◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< とまどいトワイライト:豊島たづみ | main | White Rhythm and Blues:Linda Ronstadt >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ダスティン・ホフマンになれなかったよ:大塚博堂  ○●○
    ダスティン・ホフマンになれなかったよ今日の福井は晴れ
    それでも、もう風にも空にも「夏」が見当たらず
    代わりに「秋」ばかり感じるようになりました
    暑いのは大変、だから喜ぶべきことなんだろうけど、どうしてか、四季の中でも特に夏だけが、毎年、逝く時に なんだか淋しい気がしてしまう…
    もう、50年近く、逝く夏を送ってきたはずなのに
    いつまでたっても慣れて行かない…
    この分では もう一生、慣れないままかも…(^_^;)

    今日は血液内科と歯科口腔外科の受診日でした
    退院後は2週間ごと、あっという間に次の受診日が来てしまいます
    前回の受診日は、あんまり「恐怖感」がなかったのに
    今回は なんとなく昨日から「もしかすると…」という、漠然とした不安がありました
    それでも、行けばきっと、そんな不安は払しょくされる、そう思って受診しました

    血液内科の方は順調で、「もうしばらくしたら、受診頻度を下げてもいいね、少しずつ間隔をあけていけるんじゃないかな」というような話をしました
    今、私の白血病の状態は、「細胞学的」を越えて、分子生物学的に寛解状態です
    この状態を継続していければ…
    そのためには、グリベックが効き続けなければならない
    …万一、グリベックが効かなくなっても、今は第2世代、第3世代の分子標的薬が承認されているので、きっと、どれか効いてくれると信じたい
    そして、なんとか寿命まで、肝臓がもってくれれば…
    静脈瘤が破裂せずに いてくれれば…
    願い事が多すぎるかな?(T_T)


    舌の手術痕は、先日、朝、トイレで、「口の中に何か小さな異物があるな」と思って、ペッと出してみたら、舌の内部の方を縫っていた糸でした
    一部、表面に出て来ていて、違和感があるし、そこに食べ物の片がたまったりするので、なんなら抜糸してもらおう、と思っていたところだったので、ちょうど良かった
    傷の回復も順調、とされましたが、1つ…
    手術で切除した部分の病理検査の結果が、「上皮内ガン」と呼ばれるものだった、と…
    あの時は、「手術してもしなくても かまわない、8割はガンにならないのなら、と、手術しない人も結構いる」とのことでしたが
    結果として、あの時点で手術しておいて良かったね、と…
    上皮内ガンなら、転移はあり得ないし、切除すれば再発の可能性もかなり低い
    一般的なガン保険では、保険金支払いの対象にならないこともあるそうで…

    だけど やっぱりショックでした
    「やっぱり私、また当たりくじを引いちゃったんだ…」って…
    それでなくとも、白血病の影響なのか、抗ガン剤の副作用なのか、何が原因かはわからないけれど、やっぱり舌や口の中がヒリヒリする感じとか、違和感は相変わらずあって、
    「また再発するんじゃないかなぁ…」という不安が いつもいつも こころから離れずにいるのを、自分が1番良く知っているから…

    でも、今回の手術後、放射線治療もないし、抗ガン剤を使うこともないんだから、
    切除した今は、「0」の状態、普通の人と同じ状態なんだ、と自分に言い聞かせた…



    さて
    こんなことがなければ、今日は「たとえば、愛」を順調に観ていますよ、という話のはずでした(^^)
    泣ける話でもなんでもないのですが、このドラマも、観ていると所々で泣けてしまう
    ストーリーに、ではなく
    BGMや、背景の建物や、部屋の様子や小物たち、そして、うまく言えませんが、登場人物の「思考」を通じて感じる、あの時代の文化のようなもの、
    …そういうものに、どうにも泣けてくるのです
    もう何度も繰り返してきた疑問ですが、私、還りたいと思っているのかなぁ、あの時代に…
    ここまで生きてくるのって、結構に大変だったので、もう、繰り返したくない気持ちはあるのですが、いつまでも、「あの時」に留まっていられるなら、と思ってしまうのでしょう

    そして、私にとって、大原麗子さんは、ずっと、「キレイなお姉さま」だった
    「大人の女」だった
    前略おふくろ様の、八千草薫さんも、そう
    …けれど、今の私は、あの当時の彼女たちの年齢を越えていて、
    その私が今、ドラマの中の大原麗子さん(九条冬子)、八千草薫さん(料亭川波の女将)を観ると、本当に、かわいくて仕方ないのです
    あの頃は「キレイさ」や、「落ち着いた雰囲気」を感じて憧れていましたが
    今は、キレイさだけでなく、あまりのかわいさに憧れてしまう
    尤も それは、もう、50に手が届いている今の私には、今更 どう足掻いても手に入らないもので、その意味でも憧れるのかもしれませんが(^_^;)

    「たとえば、愛」の物語は、冬子と高井(津川雅彦さん)の披露宴に、冬子の前夫の六助(原田芳雄さん)が招待される、それも、冬子が知らない間に高井が進めていた話で、冬子は前夜になって初めて、そのことを知る、というところから始まります
    その夜の夢で、冬子は教会で式を挙げている時に、六助がやってきて、自分をさらって、2人で逃げる夢を見る…BGMはもちろん、”Sound of Silence”…

