◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 空と海の輝きに向けて:荒井由実 | main | 雨が空から降れば:小室等 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  時は過ぎて:ザ・ディラン供  ●○
    時は過ぎて7月に入って、早や、半月が過ぎてしまいました
    奇数が好きな私は、1年の中では「7月」という響きが1番好きで、気候的にも7月くらいが「爽やかさを残した夏」という感じで好きでした

    だけど、過去形になってしまう…
    最近は気候が変わって来ているから…
    それでも今朝、花の水やりに出た時、大好きな、「爽やかな夏の朝の匂い」がして うれしくなりました
    ラジオ体操の時の匂い…

    舌の白板症の手術は、7月31日に決まりました
    私にとって時の流れは、速くあって欲しいか、遅くあって欲しいか、常に自分の我儘で変動するのですが、今もそうで、
    7月31日、もっと言うと術後の痛い日々が速く終わって欲しい気持ちと、やっぱり手術は嫌で、その日を迎えたくない気持ちと
    …いずれにせよ どこか手放しで気が晴れることのない毎日です


    そんな中、13~14日と連休がとれたから、と、突然 ちんが帰って来ました
    と言っても13日は友達と朝まで、という、いつものことで、帰って来たのは14日の朝でしたが…(+_+)
    「独身の女の子が…」と、それを良しとしている親の私が 世間様から叱られそうですが
    これまでに、すべて教えてきたつもり、後は彼女を信じるしかないです

    偶然にも茶戌は、14日、眼科受診のために有休をとっていたので
    午前中で眼科受診を終えて、昼から「居酒屋よぴち」が開店しました
    楽しい時間でした
    夜にはサンダーバードで大阪に戻らないといけない、だから今回は ちんと2人きりで じっくり話す時間はありませんでした
    でも、何の話だったか忘れたけれど、話をするために、私が横になった布団のところに ちんが一緒に寝そべってきた、その短い時間が、とても温かかった

    いろいろ 美味しいものなどを持たせたいのに、突然だったので何もない
    僅かに買い物してきた物を保冷バッグに入れて持たせました


    大学時代はバイトもあったせいか、ほとんど帰って来ることなんてなかった彼女なのに
    高校時代の友だちなども、就職で福井に戻って来ていることもあるのか、
    こうして ちょこちょこ帰って来るようになりました
    本当に こころやすまる友達は まだ向こうでは見つかっていないのか
    …それも含めて
    やっぱり 少し弱っているのかな…
    故郷が 家が チカラの素になってくれるといいのですが…


    今日 チョイスした曲は 古い ザ・ディラン兇龍
    この曲を好きだという人が多いということは つまり
    やっぱり誰もが「孤独感」を感じたことがあるから…
    もちろん 私も…


    手術も その後の行方も
    白血病の抗ガン剤が効かなくなる日も
    …怖いけれど だから 時間が止まって欲しいような気もするけれど

    手術が終わって 傷が癒えたら
    きっと「早いね 時が過ぎるのは  みんな昨日みたい」って言えると思って
    ゆらゆらと 流れて行きたいと思います


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                           時は過ぎて → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | ザ・ディラン | 22:37 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:37 | - | - |- pookmark
        ご家族と楽しい時間が過ごせてよかったですね (^−^*
        手術の日を待つ間は
        お気持ちも揺れることと思います。
        時の流れが 速くあって欲しいのか 遅くあって欲しいのか..
        殆どナニゴトもなく終わる筈で 術後の方が楽になるとわかっている手術でなければ
        いろいろな場合を想像してしまうことでしょう。
        結果が 思う以上によかった ! 手術大成功! と報告してくださることを
        心から祈っています。
        私の方は..
        娘の 命が助かった子どもに 視力障害があることがわかり
        盲学校に通わせることを考えての新居計画が進んでいます。
        ゆくゆくは自分ひとりで通うのに不便でない所
        家の中はバリアフリーにすること..
        そこに 「何かあったら お母さんを頼っていい?」 が付け加わって
        ウチの近所に住むこととなりました。
        視力障害は 決して幸せなことではありませんが
        自分にもできることがありそう!
        体調が悪くて くすんでいたのに
        どこからかエネルギーが湧いてきていることを感じています。
        | ありんこbatan | 2014/07/18 4:39 AM |
         
