◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< September:Earth,Wind and Fire | main | はじめぼくはひとりだった:友部正人 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  流れ星:南こうせつ  ○●○
    こんな静かな夜気付けば10月
    今年も あと3ヶ月になっていました
    今日 お参りに行っているところの庭で金木犀が山吹色の花をいっぱい開花させていました
    なぜか 懐かしい香り なのに いつも季節を覚えられない
    なんとなく 秋、文化祭シーズンのイメージではあっても イメージだけで、きちんと季節を認識したことがなかった…

    なかなかブログが更新出来なかった
    なんとなく 書けなかった
    理由が分からずいましたが たぶん やっぱり 胃カメラ検査が気になっていたからだと思います
    終わったら きっと 明るい記事を更新できる、それまで…って 思っていたのでしょう

    一昨日 夕方 お参りからの帰り道
    主治医から電話「予定していた10月9日は学会出張が入ってしまったので、胃カメラの日を変更してくれないか」とのこと
    主治医が胃カメラ検査に出ているのは月〜水のみ、「じゃあ、明日火曜日にお願いします」と電話を切りました

    どうせ 毎日 不安と期待でドキドキしていたので
    早く終わってしまう方がいい、そんな はやるような気持ちで迎えた火曜日

    結果は
    やっぱりダメでした
    静脈瘤の破裂リスクを示すRCサインと呼ばれる発赤点が
    前は1つだけだったのに 3つくらいに増えていました
    しかも前は RCのバックにある静脈は 所詮 毛細血管のような細いものだったのに
    新たに出来たRCのバックは太い静脈瘤…

    主治医も「こうなると さすがに、何か やらなくちゃ、という気持ちになるね」と…
    けれど 静脈瘤をつぶす手立ては死に至るリスクが高すぎるのです
    主治医も 考え込んで 言葉を選んでいる…

    前々から、悪くなっていたら 脾臓摘出をしよう、と心に決めていたので
    「脾臓摘出手術は どうでしょうか」と自分から申し出ました
    主治医は「うん、僕も そう思う、よし、よぴちさんの気持ちが確認できたから、次、1月までもう1回だけ待ってみて、それでやっぱり悪くなってるようなら、すぐに手術できるように手配をしておくよ」と…
    私は「はい、手術を受ける気持ちはバンバンです、ただ、病院は選びたいと思っています、ここでは 手術するつもりはありません」と
    もう2度と後悔は許されない、今度後悔するときは、たぶん あの世ですることになるのです
    しかも、この消化器科の主治医は、血液内科の主治医と違って、ハッキリとものが言えるタイプ
    「東京とか、出る気、ある?」
    「はい、でも、出来れば関西を希望しますが。第一希望は○○病院です」と私が名指しすると、主治医は、「分かった」と、受け止めてくれました


    1日経って
    やっぱりまだ 時々 泣けてくる私です
    でも 確実に元気は出て来ているし、昨年の秋に、打つ手がない、と言われた時に比べたら、ずいぶん強くなったと思っています
    あの時、落ちる所まで落ちたから…
    今回はもう、「落ち幅」は少ない(笑)


    脾臓摘出手術そのものは、そう難しい手術ではないと思っています
    ただ 血小板が少ない私の場合、出血量がハンパないだろうことが予想され
    そんなこともあって 大量の血液が迅速に入手しやすい(だろう)拠点病院、そして、出来れば最悪の状態の患者を扱った症例が多いところ…生体肝移植の症例がある病院を選んだのです
    効果も、少なくとも一瞬は出るはず
    それが どれだけ 長く持つかは分からないけれど…

    だから 安心して手術を受けて、頑張って回復を促せばいい
    そうしたら きっと いいことが いっぱいいっぱい待ってるはず、と
    自分に言い聞かせています


    今日は 私の中では「秋」のアルバム
    「こんな静かな夜」から…

      ♪もうひとつだけ もうひとつだけ 幸せになろうよ…

    星に願いを なんて夢物語のようですが
    願掛けをしながらでも 夢を見て 1日1日を過ごして行きたいです
    きっと 皆さまの秋も 素敵な日々で ありますように☆


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          流れ星 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 南こうせつ | 01:03 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 01:03 | - | - |- pookmark
        ♪もうひとつだけ もうひとつだけ 幸せになろうよ
        なんてステキな言葉でしょう!
        よぴちさんの前向きな気持ちが
        神さまに届くことを心から祈っています。
        自分の不調も
        先日の検査でわかりかけてきて..
        ちゃんとしたことは さらにの検査待ちですが
        最悪のことを想像していれば
        それはハズれる..
        そう思うことで不安を押し殺しています。
        手術で大出血 なんて そこまで想像していませんでしたが
        随分前(かれこれ四半世紀も前)
        かなりの腹痛で救急車騒ぎになった時
        ここは大きな血液センターから近いから
        万一の時だって大丈夫ですよ
        と言われたことを思い出しました。
        そうか
        だから 自分は 極端な田舎がニガテなんだ....
        Rhマイナス血液者の生命を守る本能なんでしょうね。
        よぴちさんに
        ステキな秋が舞い降りてきますように
        | ありんこbatan | 2013/10/03 4:54 AM |
         
