◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< すみません | main | 今日から昨日へ:斉藤哲夫 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  流れるなら:小椋佳  ○●○
    瞬間今年も残すところ あと5日…
    本当に早かった
    いつもこう書いている気がしますが、今年は本当に、本当にそう感じました
    1日1日 充実していたはず、だからそう感じるのだと思いたい
    そして何故か いつもより寒い毎日に感じるのは
    齢のせいなのでしょうか…
    福井は今日も雪まじりです

    前回の記事から1ヶ月以上も更新できませんでした
    正直 書けなかった
    気持ちに余裕がなくて…

    誰も 知りたくもない、私の現状など
    淡々と書くのは はばかられて
    でも 何か他の話題で記事を書くだけの気持ちの余裕がなく
    結果、長く更新できなかった

    現状では
    いずれ大出血、死に至る可能性は限りなく高いけれど
    治療は不可能、というところで話は終わっています

    ただ 北陸の田舎では 珍しい症例で、治療を経験した医師がいなくても
    東京など都会へ行けば 成功例を経験した医師がいるかもしれない
    …そのわずかな期待にかけて
    今、まず、主治医が東京のある病院の医師に、相談してくれています

    その医師からも 治療不可能、と言われても
    とにかく
    諦めるわけにはいかないのです
    それは ただ 死を待つことになり
    そんな毎日には 1分1秒さえ 耐えられそうにない…

    おそらく
    見つかるまで ずっと 探し続けることになるでしょう
    たとえ 結局 見つからないまま 「その日」を迎えることになっても
    探し続けて「見つかるかもしれない」と希望を持ちながらでないと
    日々を過ごせそうにないから…


    でも いつも書きますが
    こんな人生の終わり方は ちょっとカッコ良すぎる気がするのです
    「寿命」というには少し若いし
    元気で まだ 皆さんと 楽しく過ごしながら
    突然 逝くなんて…
    人は 人生を終えると 少し「いいひと」になってしまう
    早く逝くと 私のことを覚えている人たちが
    まだ 長く 生きることになって
    少しは 「いいひと」になって 記憶されてしまう
    …そんな人生が 自分に用意されているとは思えない
    きっと きっと
    「いつも 死にそう、死にそう、って大騒ぎしながら
     結構 長く生きてるよね〜」って
    笑われながらの人生が 私には相当だと思うのです


    TVを観ない私は どんな番組が いつ放送されるのかも知らずにいて
    だから当然 録画予約など出来るはずもなく
    でも 我が家のTV係、茶戌が この間のSONGSを録画しておいてくれました
    小椋佳さんでした

    私の好きな「流れるまま」が TVのスピーカーから流れてくるのを聴いたら
    やっぱり 無条件に涙があふれた
    この曲は 私の感覚では
    すでに 小椋さんの「初期」ではなくて
    波に乗った売れっ子になってからの 少し「歌謡曲」っぽいメロディーラインや、
    そういうドラマチックなアレンジになってからの曲
    それでも やっぱり、小椋さんのメロディー、声、音、
    それらに たまらなく 私がたぶん1番還りたいと思う時代が詰まっていて
    どうしても 涙が出て来てしまうのです


    このブログのタイトルを考えたとき
    「先のことを考えて そこに向けて積み上げる人生ではなくて
     流れのままに流れて行こう、振り返った時に出来ている歳月が私の人生、というのでいいから」という思いを込めて As Time Goes By に決めた
    この「流れるまま」の曲の様に おだやかな時間の中に 身を任せていたい
    今日と同じような時間を 明日も迎えていたかった
    でも これからしばらくは 「変化」のために動かなければなりません
    「変化」なんて 私の望むところではない
    だから逃げたい
    でも 逃げ切れない
    「なのに何故 このこころは流れに逆らう…」
    誰しも 逆らいたくなんかないなかで 逆らって行くのでしょう
    …とにかく 歩いて行かなければ
    元来 めんどくさがりの自分を 高揚させています


    「次は 明るい記事を」と思ったけれど
    やっぱり 暗い記事ですみません

    今年のうちに また記事を更新できるかどうかわからないので
    少し早いですが 今日 言わせてください

    今年も1年 本当にお世話になりました
    いつも こんな ダラダラ 内容もない文章にお付き合いくださって
    励ましのお言葉を たくさん いただいて
    私はとても幸せでした
    ありがとうございました

