◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Groovin' : The Young Rascals | main | 大丈夫(*^^)v >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ジャコビニ彗星の日:松任谷由実  ○●○
    悲しいほどお天気体育の日、ということで3連休、福井は3日とも まずまずのお天気で、特に最終日の8日月曜は、秋晴れのさわやかな1日でした。
    きっと、どこかに出かけたくなる、だから布団を干すのはやめておこう、と思ったのに、結局出かけずじまい。
    こんなことなら、お布団干せばよかった、と、いつも、「あとのまつり」です…。

    10月に入った、と書いてから、1週間。
    はや1週間、とも思うし、まだ1週間、とも思う…。
    心の奥底に、得体のしれない不安のようなものがあって、
    どこか気持ちが落ち着かない…
    何をしていても、「今、やるべきは これでいいんだろうか」という気持ちで、
    どんなことをやってもやっても、その気持ちが拭いきれずにいます…


    大方、その原因は分かっている…
    1つは、18日の胃カメラ検査。
    これまでの主治医が転勤になって、初めての担当医(どなたになるのか、いまだ確定せず)、どんなカメラの仕方をする方なのか、そして、どんな治療方針をお持ちなのか、
    私の様に、「治らない病気」の場合、お付き合いが長くなるので、やはり、いい関係で、お互いに向き合いながら治療していきたい。
    そのための人間関係の構築を、また1からやらなければならないことへの不安や面倒くささ、そして、まずは胃カメラ検査の結果がどう出るか、
    気にしたって仕方ない、と思いながらも、やはり、不安がいっぱいです。

    そして、そこから続く、20~21日の仕事が、少しテンパる内容だということ…。
    そのお仕事現場は、ここ数年、オブザーバーと化していたので、今回久しぶりの「現役復帰」で、大丈夫かなぁ、と、やっぱり不安…。
    以前は、勝手知ったるもので、半ば「旅行」に行くような気分で出かけていたのですが…。


    そんな中、「そういえば10月9日って…」と、ジャコビニ彗星群(今は、「りゅう座流星群」と呼ぶようです)のことを思い出しました。
    今の私に、ゆっくり星を見上げる余裕があるのかどうか…
    でも、こんな時だからこそ、その余裕が必要、と思うし…

    今日、8日夜が極大になると知って、
    いつものように、単身赴任先へ戻る茶戌を駅まで送った後に、見に行きました。

    どこへ見に行こうか…
    いつも、いろいろ行って、思うほど星が見えず、結局、昔見た、実家近くの空が1番星が見えたなぁ、と、実家近くへ行くことになる
    だから今日は、迷わず最初から、実家近くへ車を走らせた…

    やっぱり
    私が今住んでいるところとは全く違う星空が広がっていました…

    車を止めて空を見上げたら
    数年前 まだ家にいた ちんと ふたご座流星群を見に行った時のことを思いだす
    おそらく 死ぬまで忘れることはないでしょう
    一昨年 ふたご座流星群を病室で迎えた時には
    ちんと見に行ったことを思いだして せつなくなったりしたけれど
    それでも 一生 忘れない
    そんなふうに 過去にすがるように生きることを肯定してくれるのは
    おそらく ブログ仲間の凜太郎さんくらいしか いないような気がしますが(笑)、
    私は 未来を見ていないわけではない
    むしろ 歩いて行こうとしている、歩いて行かなくちゃいけないことを分かってるからこそ
    過去の素敵だった時間に力をもらうわけで(言い訳(^_^;))

    最初は「この分なら流星群に出会えるかな」と思えたけれど、
    しばらく見ているうちに どんどん雲が広がって来て
    南の空はすこぶるキレイに星が見えているのに、
    どうして 今日に限って北の空は曇るんだろう、と恨めしく思いながら帰途に就きました…


    入院しなきゃならないとなれば、するまでなんですよね。
    別に、今すぐに命にかかわるわけではないし、入院して治療すればいいだけ。
    仕事だって、恥をかいてもいいんだ、また、すぐに慣れて行くはず、
    今回を皮切りに、今後、どんどん「現役復帰」していく予定が、すでに決まっている。
    今回は、まだ、小さいもので、どんどんステージは大きなものになって、来年5月には、完全に昔の状態に戻る予定なのです…。
    今、やっている内容は、むしろ内容的にはこれまでで1番納得のいくプロセスを経ているので、きっときっと、これから、素敵な毎日が待っているはずなんだ…
    丁度良い程度の忙しさの中に 生きてる実感を感じれるはずなんだ…