        LP「こんな静かな夜」を、何故か僕も夏から何度も聴いていました。
        これ、僕らが中学生の頃でしたよね。ギター弾き初めし時代で、何度も繰り返しプレイヤーに置いてはコピーを試みた、そんな少年の頃への郷愁のような思いが、また今頃になってよみがえったのかもしれませんが。
        振り返れば、なんの心配もなかった時代のように思えてしまいます。その頃はそれなりにいろいろ悩み苦しんでいたはずですが、少なくとも「生きていく・永らえていく」ということについては、考え及ばずに済んでいた。
        いつも思うのですが、こういう話を書かれるのはエネルギーが要るだろうと思うのです。ただ書かれるだけでなく、言葉を選んでひとつの読み物として成立させるように綴るのは。それでも心を尽くして書いてくれてありがとう。ただでさえ、考えてゆくことに疲れているでしょうに。
        少し休め、と申し上げたい。なかなか頭を空にする、払拭するということは難しいはずで、何もわかっちゃいないものが横から無責任にそんなこと言うのは僭越も甚だしいのは承知ですが、疲れてらっしゃるご様子がやはり伺えますので。
        来年までは、このままか。この秋が、いい秋であればいいですね。僕も、空を見上げて星に願ってみます。
        | 凛太郎 | 2013/10/03 6:03 AM |

        ..................................................................................
        ありんこさん

        検査待ち…
        落ち着かない毎日をお過ごしでしょうね
        でも ある意味 これで スッキリした毎日へのスタートなんですよ
        原因が分かれば、そこに向けて治療が出来る、その先には また、平穏な毎日が待っています(*^_^*)
        たとえ、それが一生おつきあいしなくてはならないような病気だったとしても、それならそれで、お付き合いしていくだけのことです。
        初めての時は面食らって憂鬱だと思いますが、慣れれば、お付き合いも楽になってくると思います☆

        今日は血液内科受診で、採血だけして抜け出して、いつものお参りに行って来ましたが、今日もまた、途中で泣けて来てしまいました。
        感謝の涙、なのです。こうして、今日も好きなように生かして戴けていることが有難くて、涙が出ます。
        願わくば…
        私のたいせつなひとたちが、みんな幸せでありますように、それだけ、神様、叶えてくれないかな、って。

        たいせつな ありんこさんも、です(^_-)-☆
        | よぴち | 2013/10/03 2:01 PM |

        .....................................................................................
        凜太郎さん

        私も、なぜか1番弱いのは中学時代に聴いたもの…
        訳もなく涙が出て来てしまう。
        そして、凜太郎さんと同じことを思います。
        あの頃は良かったと思うのは、なんやかんや言っても幸せだったんだろうか、と。
        あの頃はあの頃なりに、悩みが尽きず、早く大人になって ここから抜け出したい、と思っていたのに。それは確かに覚えてるのに。
        たぶん、「この先の未来」の存在に なんの疑いも持っていなかった、それだけが、今、たどり着く結論なんです…。
        今、あの頃と何が違うか、って、「この先の未来」の存在を、あの頃ほど疑いなくは認められない…。

        次回胃カメラは1月21日なので、来年2月頃からの入院は ほぼ確定的でしょう。いや、こちらから頼んででも、手術を受けなくては、という気持ちでいます。
        それで、万事休す。それを思うと、なんだか、今から始めること全て、チカラが入らなくて、それが今の悩み。
        でも、「その先の未来」は 期間がどうであれ、絶対にあると信じているので、やっぱり、自分を奮い立たせて、種をまき、育てて行こうと思います。

        治療を画策することには、確かにもう、疲れています。
        この先は、医療スタッフに委ねたい気持ち。だからこそ、そこそこしっかりした病院を選んだつもりなのですが…。
        すべては、天にお任せです。

        いつも ありがとう。
        「その先」、落ち着いたら、大阪で、1度ご一緒しましょう、ぜひ!
        | よぴち | 2013/10/03 2:10 PM |
        そんじゃぁ

        オラも

        「その先」にしよっかな
        | 流れchabo氏 | 2013/10/03 11:58 PM |

        .....................................................................................
        流れchabo氏さん

        いや、可能なら「今」がいいですよ!
        明日、関東大震災が来たらどうする!
        福井大震災が来たら もんじゅの放射能で もうOUTですよ

        でもね
        「その先」、きっとある、まだまだある、って
        そう信じているのです
        だってカッコよすぎるじゃん、こんなふうに普通より早く逝ったら(^_^;)

        みんな幸せでいて欲しい
        私も、みんなの幸せ邪魔しないようにするから
        この世においてください、ってお願いしよう

        | よぴち | 2013/10/04 2:38 AM |
        私たちの中学生の頃の曲だったのね。中学の頃って今よりきっと感受性が豊かで大変だったはず。今もアタマの中はそんなにかわっていないけれど、老化は確実、ただしそのころよりは少しは器用になったかな。

