◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< あの娘の窓灯り:センチメンタル・シティ・ロマンス | main | すみません >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Don't Let It Bring You Down:Neil Young  ○●○
    After the Goldrush外は冷たい雨の音がしています。
    いつの間にか、雨の音が冷たくなりました。
    霜月…本当に今年は早かった。
    とても同じ刻みで時が流れているとは思えないほど。
    それだけ、充実していた、ということなのでしょう。
    やったこと、行った場所、
    数年前の何倍だったろうか、と思います。

    去年から ほんの少し 社会復帰を試みて
    今年は去年よりまた少し その時間を増やし
    …なんだか 駆け抜けて来ました

    振り返る時間も持たずに
    でも なんとなく こころの中にいつも
    「今、この波を越えれば、少し落ち着けるから」、という甘さを持ち続けていました
    そうでもないと キャパの小さい私は 波を越えるエネルギーが湧かない
    家にこもっていた頃は、少し大変な時期があっても、必ずまた落ち着けるときがあったので、
    そう思うようにしてきた癖がとれません


    今年は なんだか ず〜っと途切れることなく
    次から次へと何故か 何かが沸き起こって来て
    思えば、私の感覚でいう「ゆっくり」な期間を持てていない
    いえ、普通の人から見たら、十分、いつもゆっくりしているのです
    ただ、私の感覚が、わずかな時間では「ゆっくり」と感じられない、贅沢なものなだけ…


    自信がないのです
    普通の人の様に 物事を 着々とこなす自信が
    …だから 相当 時間に余裕がないと すぐに焦ってしまう
    そのくせ ちゃっちゃと こなしていくかというと そうでもなく
    ダラダラと過ごしては ただ 気持ちだけ 焦り…


    明後日 木曜日
    消化器内科を受診して 今後の治療について話し合ってきます
    社会復帰しただけに 後に戻れないこともあり
    それら いろいろを考慮すると
    やはり 入院を先延ばしには出来ない、と、自分で結論を出しました
    それを主治医に告げたうえで、具体的にどうするか 話し合おうと思います


    今回の治療は いつもと違う方法
    いつもと違う 主治医の 初めての施術および管理
    加えて 入院自体が久しぶりなので
    なんだか 面倒くさく
    気持ちが 落ち着かない日が続いています

    夏以降 仕事や 趣味の音楽の方も
    なんやかんやと 忙しく
    気ぜわしい毎日でしたが
    入院ということが ある意味 クッションになって
    メリハリをつける いい機会になったかもしれません

    それでも
    今も 入院はいつ? 退院はいつ?
    退院後の予定も 少しずつ決まりつつあって
    それは
    毎日 判で押したような過ごし方をしていたあの頃よりは
    たぶん 幸せなことで
    私は 難しい決断ではあったけれども この毎日を選んだのだから
    前に進んでいきたい、と思います


    木曜日 今後のことが決まってくれば
    もう少し 気持ちも落ち着くのかも
    仕事も 今日仕上げたものを とりあえずさっき、送信したので、
    その返信が来たら 最終稿にします
    そうすれば しばらくは 自分のことは一段落(…のはず)
    あとは 人の事務作業の手伝いなので それは淡々と出来る(…はず(^_^;))

    ただ こうして返信待ちの間も
    なんとなく 落ち着かず
    こんなに冷たい雨が降るのに
    今日は 金沢へ逃げてこようか、と考えたりしてる…


    昨日 ラジオからNeil Youngが流れて来ました
    私には Neilの音は 還りたくても還れない頃を想わせて
    かなしいのですが
    それでも かなしい=好き ということで
    やっぱり いいなと思ってしまった
    Neilといえば、アルバム”Hervest”が有名で 私ももちろん、Hervestも好きなのですが、
    なぜか、この”After the Goldrush”が 私の琴線に触れることも多い
    このアルバムの中から、今の私の心境に響いてくるこの曲を
    今日はセレクトしました

    今後については木曜日以降「スッキリ」と、ご報告させていただきますね(^o^)丿
    (いらん!って言わないで(^_^;))


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


               Don't Let It Bring You Down → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Neil Young | 16:37 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 16:37 | - | - |- pookmark
        いらん! なんて言うハズないじゃん
        待ってるよー!
        結果待ちの間って
        最悪の場合を考えたりして不安だよね
        結果が出てしまえば
        それがガッカリの部類であろうと
        気持ちは決まる.... 揺れることもあるけどね (^−^;
        自分は
        病気はないけど自信はなくなりました。
        老いが確実に来ていて
        同年代 いえ もう少し上の年代の人に比べても
        全然体力がないことを感じています。
        だから
        サボることが上手くなり
        自分にも期待しなくなりました。
        でも
        勢いからか
        「やれない」と思ったことが「できた」ときは
        大きな幸福感に包まれますよ (^−^*



        | ありんこbatan | 2012/11/14 4:21 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        まさに!ありんこさんの一言ひとことが、実感を伴って沁みて来ます…。
        入院に関しては、もう私は「OUT」は覚悟したわけで、むしろ、さっさと量刑を決定して、って感じなのです。
        体力がないのは、インターフェロンを打ち始めて2〜3年後くらいから実感、それまでが男と同じくらいの体力だった私にとって、その自覚には時間と精神力を要しました。
        でももう、慣れた。「出来ないヒト」って思われることにも、もう諦めがついた。

