◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 今日から昨日へ:斉藤哲夫 | main | ひき潮:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  旅するあなた:南こうせつ  ○●○
    かえり道年が明けて、寒い毎日が続いています
    最近は、いつもあまり降らない地域で大雪のニュースを聞くことが増えた気もする…
    少しずつ、意識を変えて行かないといけない、ということなのでしょうか…
    「危機管理」なんて、大袈裟ですが、そんな言葉が頭をかすめます…
    かくいう私も、なんの準備もしてないのですが(>_<)

    私はといえば、
    11月あたりから、入院がいつになるのか、から始まり、
    まずは入院によって出来なくなることの処理や段取り、
    それから
    結局は入院はなくなって 絶望感に襲われて
    年末年始は 車のトラブルが相次いで
    その間に ちんの就活のお手伝い
    バタバタと 今日まで過ごして
    気付いたら もう 年が明けて20日も経っていました
    なんだか うれしかったりする
    こうして 自分の人生がつくられてくことと
    そして確実に 空が明るくなるのが早くなったし 暗くなるのは遅くなって
    春が近づいてくる、って思うと…

    昨年 実母に買った安物のプリンターは
    なかなか電気屋さんなどで 互換インクが売られてなく 純正のものはとっても高く
    …なんとかネットで安いところを見つけたので たくさん買って
    この間、実母のところへ持って行きました

    そのとき 台所のストーブの前で
    母に 治療についての現時点での報告と自分の心境を話しました
    そうしたら母が
    「あんた、白血病になった時も いつ死ぬか分からなくて
     あんなに悩んだじゃないの
     でも 結局 なんやかんやと今日まで生かしてもらってる
     だから 考えなくていいの、なんやかんやと生かしてもらえるかもしれないから
     なんとか生かしてください、なんて祈るんじゃなくて
     なんとか みんなのために 何かを出来る自分でいさせてください、ってお願いするんや」って

    …なんだか ホッとしました
    私は どちらかというと 自分がやりたいことがあって
    それが出来なくなるのが怖かったんじゃなくて
    たとえ1人でも 私がいなくなって 悲しかったり困ったりする人がいるのなら
    そんな思いをさせることの方が怖かった
    母が 思ったより 落ち着いていてくれたことが 私の心をホッとさせてくれました

    今は 病気のことは考えず 楽しんでいきたい
    後になって
    「こんなことなら やっぱり もっと早くなんとか 治療法をみつけて手を打っておけばよかった」って後悔するかもしれない、という思いはあるけれど
    それでも 少なくとも 次の胃カメラ検査(4月初旬)までは
    もう 考えずに
    その間にもし 吐血することがあっても仕方ない、って、あきらめよう、って
    やっと 少しだけ 落ち着きました
    私が普通のペースでいることで
    茶戌や ちんも いつものペースが保てるし
    昨日と何も変わらない 日常…


    私自身は たぶん もう 疲れていたのです
    考えることに…
    ただ 私を思ってくれる人たちに 「考えずに 楽に過ごす」ことを許して欲しかったんだと思う


    中学生の頃に買った本の中に 喜多條忠さんの詩集「最終列車も見送って」という本があって 去年 久しぶりに手に取る機会があって再読してみたのですが
    今、「最終列車を見送った」気持ちでいます
    最終列車を見送った、ということは
    少なくとも 次の始発までは そこから遠く離れることは出来ない
    さて どうしようか
    …今、とりあえず 最終列車を見送って あてはないのだけれど ただ 自由だけはある、というような気持ち
    特別にワクワク感があるわけでもなく もちろん 「どうしようか」という不安もあるのだけれど
    「どうしても この列車に乗って どこかへ行かないといけない」という ある種の拘束感から逃れたような そんな ホッとした気持ちもあったりする


