◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 能古島の片想い:井上陽水 | main | September:Earth,Wind and Fire >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  川景色:松任谷由実  ○●○
    REINCARNATIONお盆を過ぎた途端に
    朝夕がほんの少しだけ 日中よりは涼しくなった気がして
    そうなると なんとなしに心のなかで 日中の暑さを「残暑」だと感じるようになりました
    最近の日本の気候では これは残暑ではなくて
    もう 定番の気温なのだろうと
    冷静になれば そう思うのですが…
    おそらく9月半ばまで 暑さは続くに違いない…

    病状に手の打ちようがない、という状況になってから
    毎日 お参りに行っています
    その時に 近道になる田んぼの中の道を行くのですが
    今日 通ったら 「藁」の匂いがしました
    これは、稲を刈り取ったからこその匂いのはず…
    見てみると、ところどころ刈り取られた田んぼがある…
    そうか、早稲種は もう刈り取られる時期なんだ…
    秋が来るんだなぁ、と思いました

    こんなふうに 自然を感じながらドライブするのが大好きです
    もちろん 実際に その中を歩いて
    土や木や 潮の匂いを嗅ぐのも好きだけれど
    今や ホントに体力がなくて…

    昔から ドライブが大好きだった私が
    これまた昔から好きだったのが
    海沿い、川沿いを走ること
    橋を渡る、その橋上からの景色も好きです
    それから 長く続く道に少し傾斜がついて
    たとえば 見通しのいい、ゆるやかな下り坂とゆるやかな上り坂が一直線になっていて、夕暮れ時、車のテールランプがほんの少しだけ目立ち始めた頃に その灯りがずっと何台分も続いているのを見るのが好き
    そんな道があるか、って、
    …あるのです、東名の、小牧付近に…
    よく通る道の中では、京都や大阪にも、一直線ではなくともカーブになっていて、長く列が見えるところがあるし
    新しくできたバイパスなどと立体的に交差しているところとか
    大阪ならモノレールと並走しているところとか…

    こんなふうに 好きな景色が
    私の頭の中のアルバムに たくさん収められています
    幾分 美化されていたり 事実と異なっていてもいい、と思ってる
    私の頭の中の、その風景でいい、って…


    最近、お参りに行ってから職場に行ったりしてるので、
    そうすると職場まで 川沿いの道、つまり堤防を走ったり
    ライブが近いので ご近所を気にせず歌えるように、と、実家に帰ると
    実家までの道のりは川沿いだったり…
    お盆に茶戌の実家に行った時は 田んぼや畑の中に出来た新しい道を抜けると
    海に広がる、川の最後の橋があって、そこを渡ると茶戌のふるさと、
    その川景色というか、漁船が停まる港町の景色が美しくて…

    田舎で育った私は、小さい頃、バスで行ける範囲で1番最寄りの街は、茶戌の故郷の街で、
    乗り物酔いがひどかった私は、いつも窓を少し開けて、窓の外の景色を見ながら乗っていて、バスがその橋に差し掛かると、途端に「港町」の風景になってくるのが大好きでした


    今日 セレクトしたのは ユーミンの「川景色」
    この曲は都会の、河川敷が整備された川の風景のように思います
    でも この曲が収められたアルバム「REINCARNATION」は
    私にとって 夏によく聴いた 夏の思い出のアルバム
    本当は このアルバムのA面の1曲目、「REINCARNATION」のラストから、2曲目の頭につながる、安藤まさひろさんのギターの音が好きで好きで、ぜひそれをお届けしたかったのですが、You Tubeを探したら、ライブ版しかなく、やっぱり、オリジナルアルバムの音源の方が好きなので、諦めて、この曲にしました

    「じっとしてね ちょっとだけ
     光と影 ゆらさずに
     恋が消えてしまったら
     この景色も消えるから

     ときめいてね ときどきは
     私のこと考えて
     恋が過ぎてしまっても 
     この川辺を走るなら」

    …景色は 時間を包含して 頭の中に残っています


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          川景色 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 松任谷由実 | 00:18 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:18 | - | - |- pookmark
        お身体 大丈夫ですか?
        今年の夏は厳しかったら
        病気にも影響したんでしょうね。
        お参りまではできなくても
        祈っています。
        東名の小牧? ん? そこの小牧か??
        書いていらっしゃる景色
        たしかにありますね。
        東名に乗ればしょっちゅう見るので
        あぁ 地元ではあたり前でも
        全国的には珍しいものが いっぱいあるんだ..
        改めて思いました。
        うんうん
        あのテールランプの眺めはたしかにいいです。
        テールランプがきれいな時刻にあの辺を通るとすれば
        それは遊んできた帰りなので
        楽しかった思い出をいっぱい積んでて
        もうじきわが家だ っていう安心感もあり
        すごくいいイメージです。
        漁村の風景も好き
        こちらは旅先でしか見られないものだけど
        なんだかなつかしい ← 前世に関係あるのか??
        ドライブしたくなってきました♪
        もちろん 運転はニガテなので 助手席で!
        助手席といえばデート ですねぇ
        ユーミンのこの歌のように
        別れても思い出す時はときめく なんて別れ方
        理想のようでもあり よけい悲しくもあり....
        | ありんこbatan | 2013/08/21 7:53 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます。
        身体の方は…病気がなくても年々 体力の衰えや更年期などの変化を感じつつ なんとか楽しんでいます。
        ありんこさんのお身体の方が心配(+_+;)
        私も、ここ数日、ひと夏の疲れが出てきた感があるので、ありんこさん、どうだろう、と、特に気になっています。
        祈ることしか出来ない私ではあるのですが…。

