◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 時は過ぎて:ザ・ディラン | main | とまどいトワイライト:豊島たづみ >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  雨が空から降れば:小室等  ○●○
    六文銭ファースト夏祭りシーズン、そして、夏祭りと言えば「花火」
    福井でも、あちこちで大なり小なりの花火大会が実施されています
    もともと、人混みも、暑すぎるところも寒すぎるところも好きでない私は、花火は好きでも花火大会に行くことは あまりなかった
    ちんが小学生くらいまでの間は、ちんに見せてやりたくて行きましたが…
    今年、久しぶりに車の中から偶然に見た花火が、とてもキレイで、「花火もいいもんだなぁ」と思いました


    とうとう明日は入院、明後日は手術
    血液の状態が悪い私の場合、手術の経過が順調であるかどうか、そして何より、手術したところで、また再発するんじゃないか、
    …いろんな不安が いっぱいあるけれど、もう、流れていくしかない…


    病気のことばかり書くのも なんだかなぁ、という思いもあります
    日々、感じていること、小さいことだけれど たくさんあるし
    この手術が終われば、もう少し落ち着いた記事も書けるんだろうか…

    落ち着いていた白血病が悪くなるまで、私の1番の憂い事だった、「破裂予防処置が出来ない食道静脈瘤」については、状況は何も良くなってはいませんが、今は、あきらめがついています
    破裂する時が来るのかもしれないけれど、その時、出来る限りの対処をするしかない
    命を落とす可能性は限りなく高いけれど、仕方ない
    本当に心の底から あきらめがついているのかどうかは分かりません
    ただ今は、白血病の行方の方が身近に不安過ぎて、そこまで気持ちが回らないだけなのかもしれません


    それでも、今はとにかく、先の不安要素は出来るだけ考えないようにして、
    「今」を楽しむことに集中したいと思っています


    今日、チョイスした曲は、懐かしい六文銭の曲
    初めて知ったのは、中学1年の時でしたが あの頃は当然、歌詞に実感はなく、ただの情景描写のように捉えていた気がします
    今は、あの頃から少しだけ 生きた時間を積み上げた
    そうしたら 雨の日と晴れの日の実感が ちょっとは分かってきました
    生きていく中には、雨の日も晴れの日もあるけれど、
    たぶん、雨の日は圧倒的に少ないんだろうと思う
    ただ、雨の日の方が「雨だ」と意識しやすいだけで…
    そのほかの、たくさんの「晴れの日」を、もっと意識して行けば、
    生きていくのって、きっと、そう悪くないはず…


    今は、ちょっとだけ雨が降っているのかもしれません
    でも、「しょうがない」
    この曲は、また晴れる日が来ることを知っているからこそ、「しょうがない」と言っているのだ、と思いたいです


    順調に行けば2週間ほどで退院できるということなので
    ほんのちょっとだけ、行って来ます!
    今度は無菌室に軟禁、ではないので、まだ不完全な足腰が、また逆戻りしないように、落ち着いたらリハビリしながら過ごそう、と思っています


    梅雨明けの声が あちこちで…
    異常なまでの暑さ、そして異常なまでの雨、
    どうぞ、皆さま、おだやかに過ごせますように…



    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                        雨が空から降れば → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 小室等 | 00:05 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:05 | - | - |- pookmark
        こんばんは。
        梅雨が開けたようで…
        雨が空から降れば…何となく良いなあ(*^_^*)

        ほんのちょっとだけ…行ってらっしゃい。
        帰りを待っています。
        | 風√空 | 2014/07/30 2:22 AM |
        ♪しょうがない 雨の日はしょうがない ..
        なつかしいです。
        しょうがない..
        若い頃は
        ちっ! しょうがないなぁ あきらめるか というニュアンスでとらえていましたが
        歳をとって
        これも運命.. 受け入れて 人生のプラスになる日を信じよう
        そう思えるようになりました。
        病気のつらさが人生のプラスになるなんて
        まだまだ実感したことがない甘ちゃんですが
        人生に「無駄」はない
        これだけは
        コジツケであろうと かたく信じて生きていきたいです。
        二週間で退院できることを心から祈っています!
        日常復帰したら
        遠慮しないで 病気のことを書いてください。
        同じ病気の方 同じ病気の家族をお持ちの方は
        病気解説のサイトと同じように
        またはそれ以上に
        実際に闘病されている方の声が欲しいのではないかと思うので (^−^*
        | ありんこbatan | 2014/07/30 4:01 AM |
         
        少年の頃は、このうたはそんなに好きじゃなかった。どうも陳腐に聴こえて。本当にいいと思うようになったのは、不惑を過ぎてからのような気がします。
        雨はね…面倒くさい。濡れるから傘ささなくちゃいけない。手も塞がるし荷物になる。そうやって考えたら、雨が嫌いなのではなくて傘が嫌いなのだということに気付きました。
        沖縄へ旅をして何度目かに、彼の地では雨でも傘を差さずに歩いている人が多いことが目に留まりました。そうか。濡れるのを厭わなければ、それでもいいわけだ。
        以来、雨に対してはさほどマイナス感情がなくなり(笑)。
        雨には「洗い流してくれる」という効用もあります。別役実さんにも少しはそんな気持ちがあったのかもしれません。
        沖縄風に「濡れてもすぐ乾くよ」と言えばあまりにも無責任ですが、流れてゆくしかないのなら、楽天的になるのもひとつの手ではあります。では、行ってらっしゃい。ヾ(^-^)
        | 凛太郎 | 2014/07/30 5:46 AM |

