◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Lose Again:Karla Bonoff | main | 春告鳥:さだまさし >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  風:コブクロ  ○●○
    風東京は 早 桜も終わり…
    少し「狂い咲き」の向きも感じます
    福井は まだ少し先のよう
    ただ 今日 帰福した茶戌を駅まで迎えに行く時に
    福井では1番早く咲くと言われる「さくら通り」を通ったら 3分咲きくらいでした
    一昨日はまだ寒い風が吹いていましたが
    いよいよ 春が来るのかな…と思います

    今週は月・火と学会でした
    この学会の演題エントリー締め切りは11月末、
    11月初めの頃は 入院治療の予定でいたので
    エントリーのための抄録作成などは退院してからで間に合うかな、と思っていました
    ところが 主治医が「もう少し詳しく検査させてくれ」と どんどん入院日を延期していく
    私は 「このままいくと、退院後では間に合わなくなるかも、もしかすると、締切日にまだ入院中になるかも」と思い始め、急きょ作成、エントリーを済ませました
    それでも、主治医の入院日延期はさらに続き、その次の5月の学会の締め切りは12月半ば、結局、それさえも、退院後では間に合わなくなるかも、という気配がしてきて、慌てて11月末、エントリー解禁日に1番乗りでエントリーしたのを思い出します

    最近は、エントリーをしてから、学会事務局で採択するかどうかの審査があり、採択された場合にエントリー料を支払って初めて、エントリー完了となる場合が多いのです
    私は、この、3月の学会はエントリー料を振り込みましたが、
    1月半ばに、「治療不可能」という結論になって、5月の愛媛・松山での学会は、さすがに遠くて行ける気がせず、エントリー料未払いでキャンセルしました

    だから この学会が終わったら しばらくは学会がらみの作業はなくなる…
    とにかく この学会だけは頑張って乗り越えよう、という思いでした

    おかげさまで どうにか乗り越えましたが
    2日目は 疲労困憊で 少し早めにポスターを撤去し、眠気、脚つりと闘いながら、なんとか家に帰り着きました…


    いつもなら 学会参加のあとは
    他の皆さんのお仕事ぶりや 気迫を前に
    「私も頑張らなくちゃ」という、何か武者震いのようなものを感じて帰るのが常だったのに
    今回は 正直 そんな気持ちが湧かなかった
    いろんな方々に 今後のお仕事の提案や 励ましの言葉を戴いて
    その場では 普通に作り笑いをしていても
    こころのなかで「でも そこに辿り着けるまで生きていれるかどうかさえ分からないから 安請け合いは出来ないんだ…」と思っている自分がいました

    最近は何をしていても どこで どなたにお会いしても そう
    「またね」と言いながら
    こころのなかで「また会えるかな…」って思っている自分がいるのです


    まあ こんな思考を重ねながら
    結局 結構生きていくんだろう、と思っているのですが(^_^;)


    今日 セレクトしたのは コブクロの曲
    ちんが 中学生だった頃に よく聴いたので
    あの頃を思い出しています
    桜って 日本では ホントにいろんなところにある
    学校や公共施設には ほぼ必ずある、と言ってもいいくらい
    だから いろんな場所の思い出に
    桜は つきまとう…
    庭、と呼べるようなものがない我が家、
    それでも ある季節になると毎年決まって咲く花があるのはいいな、と思って
    この間、鉢植えの「一才桜」を植えつけました
    昨年の冬から 新しい花を植える気がしていなかった私
    ようやく1歩踏み出せました

    この曲の様に「こうなるまでは もう ここは歩けない」と思うような
    たとえば 「この曲はもう聴けない」「この本はもう読めない」
    …そんなことが いくつか あったような気がします
    でも だんだん そんなことも少なくなってきた
    齢なのでしょうか、それだけ「感性」が鈍くなってきたのかも
    私としては
    経験値によって「立ち止まってしまう場所を 冷静に通り過ぎる術」を得た、と思いたいのですが…

    ちんも昔 車の中で あるアルバムを流していると
    その1曲だけは 決まって「この曲は 飛ばして」という曲があった
    今はもう 聴けるようになったと言っていた

    やっぱり 時間は 人のこころの凹凸をならす 1番の薬なのでしょう…
    今 これをお読みくださっている方のこころも
    きっと なだらかな状態で 今年の桜を愛でることが出来ていますように…


