◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 何かいいことありそうな明日:風 | main | Home Again:Carole King >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  五月雨:伊勢正三  ○●○
    北斗七星早い春なら「寒の戻り」などという言葉もあるでしょうが、今更「寒」というのも はばかられる…。
    でも、実際、「寒の戻り」と言いたくなるほど、この数日、寒い毎日が続いています。
    残ったら処理が大変、と、GWの暖かい日でも、懸命に使い切った灯油が、今や恨めしく、ファンヒーターを使いたいのを我慢して、エアコン暖房で過ごしています…。


    けれど、
    そんな寒さとは無関係に、
    よそ様の庭先や、公園や、道路沿いなどに
    つつじの花が、ピンクの濃淡を鮮やかに描いているのを見ると、
    「あぁ、春 真っ盛りなんだなぁ…」と、ホッとしたりもして…。


    骨折した指の副え木がとれて、1か月。
    病院が休みの、日祝日以外は1日も休まずリハビリに通っています。
    また、新しく始めた仕事の方も、6月の「最初の山場」が近づいて、
    「間に合うかな…」と焦りながら、準備の毎日。

    体調が特に悪くなってからの この数年、「毎日 外出する」ということがなかった私にとって、
    これは とても大きなことで、
    なんとかやっている自分の体力の戻りに感激しつつも
    やはり 疲れがたまってきているのも事実…。

    相変わらず 音楽遊びに興じてはいるのですが
    どこか 気持ちに余裕がなくて
    遊んでいるのか 疲れに行っているのか
    分からないことも しばしば…。
    「学習しなきゃ」と思いながら、やはり、また、「生き急いで」いるような気がしています。


    そんな中、これまた いつものように
    昨日の昼、突然に「そうだ、ちんの所に行こう!」と思いつき
    そこからは 大急ぎで仕事を片付け、夕方6時過ぎにリハビリに滑り込み、
    7時過ぎに 自宅を出発して 一路 京都に向かってしまった私なのでした…。

    ちんは 街中に引っ越してから 焼肉屋さんでアルバイトを始め
    大学の方も ゼミに気の合う友達が出来たり
    アルバイト先でも、アルバイトでの友達や、同じ大学の友達などが出来て
    おかげさまで ようやく「大学生らしい」生活を滑り出しています。
    その ちんの バイトの予定と 授業の予定、
    私の 仕事の予定が うまく折り合うタイミングがなかなかなく、
    たまたま 昨日は ちんはバイトが休みで 今日の授業は午後6時半からの1つのみ、
    そのかわりバイトは 21時から朝の5時という予定、
    私も、昨日、段取りをした仕事は 今日、メールの返信を待って、メールで対応すればなんとかなる、という予定だったので、
    「よし、行こう!」と、決めたのです。

    仕事のことでも 骨折の回復の経過でも
    焦って いつも 心の片隅に 何か「かたまり」のようなものがあって
    ちんに持っていかないといけないもの、ちんから貰わないといけないもの、
    …そんな物もどんどん溜まって行っていることも どこか その焦りを増幅していました。
    ちんと ゆっくり話すことが 本当に少なくなっていて
    どうしているのか ゆっくり話したくて仕方ない気持ちもありました。


    車を走らせている途中で
    敦賀から滋賀県への県境の山道が
    春から夏の間の匂いがして
    それが まず 私を落ち着かせてくれました。

    ただ
    これまでなら 宇治方面へ抜けるために 左折していた「山科東野」の交差点を
    今回は初めて 直進で通過したとき
    以前 ちんの所に行く途中に いつも通っていた街並みが頭に思い浮かんで
    もう 通ることはないんだろうかと思ったら
    なんだか せつない気分になりました…。
    「これからは この街並みが 思い出になって行くんだから」と自分に言い聞かせながら
    車を走らせた私…。

    ちんは 新しい街で 楽しくやっていて
    たぶん 以前の街に そんなに執着もないんだろうな、と思ったら
    しみじみと ちんの所に行くことは まぎれもなく「自分のため」であることを実感して
    自分の幼さというか 未熟さを思い知らされた…。


