◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< とらわれの貧しい心で:浜田省吾 | main | 風の篝火:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Rainydays and Mondays:The Carpenters  ○●○
    Carpentersザーザーと、傘なしでは歩けないような雨降りの日はないまでも、毎日湿度の高い、蒸し暑い日が続いています。
    洗濯ものが外に干せないけれど、冬と違って、除湿器をかければ1日で乾く。
    今のところ、お風呂場にカビも生えてきていないし。
    だから、特に生活に支障はない、と思おう。
    やはり、梅雨。こうでなくては、って(笑)。

    大飯原発の再稼働の件で
    福井が、今、日本じゅうで注目を浴びています。
    このことに関する記述はやめたい、と思っていたのですが、
    ただ呑気な毎日を綴るだけ、というのも はばかられて、
    今、記事更新をする以上は、ほんの少しだけでも言及しておきたいと思いました。

    私は個人的には再稼働には反対の立場です。
    そして、福井県民にも、反対の人は大勢、というか、おそらく、大半の福井県民が反対の立場ではないか、とさえ思っています。
    でも、私は、大飯町の現地で、直接声を聴いたわけではないので、
    これは あくまで 私の推測ですが、
    大飯町周辺には、原発が稼働することで、なんとか、生活を営める、という方々もおられるのでしょう。
    決して、原発の稼働によって「贅沢」をするわけでなく、
    「なんとか生きていく」ために必要なのだと思うのです。
    もちろん、現地の方々も、今回の震災での被害を知らないわけでなく、
    それがいつ、自分たちに降りかかってくるかもしれないことも承知の上で、
    それでも、再稼働を、という決断に至ったのは、
    震災被害を受けずとも、原発が稼働しない、ということですでに、震災被害と同じように、生活できなくなるからではないでしょうか…。
    私も自分の身に置き換えたとき、
    「起きてしまった災害の被害」は当然、避けたいけれども、
    それ以上に、「自ら、今、その被害の中に自分を投じる」のは
    もっと つらい気がします。
    だから、まず、なんとか早く、今回、被災した方々の生活保障を確立して、
    震災被害を受けたのと同じような観点で、他の原発関連地の方々の生活保障を確立して、
    基本的に、原発はすべて廃炉にする方向でいけたらいいのに、というのが私の希望です。

    そして、県予算の詳細など、詳しく見たりもしない、無頓着な私は、
    正確なことは分からないのですが、原発立地によって、福井県は何か、国から特別な支給金を得て来ているのかもしれません。
    そして、意識せずとも、私も その「お相伴」に預かってきたのかもしれません。
    でも、私自身は、その詳細も知らないお気楽な発言ではあるけれど、
    その、「支給金」による「いいこと」は、我慢出来る、我慢する、
    それよりも、日本から原発がなくなることの方がいいと思っています。

    ただ、私には知恵も行動力もなく、
    その「希望」を、具体的にはどうかなえていったらいいのかが わからないのですが…。

    これに関しての記述は、これ以上、わからないまま発言するのは良くないと思うので、終わりにします。


    先週、祖母が亡くなり、
    少し体を休めようと思っていたのがまた延び延びになって、
    でも、葬儀その他のおかげで、第1給水所にたどり着くも、給水出来ないままいたのが、少し、給水出来るチャンスを得ました。
    つまりは、祖母の逝去を言い訳に、少し、多めに休んでしまおう、ということです…。

    もともと、6月の初めから、「18日から ちんのところに行こう」、と、
    うっすらと考えてはいたので、
    …今、京都に来ています。

    明日は、ちんの授業も18:00からの6限目だけなので、
    ちんがよければ、宇治の三室戸寺のあじさい園に行けたらいいなと思っています。
    今年はバタバタして、梅も見れなかったので…。
    遅くとも水曜には帰福して、木曜は血液内科受診、
    金曜から、また、ボチボチと、走り出そうかな、と思います。
    第1給水所までは、相手があることだったので、あまり自分のペースで、というわけにはいかなかった。
    でも、これからは、大切なものを見失わないよう、
    走りすぎないよう、気を付けながら、
    それを許してくださる周囲の方々や家族に感謝しながら、
    歩いていきたいと思います。

    今日、月曜日、現時点では
    まだ 疲れや、いろんな思いが交錯して、どこか心の中に染みのようなものがあってしまうのですが、
    きっと、スッキリした気持ちで福井に帰れると思いたい。
    そんな今の私の頭の中に浮かんできたこの曲を、今日はセレクトしました。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       Rainydays and Mondays → 


    JUGEMテーマ:音楽 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | The Carpenters | 19:10 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 19:10 | - | - |- pookmark
        カーペンターズの曲は
        歌詞が明瞭で
        洋楽がニガテな人にも受け入れられやすく
        何と言っても
        カレンさんの歌声がいいですね♪

        原発に関しては
        一日も早く廃炉の決断がほしいと思っています。
        稼働を望む市民の声の大半は
        「原発のおかげで食べていける」
        要は
        職の問題ですよね
        ならば
        廃炉にかかわる会社を作れば
        ある程度対応できるのでは??
        ほかにも
        イザ廃炉 となれば
        別の電力が要るワケですから
        仕事はできてくると思うのです。
        そちらが全く議論されないのは
        政府に廃炉という考えが全然ないからでしょう。
        今の政府には失望しています。

        おばあさまのご冥福をお祈りします。
        母方の祖母が亡くなった時は
        死と闘う苦しさまでも見ていましたが
        いなくなってしまった悲しみは大きかったです。
        父方の祖母は新潟で暮らしていたので
        あまり会う機会もありませんでしたが
        それでも
        葬儀に向う列車の中で
        涙が止まらなかったのをおぼえています。
        この思いは「血」なんだろうなぁと感じました。

