◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 時刻表:中島みゆき | main | Maybe Tomorrow:REBECCA >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  思い込み:小椋佳(再掲)  ○●○
    夢追い人先週末に引き続き、今週も、太平洋側で大雪が降っているよう…
    福井も2月の立春あたりから、ずっと最高気温が5度以下、最低気温が氷点下になることも多い毎日ですが、太平洋側で大雪が降っている時は、あまり降らない、という現象が続いています
    茶戌や ちんの 出勤や登校の心配をしなくて済むようになってからは 以前ほど 雪の心配もなくなりました

    出かける心配をしなくて済むなら
    そして
    「大雪」…まあ、雪国に生まれ育った私の感覚では、ひと晩で50cm以上も降るようなことがなければ
    雪の降る夜は 静かで とても好きな時間でもあります

    最近 久しぶりにまた 小椋佳さんや塚原将さんの詩集をひっぱり出してきて
    夜 眠りへの誘いに読んでいます
    中学時代へ還る…

    記憶が定かではないのですが昨年11月の下旬くらいから 口内炎が出来て
    舌の、主に左側が ただれて痛みます
    (それでも食い気は止まらず(>_<) 一向に痩せません!)
    病気になってからは よくあることだったので 最初は気にせずにいたのですが
    年が明けてからも治らず むしろ酷くなることもあるくらいで
    いい加減、「ちょっとヤバイかな」と不安になってきました
    前の受診の時にも 血液内科主治医にチラッと話しましたが
    当然のように流されて
    でも 次の受診の時には もう少し食い下がってみようと思います
    本当は 言いだしたくはない
    もし 何か大袈裟な治療が必要だったら この平穏な日常を失うことになる
    母が思うように 私だって
    このまま そーっと 今日と同じ明日を迎え続けて行きたいのです


    考え始めると 最終的に行きつく先は 不安ばかり
    でも そうやって ひとりで考えていても 何も解決はしない
    だから
    日頃は 考えないように、考えないように、
    今、やるべきこと、やりたいこと、に集中するように、と思っています


    そんな中、小椋さんや塚原さんの「言葉」は
    本当に よく吟味されていて
    ものすごく 私好みで
    しかも 1番還りたいと思う時間に 私を連れて行ってくれる
    雪降る夜には 本当は 中村雅俊さんが歌った「時」のB面だった「慣れてしまった もの思い」という曲をお届けしたいのです
    でも YouTube探しても みつからなかった
    いずれ 気持ちに余裕のある時に 私がアップしようかな、と思います

    中学の冬、というと
    やっぱり3年生の今頃を 1番思い出します
    受験の頃…
    小学校の時から ずっと片想いだったH君は 私と同じ「学校群」を受けると聞いていました
    けれど H君は ほんの少し 危なかった
    安全圏内に入ることが出来ないまま 受験を迎えました
    当時 福井では普通科には「学校群制度」という、F高とK高2校一括で募集して、合格者を勝手に2校に振り分ける、という制度が施行されていました
    が、K高には理数科もあって、そこは若干、ボーダーが低かった
    なのでH君は 安全牌の理数科を受験することになったのです
    私は、合格発表の日まで、ひたすら祈りました
    まずは合格すること、そしてそれと同じくらい「K高になりますように」と…

    結果、同じK高になり、卒業式の前の日に、初めて手紙をもらって、
    4月からは、何かいいことありそうな、そんな幸せな毎日だったのを思い出します
    結局、何もなかったんですけどね(笑)
    片想い、実ったことがない私ですから(^_^;)

    還りたい2月は「ドキドキ」と、受験の年は豪雪で、毎日雪深く、静かだった、
    …そんな 今思えば おだやかな日々でした


    暖かくなれば
    きっと いいことある
    ちょっと面倒に思うことも とにかく1日1日歩いて行けば…

    今日は再掲、「思い込み」

     ♪ 疲れたという気がしてるのは
      汚れたはずの手のひらに
          オモチャが残っているからなんでしょう


    …今、手のひらに残っていたオモチャで
    もう1度 楽しむことが出来ていることに 感謝します(*^_^*)



    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                            思い込み→ 
      

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 小椋佳 | 22:09 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:09 | - | - |- pookmark
        先週の雪が日陰に残っている中 またも雪
        雪が降っている時は静か という印象なのに
        今回は
        屋根から滑り落ちる雪の ドサッ! が頻繁で
        その度に 窓の外を見ていました。
        学校群 なつかしいです。
        自分で行きたい学校を選べないなんて 何なんだ と思いました。
        わが子たちの時は 制度が少し変わっていて
        本人の志望校を尊重してくれるようにはなっていましたが
        組み合わせはこれしかないのか.. いい入試制度だとはとても思えませんでした。
        Hくん お手紙をくれたのに 何もなかったの?
        え〜っ .. どんなお手紙だったのかなぁ 
        中3の時の2月は 私立校の受験期
        高3の時の2月は とにかくバタバタ
        大人への階段を登りながらも
        多くのオモチャは手にしたままだった気がします。
        その後 自分には扱えないと思うオモチャは手ばなし
        残ったオモチャも隠しがち ですが
        これからは それで堂々と遊びながら
        楽しい時間を過ごしていきたいです。
        よぴちさんも
        どうぞ 好きなことで 何度でも青春してくださいね (^−^*
        | ありんこbatan | 2014/02/15 4:01 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます
        H君の手紙…、なんてことない、「春からも同じ高校に通えますね」的な内容だったと思うのですが、「追伸 僕にD君のような勇気があったら!」と あったのです
        田舎の中学で、数少ない「お付き合いカップル」にD君がいたのですが、なんとなく、私はそれで舞い上がってしまったんですね