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                            風 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | コブクロ | 02:27 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 02:27 | - | - |- pookmark
        コブクロ「風」
        検閲がキビシイのか
        NGになっていたので
        別映像で聴きました。(これも じき ダメになるかも)
        ちんちゃんが中学生の頃?
        もうそんなに前の曲なんだ〜!
        桜を歌い込んだ曲って
        季節になれば
        何年前 とか関係なく流れますね。
        桜を見ると
        真っ先に思い出すのは
        平成18年の桜です。
        祖母の入院先に毎日通っていて
        いつ病室に入っても
        苦しそうにしているおばあちゃんを見るだけで
        とてもつらい春でした。
        お医者さまが
        「こんなに もつとは...」とおっしゃるくらい
        がんばっていて
        桜も予想以上に長持ちしていました。
        桜が本当に悲しい花に思えた....
        それでも
        今も 桜が大好きです。
        >齢なのでしょうか、それだけ「感性」が鈍くなってきたのかも
        歳をとって
        いろいろなことをマイルドに感じるようになってきました。
        でも
        決して「感性」が鈍くなってきたわけではなく
        殆どのことが許せるようになってきたから では.... と思っています。
        | ありんこbatan | 2013/03/30 5:04 AM |
         
        学会お疲れ様でした。こういった関係のものは縁遠いのでよくわかりませんが、スケジュールがやっぱり長いスパンに及ぶのですね。審査や資料の作成、研究紀要も必要な場合もあるか…などを考えたら、そのくらいはかかるのかな。半年先、一年先のことだと思うと、夏休みの宿題をギリギリまでやらない僕などには無理かなと(学会と子供の宿題を一緒にするな^^;)。
        さらに阿呆を露呈するようで恥ずかしいのですが「一才桜」というものを知らず(汗)、検索しました。こういうのがあるのか。へー。
        しかし桜ですから、枯らすことがなければ来年もまた咲いてくれるんですな。次の年のことを思って、また一年育てる。
        コブクロの「風」という曲も初めて聴きました(知らんことばっかりです 涙)。いい曲ですね。
        「この風はあなたですか 次の春も吹きますか」
        刹那的になると、こういう思考をつい避けてしまうと思うんです。次の年の学会。世話すれば来年もまた咲く花。次の春に吹く風。
        確かにそんな先のことはわからない。でも、そう思ってしまうと潤いがない。
        「あと幾度春を」という言葉に哀しみを感じる思考と楽しみを見つける思考とがあると思いますが、欲張ってどちらも感じたい(笑)。そんなふうに最近は意識をコントロールするようにしています。
        とりあえず、今年の春はやってきたみたいですね。(^-^)
        | 凛太郎 | 2013/03/30 6:07 AM |

        ...................................................................................
        ありんこさん

        ご指摘ありがとうございます。
        この記事をアップしたのは2時過ぎ、それからわずか2時間ほどの間に削除されたんですね…。
        違う映像(たぶん、ありんこさんが視聴したやつ)をリンク貼り直しておきましたが、確かに、時間の問題かも。

        桜…そうなんです、必ずしもいい思い出とは限らない。
        かなしい桜もありますよね。いずれにせよ、桜が思い出に残りやすいのです。
        私も、せつない桜もあります。それでも、桜は咲く。
        この前の震災で深い悲しみと共に桜を見た方の眼にも、また桜は映る…。

        「許せる」
        私も、そう感じることがあります。私の場合、ある意味「あきらめる」ことが上手になったから、という気がしています。

        あきらめながら、許しながら、でもたぶん、若い人や他人様から見たら充分に頑固で我儘、そんな年寄りになっていくんだろうなぁ、私は。
        それでもいい、生きているということは つらくても やっぱり愛おしいです。
        | よぴち | 2013/03/30 12:07 PM |

        ....................................................................................
        凜太郎さん

        一才桜、いいでしょう?
        我が家には似たような大きさで「匂い桜」もあって、これは、桜とは名ばかりで桜の様相を呈していない。
        それでも、いい香りがするし、毎年、今の時期になると花を咲かせて私を癒してくれています。
        この冬は、病気のことで久しぶりに発病当初のような心境に戻ってしまって、いつもなら冬は冬の花を植えるところを、今年は1つも植える気にならず(入院して枯らすだけだと思うと…)、12月になると玄関ドアに飾り付けるクリスマスリースも、こんな状況で町内会のおつきあいを あまりしていないのに、嬉しそうに飾り付けるのも憚られて、今回はしなかった。

        でも、匂い桜や沈丁花がいつも通り咲いてくれたのに気付いて、「ああ、こんなふうに、毎年、ある季節になると咲くもの」って、いいな、と思えたのです。
        万一私がいなくなっても、遺された家族が困らない様に、あまり手のかからないもので、と、一才桜を植えました。