        別れても思い出すときはときめく、なんて
        恋って、そんな軽いものだろうか、と思いましたが
        たぶん、ユーミンは そんな軽い気持ちでこの曲を書いた、でも、今、ずいぶん年月を経て、そっか、どんなに重い出来事でも、時間が経てば、「思い出」になるんだなぁ、と実感しています。

        私にとって音楽が時間を伴っているように
        景色も 時間を伴うことがあるんだな、って
        それは時に せつなくもありますが
        その「せつなさ」も楽しんでいきたいです。
        | よぴち | 2013/08/21 12:42 PM |

        「ずっとそばに」が大好きです!
        景山民夫の遠い海から来たCooのエンディング…

        降り注ぐ8月の雨 私を
        裸足で笑わせてくれた かわりに…

        たったそれだけでずっとそばにいるよという
        夏特有のニュアンスを感じます。

        川景色は女性のコーラスがいいなあ。
        | 風√空 | 2013/08/22 11:29 PM |

        ...................................................................................
        風√空さん

        「ずっとそばに」…やさしい曲ですよね。
        遠い海から来たCoo、なんだか懐かしい、80年代。
        今、頭の中に「ずっとそばに」が流れ始めたら、なんだか泣きそうになってます。
        あの頃のユーミンのアルバムには、あの手の曲が必ず1曲は収められていたと思います。A面でいうと「Night Walker」のような。ユーミンの代表的な曲調の1つだと思う。

        アルバム「REINCARNATION」は、夏によく聴いたのでしょう、なぜか、どの曲も、照りつける太陽の光や、エアコンが効かないオンボロ車の中のイメージが伴うんです。
        そして、その時代を思うと 必ずせつなくなる。
        人生 って、「刹那」の積み重ね、なんですね…。もちろん、その刹那はどれも、つながって次の刹那を生んでいるのですが。
        そして、2度とはやって来ないのです。
        | よぴち | 2013/08/23 12:15 PM |
        静止画だった記憶が


        突然動き出したり


        曖昧な表情が


        たった一つの「匂い」を立ち上げたり



        そんな風に定まらない時間の中を旅してる


        おかしかったりかなしかったり



        | chabo景色 | 2013/08/23 7:07 PM |

        ....................................................................................
        chabo景色さん

        お返事遅くなって すみません(^_^;)

        そう、静止画が動画に、そしてそれは音や映像だけでなく、匂いも含んでる…
        その時の、その場所の匂いだけでなく、その頃 感じていた他の匂いまで…

        この旅は いつまで続くのか
        たとえば肉体がダメになった後も続くのでしょうか

        続くと信じていれば 滅びるのも怖くないのですが(>_<)
        | よぴち | 2013/08/25 1:40 PM |

        りぃんかーねいしょん、とか、う゛ぉいじゃー、とかは、
        大学のときに作業室でながれてた気がする、、、、
        のぶこ先輩か、みちよさんが、蛇ロテ(うろぼろす)してたんだと思うけど、、、。
        けど、この曲は、きおくになかったさぁ。。。
        (なんで、間奏のデンデケも、おぼえてないさぁ、、、)

        この季節の ゆうみんさんといえば、、、
        「挽夏」とか。。。 「ソーダすいのなかを、貨物船がゆく」のとか。。。
        あ、ゆうみんさんの川のうただと、「はるじおん」と「ひめじおん」が出てくるのが、良かったなぁ。。。

        (あ、荒井の時代だけで、まにあってるみたい。)
          
        | あさ・がお | 2013/08/26 7:06 PM |
        [川景色]いい曲ですよね。このアルバムの中では一番好きな曲で、季節的にもぴったりですね。
        誰にでも心が和む風景ってあると思いますが、ライブに向けて、そんな風景を楽しみながら過ごせればいいですね。頑張って下さいね。
        | 力道 | 2013/08/27 6:22 AM |

        ....................................................................................
        あさ・がおさん

        お返事遅れてスミマセン。免許更新で帰省していた娘を京都まで送ってきたバカ親よぴちです。

        「晩夏」、「ハルジョオン・ヒメジョオン」
        …大好きです! でも、私の中では もう少し後の季節かな…。

        「記憶になかった」
        うん! そんな曲をこそ、とりあげるのが このブログなのです。
        ハネッかえりです(^_^;)
        | よぴち | 2013/08/28 3:14 AM |

        ...................................................................................
        力道さん

        帰省していた娘を送って京都に行ってました。
        今回も、琵琶湖畔あたりの景色、帰りにバイパスから ほんの一瞬(ホントに、0.1秒くらい(^_^;))観える、大津の夜景、キレイでした☆

        ライブは、「出来」という観点からすれば、いつもと同じように、完璧に出来た曲は1曲もなく、それどころか、少し「慣れ」が入ってきたのか、どの曲も雑でした。
        でも、これもまた「慣れ」なのか、いつもほど落ち込まず、なんだか割り切れてる自分がいました。
        開き直り、って怖いですね、完全に「おばさん」道を突っ走っている気がします、、、。

        力道さんも、またギター弾いて歌えるだけの時間の余裕が出来るといいですね。今のご様子では難しそうですが、祈っています。
        | よぴち | 2013/08/28 3:18 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/377