        気持ちが揺れながらもよぴちさんはちゃんと最善の方法を考えてるので、きっといい結果が得られることと思います。前と違って相談の出来るお医者さんに出会えてるのが心強いね。

        最近涼しくて窓をあまりあけなくなったけれど、気がついたら、今は秋で虫がないてる。金沢の空はあまり星がきれいではないけれど、きっときらきら輝いているはず。
        よぴちさんの心があったかくなるものがたくさん集まってきますように。おいしい物がたくさん集まってきたりして。
        | いーみん | 2013/10/04 9:43 PM |

        ....................................................................................
        いーみんさん

        ありがとう
        今、明日からの出張の道程を確認していたところです
        帰りは、まっすぐには帰らず、京都経由なので、その辺の道程も確認
        肝心のプレゼンの中身は、ちっとも詳細再度把握をしておらず(>_<) 延ばし延ばしにして来たけど、今日はやらなくては…

        母が、私が死んだ夢を見たそう
        吉夢だと思って、喜んだけど、ネットで見てみたら、ホントに病人の場合はヤバイって(+_+)
        一気に落ちてしまった
        でも、母はそのことを私に話せないと思っていたようで、今日、手術のことを明るく伝えたら、「実は…」と、切り出して来ました
        「今の話を聞いて、きっと、いい方向へ行くんやな、と思って」と…

        神様が もし本当におられるなら、
        ずっと苦労して、今も頑張っている母をこれ以上苦しめるだろうか、
        きっと、大丈夫だと思いたいです☆
        | よぴち | 2013/10/04 9:51 PM |
        よびちさん。不安を抑えて前を向いてる。すごいなと感じます。希望はありますよ。戦う気持ちがあれば大丈夫です。おいちゃんの優しい声を癒しにして、どうか勇気を持って下さい。楽しいこと、未来を想像したがら行きましょう。応援しますよ。
        | 力道 | 2013/10/08 9:04 PM |

        ...................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます
        週末は仕事で信州・松本へ、その後、ちんのところに寄っていました

        何かで毎日を埋めておくと とりあえず 1日は充実します
        でも かなしいかな、それには身体がついて行かないのも事実、折り合いをつけながら いいところで 生きて行かなくては、と思います

        私は すごくも偉くもない、弱い人間ですよ
        恐くても、前に進まなきゃ出られない、お化け屋敷の中にいるようなもの(笑)
        本当は 不安をかき消すだけの科学的実証が欲しい、のが 私の本質なのですが、人生って神頼みなものもありますよね

        力道さんの「若き日のバンド」の行方、楽しみにしています
        私も やらないといけないことを ひとつひとつクリアしながら、元来 遊び人の血をフルに生かして、楽しんでいきたいと思ってます(^o^)丿
        | よぴち | 2013/10/10 2:30 PM |
        こんばんわ。
        そうでしたか…大変でしたね。
        胃カメラと言えば、お恥ずかしい話
        潰瘍か悪性か…ぐらいしか分かってないです。

        何か私がお手伝いできることは?
        ないでしょうね…。

        でも…生きようとする精神力って、私なんかより、
        よぴちさんのほうがスッゴクあると思います。
        だから何ていったって、道は続いていく…。

        神様はいるのだけど、
        時に必要な試練を投げかけてくるのでしょう。
        いつも「答え」は教えてくれないので、
        私達は辛くなることも沢山あるけど、
        乗り越えれば、思ってもみなかった
        ご褒美を用意していてくれるって私はいつも、
        そう信じています。

        季節の変わり目です。
        お身体を冷やさないようになさってくださいね。

        | 由津子 | 2013/10/15 11:10 PM |

        ...................................................................................
        由津子さん

        ありがとうございます
        やっぱり、由津子さんって、何かあるんじゃないかな…
        だって、今日、「由津子さん、どうしてるかな」って、由津子さんのところを覗いたところだったのです
        だから ちょっとビックリしました

        私は 神様は もし おられるのだとしたら
        いつも 私たちに お恵みしか与えない、と信じています
        だから私の体の状態も 私に何かを知らせるための
        もっと幸せになるための道を知らせるための お恵みなんだ、と…

        手術を受けることが「終わり」にはならない、と信じています
        でも、その先が どれくらいあるのか
        その先は 今と同じような毎日であるのか
        …それが分からなくて 時々不安で仕方なくなったりします

        つまりは
        今が幸せなんですね(*^_^*)
        それだけでも 果報者だと思います

        一昨日から 体調を崩して
        昨夜はとうとう 何も食べられませんでした
        そのせいか 今日は少し肌寒く感じて 暖房をつけてしまった(+_+)
        暖かくして 過ごしますね

        由津子さんも おだやかな毎日を過ごせますように☆
        | よぴち | 2013/10/15 11:22 PM |



        トラックバック機能は終了しました。