    …そう言い聞かせて
    あらためて こんなふうに お気楽に 好きなことをやって生きていけてる、
    そのために、たくさんの方々が つらいこと、いやなことを我慢しながら支えてくれてる、
    …それを再認識しました…


    今日 セレクトしたのはもちろん、ユーミンの、私に「ジャコビニ彗星群」の存在を教えてくれた曲。
    小さい頃から星が大好きで、図書館で星に関する本を借りては、いろんな夢を描いてきました。
    47歳にもなった今でも、やっぱり星にはロマンを感じてしまう。
    私が今、この瞬間に見ているこの光が、自分の人生の、もう、イメージもわかないくらい前に放たれた光だなんて、
    その時空に比べたら、私が毎日、泣いたり笑ったりしながら生きた人生なんて、ホントにちっぽけなものなんだと思うと、心が軽くなることがあります。
    そして今でも、流れ星を見たら願い事を3回言おう、と思っているし、
    それどころか、星を見上げている間に、もし流れ星に遭遇出来たら、それだけで何かいいことがありそう、なんて、
    どこか「賭け」をしてしまう、愚か者なのでした…


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       ジャコビニ彗星の日 → 


    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 松任谷由実 | 01:11 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 01:11 | - | - |- pookmark
        過去にすがるように....
        過去のいい思い出をひっぱり出しながら生きているのは
        同じです。
        でも
        イヤな思い出もたくさんあるから
        かきわけ かきわけ....
        そして
        いい思い出の「いい部分」を拡張して
        イヤな部分を埋めてなお余りある人生だと思おうとしています。
        あえて星を見ようとすることは少ない気がしますが
        でも
        夜空を見上げたときに星を見つけたら
        素直に感動するし ロマンチックな気分にもなる....
        流れ星情報を聞けば
        じゃぁちょっと見ていようか
        でも
        殆ど期待していないんですね
        イザ流れたら
        願い事が用意していない!
        自分の「星好き度」はこんなもんなのですが
        そっか....
        「星に比べたら自分の人生なんて....」
        うんうん
        この気持ちが欲しい時に夜空を眺めることにします!
        | ありんこbatan | 2012/10/09 5:14 AM |
        胃カメラはつらい。以前はよく検査で飲みました。気が重くなるのはわかりますよ。
        そうですね。星を見る余裕が欲しいけど、僕なんかはなかなか無理かな。まぁ前を向いて行きましょう。それしかないですから。
        | 力道 | 2012/10/09 7:00 AM |

        ..................................................................................
        ありんこさん

        そうなんです、じゃ、「あっ、流れ星☆」って思って、それから「えーと、願い事は…」って考えてる間に、流れ星、消えちゃう(^_^;)

        ありんこさんのお家のあたりでは、空が明るすぎて、なかなか星は見えないんじゃないでしょうか?
        私も、今住んでいるところは、近所にパチンコ屋さんもあるし、空が明るくて、星は少ししか見えないです。
        でも、実家のあたりとか、実家からもう少し山の方へ行って、ある「峠」へ行くと、そこでは、本当に、星が近くなったんじゃないか、って錯覚するくらい、キレイに見えるんですよ。
        中学の時、初めて その峠に行った時には、本当に感動しました。
        まさに「降るような星空」だったんです。

        自分の人生なんて、どってことない、ちっぽけなものだ、って思えた時の方が、気が楽になること、ありますよね(私だけ?)

        でも、そんなふうに生きた僅かな時間でも、
        やっぱり、気が遠くなるような時空の中の、「ちり」くらいにはなるんだなぁ…。
        大宇宙は 神秘です。
        | よぴち | 2012/10/09 12:59 PM |

        ...................................................................................
        力道さん

        はい… 胃カメラ、本当に気が重いです。
        終わった後はいつも、「どってことないじゃん、次はもう、余裕だぜ」と思うんですけどね。
        近くなってくると、やっぱり…。
        私の場合、健診と違って、すでに「有罪」なわけなので、刑がどうなるか、そこも気になって。

        力道さんのところでは、星なんて、本当に見えないだろうなぁ。
        せめて、池袋のプラネタリウム?あれは期間限定ですか?
        気持ちに余裕がある時は、松山千春さんの「星をかぞえて」などが頭の中に流れるのですが、
        私も、今は、そこまで余裕がないのが本音です(^_^;)
        | よぴち | 2012/10/09 1:04 PM |
        わーい。ジャコビニだ。きっとアップしてくれると思ってた。嬉しいです。

        家の近くは明るすぎてきれいな星空は見えない。昨年能登の海でみる機会がありました。降るような星空をみると信じられない気持ちになります。

        思い出を糧にするってすてきなことだと思うけど。若い頃には分からない味わいがあるもの。後ろ向きとは違うよ。
        子どもの頃は素直にいろんなことを信じてた。それはちょっとうらやましいと思うけど。

