いーみんさんは、私とは正反対で、言葉が少ないから(憧れです☆)、いろんな思い、しまい込んでいるのでしょうね。
        私は、この齢になっても相変わらず、我儘放題、何もかもさらけだしてしまいます…(+_+)

        しまい込めなかったもの、もしくは しまい込んだはずなのに顔を出して来て困ること…
        私でよかったら いつでも吐き出してくださいね。
        | よぴち | 2012/04/23 11:57 PM |

        ....................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        はい、確か映画化されてたような…。

        私も、当然、「浜省世代」ですよ。尾崎さんは、若い頃は「15の夜」と「卒業」しか知らず、病気になって、気持ちが落ち込んでから、理解できるようになった世界です。

        「無責任なヤツ」…、力道さんの日記を読んで、
        あ、これって私みたいなヤツだ、と思って、言葉が出なかった(笑)。
        周りの人は迷惑ですよね、面と向かっても言えないし。

        お互い、中身は違えど「後しばらくの辛抱」かな…。
        | よぴち | 2012/04/24 12:33 AM |
        こんにちは
        ご無沙汰いたしています
        中々怪我治らないんですね
        私の右手の小指は腱鞘炎で注射打っていただいたら直りました
        左手の痺れも少し軽くなり腕がまだしびれたままです
        でも気持ちの切り替え次第って言うのもあるかなと自己診断しつつ薬飲んでいます 娘さんそんなことあったね 今じゃすっかりいい大人 何かをこだって生き続けること思い続けること
        なんて素敵なことなんでしょうか
        | カツオ | 2012/04/24 1:26 PM |

        ....................................................................................
        カツオさん

        ありがとうございます。
        カツオさんの腕の痺れ…
        人の身体は複雑で なかなか原因が分からないもの、ありますね…。
        それでも、毎日は訪れて、生きていくのなら
        やっぱり少しでも楽しくいたいですよね。

        娘は、結局、高崎で会った子とは、今でも、友達として時折相談しあったりしながら お付き合いしてるようです。

        インターフェロンを打っている間は体が不自由で、
        出かけるきっかけ、人や文化への出会いのきっかけは いつも ちんのおかげで得られたものが多かったように思います。

        暖かくなってきたので、カツオさんも少しは過ごしやすくなったでしょうか?
        おだやかに過ごされますよう、祈っています。
        | よぴち | 2012/04/24 1:36 PM |
        初めてこの曲を聴きました。ティーンエイジャーの無重力状態ですね。誰もが一度は感じるけれど、社会人になる途中で忘れていく精神状態だと思います。こういう曲に浸っていると、青春を卒業できないですね。そういえば、YouTubeのコメントで見たのですが、尾崎豊さんは、因幡晃の「S.Yさん」が大好きだったそうですね。「シェリー」も、少し影響を受けているように感じます。
        あと、12弦ギターは、昔流行ったそうですね。実物を見たことがないのですが、演奏が難しいんでしょうね。
        | コーヒー党 | 2012/05/04 4:27 PM |

        ..................................................................................
        コーヒー党さん

        そうですよね、私たち世代には、尾崎さんは少し若い。
        彼が売れた頃には、私はもう、違った音楽を聴くようになってました。

        コメントを読んで、しみじみ、
        「コーヒー党さんは、ホントに大人なんだなぁ」と。
        私は、この「無重力状態」が悪いことだとも思えないまま、
        履歴書に書く「年齢」だけ、しっかり重ねてしまっているだけの、
        中身は全く伴っていない人間だと つくづく思い知らされます…。

        12弦ギターは、少し指の力が必要だなぁと思います。
        弦の数が増えて、重厚な音かというと、
        私の印象では、どちらかというと「透き通った尖った音」のイメージ。
        バンジョーに近い音に聴こえます。
        昔、ちょっと弾いてみて、さっさと挫折しました。
        もとより、その「音」を必要としなかったこともありますが(^_^;)

        | よぴち | 2012/05/04 8:10 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/334
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2012/05/05 12:30 PM |