◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 五月雨:伊勢正三 | main | とらわれの貧しい心で:浜田省吾 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Home Again:Carole King  ○●○
    プレゼント1プレゼント2












    今年は 何故か 例年よりも肌寒い日が続くように感じるのは
    単に私が齢をとって 暑がりだったのが 人並みになってきたからでしょうか…?
    いつもの年なら 今頃は完全に半そでで過ごしていたように思うのですが、今年は未だに長袖を着ています。


    5月27日は私の47歳の誕生日でした。
    祝ってもらいたい、という気持ちなんて、本当にないのですが、病気になって以来、私自身の中で、また今年もこの日を迎えられた、ということは本当に大きなことで、毎年、感慨深く思っています。

    今年も本当にたくさんの方からメッセージを戴いて、
    いろんな方の支えのおかげで自分があることを再認識、
    感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    たまたま誕生日の前日、茶戌が帰っていたので点いていたTVで、「衰退化した福井の芦原温泉を盛り立てようとしている人たち」を特集した番組が流れていました。

    その中で、芦原温泉の芸妓さんたちが、新しく芦原に進出してきた大手チェーンの温泉施設で、お客様と踊りを踊るシーンがあり、その時、踊りの曲として、福井では古くから有名な「イッチョライ節」が流れてきました。

    不覚にも 私は その曲を聴いて涙が抑えられなくなった。
    イッチョライ節は、昔は盛んだった、地域の「盆踊り」には欠かせない曲で、子供の頃には何度も何度も耳にした曲でした。
    その曲を聴くうち、車でたった15分か20分なのに、長いこと帰っていない実家や、あの街並みや、
    ひいては あそこで過ごしていた時間たちが
    私の心の中を占領してきて、どうにも涙がこらえきれなくなってしまったのです…。

    そして翌日、誕生日の日の夕方近くになって、実母から電話。
    今から家に来るという。
    どうして?と訊いたら
    「だって…。今日はあなたの誕生日でしょ?」って…。

    30分ほどの後、母が、今日写真にアップした花を持ってやって来ました。
    聞けば、昨日、妹から
    「おかあさん、明日、何の日か知ってる?」と言われ、
    「知ってるよ、お姉ちゃんの誕生日やろ?」
    「あら、知ってたの? …でも、おかあさん、お姉ちゃんにプレゼントなんてあげたことないやろ」
    「失礼な! 今まではお金がなかったから出来なかっただけで 明日はお花かなんか持って行こうと思ってるよ!」
    …こんな会話があったそう…。
    (ちなみに 今年は 妹こそ、メールさえありませんでしたが(笑))

    母にプレゼントをもらう、なんて、
    本当に
    どんなふうに振る舞っていたらいいのか
    私も戸惑ってしまいました。
    でも、花が大好きな私は、心から嬉しく思ったし、
    「大事に育てるわ」と。

    いつも、こんな病気になってしまって
    親不孝だなぁと思うことばかりで
    母は母で「こんな弱い体に産んでしまってごめんね」なんて言うこともあって
    そのたび私は つらくなる…。

    そのうえ、「生まれて47年生きた証の日」に
    プレゼントまでもらうと、なんだか本当に申し訳ないような気持ちになってしまった…。

    病気になってしばらくは
    明日の自分さえ想像できずにいましたが
    少し落ち着いた頃に なんとなく 47歳くらいまでの自分は想像できるようになっていました。
    今年、その年を迎えて
    感慨深くもあり、
    じゃ、次は…と思いを馳せる…。
    数年前の私なら また せいぜい2〜3年後の自分しか想像できなかったのだと思いますが
    今は、
    60歳くらいまで想像できるようになっています…。

    それは
    自分なりに インターフェロンによるダメージが 肝硬変に移行してきた時期、というのを推定して、そこから、治療を開始した時期を考慮して、今の医療なら20年くらい持つかなぁ、という概算から…。
    白血病の悪化の時期は推定不可能だから この際 考えないようにする…。