        ...................................................................................
        風√空さん

        ありがとうございます(*^_^*)
        はい、すぐに帰る予定!
        ただ、帰って来てからも、しばらく痛みは残るかも。。。

        なんだか今、小さいキャパが更に小さくなっているみたいで、もう、痛い・つらいはイヤだ、という気持ち
        これを越えたら、しばらくは おだやかに過ごせるはず…と信じて、やり過ごしますね(^o^)丿 
        | よぴち | 2014/07/30 7:37 AM |

        ...................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます(T_T)
        2週間で退院出来る!きっと!
        そう信じています
        人生にムダはないですよね
        その時 回り道になったり待機を余儀なくされたとしても…

        私も 白血病を発症してから20年生きた、という重みを、今回の治療で 本当に実感しました
        ありがたい、ということもありますが、もっと具体的に、今回の入院時の落ち着きは、間違いなく その重みがもたらしてくれたものでした
        単に齢をとっただけなのかもしれませんが(^_^;)

        余裕があったら 病院でスマホからでも更新しますね!
        ありんこさんも、娘ちゃま家のお世話で大変だと思いますが、猛暑をしのぎながら、無理のないようにお過ごしください(*^_^*)
        | よぴち | 2014/07/30 7:44 AM |

        ....................................................................................
        凜太郎さん

        ありがとうございます(T_T)
        凜太郎さんの、サッカーに関するアツいコメントのお返事をいただいて、ありがたくて もう少し言葉を足そうと思いながら、うまくまとまらずに今日になってしまいました(>_<)

        そうなんです、子供の頃から、日曜日の朝、雨が降っているのを家の中で感じたりするのは なんだか好きだったのです
        そうだ、傘がめんどくさいんですね
        ここ数年の間に、急激に変わってきた私、これまでの自分の価値観や感じ方を変えることで、自分を楽にしよう(これまでも楽な人生だったんですが(笑))と努めて来ました

        濡れたっていいんだ、という思いも その類ですね

        いろんなことを なるだけ楽しみに
        少なくとも 世に言う「雨の日」だとは捉えないようにしながら お気楽に生きて行こう、それが出来る ご時世、自分の環境に感謝しつつ、と思います(^^♪
        | よぴち | 2014/07/30 7:52 AM |
        少しお兄さんのオラは

        高校の文化祭でこの曲演ったなぁ

        トイピアノの係だったけど


        雨粒が波紋を描く水面の

        上下がひっくり返る歌だと思ったな


        だもの

        何時でも何でも運命でさえ

        ひっくり返るもんだもんさ


        行ってらっしゃ〜〜〜い
        | 飴が空から降ればchabo | 2014/07/30 10:57 PM |



        今のシーズン
        日本全国夏祭り真っ最中って感じですね
        早く秋にならないかと思うのは私だけかな
        ああ暑い

        福井の花火も石巻の花火も同じなんだろうな
        今日はこちらも石巻川開き祭りでドーンと大輪が咲いていました

        福井と言ったら永平寺 東尋坊 越前松島
        隣の県まで足伸ばして
        グルッと回って岐阜は白川郷
        金沢兼六園もいいんじゃないかなと夢見てます

        今日が手術ですよね
        今頃はすやすやとでしょうか
        それとも・・・・かな
        術後の経過良好を祈ってます

        この歌私も大好きです
        ♪しょうがない雨の日はしょうがない





        | key-san | 2014/08/01 11:49 PM |
        もう落ち着いた頃でしょうか。今日は福井はお祭りですね。病室からも外のざわめきが聞こえるかな。お祭りの騒がしさは結構好きです。金沢も今日は花火。
        繰り返すフレーズが耳に残ります。いい歌ですね。雨の日がずっと続くわけがない。そういう日もあるさって。
        傷がよくなったらまたお会いしましょうね。
        | いーみん | 2014/08/02 8:11 AM |
        ほんのちょっとだと考えて下さいね。絶対にいいこともありますから。気を楽に持って下さいね。では退院待ってますよ!
        | 力道 | 2014/08/02 7:28 PM |
        .............................................................................................................
        飴が空から降ればchaboさん

        ありがとうございます(^^)
        ひっくり返ること、何回もあったよね、そういえば…
        塞翁が馬、なんて言葉もあるね

        飴が降ればで思い出したけど、昔、蛇口からジュースが出たらいいなあ、なんて思ってました
        あるんですね、愛媛かどこかに!
        バケツプリンも現実になったし
        あと 私の希望は シベリア鉄道を途中下車して キャビアを もうイヤ、というほど食べることかなぁ(^_^;)