    今日 セレクトした曲は
    その「最終列車も見送って」の 最初の頁にも 最後の頁にも 原詩が書かれた
    「旅するあなた」…
    アルバムを聴くより先に 私は 喜多條忠さんの この詩集に書かれた詩から この曲を知りました


    とりあえず 今日の最終列車を見送った私は
    しばらくは また 楽しく過ごしたいと思います!
    ここに 他愛もないことを 書き並べながら…

    どうぞ おつきあいくださいね


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                         旅するあなた → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 南こうせつ | 02:11 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 02:11 | - | - |- pookmark
        は〜い!
        読ませていただきますよ♪
        お母さまのお言葉
        映画の1シーンのよう..
        いろ〜んなことが凝縮されている気がします。
        わが子にナニゴトかあれば
        そりゃもぉ心配でどうしようもなくて
        この子だけは大丈夫 と思いながら
        最悪のシナリオが頭をかすめる....
        自分は何をしてやればいいんだろう??
        でもね
        子どもが結婚していれば
        今 子どもにとっての一番の人は
        親でなく ツレアイ(子どもの嫁とか夫) なんだ って ハッとするんですよ。
        その瞬間
        少し楽になって
        冷静に考えられるようになるの。
        お母さまは
        よぴちさんの反応がうれしかったんじゃないかなぁ
        ただのオコゴトではないことがわかってもらえて..
        「最終列車」
        この言葉で
        翌朝の「始発列車」を連想するあたり
        よぴちさんは前向きなんだ! って気がして
        安心しました (^−^*
        こうせつさんの歌
        いろいろ
        ハシゴしちゃった〜♪
        | ありんこbatan | 2013/01/20 6:18 AM |
        先日はありがとうございます。メールもありがとう。
        よぴちさんと会うとこちらが元気になります。いつもどおりのよぴちさん。会っているときはよぴちさんの病気のことも忘れていて、お薬を飲んでいるのをみて、はっと思い出すのです。こころの中のことは話さないと他の人には分からない。そうだね。でも少し気持ちが落ち着いたようでよかった。
        また、遊びましょう(^_^)v
        こうせつさんのこの唄は知らなかったです。世の中にはたくさん歌があってわたしの小さい頭には入りきらないのでその都度出会っていけたらいいな。またいろいろアップしてね。
        | いーみん | 2013/01/20 10:09 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます。
        前に母のところに行って、最初に病状を話した時は、正直気持ちの余裕がなく、でも一生懸命それを隠しながら、とにかく「事実」だけを少し強い口調で話したように思います。
        その時は母も、「先生に来てもらって近くで治療は出来ないのか、東京では病院に行くことも出来んわ」と、私が「来なくていいよ、まぁ、来るとしたら、もうダメだから近親者を呼んで、と言われた時くらいかな」と言ったら、泣かんばかりの声で「そんなことになったら、お母さん倒れてしまって行かれんわ」って、
        …私も、帰りの車の中で、親不孝してごめん、と、涙が止まりませんでした。
        確かに、落ち着いた私に母も少し安堵したのかもしれません。もちろん、「時間」が手伝ってくれたこともあると思います。

        ありんこさんのコメントの端々にも、ご心配戴いているのがわかって、本当に申し訳ないし ありがたく思います。

        でも、拍子抜けさせちゃうくらい、私は元気です。
        もちろん、まだまだ旅の途中、って思ってるから、たまたま今日の最終列車を見送っただけで。
        やっと、春物の洋服を見る気にもなれたし、昨年、偶然組むことになったギターの相方とも、また何か練習する気にもなれました。
        この2ヶ月ほどは、捨てることになったら茶戌に迷惑をかけると思って、食料品さえ買い込むのに迷いがあったくらいだったのです。

        病気を理由に、楽に幸せに生きてること、いつも世間のみなさまに申し訳なく思っています。
        そう言いながら、せっかくだから楽しくやっちゃう私なんですが(^_^;)
        | よぴち | 2013/01/20 12:48 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        こちらこそ、ありがとうございました。そして、ハスカップジャム、おいしかった。鮭ふしも上品な美味しさ!