    来年もまた よろしければ おつきあいくださいね♪

    そして
    皆さま よいお年をお迎えください
    新しい年が きっときっと
    素敵な365日で ありますように…☆


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                         流れるなら → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 小椋佳 | 00:15 | comments(22) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:15 | - | - |- pookmark
        更新待ってました!
        来年?
        もちろん! 読ませていただきますよ.... ってか お願い 読ませて!
        よぴちさんの「生きようという思い」
        すごく伝わってきました。
        ぜ〜ぜん 暗い内容じゃないですよ。
        逆に
        命と真摯に向き合うステキなブログだと思います。
        どっかのオバサンが
        よぴちさんの幸せをいつも祈っていることを忘れないでいてね (^−^* 
        | ありんこbatan | 2012/12/27 4:50 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます
        更新した翌朝に コメント、
        アクセス数の割にランキング順位が高くなってること、
        ありんこさんの お気持ちを本当にありがたく思っています

        ありんこさんが心配して下さってるだろうな、と思いながら
        メールアドレスを存じ上げないがために ここで報告するしかなく
        けれど 公の頁にモノを書くのは やっぱり それ相応のエネルギーが必要で…

        「生きよう」というか、今はただ「生きたい」が先行しています
        だから つらい
        現実を しっかり受け止められてなんていないのです
        今でも時々
        「これって、夢なんじゃないかな、そうだったらいいのに」なんて
        子どもの様なことを考えたりする
        今は この毎日が終わることは考えず
        「きっと いつか 少しはホッとできる日が来る」と自分に言い聞かせながら
        終わらせないための行動だけは 面倒でもやっていこうと思います

        もちろん…  日々、一瞬一瞬を楽しむことは忘れてませんよ(*^^)v
        「振り返った時に出来ている歳月」は 楽しい時間の連続でありたいから…

        年頭に誓った「幸せでいること」
        今も忘れてはいません♪
        | よぴち | 2012/12/27 2:52 PM |
        幸せでいること…
        それだけは誰にも負けないでください。
        ファイト!
        | 風√空 | 2012/12/27 10:51 PM |

        ....................................................................................
        風√空さん

        ありがとうございます
        お久しぶりです 
        風√空さんこそ お元気でしたか…?

        ずっと幸せな1年でした
        来年も 幸せでいます きっと

        たくさんの方々に支えられて
        素敵な音楽に支えられて
        …きれいごとでなく 本当に そう思います☆

        良いお年をお迎えください(*^_^*)
        | よぴち | 2012/12/28 12:17 AM |
         
        僕もTVを観ない生活がここしばらく続いています。小椋佳さんが出てらっしゃったのも知らなかった(汗)。そういう話を聞くと、やっぱりTV欄もチェックしなくちゃなと思います。
        小椋佳さんはやっぱり、いいですねぇ。
        「As Time Goes By」という看板は、僕は好きです。いつも羨ましく思ってる(笑)。ワシももっと考えて名付ければよかったなと…。
        死を考えるときに、そこに美学を重ねることは僕にはなかなか出来そうにありません。また判断もできない。鎌倉武士の名を惜しみつつ死ぬ姿と、大往生とどっちがカッコいいのかはわかりません。
        ただよぴちさんは、逆説に逆説を重ねて「生きよう」とされる。その姿勢は、阿呆な僕でも「カッコいい」と素直に思えます。カッコ悪いことはカッコいいんだな。早川義夫みたいですが。
        僕は、逃げまくるのも実はカッコいいんじゃないか、なーんて思ったりもしています。逃げ切れれば最高なんですが。
        今年もお世話になりました。(^^) 来年もまた、どうぞよろしく。
        | 凛太郎 | 2012/12/28 10:29 PM |
        お背中流しまっせーー

        あ?

        そっちじゃない?