        胃カメラはわたしも嫌い。よぴちさんと相性のいい先生になりますように。

        | いーみん | 2012/10/09 11:44 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        昨日はお疲れ様でした。行けなかったけど、楽しい時間になったようですね。

        うん、「糧」にしてるんです、そう思いたい。
        時々、あの頃に還って、もうずっと、そこに留まっていたい衝動に駆られるけれど、心の中では、前に進んでく覚悟は出来てるんだと思う。

        胃カメラ… 怖いのは、検査そのものではなくて、おそらく「量刑」がどうなるか、だと思います。
        理想は、2月くらいの寒い時期に入院治療、なんだけど。
        寒い時は病院がいいの。常春なので(笑)。

        頑張るね☆ ありがとう。
        | よぴち | 2012/10/10 12:16 AM |
        過去にすがるというよりも、その過去こそが、今まで刻んできた思い出というものこそが、人生の正体だと僕は思っています。そして、自分にキラキラした追憶が存在することほど幸せなことはない。心の財産です。だから、しんどいときは思い出すべきで、誰憚る必要もないと。
        「それでも一生忘れない」
        そんな追憶は、よぴちさんのたからものですね。素敵なことだと思うんです。
        20歳の頃、鹿児島の佐多岬で野宿をしました。周りに灯りはなく、台風一過でそれは星が降るようでした。流星が幾筋も飛んでいきます。3つまで願い事が言えるはずですが、なんせすぐに現れ消えるので慌てます。そのときは「金と女!」しか言えなかった(笑)。
        今願うなら。金と女はやはり同じです(もっとも、その女である配偶者の健康を願うかな)。そしてもうひとつの願いも今なら用意できている。「素敵な思い出を」でしょうか。
        ジャコビニ久しぶりに聴きました。どうもありがとう!
        | 凛太郎 | 2012/10/10 6:38 AM |

        ...................................................................................
        凜太郎さん

        そう、人生って結局は覚えていることの集積。
        同じ感覚を持った人がいる!って感動したのが、凜太郎さんとの出会いでした。

        岬で流星かぁ…。浜辺でギターより、ずっといい気がする…。
        その時の「映像」は、今も残っているでしょう。
        私も、これまでに見た流れ星の中で、1番キレイだったやつの「映像」は、今も心に残っています。
        引っ越したばかりの自宅前で見たやつ。東の空でした。
        余裕で願い事3回言えた、もっと言えるぐらい、長く尾を引いていました。

        今思えば、その時の願い事、叶っていたんだなぁ…。
        32年後にして、認識した、やっぱり愚か者です(^_^;)
        | よぴち | 2012/10/10 12:47 PM |
        星も

        お前をみてるのさ〜〜&#9835;

        だってさ

        光る星だって〜〜

        自分のことはみえないさ〜〜&#9836;



        泣き虫流れ星〜〜〜♪
        | chabobini流れそうめん | 2012/10/11 11:38 PM |

        ...................................................................................
        chabobini流れそうめん さん

        あの…
        ちなみに、このコメント、どんなメロディーに乗せればいいんでしょうか(^_^;)?

        そうだ、星が見てくれてるのかな。
        どっちかというと、「見られちゃったか」ということの多い、迂闊な人生だけれども。

        私は、小さい頃から周囲の大人に「泣き虫」と言われてきたので、逆に3歳くらいから小学校の卒業式まで、家族以外の人の前で涙を見せたことがなかったのだ!

        だから、今、涙腺がもろいのは、その時の分の埋め合わせ(^_^;)
        | よぴち | 2012/10/12 12:09 AM |
        池袋はどうでしょう。サンシャインにはあった気もしますが。昔は渋谷に五島プラネタリウムというのがあって、よく行きましたが、最近は全然。 星にまつわる曲、名曲沢山ありますね。例えば、風の[星空]とか、ふきのとう[流星ワルツ]、ミスチル[星になれたら]等々。なかなか余裕がないと見上げません(笑)
        | 力道 | 2012/10/14 7:49 PM |

        ...................................................................................
        力道さん

        そう、サンシャインにあるのを、ずいぶん前に聞いたような…?
        でも、水族館がオープンするまでの期間限定だった気もします(^_^;)
        (前、って、相当前じゃないか、って話なんですが(+_+))

        風の「星空」、思い出深い…。もう、その話でブログ1回分のネタになっちゃいそうです(笑)。

        今夜も星空がキレイでした☆

        | よぴち | 2012/10/15 2:21 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/352