        私は、ホント、ダメダメなやつで、面と向かうと どんなふうでいたらいいか分からなくて、ただただ「飛ばして」しまう。沈黙が怖いのかな。
        相手の方が 何か話したいことがあるのを分かりながら、それを話すタイミングさえ奪ってしまう…。ごめんね。
        その結果、いつも、後で自分の言葉や態度を反芻して、勝手に撃沈するんですよね。学習できない(+_+)

        だから、誰かと話すとき、ギターを抱えてるのが好きです。
        ギターを抱えていると、少しは「黙れ」る(笑)。言葉の代わりに、音が時間を埋めてくれるから。音は言葉ほどは相手の話の邪魔になりにくい気がする。
        同じように、私はギターを抱えずに歌だけ歌うのもニガテなんですよね。どうしていていいか、分からないの(笑)。

        気持ちは正直、揺れはあるけれど、
        それは誰しも同じはず。
        生きてくのって、大変だから、みんな、いつも大変な思いをしてる。その中で、私は、楽に幸せに生きていて、申し訳ない思いが いつもあります。
        だから、せめて少しでも役に立ちたい。
        私で役に立つことがあったら、いつでも、話してくださいね!
        | よぴち | 2013/01/20 1:00 PM |
        スーツケースの中はそんなに詰まっているのに…
        どうして心の中は空っぽなのですか?

        中学のときにこの曲を聴いて印象に残っているフレーズです。

        だからどうしたの?と言われると困るのですが…

        おやすみなさい。
        | 風√空 | 2013/01/21 2:40 AM |

        ....................................................................................
        風√空さん

        ありがとうございます。
        風√空さんは、そこに来ましたか。
        私は詩集から入ったので、第一印象ではまだ、メロディーはなく、、、。詩集の冒頭なのに、いきなり疑問形の言葉が並んでいて、ガツンと来ました。
        そして「自分すら 愛せないあなた あなたは どこへ帰るのですか」
        あの頃は言葉の響きで好きだっただけだと思いますが
        今はちょっと沁みますね。

        寒い毎日が続きます。ご自愛くださいね。
        | よぴち | 2013/01/21 2:01 PM |
        おっと

        甲馳が取れちまった

        ちょいとちょいと

        新しい足袋買ってきておくれじゃないかい


        着物が多かった母に

        よく頼まれたもんです


        大きめの足袋はきらいだったんだろう


        | 足袋履くchabo | 2013/01/21 10:25 PM |

        ....................................................................................
        足袋履くchaboさん

        そっか、chaboさんのお母様って、着物を着る素敵なひとだったんだ…。
        なんか、憧れます。日常的に着物を着るひとって。

        最近では甲馳のない、マジックテープになった足袋さえあるような?
        のびのび生地とかね…。
        たまにしか足袋を使う機会はないけれど、見るたび、その構造というか、生地の断ち方に感心してしまう(>_<)
        平面から立体を作るとき、こんなふうに断つと、こうなるか、みたいな。

        旅→足袋で
        ちょっとだけchaboさん、郷愁に浸ったのかな…。
        | よぴち | 2013/01/21 11:48 PM |
        この曲が出てきたら、だまっていらませんわ。
        大好きな曲です。

        中1の頃、こうせつさんに憧れ、
        初めて手にしたカセットがこのアルバム「帰り道」。
        その1曲目がこの「旅するあなた」でした。
        あのイントロとエンディングは石川さんのギター。
        必死で練習したなぁ。今もちゃんとコピーは出来て
        いないような・・・・・

        あれから40年近くたって、
        転勤で転々とする人生になった自分に対し
        「貴方は何処へ 何処へ帰るのですか」
        というフレーズがいつも何処かで響いています。

        早くセッションしましょうね。







        | ぐっち | 2013/01/22 9:50 PM |

        ...................................................................................
        ぐっちさん