        歌うたいから

        銀行員になった奴って

        ランボーしか知らないけど

        (ほんとは武器商人だけど)


        このおじさんは知ってるぞ

        えへん!!
        | 三助chabo | 2012/12/28 11:49 PM |
        症例のすくない病気、、、
        お医者の対応も難しいのでしょうか。

        静脈、循環器、となれば、
        東京のいくつかの大学病院が有名なようですが、、、

        心臓の移植も可能な時代、
        静脈瘤の経験豊富なドクターがみつかること、
        お祈りします。。。

           福助asagao
        | あさ・がお | 2012/12/29 11:38 AM |
        年内に更新してくれて良かった。少しでも可能性が見えてくることを絶えず祈っております。
        来年も宜しくお願い致します。
        | 力道 | 2012/12/29 1:22 PM |
        こんにちは
        ご無沙汰いたしています
        今年も元気いっぱいおすそ分けして頂き恐縮です
        秋短く早くも今年は夏の裏返しの
        すごく寒い日々
        せめて正月くらい穏やかであってほしい
        家族三人でいいお正月を
        | カツオ | 2012/12/29 9:54 PM |

        .....................................................................................
        凜太郎さん

        もう、恰好いい、悪いなんて言ってられないのが今の心境です。
        だから、恰好いい、悪い関係なく、ホントは逃げたい。
        でも、「生きたい」私は、逃げ切れないことが分かりきっているから、やっぱりぶつかって行くしかない。
        ぶつかる以上は負けたくはない。
        となると、またもや恰好関係なく、最後まで足掻くことになります。

        おだやかに過ごしていた頃は、
        この期に及んで私はどうなるだろう、やっぱり足掻くんだろうな、なんて考えたりしてましたが、
        そう、やっぱり「足掻く」結論を出さずにいられなかった。
        そして、「覚悟して待つ」なんてことが恰好いいとも思わない、なんて、負け惜しみととられるかもしれないような言い訳さえ、今は思いながら。

        頑張りますね。ありがとう。
        | よぴち | 2012/12/30 6:24 AM |

        ...................................................................................
        三助chaboさん

        すみません。
        chaboさんのウィットには もう お手上げです。
        うまい「返歌」も考え付かない(+_+)

        私は ランボーは観てないので、銀行員だったことも知らなかったけれど、ちなみに小椋さんはどうなんだろう、銀行員から歌うたい、と言った方がいいのかも?
        | よぴち | 2012/12/30 6:28 AM |

        ...................................................................................
        あさ・がおさん

        心臓外科なら、福井にもある程度実績のある病院があるのですが…。
        肝硬変患者の血管は、もう、いたるところに蜘蛛の巣の様に分枝していて、かつ、血小板が少なくて止血が難しいのです。
        だから、蜘蛛の巣のどこにも触れずに手術をする、というのはどの外科でも、基本的には嫌がるんですよね…。
        大量の輸血が必要なのに、おりしも私はAB型だし…。

        でも、きっと。
        きっと、なんとか道は開ける、そう信じて頑張りますね。
        ありがとうございます。
        | よぴち | 2012/12/30 6:31 AM |

        ..................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        まだ、道はある、と信じています。
        私自身は、最悪、肝移植、というのも視野に入れています。
        まだ、主治医からそんな言葉は出ていませんが、このまま何も出て来なければ、提案してみるしかない。

        一瞬一瞬を楽しみながら、
        でも、まだまだこの毎日が続くと信じて頑張ります。
        | よぴち | 2012/12/30 6:33 AM |

        ..................................................................................
        カツオさん

        こちらこそ、無沙汰のお詫びを申し上げます。
        そして、こちらこそ、
        なんとなく心が疲れたとき、カツオさんの写真で どれだけホッとする瞬間を戴いたことか…。
        ありがとうございます。敢えて、「過去形」では表現したくない。

        福井でさえ、ホントに今年は寒いな、と感じています。
        そちらは尚のことでしょう。
        春が来るまでのしばらくの間、
        どうぞご自愛ください。
        | よぴち | 2012/12/30 6:35 AM |
        よぴちさん、ブログの更新、本当に嬉しい。
        楽しみにしてました。

        ずっと待ってたのに肝心なときに乗り遅れるわたし。自律神経がちょっとおかしくなっていて動きがおかしいの。更年期かもとへこんでいたところです。動物と子ども、泣けるんだわ。なんだろうこのスイッチ。気持ちは20代、30代と変わってないのに。でも少し元気になってきた。