        ラジオ体操の時の匂いってわかりますね。あれは、夏休みの匂い。なんの心配もせず過ごしていた頑是無い時代の追憶。もう遥か遠いむかしのことなのに、みんな昨日のよう。早いね時の過ぎるのは。( ̄△ ̄;)
        時の流れのスピードは創世記から同じはずなのに、どうしてこう僕達は勘違いしてしまうのかと思います。ゆるやかなったり早くなったり遅くなれよと願ったり短くあれと思ったり。
        楽しい時間が持てて、よかったですね。そのやわらかな空気感が伝わってくるようです。こんな時はもっと長く続けばいいのに。手術は…とにかく痛い時間は加速度を増してくれるようにと祈っとります!(ワシが祈っても別に加速せんが)
        | 凛太郎 | 2014/07/18 6:33 AM |

        ...................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます
        お孫ちゃま…、そういうことになりましたか
        ほんの少し ホッとしたのは、ありんこさんも娘ちゃまも、すでに前を向いておられること…
        他の大多数を「普通」と考える私たちにとって イレギュラーなことではありますから、受け入れるには時間が必要だったことでしょう
        でも、たぶん、お孫ちゃまには前しか見えていない、それも、「大多数」の子供たちと同じ、楽しそうな、ワクワクする時間しか…(*^_^*)
        「用意、スタート」の、「用意」の時はドキドキしてる、でも、走り出したら疾走するだけ、そしたらゴールが待ってる

        ありんこさんも、まだまだ くたばってなんかいられなくなりましたね
        生きる目的のようなものを また 神様が授けて下さったような気がします
        エラそうに言ってますが、これみんな、書きながら自分に言ってるのですが(^_^;)

        新しい生活が おだやかに滑り出しますように☆
        | よぴち | 2014/07/18 7:04 AM |

        ....................................................................................
        凜太郎さん

        ありがとう
        「夏の朝の匂い」…分かってくれてうれしかった
        昨日は、ホントに「カブトムシ」が出て来そうな匂いだったんですよ
        加えて、ラジオ体操の場合、帰ったら扇風機の回った台所で、キュウリとナスのお漬物の匂いがしてるのです(^_^;)

        響きが好き、という話で、私、「紫野」という響きも好きなんです
        じゃあ、人の名前で「しの」が好きか、というと そうとも限らなくて、土地の名前だからいい
        それも、山手に向かう、あの辺りだからいいのです
        他県の私には本当には分かり得ないけれど、自由な校風の優秀校だったと聞いています
        いいなぁ…♪

        こうして、他人のことは すぐに羨ましがり
        時間の速さには 速いだの遅いだの
        …我儘に生きてくうちに
        すべて「昨日みたい」に 過去になって行くのは事実

        暑い暑い夏がやってきます
        49歳、バテないように祈ります(^^)
        | よぴち | 2014/07/18 7:13 AM |

        ♪「早いね 時が過ぎるのは  みんな昨日みたい」

        本当にそう思うよ
        毎日が辛かったり楽しかったり
        そんな長い一日が終わってみると
        このとおりな日々が流れています

        この月末に 手術ですか
        もう何度目になるのでしょう
        術後のよぴち噺しを楽しみに待ってます

        このジャケ見て
        私の目元と心にキラリと光るものが・・・・
        そしてメロディーが・・・・
        言葉一つ一つに乗って出てきちゃいます
        今手元にギターがあったら・・・・



        | key-san | 2014/07/19 7:16 AM |

        ...................................................................................
        key-san

        ありがとうございます
        今まで何度も静脈瘤の手術を受けて来ましたが、
        内視鏡手術で かつ鎮静剤で眠ってる間で
        痛くなかったんですよね…(^_^;)
        ビビリの私は、今回はまず、痛みがもうイヤ、って思ってます
        「もう」というのは、この3ヶ月の入院中、治療がホントにつらく思えたのと、そもそも入院するきっかけになったのは、お腹と胸の痛みで、それは入院してからも1ヶ月以上続いたのです
        なんかもう、いろんなこんなで我儘が出ちゃうんですね(+_+)
        もっと大変な状況なのに、耐え続けている人も おられるのに…

        きーさん、あのギターは、やっぱりダメになってしまいましたか?
        ハードケースに大切に仕舞われていたけれど…
        知り合いのギターリペアマンが、津波被害で泥まみれになったギターをリペアしているのを見て、「きーさんの あのギターは大丈夫だったろうか」と思っていました

        イチゴを食べるたび、きーさんを思い出しています
        私の中では時間はもう、ずいぶん前から止まっていて、みんな昨日みたいなのに、
        暦も、周囲も、どんどん変わって行って
        気持ちと現実がチグハグのまま歩いています