    そして、いつもここに書くけれど、
    こんなことを書いて、実は みっともなく何十年も長生きする、という おまじないも兼ねて…。

    ほんの、ここ数ヶ月で
    ずいぶんと私の中で、それまで自分を縛っていた 見栄のようなものが削げ落ちて
    みっともなくても 「生きて」いこう、という気持ちになっています。

    みっともなくても
    笑われても
    家族を始め、いろんな方々の支えに感謝しながら
    自分の「おまけ」の人生を
    幸せに生きて行きたい

    そう 改めて思った
    2012年5月27日でした…。


    今日は、「イッチョライ節」から思いを馳せた
    故郷を想って
    Carole King ”Home Again” をセレクトしました。
    悲しい曲ですが
    誰しも ふるさとに帰りたい思いを抱きながら 生きていくんだなあ、
    その「ふるさと」は必ずしも土地だけではなくて
    時間や ひとや 匂いまで含むものなのでしょう…。

    帰ろうと思えば すぐに帰れる、
    受け入れてもらえる場所がある、
    その幸せを きちんと認識しながら
    私も 今日から48年目の毎日を 生きて行きたいと思います…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          Home Again → 


    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Carole King | 02:03 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 02:03 | - | - |- pookmark
        お誕生日おめでとう〜〜〜〜!
        いくつになっても
        お誕生日はいいものよ♪
        おぼえててくれた人がいた!
        「おめでとう」を言ってくれる人がいた!
        なんと幸せなお誕生日〜☆ (^−^*
        >じゃ、次は…
        すっごく前向きな言葉だ!
        うんうん
        みっともなくしか生きられなくても
        生きていこうね
        生きていれば
        いいことあるよ
        楽しいことあるよ!       
        | ありんこbatan | 2012/05/28 3:43 AM |
         
        ちょっと遅れましたが、おめでとうございま〜す♪
        なんかね、確かに誕生日が生きてきた感慨を覚える日になってきてますね。僕ですらそうですから、いわんや…。
        誕生日を迎えるたび毎に、先がまた見えるようになってくる。なんだかそういうの、僕まで嬉しくなります。先日「誕生日はカウントダウンと同じだ」と言った人がいて僕は怒鳴ったのですが、そんな一休さんのようなことを言ってるヒマがあればもう少し生きることを慈しむ思いや歓びを知って欲しいと。
        あ、話がずれた(汗)。
        これからも、幸せに生きてゆきましょう。また来年もその次も、みんなが祝ってくれるから。Carole Kingを聴きつつ、Happyな48年目であることをお祈り申し上げます。
        | 凛太郎 | 2012/05/28 6:10 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます〜♪
        こうして、ありんこさんにお祝いの言葉を戴くのも何度目になったかな…って、しみじみ…。
        いつも、力を戴いて本当にありがとうございます(;_;)

        この前の金曜日、久しぶりに「僕らの音楽」を観たら、永六輔さんが出ておられて、私の記憶の中の永さんとは全然違ってて、ずいぶんお年を召された感じだったのです。
        もし、「見栄」などと言うものがおありなら、TVには出演されないかも、と思うほど。
        でも、出演されるどころか、今でも熱く語っておられるのを観て、またその話の内容にも、私は感動してもう、泣けてしまったのです。
        もとより、「僕らの音楽」のテーマソングが大好きな私、久しぶりにあの曲を聴いて、そのバックの夜景を見ただけでもう、うるうる状態だったのですが。

        生きて行こうと思います。みっともなくても。
        そして自分自身は、歳月を重ねて「衰えた」どなたの姿も、輝かしいと、尊敬のまなざしで見つめて行きたいと思っています。
        | よぴち | 2012/05/28 10:12 PM |

        ....................................................................................
        凜太郎さん

        ありがとうございます☆
        ひと足先に「48年目」を始めている凜太郎さん、
        どうですか、48年目は。幸せですか。

        カウントダウン…
        確かにそうかもしれない、先が見える、の「先」は、いつかは皆、同じように「終焉」の時になるのでしょう。
        でも、カウントダウンだからこそ、幸せに生きたいのですよ。
        時間を無駄にせず、いつも何かに向かう、という意味ではなくて
        無駄に使うことも含め、自分がその一瞬一瞬に納得しながら積み上げていく、というか。
        上手く言えないけど、納得しながら積み上げて行けば、
        最後に 少なくとも「あきらめ」は つくはず…(笑)。