        足掻くのはあたりまえだと思う。格好悪いことなんてない。そういうよぴちさんだから、人の気持ちも分かるのだと思う。
        自分にはなんの知識もないけれど、東京にいいお医者さまが見つかることを祈ってます。

        小椋さんの歌は今から実家に帰って聴きます。大晦日。よぴち家は3人のお正月になるのかなあ。いいお正月になりますように。







        | いーみん | 2012/12/31 5:23 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        ありがとう。
        ちなみに、私は更年期バシバシ感じてます。
        早い人は30代後半で、もう出ますから。
        いーみんさんも、「いつか終わる」って、やり過ごせばいいと思います(*^_^*)
        更年期じゃなくても、ね。

        よぴち家の大晦日は昨日でした。
        盛り上がりましたよ♪
        ちんは、今日、バイトがあるため京都に戻って行きました。

        お正月明けたら、正念場かも。
        心構えなんて出来そうになく、たぶん、弱いままの私だけれど、とにかく、なるべく幸せな気分をKeepしながら、流れて行きますね。

        いーみんさんも、よいお年をお迎えください☆
        | よぴち | 2012/12/31 7:06 PM |
        よぴちさんこんにちは〜♪

         今年は寒さが厳しくて少しよわきになっているようですね。
        何時ものように我が道をブログにして下さいね。
        それが何度も振り返って読む気持ちにさせてくれています。

         父が自分から「有料老人ホームに入所したい」と希望を、主治医からも独居生活は無理とお話が有って、会社から介護休業を取って藤沢の実家に、年末に漸くホームを決めて入所しました。

         さんざん見栄を張り、我儘を言い子供達を苦しめて、入所後変わらず、弟がお正月を一人ではと、自宅に外出しても「何故外泊ではないのか」と外出であることはホームの職員からも、弟からも十分に話しておいたにも関わらず、一人で移動も出来ない身体であるのにホームに戻っても言い続けて、何の為に外出をしたのか分からないくらい辛かったようです。

         これからこういうことが毎日続くようです。
        朝から電話が鳴りっぱなしです。

         慰めるしかない子供たちはこれからどうしてあげれば良いのか悩みっぱなしです。

         愚痴のようですね。
        大真面目なのです。

         よぴちさんの苦しみを思えば赤子のような父と家族の悩みです。
        | パラ | 2013/01/03 12:37 PM |

        ...................................................................................
        パラさん

        話してくださって ありがとうございます。
        とっても嬉しかった。パラさんが 少しでも休める場所になれたなら、って…。
        こんな状態の私でも、自分の存在価値は欲しいのです。
        ホントは いつも 幸せだけを分けていたいのです。

        年齢的には お父様よりずっと若い私だけれど、
        身体の不自由は少しだけ分かるつもり。
        心と身体のバランスが取れない、お父様のもどかしさが分かります。
        でも、実際、私も、自分の実母、義母に対して
        「それくらい我慢して」っていう気持ちが沸き起こって来てしまう。人の人生に沿うことは、本当に難しいことです。
        毎日毎日のことだから、なおさら…。

        1日1日、まずは目の前のものを越えることに集中しながら
        そうして いつか おだやかな人生になって行くように
        パラさんも、ご自身のお身体も気遣いながら
        焦らずに歩いて行ってください(*^_^*)

        私も、頑張りすぎず でも 必要な歩みは止めず
        幸せな気持ちをKeepするよう 努めて行きますね。
        | よぴち | 2013/01/04 12:40 AM |
        はじめまして(^−^)

        ドック・ワトソンで検索していたら
        key-sanというかたのブログで
        2008/12/21の日記にあったコメントで
        なんとなくピンときて

        茶犬さんのところをクリックしたら
        福井の方のようで
        たぶん俺(昭和38年生まれ)より二歳下
        もしかしたら
        すれ違ったことくらいあったのかとw

        俺は
        栄冠幼稚園〜順化小〜明道中〜高志高
        高校3年時、ギター同好会でしたw

        今はウクレレばっかりやってます
        ギターは・・・
        昔届いたフレットに
        指が届かなかったりw


        医学の知識はないので
        ご病気のことは力になれませんが
        思い出話に花を咲かせるくらいは
        できるかも(^-^)ノ
        | ひできーぶー | 2013/01/10 11:06 AM |

        .....................................................................................
        ひできーぶー さん

        えー、こんなところで、こんな再会があるとは!