        そうですよねー。根っからのこうせつファンなら、まずは解散後単独ファーストアルバムから入りますよね。

        原詩は、歌の歌詞とはほんの少し違う部分もあったのですが(音数が微妙にズレてる部分がある)、詩から入った私にとって、曲を聴いたときは、「なるほど、こういう曲だったか」と、自分のイメージとはまた違った感じを受けて新鮮でした。

        私は、あの頃きちんとコピーしなかった曲は、今、もう、コピー出来ない。根気がなくて(^_^;)
        あの頃に、ちゃんと弾いとけばよかった、って思う曲ばかりです。

        セッション…なんだか 恐ろしい響き…
        遊びならともかく、居酒屋こうせつさんとの作品なんて、恐れ多いです(^_^;)
        | よぴち | 2013/01/23 12:40 AM |
         
        僕は旅が好きで、そして旅について考えることも好きで、学生の頃の同人誌時代からずっと旅をしては書いてきました。Web時代になってもそれは続いているのですが、今は、昔のように叙情的にせず、できるだけ叙事的にするようにしています。足跡ですから。でも、たまに喜多條さんのように「詩」を書いてみたくなります。
        呑んでて最終列車に乗りそこなったことは幾度もありますが、自分の意思で最終列車を見送ったことはあまりありません。でも、よく憶えている事が一度。
        昔、青春18切符で長崎まで行こうと思ったことがあります。18切符は鈍行しか乗れませんから、始発から乗り継いで乗り継いでようやく肥前山口駅の長崎駅行き最終に乗り継げる。つまり始発列車がイコール長崎行きの最終列車なんです。途中下車は許されません。
        しかし僕は列車に乗り疲れて、博多で次の列車を見送ってしまいました。それは長崎行きの最終だったはずなのになあ。でも「ある種の拘束感」からは確かに逃れたかも。
        人生を旅に例えるのは陳腐なことだと思いますが、昔は考えたこともありました。
        人は生まれたときにまず始発列車に乗る。その列車がすなわち、最終列車なのではないだろうか。そしてどこまで行けるのかはわかんないけど、乗り継げる限りは乗り継いでゆく。そしていつかは、接続が無くなる。そこが終着駅。
        でも、見送ってもいいのかもなあ。上の例えは、よぴちさんのお話で実に類型的過ぎだと気づかされました。朝にはまた始発が出るじゃないか。長距離列車の切符は、当日限りじゃないんです。終着駅は始発駅。
        なかなか、そういう境地に辿り着けないわけなのですが。

        「旅をするあなた あなたはどこまで歩くのですか」
        そう言われたって、自分にだってわからないんですよたいていは。どこまで歩かせてくれるのか。もうちょっと歩きたいと思っても肩を叩かれるかもしれないし、もう休みたいと思ってもまだまだ道は続いていたり。
        でも人は、聞くんですね。「どこまで行くの?」と。
        そんなときは、京のぶぶ漬けの精神で「ちょっとそこまで」とだけ答えようと思っています。それ以上深く聞くなオーラを出して。大阪のおばちゃんなどはそれでも「そこってどこなん?」などとしつこく聞いたりしますが、そんな人は無視しようと。
        そうやって行き先を定めずふらふらと歩いていれば、案外遠くまで歩いていけるような気もします。

        どーでもいい自分本位の話を書きました。ごめんなさい。
        Webの向う側の人間としてよぴちさんに言えることは何もないのですが、とにかく無理はしないで下さいね。こんなところでまで気を遣わなくていいから。ブログ書いたりするのは、ストレス発散として考えてくださいよ。
        「母が 思ったより 落ち着いていてくれたことが 私の心をホッとさせてくれました」
        このお気持ちがものすごくわかるような気がしている僕です。わかったつもりだけかもしれませんが。
        | 凛太郎 | 2013/01/23 5:50 AM |
        ...................................................................................
        凜太郎さん