        頑張ってきますね!
        | よぴち | 2014/07/19 8:09 AM |
        ちんさん。戻られたのですね。一瞬であっても、安らぎにはなったと思いますよ。手術無事に終わり、痛みも続かないといいですね。祈ってます。
        このアルバムはライブなんですが好きです。彼らの曲は名曲が多いですね。西岡さんが抜けた後ですが、持ち味は出てまよね。
        | 力道 | 2014/07/21 9:14 AM |

        ....................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます<m(__)m>
        そういえば、力道さんもディラン供△好きでしたね
        恭蔵さんは腰を悪くして、わりと早く抜けてしまった(決してメンバーでなくなったわけではないみたいですが、事実上、レコーディングなどに参加出来なかったようです)その世界は やっぱり大塚さんと恭蔵さんから生まれたものだと思っています

        舌の痛みは、しばらくは仕方なんでしょうね(>_<)
        とにかく、頑張ってやり過ごします
        いよいよ梅雨明けの声、力道さんも都会の暑い暑い夏を、お元気でお過ごしくださいね!
        | よぴち | 2014/07/21 10:47 PM |
        ちんちゃんが帰ってきていたんですね。うれしいですね。茶戌さんも帰ってきたからみんなそろって「居酒屋よぴち」。行ってみたい。よぴちさんはお料理作るの得意ですね。なんどかぷかでいただきました。
        もう28日になりました。31日ですか。あっという間ですよ。終わったら8月ですね。そのころはさすがに梅雨明けしてる。夏はいい季節ですが、体力を消耗するので大事にしてくださいね。手術の傷が早く癒えますように。
        | いーみん | 2014/07/23 6:40 AM |
        28日って書いてますね。23日の間違えですよ〜。わかってると思いますが。
        | いーみん | 2014/07/23 6:58 AM |

        ...................................................................................
        いーみんさん

        ありがとうございます(^^)
        最近、ただでさえ日付の感覚がなくなってる私、加えて今週は月曜日が祝日だったので、昨日も「あ、今日はもう火曜日か」って なんだかショックだったので、一瞬、「えっ? 実はもう、3日しかないの?」ってドキドキしてしまいました(^_^;)

        もう、とにかく流れていくしかないのに、まだ憂鬱で仕方ない(+_+)
        なんとか「よし、ゴールまで突っ走るぞ!」って、気持ちを落ち着かせなくては、と思っています

        私は手抜き料理は大好きだけど、上手ではない
        ぷかでは 無理矢理お付き合いさせて、ごめんね(^_^;)
        でもまた、懲りずに お付き合いくださいね
        夏が逝く頃には「差し入れしようか」、という、周囲には甚だ迷惑な「気持ちの余裕」が出来てるといいな♪
        | よぴち | 2014/07/23 7:19 AM |
        ちんちゃんの突然の帰省^^嬉しいですね!
        薬の副作用で辛い身体に、必死で耐えながら育てた大切な娘ちゃんだから、そばに居るだけで温かい気持ちになれるのはとても良くわかります。
        私自身も、身体のあちこちの痛みに心が震える夜も、隣で寝ているだんごを眺めてホッとした気持ちになれるんです^^

        30日の手術、痛みが少なくその後もホッと過ごせます様に☆
        そしてまたよぴちさんの好きな夏の匂いに包まれて、穏やかな日を過ごせます様に☆
        願っています!
        | ふろらん | 2014/07/26 2:53 PM |

        .....................................................................................
        ふろらんさん

        ありがとうございます(;_;)
        ちんを授かった時は、仕事が思いきり出来なくなることを憂いて、まずは 手放しでは喜べなかった私なのです
        ところが それを察したかのように、妊娠第5週から切迫流産で、最初は医師から「この子はもう死んでいます、明日、掻把します」と言われ、しみじみ、自分を反省し、その上で「この子が死んでいるとは思えません、もう1度、よく検査してください」と頼んで、今の ちんがいます

        この地球上だけでも、人間を含め、とんでもない数の生き物がいて、自分の一生では とても全てには会えない
        出会った人のすべては、ものすごい確率を乗り越えた、「縁」があった人だとしか思えません

        ふろらんさんも、私にとって、そんな たいせつなひと
        おだやかな日々を送れますように、こころから願っています
        手術…イヤで仕方ないですが、順調にいくことを祈るばかりです
        そうすれば、時間が解決してくれるはずだから、今回の入院の時もそうして越えた様に、なんとかやり過ごせるはず、と信じています(^o^)丿
        | よぴち | 2014/07/26 4:02 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/395