        ギター同好会…
        私、ほんの数回、部室に行っただけで、
        あの「タバコ臭さ」と、どう考えても女子がいなさそうな雰囲気に圧倒されてしまいまして、そもそもバレー部との掛け持ちだった私は、足が遠のいてしまったのです(+_+)
        でも、そのわずかなギター同好会と、「音楽鑑賞クラブ」で、私は、お名前も存じ上げない先輩から、「ラグタイムギター」と「ドック・ワトソン」を教えられたのです。
        「松木屋の大沢さんに教則本を選んでもらって、練習せよ」と…。
        で、大沢さんが選んでくださった教則本は、ステファン・グロスマンのカントリーブルースギターの本と、ソノシートがついたラグタイムギターの本でした。
        ドック・ワトソンの「Windy and Worm」、必死で練習しましたよ。ツインギターなので、両パート、当時、私の得意曲になりました(今はもう、まともに弾けません(;_;))。

        もしや、ひできーぶーさんは、あの時の、あの先輩なのかなぁ…。
        いや、タメ口ですみません(^^ゞ
        | よぴち | 2013/01/10 11:17 PM |


        ビンゴ(笑)

        いや、もう
        100%、俺だと思われます(^_^;)

        大沢さん、懐かしいなぁ
        今はどこで何をされているのか。。


        当時は若気の至りで
        相当熱く語ったんだろうな(恥)


        俺自身は、ラグタイムには
        そんなに入れ込んでた覚えはないのです。
        どっちかと言うと
        ドックの、フラットピッキングのほうに
        熱中してたかと・・

        良く弾いてたラグタイムの曲は
        曲名忘れましたが
        ドックの曲は
        「ブラック・マウンテン・ラグ」
        「ドックスギター」
        「ウインディアンドウォーム」
        「ディープリバーブルース」とか、
        あとは、ライ・クーダーの
        「グレート・ドリーム・フロムヘヴン」
        アーロ・ガスリーの
        「アリスのレストラン」
        バート・ヤンシュ(原曲はデイビー・グラハム)の
        「アンジー」

        弾き語りは、普通に売れてるフォークソング。
        古井戸の歌もよくやっていました。
        「ポスターカラー」とか

        関西フォークの、ダッチャの
        「26号線」とか
        上田まさきと、有山じゅんじの
        「可愛い女と呼ばれたい」とか

        「君が代」をブルースでやったりw

        文化祭の「フォークロックコンサート」
        では、実行委員長でした。

        持ってたギターは
        バイトして、ノリキで買った
        「タカミネ」


        数回しかお会いしていないのなら
        お名前を聞いたり、お顔を拝見しても
        お互い、わからないのでしょうが
        なんとなく後輩の女の子に
        色々語ったような記憶はありますw

        また、思いだしてみます(^-^)ノ
        | ひできーぶー | 2013/01/11 7:21 AM |

        .....................................................................................
        ひできーぶー さん

        先輩…
        おそろしいことです、今更ながらの再会は…(笑)。
        私は、お名前もかすかに、そして、お顔も、当時のお姿のまま、結構覚えております。
        当時、ギターは、クラシックの曲を弾くか、弾き語りの伴奏道具としてしか認識してなかった田舎者の私にとって、あまりにもカルチャーショックでしたから。

        学校祭フォークロックコンサートの実行委員長をされていたのも、認識しておりました…。
        そして、2月3月になると、当時、我が校は、大学に合格した人を発表されるたびに貼り出していましたが、その中に、先輩のお名前を見た記憶もあります…。確かK大…。そこに進学されたかどうかは存じ上げませんが。

        ギター同好会の部室には、あまり行かなくなってしまいましたが、音楽鑑賞クラブで、クラブハウス2階の和室で、勉強しているほとんどの参加者のなかで、一部のバカたちがレコードプレーヤーの周りに集まって、先輩方がご持参されたいろんなレコードを聴かせていただきながら、これまた田舎者の私には、本当に吸収の多かった時間だったのを思い出します。

        あの頃も熱く語っておられましたが
        …今も、熱く語っておられますね、十分(笑)。

        拙ブログにお越しくださって、本当にありがとうございます。
        | よぴち | 2013/01/11 3:35 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/357