        ありがとうございます。
        旅というのは、それだけでもう、抒情を含んでいるのでしょう。叙事的に書いてあってもなお、何か心に響いてくるものがあります。叙事的なら なおのこと自分をそこに置いて、旅をしている気になるのかなぁ…。
        特に、東北というのは私の中で神秘的な匂いも含んでまして、そこから輩出された文豪や芸術家たちに感動でうちのめされていることもあり、そういう感性を生む または育む何かが存在するのではないかと…。

        若い頃は、終着駅を定めていたような気もしますね。もちろん辿り着けない。で、いつも生き急ぐことになった。
        それはそれで、後悔もしていないし、悪いことではなかったと思ってますが、今は、とりあえず今夜はここで落ち着こうかと、最終電車を見送ったわけなんです。
        この街を、少なくとも今夜ひと晩は、フラフラと彷徨ってみるのもいいな、って。
        存外 居心地のいい街で、長く棲むことになるかもしれないし。

        親より先に逝くこと以上の親不孝はないと思っています。
        母は、私に病人としての運命を背負わせたのは自分だと責めている。そんなことないのに。でも、私も親だから、その気持ちも分かる。

        子は子で、親に対しての自分を責めますよね。
        母は 落ち着いているように「見せた」だけかもしれなくて、やっぱり私はつらいけれども、つらいからこそ「逃げたくて」、母が落ち着いていることを素直にホッとしたいのです。

        無理はしてないですよ、世間の大半の方々より ずっと楽に幸せに生きてて、申し訳ないと思ってます(^_^;)
        | よぴち | 2013/01/23 2:44 PM |
        お母様の言葉、さすがですね。落ち着かれたのではないですか。
        気にしてもきりがないですから、どんどんやりたい事をされていくのがいいと思いますよ。応援しております。
        | 力道 | 2013/01/24 6:43 AM |

        ....................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます。
        「さすが」というか…母は今年70になりますが、そこまで生きると、「流れて行く」気になるのでしょうか(^_^;)
        昔からそうなのですが、母は、私を自分と同世代の人間というか自分と同格の友人として取り扱っている気がします。
        よく言えば尊重されているのかもしれませんが、時々「私はあなたの子供なんだけど」と言いたくなってしまうほど…。

        力道さん おっしゃるとおり、気にしても仕方なく、キリもない。
        感謝しつつ楽しんで過ごして行こうと思います!
        | よぴち | 2013/01/24 1:49 PM |
        こんにちはご無沙汰しています
        この度はなんか申し訳ありません
        お気遣いばかりお掛けしちゃっています
        こちらはすごい大雪です
        娘さんこの前学校に入学したばかりなのにもう就活ですか
        時の立つのは早いですね
        旦那さんまだ戻ってこないんですか
        そろそろ転勤では
        お身体お大事にね
        | カツオ | 2013/01/27 12:28 PM |

        ....................................................................................
        カツオさん

        こちらこそ、いつもお心遣いありがとうございます。
        ずっと「カツオさん、どうしておられるかな」と気になっていましたが気持ちに余裕がなく…。
        ようやく少し落ち着いた気持ちになれたので、お便りしました。
        寒い時期なので、温かいものを、と思い、片方はぜひ、ぬる燗で温まってください。

        時の経つのは早いですね。娘も来年度は4回生(…の予定(^_^;))です。
        茶戌は、昨年6月に滋賀に転勤になったばかり、まだ少し滋賀にいることになるのでしょうか。
        サラリーマンですから、先は分からないですが。すぐに転勤の命が下るかもしれませんが、だからといって、自宅通勤に戻れるとは限らないし。

        まぁ、流れに沿って、ゆっくりと漂っていきたいと思います。
        カツオさんも、どうぞご自愛くださいね。
        | よぴち | 2013/01/27 4:11 PM |



        トラックバック機能は終了しました。