        でも、同じ高校に通い始めて、4月のH君のお誕生日に、勇気を振り絞って下駄箱の中にプレゼントを入れておいたのに、それに関するアクションは何もないまま、5月の私の誕生日にも何もなく…
        あの日、私の中で「やっぱり何もなかったんだ、もう自分の気持ちを終わりにしなくては」と思ったのですよ

        今はもう 懐かしい思い出です

        私は本当は「自分には扱えないオモチャ」で遊んでいるのかもしれません
        迷いながらの毎日ですが
        とにかく その時の自分の思いを信じて
        1日1日 歩いて行きたいと思います

        そちらは大雪、足元にお気をつけて、暖かくしてお過ごしくださいね
        | よぴち | 2014/02/15 1:08 PM |
        「六本木」

        「赤坂」

        放課後遊び放題と思って受けた

        都立1学区12群


        もう一個

        「青物横丁」

        ってのがあることすら

        眼中になかったのに・・・・


        事ほど左様に自分が

        人生のおもちゃである事に気づいた

        15の春でしたなぁ




        | おもちゃのchachachabo | 2014/02/15 9:43 PM |

        ...................................................................................
        おもちゃのchachachaboさん

        いいなー
        私も、そっちに生まれてたら、そこ受験してそう(^o^)丿

        ただ…
        所詮「15歳」なんだよね…、まだまだ世間を知らないの

        でも「知らない」ことって、悪いことばかりじゃない、っていうか「知る」不幸もあるよね

        そっか、私も人生のオモチャ…?
        そう考えて「遊ばれて」行くのがいいのかもね…
        | よぴち | 2014/02/16 3:53 PM |


        よぴちの思い出って、
        くらもちふさこセンセのマンガの主人公みたいな、、、
        男子校の生徒はね、
        この手のきらきらした思い出って、
        まんが本の中のふぃくしょんだと、思ってたんだけど、、、
        ♪ おしゃべり階段 の・ぼるー
             よぴちまだ、シンデ・レッ・ラサー ♪

        ひとこと、つっこみ。。。
        「だってさぁ、
          片想い、実ったことがない私ですから(^_^;)」
        片思いって、実った瞬間に、遡って、
        「二人のなれそめ」って、なまえに訂正されるんだよー。。。
        | あさ・がお | 2014/02/16 7:50 PM |

        .....................................................................................
        あさ・がおさん

        いや〜☆
        くらもちセンセのマンガの主人公みたいだったら幸せですよ(^_^;)

        もう 今は、12時を過ぎて 馬車がカボチャになり、どこをどう着飾ろうにも 贅肉が邪魔をするようになって久しいですが(>_<)

        ただ…
        ガラスの靴は置き忘れて来てるかも…
        だあれも 拾ってくれないので
        自分で 探しに行っている最中です(笑)
        | よぴち | 2014/02/16 9:25 PM |
        よぴちさん、本当に雪降らないね。山梨の雪がそこまで大変な災害になっているのは今日の朝のニュースをみて初めてしりました。

        片思いはいっぱいしたけど、なんてかわいい思い出なんでしょ。そんな思い出はないなあ。一歩を踏み出せず。でも初恋自体が遅いから。

        春は近づいてるよね。変化の季節でもあるけれど、気持ちが明るくなっていく季節でもあります。変化がいいことであるように、いいことになるようにしたいとおもいます。

        人生のおもちゃってなんでしょ。自分がおもちゃとも取れるし、自分の夢ともとれる。おもちゃを大事にして生きていきたいな。
        | いーみん | 2014/02/19 7:47 PM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        お返事遅くなって ごめんなさい
        今日は 受診でした
        昨夜は やっぱり どこか迷いがあって
        お返事の言葉が降りてこなかった…

        結果は また ゆっくり ご報告させていただきますね

        春は 着実に近づいているはず
        日が長くなった、と感じているもの…(^^)

        そっか、「純粋」な いーみんさんには、おもちゃ、って、そういう意味なのね
        なんか開眼した感じ☆

        遊ばれながら 遊びながら
        でも 出来たら まわりのひとの幸せに役立ちながら
        生きていけたらいいな、と思います
        | よぴち | 2014/02/20 6:44 PM |
        ハラハラドキドキでしたね。片想いはそんな感じ。僕も大雪だった日に恩師の送別会で片想いだった人に再会しました。互いに老けたけど感覚は30年前のまま。やはり、今も好きなんですよ。ちょっとしたドキドキ体験でしたよ。昔に戻りたいですな、叶わないですね。現実に、戻り頑張って行きましょう!
        | 力道 | 2014/02/23 2:34 PM |

        ...................................................................................
        力道さん

        好きなのは、「その人」なのか、「その人のことが好きだった頃の時間」なのか、はたまた「その人のことが好きだった頃の自分」なのか…
        今はもう、分からないほど齢をとってしまっているわけですが、そんなことは分からなくても、ただ、その「緊張感」みたいなものを楽しむのはいい時間ですよね!
        間違いなく、今の「日常」にはないことですもんね

        現実の歩みを止めることは出来ないけれど
        ほんの少し、そんな時間を持つと
        それで 前に歩く元気のようなものをもらえたりする気がしています

        麗子さん…
        一緒に お幸せを祈らせていただきますね(*^_^*)

        | よぴち | 2014/02/23 4:01 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/388