        まあ、自分でもバカだなあと笑っちゃいますよ、この思考には。
        こうしてきっと長生きして、みんなに笑われるのでしょう。
        でも、そんな風に笑われるのは、むしろ本望です(笑)。

        ちなみに今年も北野へは行けなかった。来年は ちんも、うまくいけば卒業、引っ越しやなんやでまた行けないのかな…。
        うん、そうだ、なんでも「最後になるかもしれない」なんて考えないぞ。来年、行きます!きっと!(笑)
        | よぴち | 2013/03/30 12:15 PM |
        お疲れ様でした。一歩を踏み出せたと感じられるようになり良かったですね。
        コブクロは最近のアーチストの中では聞きます。歌詞がいい特にこの[風]はセンスの良さを感じさせますね。
        | 力道 | 2013/03/31 7:01 AM |

        ...................................................................................
        力道さん

        お忙しい中、コメントありがとうございます。
        東京は桜ももう終わってしまって、後は、新年度の忙しさだけが残ってるのでしょうか…?

        私の方は、相変わらず気持ちの浮き沈みは激しいですが、総じておだやかな日が多くなって来たかな、と思っています。
        3日が胃カメラなので、それでまた突き落とされる可能性は大ですが…。
        先のことは考えないようにして、とにかく今を楽しむようにしようと思ってます。
        | よぴち | 2013/04/01 12:26 AM |
        桜の季節ですね。わたしは咲き始めの桜が好きなので、ちょうど今が一番いいです。冬に蓄えていた力を春になって開かせる。力強さを感じます。
        いろいろ頑張っていたんですね。いつも闘っていてがんばっているよぴちさんはかっこいいよ。本当にお疲れ様でした。へたれのわたしですが、また、がんばろうって支えにしています。
        3日、いい結果が出ますように。
        | いーみん | 2013/04/02 7:31 AM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        ありがとうございます。
        闘っているなんて言われると、なんだか隠れたくなる。
        全然 頑張れてないし、他の人が毎日やっていることを、たった1日やっただけでもう、ダメになっちゃうヘタレ具合。

        検査をしてもしなくても、事実は変わらない。
        それは分かっているのです。
        ただ、見ないふりをして なんとかやってるだけに、
        それを無理矢理見せつけられるのが嫌なだけ。

        元気が出ないのは 他に原因がある気もしてる。
        なんとかします。
        暗い気持ちで過ごすのは疲れるから(笑)。
        もともとoptimumな私なのです(^o^)丿
        | よぴち | 2013/04/02 1:09 PM |
        こんにちは
        桜散る前にしっかり見ましたか
        今年こっちは早い予報出ていましたが
        寒い日も時々あってどうもそんなに早いようではありません
        桜はいろんな方が色んな歌詞と曲付けて
        うたっていますね
        今もラジオから森山直太郎さんうたっています
        どんなに苦しい時も君は笑っているからくじけそうになってもがんばれるような気がするとね

        そうそう桜はどこにもあり人生の育ちとともにいろんな思い出を受け止めて一緒に育ってきたと言えますね

        いつも私思うんですが、戦後国の政策として
        杉を植える事業あり、今では環境の悪化と合わせて花粉症しかも期待した杉の値段もタダ同然

        そこで思うんですが日本には春夏秋冬に梅雨という ご五季
        があるので、杉を伐って得に公園や里山には、落葉樹を植えるといい紅葉もキノコや山菜も楽しめます 今ラジオからは心の旅流れています 
        | カツオ | 2013/04/04 10:16 AM |

        ....................................................................................
        カツオさん

        桜を歌った曲は本当に多いですね…。
        タイトルにはなってなくても、歌詞に入っているものを考えると、すごい数になると思います。

        なるほど、落葉樹の植林ですか。
        山の手入れは、里で人々が安寧に暮らすのに欠かせないものですが、確かに、杉である必要はないのかも。お金になるのは杉だからかな、と思っていましたが、そういえば、最近は住宅も輸入材が多いですよね。
        落葉樹の方が、山の動物たちも喜んで、里を荒らしたりしないかも。彼らの棲家を先に荒らしたのは人の方なのでしょう。

        福井は桜、今が満開ですが、有名な場所の桜はどこも人と車がいっぱい。
        私は人混みがニガテなので、ついつい避けてしまい、
        でも、個人的に気に入っている場所の桜を楽しむようにしています♪

        | よぴち | 2013/04/04 12:07 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/366