        昨夜から台風情報が流れていますが
        大丈夫かな?
        無事に帰ってきてね〜!
        | ありんこbatan | 2012/06/19 3:48 AM |

        ...................................................................................
        ありんこさん

        原発、確かに、最初から廃炉の方向で考えていたら、
        今頃、何らかの策が生まれていたことでしょうね。
        今回などは、電力需要地の方々さえ、反対している中の再稼働、本当に理解できません。

        祖母、亡くなり方自体は比較的穏やかでしたが、その人生は最後まで、とてもかなしいものでした。
        最後は長い間入院していたし、一緒に暮らしていたわけでもなかったので、「いなくなって悲しい」という気持ちより、祖母の人生がかなしすぎて、涙が止まりませんでした。
        実の娘以上に、私が1番、顔が祖母に似ていて、どこか「近さ」を感じています。だからこそ、もっと幸せに生きて欲しかった。

        台風、現時点のニュースでは、どうも今夜あたり、直撃のようですね。
        私は、台風と並走しながら帰ることになるかも…。
        あまり酷かったら、帰福は明日に見送ることになりそうです(;_;)
        | よぴち | 2012/06/19 10:35 AM |
        雨が似合うアジサイといっても今日の天気はどうなんだろう。ちんちゃんとのデート楽しんでるかなあ。アジサイなしでもいいんだろうしね。
        お祖母ちゃんが亡くなったんですね。うちの祖母はもう母方しかいませんが、90になりました。ずっと母親が仕事をしていたので、祖母が育ての母のようなもの。よぴちさんのお祖母ちゃんはどんな方だったんでしょうね。でも少なくともよぴちさんは好きだったのね。
        原発って、民主党になったら考えが変わるのかと思っていましたが、現実は違ってましたね。でも、マスコミって怖いな。こんな危ない物を必要な物って思い込ませるんだから。福島の事故がなかったら廃炉議論も大きくならなかったでしょう。
        今小水力発電ってあるでしょう。水車ですよね。今のアジアやアフリカの国々が私たちと同じ轍を踏まなければいいなあって思います。村の水車で発電っていいよね。日本のように水が豊かな国なら本当は出来るんだよね。
        カーペンターズは好きです。この歌はこんな歌詞だったんだなって、よぴちさんが英語の歌をアップする度調べて楽しんでます。
        よぴちさんは行動力がありすぎてびっくりする。気をつけて帰ってきてくださいね。
        | いーみん | 2012/06/19 8:25 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        ありがとう。
        さすがに私もマイってはいます(^_^;)
        まったく、何を足掻いているんでしょうね…。

        日本は小さい国だけれど、それでも科学と1億2千の知恵を集めれば、なんとか出来そうに思いますね。
        大変なことだとは思いますが、もっと、広くみんなの知恵を広聴するとよいのでは、と思います。思いがけないアイディアが出てくるように思うので(たとえばリサイクルを兼ねていたり)。

        あじさい園は、さすがに諦めました。乾いた中に咲いてる紫陽花は、どこか可哀想な気さえして、雨の中の紫陽花、好きなのですが、昨日は風も強かったので…。

        祖母は93歳でした。大往生、といえる年齢なだけに、もう少し幸せな人生だったら、と、やっぱり思ってしまいます…。

        | よぴち | 2012/06/20 3:51 PM |
        この頃は壱日でいっぱいたまります 除湿器いっぱいですよ
        お悔やみ申し上げます
        私は来月の弐〇日ころ岩手県にアジサイの写真撮りに行きます 去年早かったので今年は遅めに なんかくゃくゃしたり
        落ち込んだ時はぐたっと寝てたりごろごろしたり私はそれが一番
        | カツオ | 2012/06/21 4:46 PM |

        .....................................................................................
        カツオさん

        またまた温かい絵葉書、そして、復興支援のホッとするCD、ありがとうございました(;_;)
        復興支援、被災していない私こそがしないといけないのに、被災されたカツオさんが懸命に支援されているのを見るにつけ、心苦しく思います。

        結局、人生の毎日は「波」のようなものかもしれません。
        寄せて、引いて、そしてまた必ず寄せる…。
        引き潮は寄せるためのもの、と、昔、さださんが言っておられましたが、
        そんなふうに、波に任せて、落ち込んだ時は動かないのが1番なのかもしれませんね。
        頭でわかっていても、つい、足掻いてしまう私です。

        私も今日、病院受診の帰りに、近くの足羽山で紫陽花を観て来ましたよ。
        弱い雨に濡れて、みずみずしくてホッとしました♪
        | よぴち | 2012/06/21 9:22 PM |
        原発のこと、頭が痛いですよね。昨年の大災害で脆さが露呈したわけで、周辺の方はやはり心配だと思います。
        お祖母さんが亡くなられたのですね。
        大変でしたね。 ちんさんと過ごして、少しでも息抜きになればと思います。
        | 力道 | 2012/06/23 4:02 PM |

        ....................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。最近は、ちんも忙しくなってきたうえに、嬉しい悲鳴で「巣立ち始めて」もいて、もう、一緒に過ごす時間もなければ、わずかな時間は慌ただしくて、お互いヤキモキしてしまったりと、以前ほど「くつろげる」時間でもなくなってきています。
        まぁ、それでも、子離れできない私はまた、行ってしまうのですが(^_^;)

        力道さんが紹介されていた三島由紀夫原作の「音楽」、茶戌が興味を持っていました。
        機会あれば観てみたい、と言っていましたが、なんとなく、私には「キツイ」かも…って思っています(^_^;)
        | よぴち | 2012/06/23 11:38 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/339