        元気です( ^o^)ノ
        | よぴち | 2014/08/04 9:34 AM |

        .................................................................................................................
        key-san

        ありがとうございます(;_;)
        手術は7月31日木曜日でしたが、その翌日、福井市は花火大会でした
        病室からも見えました
        今年は何故か、こんなふうに偶然 花火を見る縁があるみたいです

        私も夢を見てますよ
        女川の海、松島、緑と川のある仙台の街、登米の蓮、ほや…
        お隣 福島の伊佐須美神社
        ギターは2本持って行くのです
        良さん、まさじさん、練習しておかなくちゃ( ^o^)ノ
        | よぴち | 2014/08/04 9:49 AM |

        ................................................................................................
        いーみんさん

        ありがとうございます(^^)
        病室から 花火は見えたし、さすがに花火の音は聞こえたけれど
        お祭りの賑やかしさは病室までは届いてこなかった(^_^;)
        静かで、身体を休めるには本当にいいところです

        この頃の六文銭の曲はバンジョーの音なども聞こえて、ルーツは やはり アメリカのカントリーミュージックなのかなぁと思います
        去年、ちんのところに行ったときにラジオから流れた高石ともやさんが とてもよくて、ジョン・デンバーのカヴァーなどもよくて
        カントリーは あんまり好きではなかったのですが ゆっくり聞いてみようかと思ってます(^^)
        | よぴち | 2014/08/04 10:02 AM |

        ................................................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます!
        前回の入院が3ヶ月もあって しかも軟禁だったことを思えば、今回は 短いし部屋からも出れるし、どってことない…はずなんですよね(^_^;)
        傷は痛いけど、少しずつでも 良くなってる実感があります
        十分なことなのに、つい せっかちになってしまって
        時間の経過が遅く感じられてしまうのですが(>_<)

        これさえ越えたら いいことばっかりのはず!
        頑張りますね( ^o^)ノ
        | よぴち | 2014/08/04 10:10 AM |
        -----------------------------------------------------------

        よぴちさん、お身体の具合はどうですか?
        手術は無事に終えられ、傷の痛みは引いてきているでしょうか..
        色々と考える時間もあると思いますが、出来るだけ心と身体を休めて下さいね。
        台風も過ぎまた暑い夏に逆戻りですが、退院されたら福井のあの奇麗な海を眺めて、また1つ大仕事を終えられたご自身を労ってあげて下さいね☆^^
        よぴちさんの傷の早い回復を願っています☆

        | ふろらん | 2014/08/11 2:57 PM |

        ................................................................................................................
        ふろらんさん

        ありがとうございます
        おかげさまで 明日 退院になりました
        手術創は 順調に回復していると思いますが
        ちょうど入院する頃に 茶戌が風邪をひいていたのですが
        私も、術後2日目くらいから、風邪症状が酷くなってきて
        朝夕の抗生剤の点滴に、風邪の症状を抑える薬を飲みながら、あまりリハビリもせずに 休めているのに、
        なかなか 治らず、未だ 鼻声、咳は出るわ、当然、はなをかむと 出血するしで大変です(>_<)
        なんて タチの悪い夏風邪なんでしょうか…
        ふだん、「超」がつくほど健康な茶戌も、まだ咳をしています

        でも、風邪は 家でも療養出来る! よって 明日、退院です
        いつものことながら 退院前は 不安
        普通に ちゃんと やっていけるかどうか、とか
        再発しないか、とか

        …今、考えても仕方ないこと、
        とにかく、楽しみながら、1日1日、積み重ねていきたいと思います( ^o^)ノ
        ふろらんさんも、大阪の暑さに負けないでね!


        | よぴち | 2014/08/11 9:56 PM |

        仕事場の昼休み、
        空は晴天だけど、まわりが静かなのは、、、。

        あ、世間さまはお盆休みのせいか。。。

        雨が空から降らなくても、孤独かん?
          ・・・いや、疎外感?

        「NHKみんなのうた」にはいってた歌ですよね。。
        小室等、小椋佳、ちょっとむずかしい曲が多い頃。

        あ、「こどものうた」じゃなくって「みんなのうた」かぁ。。。

        「傘がない」とか、雨の日は「しょうがない」とか、
        70年代の雨って、「閉塞感」もしょってるみたい。。。
        おおやんふぃふぃ なら、ぶっとばす んだけど。。。



        | あさ・がお | 2014/08/15 12:52 PM |

        ....................................................................................
        あさ・がおさん

        ありがとうございます(^^)
        お仕事ですか…お疲れ様です

        そう、この曲では「雨」はやり過ごさなくてはならないもの、っぽく扱われてる気がします
        実際、生きてく中には、やり過ごさなくちゃならないこと、あるもんね…

        でも、「雨」が演出してくれたり、洗い流してくれたりするものもある(^^)

        私も今回、そんな雨だった気がしています♪
        | よぴち | 2014/08/15 2:19 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/396