        今年は特に、皆さんからのお祝いの気持ちが身に染みました。理由は分からないけど。有難くて仕方なかった。

        幸せでいますね。今日も明日もその先も…。
        | よぴち | 2012/05/28 10:19 PM |
        お母さんからのプレゼント良かったですね。 忘れられない日になったのではないですか?
        一瞬にして、故郷とか歌を歌った時代に返してしまう、歌には魔力がありますよね。
        僕にとってはフォークソングがそれかな。たまには、昔を思い出すのもいいですよ。 心が妙に落ち着くものです。
        | 力道 | 2012/05/29 4:26 PM |
        誕生日にしあわせをかみしめながら迎えるというのは、よぴちさんだからこそかなと思う。
        わたしは40代に入ってから、誕生日が来るのを呪ってたけど、最近気持ちが変わってきた。大事にしなくちゃっていう感じになってきた。
        よぴちさんはずっとそういう気持ちだったのかな。
        年をとるにつれておかしな意地がなくなってきて素直になれるんだろうか。
        大好きなCarol Kingをどうもありがとう。
        | いーみん | 2012/05/29 11:03 PM |
        ふるさと持たないオラだけど


        空を見上げりゃ星がある



        あ!流れそ〜めん!


        おめでとね!
        | chaboる きんぐ | 2012/05/30 12:46 AM |

        ...................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        母のことも含め、ホントに感慨深い誕生日でした。
        日曜日だったので、ゆっくり考える時間があったからかもしれませんが。

        歌って、魔力がありますね。
        「一瞬にして…」ホントに、私も それを度々実感します。
        いつか、一緒に歌って騒げる日があるといいなぁ。
        | よぴち | 2012/05/30 1:12 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        ありがとうございます。
        私は、病気になる前の若いころから、早く齢をとりたかった「変わり者」なんです。
        若い頃、仕事をしていくうえで、若いばっかりに認めてもらえなくてやりにくいことが多々あって、そのたび、早く齢をとりたいと思いましたね。
        でも、病気になってからは全く違う意味で、齢を重ねることに幸せを感じています。
        そして、そう思い始めてからは、自分よりほんの1日でも齢を重ねた人って、無条件に尊敬できるようにもなりました。
        生きることが素敵なことであれば、齢を重ねることが素敵なことであるのは必然。
        素敵に 齢を重ねて行きたいです。
        | よぴち | 2012/05/30 1:16 PM |

        ....................................................................................
        chaboる きんぐ さん

        chaboさん、お誕生日のメッセージといい、
        ここのコメントといい…。
        ありがとうございます(*^_^*)

        ふるさと持たない…っていう文字が目に入った途端に
        南沙織さんを思い出してしまった私は 47歳(笑)。

        chaboさんの ふるさと は、1か所の土地ではないだけですよね。
        ○○の海の音とか匂いとか アパートの部屋の日に焼けた畳だとか 街角の風景だとか
        …そんなもののような気がする。

        私も 結局は それなんだ。
        ふるさとは 結局 こころの中にあります。

        | よぴち | 2012/05/30 1:20 PM |
        一年前のブログにそっとコメントしてみました。
        お誕生日おめでとうございます。
        良いことがたくさんありますように…(*^_^*)
        | 風√空 | 2013/05/27 9:45 PM |

        ....................................................................................
        風√空さん

        ありがとうございます。ご無沙汰していますが、お元気そうでウレシイです。

        風√空さんのおかげで、1年前に還る機会を得ました。
        そっか、この記事から1年か、と、
        そう思うと、改めて、この1年間の早さを感じました。
        こんなふうに来年も、早く感じられたらいいな♪

        お仕事の調子、身体の調子、風√空さんの方は いかがなのでしょうか…。
        生きてく以上は、いいことばかりではないと思いますが、きっと、幸せでおられますように☆
        | よぴち | 2013/05/28 6:11 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/337