    到着したのは22時半過ぎで
    それから 遅い夕食を食べに行き
    結局 3時ごろまで 久しぶりに ちんの近況を聞いて
    私も 「今日は よぴちは 仕事のことは 一切考えないようにする」と断言し
    ちんも 「そうや、明日までは 楽しく過ごせばいいじゃん」と
    …わずかな時間でしたが 本当に久しぶりに こころが楽に 解放される感じがしました…。


    ちんは 私が いつものように
    数日間 滞在すると思っていたらしく 
    「明日はもう 帰るから」と言ったら 少し驚いていましたが
    普通の母親は きっと そうだと思うので
    これで 良かったのだと思います(^_^;)
    もちろん これからもずっと、こんなふうに「とんぼ帰り」をしようとは思っていませんが(笑)。

    仕事の方が一段落したら
    絶対、もう少しゆっくり 行くぞ、と、
    今は それだけを 楽しみにしている気がします…。


    今日は 京都も雨でした。
    帰り道も 今日 セレクトした 正やんの「五月雨」を思い浮かべ
    霧雨のような 細かい雨の道を走りながら

    「五月雨に 洗われるのは 汚れた街と 耐えられぬ心」

    …私も また 明日から 頑張らなくては、と思いました…。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          五月雨 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 伊勢正三 | 00:21 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:21 | - | - |- pookmark
        ちんちゃんの予定を把握させてくれるなんてスゴイ!
        ウチは
        そういうの全然ダメでした。
        娘が拒否しておしえてはくれない....
        今でも聞けないので
        実家帰りは
        いつも突然 (^−^;
        幸いにも長女は婿さまがよかったので
        こちらの言うことをよく聞いてくれるようになりました。
        次女とは
        仕事が忙しいとの「理由」で
        なかなかまともに話せていません。
        あまり話したくないのか
        来るときは息子一家か長女と日にちを合わせて来ています。
        そう思うと
        よぴちさんがうらやましい!
        反抗期時代
        「親の愛情は片思いなんだよ」と言われたことがよみがえります。
        見慣れた景色に
        もう 通ることはないんだろうかと思う....
        あぁ切ないなぁ
        でも
        人生後半
        一日一瞬を大切に生きようと心しました。
        | ありんこbatan | 2012/05/16 4:45 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        はい、私も自分で言うのは何ですが、ちんは私に比べたら ずっとずっと親に従順な子だと思います。
        その分「自立度」が低い気はするのですが…。
        でも 愛情が片想い、というのは、私も結構ズキッと来ました…。

        今回、ちんに引き続き、もうすぐ茶戌も引っ越しです。
        小松の街も、これからは金沢へ行く際の「通過点」になるだけだろうな、と思うと、これまでにもっともっと馴染んでおけばよかった、という思いが、今更 込み上げて来ています。きっと、思った以上にいい街だったのではないか、と…。
        でも小松は、これからもたまには行こうと思っていますが。

        神戸も長いこと行ってない。行きたいなぁという気持ちはいつも胸の中にあるのに。

        こんなふうに、「思い出の街」が増えていくこと、とても幸せに思っています。
        その時その時の 自分を思い返しながら
        1日1日 生きて行こうと思いを新たにすることが出来る。

        とはいえ、結局は日々、押し流されるように生きているだけなんですけどね…。
        今の私は そんな人生でいい、って思えています。
        齢ですかね。もう、夢をかなえるべく、人生を創造していく、なんていう気持ちはあまりないです。
        ただ 今日もまた おだやかに生きていることに感謝です。
        | よぴち | 2012/05/16 1:19 PM |
        ちんさん。順調に滑り出せたようで良かったですね。また、短いながらもいい時間を過ごせたようで何より、時間がある時に長期で行かろるといいですよ。
        | 力道 | 2012/05/17 6:27 AM |