        でも、ホント、時々、普通の人には当たり前のことでも、私にとっては出来ないだろうと思ってたことが出来ると、本当に嬉しくなる。
        幸せを感じる瞬間が増えて、これは、むしろいいことなのかも、って思うことにしましょうか…。
        | よぴち | 2012/11/14 6:00 PM |
        よわい54年


        いまだ「普通の人」なんざ


        お目にかかったことありませんわい


        みんな「なんか変」




        少し


        ちめたい雨にでも


        打たれりゃいいのに
        | only chabo burning | 2012/11/14 6:06 PM |

        ....................................................................................
        only chabo burning さん

        確かに…
        「普通の人」の定義は難しいけど…
        まぁ、chaboさんも普通の人でないことは確か(笑)。

        もう今福井は、冷たい雨どころか霰です。
        雷がとんでもなく鳴っていて
        今日は職場のPCの画面が真っ暗になってばかりだったよ。

        冷たい雨に打たれて街をさまようのはイヤだけど
        アカシアの雨に打たれて このまま死んでしまうのは 
        それもいいかな…
        | よぴち | 2012/11/14 6:27 PM |
        今も雷あめ。金沢は竜巻注意報まで出てしまった。

        ライブ、お疲れ様でした。音楽と美味しい料理が最高でしたね。時間が流れるのが早いって感じるときはとても充実している証拠。後で振り返るとたくさん宝が詰まっているかも。

        ブログが更新されているのに気がつかず、もう明日は木曜日ですね。待っているときは些細なことが支えになったりなぐさめになるときがありますね。ちいさな花が咲いた、小鳥が鳴いたとか、ココアでほっこりしたとか。

        前向きな入院って思ってます。
        ブログの更新待ってるね。
        | いーみん | 2012/11/14 11:06 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        ありがとう。
        もちろん、前向きな入院です!
        なんとなく、めんどくさいだけなのです。
        病院に持ち込む荷物の用意、家を留守にするための準備(小さなことですが、洗濯ものとかゴミの処理、ご近所や町内会への伝言など)、保険屋さんへの連絡、そんな小さいことが、煩わしい。

        いーみんさんこそ、ライブ、お疲れ様でした。とてもいい笑顔で歌っていましたよ。

        福井も霰、そして海では「波の華」。
        着々と冬になってきてる。
        今はまだ、「入口」なせいか、なんとなく、今年の冬は暖かい気持ちで過ごせそうな
        …そんな落ち着いた夜です。
        | よぴち | 2012/11/15 12:11 AM |
         
        ニールヤングは、かなしい。なるほど適切な表現だと。この評価は、よぴちさん個人というわけではなくもっと普遍的な評価であるような気がしてきます。Don't Let It Bring You Downも、胸が苦しく思えるフレーズがあります。
        寒くなってきましたね。僕が住んでいる街でさえ北風が厳しいのに、ましてや…。北陸は、11月になればもう油断は出来ない。冷たい雨は霙になり霰になり、勤労感謝の日前後に、朝起きたら街が白くなっていて「今年も始まったか」とつぶやく。そんな日々を、思い出しています。
        今日は木曜やな…。気の利いたことは何も書けませんが、負担にならない形で進めばいいなと思っています。
        | 凛太郎 | 2012/11/15 6:05 AM |

        .....................................................................................
        凜太郎さん

        いつものことながら、分かってくれて ありがとう…。
        古い時代のNeilの、「惑っている」歌詞、それを歌う時の声、そして、どうにも70年代を思わせる音、それらすべてが、かなしいのです。

        今、消化器だけ受診して、この後、血液内科です。
        血液内科は「シャンシャン」で終わると思います、たぶん。
        消化器は…
        正直、ちょっとショックでした。中抜けするため駐車場に戻ったら、不覚にも泣けて来てしまった。

        でも、どってことない。これまでも、こうやって、流れに任せて来て、大変なのは家族や周囲の方々で、私自身は幸せに生きてきた。
        これからも、それを繰り返していくだけです。
        | よぴち | 2012/11/15 1:56 PM |
        前向きですね。凄いなとつくづく感心しますよ。 確かに入院は辛いし、気が重いでしょう。だから逆に自ら治療に挑む気持ちが必要なんだと思いますよ。
        ニール・ヤングですか。この[アフター・ザ・ゴールドラッシュ]好きですよ。
        | 力道 | 2012/11/17 10:40 PM |

        ...................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        前向き…にならざるを得ないですよね、生きたいのであれば。
        発病から、今までに、何度も落ち込んできましたが、
        発病当初の長い落ち込み方と比べたら、最近は、気持ちの処理術を少しは得て来た気がします。
        根本的に、私は楽天家なんだと思います(^o^)丿
        落ち込むことにも、疲れてしまうんですよね(^_^;)
        | よぴち | 2012/11/18 4:35 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/355