        ....................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます☆
        ちん、ようやく「大学生らしい」毎日になってるようで、
        ホントに、私もほっとしました。
        まぁ、まだまだ心配は尽きませんが(>_<)

        力道さんの青春話も楽しみです。
        お友達の恋話もいいですが、
        力道さんの「チューリップ」のひと以外の恋の思いで話、
        お待ちしています(^o^)丿
        | よぴち | 2012/05/18 3:01 AM |
        御無沙汰です
        早いですねもう五月も後半
        こちらは田植えもほぼ終わり藤の季節と新緑の季節です
        街では朝市も始まりましたが今年は山菜ダメなんですよ放射能 娘さんと逢えてよかったですねたとえ少しの時間でもあえたんですから 怪我も少しずつとはいえ よくなっている 道すがら釈迦のにおいもかげたしね またもっと時間とって会いに行くぞ それそれそれそれがエネルキーなんだね
        | カツオ | 2012/05/19 5:43 AM |
        今日は何故か朝からマイケル・ジャクソンを聴いてます。
        掃除したり、家事するのにちょうどいい。
        ドライブするのにいい季節ですよね。
        ちんちゃん、新しい環境で楽しく出来てますか。よかった。
        よぴちさんばかりが懐かしむ。でも、ちんちゃんがそれを思うのは10年後とかかもしれない。
        茶戌さんの小松生活もあと少しになりましたね。わたしは16,7年前に小松で仕事をしていたことがあります。当時小松につきあってる人がいて、懐かしい町です。ここに嫁に来るのかと思ってた。その頃と比べるとずいぶん変わりましたね。駅も道も。最近金沢で小松の有名な栗蒸しようかんを買える事に気づき、賞味しました。やっぱりおいしいわ。大きな栗が入ってるの。
        滋賀でも新しい出会いがきっと待ってるよ。
        でも、身体は正直なので、焦らず、体調をみながらね。それが近道だよ。

        | いーみん | 2012/05/19 11:16 AM |

        ...................................................................................
        カツオさん

        ありがとうございます。
        ようやく田植えが終わりましたか。
        そう、「エネルギー」をもらいました。
        でも、次の日1日くらいで使い果たされてしまったようで
        やっぱり、気持ちに元気がない状態が続いていますが…。

        「持ちよう」だとは思っています。
        なんとか、頑張ります!
        | よぴち | 2012/05/19 4:27 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        そっか、小松にそんな思い出が…。
        縁が「あった」ような「なかった」ような。
        ひとの運命って不思議、やっぱり、誰にも分からないし、ましてや動かせないし、人間ってただ、「生かされてる身」なのかな、と思ったりする。

        身体が悲鳴を上げている気もするけれど
        それ以上に気持ちに余裕がなくて
        ふと 時間が出来ると 不安や 何か得体のしれない「もやもや」だけが押し寄せてくるので
        それを払拭するために なんやかんやと予定を入れて
        自分を動かしてる気がしています。
        そんなことが、いつまで持つのか、
        それもまた、不安につながってる…。

        なんとか、抜け出さなくちゃ、と思っています。
        この「思考」から。

        ありがとう。頑張りますね。
        | よぴち | 2012/05/19 4:35 PM |
        せつない ・・・?
        のに、この曲・・・・。

        あたちのばやい、
        せつないのは、こういう曲なんだけど・・・

        鏡の中野アンナ・・・。
        http://www.youtube.com/watch?v=NlEWfBzNQNs
          
          
        | あさ・がお | 2012/05/23 12:58 AM |

        ....................................................................................
        あさ・がおさん

        なんだか、あさ・がおさんの「あのひと」が浮かんでくるような曲。
        まぁ、せつない時には 思いっきり せつなさの中に浸ると
        かえって そこから脱却できるのかも。

        「五月雨」はせつなさとは あまり関係ないです。
        ただ、「洗われた」のは確かですが。

        5月…
        幸せな季節なんですよ、きっと。
        | よぴち | 2012/05/23 1:12 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/336