    結局、六助はカメラ係として写真を撮り、2人を祝って披露宴は終わるのですが
    私の頭の中では、「まるで、大塚博堂さんの歌の歌詞だ」という思いでした


    朝のニガテな冬子が2層式の洗濯機を回している姿に、「あどけない君のしぐさ」も浮かぶのですが、残念ながら こちらは、原曲がYou Tubeには見当たらず、今日は このブログでは再掲になりますが、「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」をお届けします
    博堂さんの曲では、正直、「青春は最後のおとぎ話」や、「もう鳥でも子供でもないんだから」などが好きなのですが、そちらは なかなかブログに書く機会がなく、一方で この曲は再掲…
    やはり、ヒットした曲は、採り上げやすいポピュラーさを持っているのでしょうか


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                  ダスティン・ホフマンになれなかったよ → 

    JUGEMテーマ:がん全般
    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代

    0
      | 大塚博堂 | 16:42 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 16:42 | - | - |- pookmark
        街にガラス張りの建物が増えだした頃

        「卒業」ごっこをして遊んでました

        突然「ぎゃび〜〜〜〜っ!」って叫びながら

        ガラスを叩いて中の人を驚かす てへ



        大原麗子さんは撮影現場で2度見たなぁ

        ちっちゃくて可愛い人だったなぁ



        「分子生物学的に寛解」って

        めちゃくちゃカッコ良くね?
        | たとえばchabo | 2014/09/02 11:47 PM |

        ...................................................................................
        たとえばchaboさん

        ありがとうございます(^o^)丿
        そう! ガラスを叩くんですよ、あの原田芳雄さんが!
        なんだか カッコいいんだなあ…
        ちなみにchaboさんも、「卒業ごっこ」でダスティン・ホフマン、演ったわけ?(笑)

        「分子生物学的に寛解」って、カッコいいよね〜♪
        しかも、すっごい幸せなことなんですよ
        ずっと ずーっと、この言葉が私に当てはまっているといいな…(^^)
        そして、舌はもう、再発しないで欲しい!
        | よぴち | 2014/09/03 12:10 AM |
        よぴちさんが日々不安を抱えていらっしゃることを思うと
        自分は なんてノーテンキに生きていられるのだろう と ハッとします。
        私は くじ運が悪く 懸賞とかでも殆ど当選者になったことがないのですが
        それが 「引き当てたくないくじ」についても 同じだったんですね。
        感謝するとともに
        自分の代わりに引いてくれた人のことを思わなくてはいけないな と感じています。
        昔のドラマは
        そうですね..
        あの頃は お姉さま 大人の女性 だったのに
        今観ると
        自分より年下! そして.. カワイイ 
        カワイイ と思う人が増えるにつれ
        自分が歳とったことを思わずにいられませんが
        イマドキの若いもんは と 愚痴るよりいいとしましょう (^−^*
        気候が不安定な季節の変わり目
        やりたいことも たくさん おありでしょうが
        無理をしないでお過ごしくださいね。
        | ありんこbatan | 2014/09/03 3:41 AM |

        ....................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます(^^)
        私も、日頃は くじ運がいいわけでもないんですけどね…(+_+)
        でも、ホント、最近実感するのは「最悪のくじ」を引いても、昔ほど たじろがないなあ、ということ
        「やっぱりな」というあきらめに似た気持ちがあるんだと思います
        だから、昔ほど、なんとかして状況を打開せねば、と躍起にならない、よって、ちょっと苦しい気持ちになっても、とりあえず どこかへ気持ちを逃がすことを こまめに繰り返して行くことが出来るようになりました(^^♪
        運命って、自分では どうにも出来ないことがありますよね
        ならば、ホントに物理的に苦しくなるまでは、自分から精神的に苦しむのはやめよう、そうすれば、人生全体の中では、苦しむ時間は随分減るわけです…
        まあ、理屈で分かっていても、出来ないこともありますが(^_^;)

        私、イマドキの若いもんはエライなあ、と思うことが多いんですよ
        自分の若い頃は、もっと どうしようもなかったから(笑)
        だけど、自分に出来なかったからと言って、「若いもん」にも やれなくてもいいよと許していると、「若いもん」が私と同等の人間になってしまう
        だから、自分勝手と思われても、こうすべき、と思うことは とりあえず「若いもん」にも提示して行かないといけないんだろうな、と思っています

        季節の変わり目はいつも、ちょっと風邪気味のような状態が続きます(>_<)
        ただでさえ、抗ガン剤の副作用の手足の痺れもまだあるし、長いこと病室で「ボソボソ喋り」を繰り返していたせいか、ちょっと人と話し込むと喉がおかしくなる
        引き受けてしまったライブで歌えるのかどうか、不安だけど、受けてしまった以上は責任もってやるしかないし…
        ありんこさんは どうですか?
        ご自愛くださいね(*^_^*)
        | よぴち | 2014/09/03 8:00 AM |
         
        博堂さんはいいですねやっぱり。いい声だ。前にどっかで書いたかもしれませんが、僕にとっての歌声四天王は小椋佳、さとう宗幸、村下孝蔵と博堂さんです。「もう鳥でも子供でもないんだから」は好きだなー。
        僕なんかはノー天気ですから「結果としてあの時点で手術しておいて良かった」ということで、もう当たりくじであったような気がしてしまうわけです。痛い思いをしたんですから、その手術がまた命を引き伸ばした、とつい思ってしまう。
        よぴちさんの心境を考えれば、あまりにも阿呆な考え方で申し訳ないのですが。でも、放置したときのことを考えれば、良かったとやっぱり思ってしまいます。
        だいたい人はダスティンホフマンにはなれません。もちろん僕もそうで、どちらかと言えば「サルビアの花」の人になってしまいそうな気がします。カッコよく生まれれば人生変わるんだろうな。しかし僕はダスティンホフマンにはなれませんが、ダスティンホフマンだってワシにはなれんでしょう(笑)。え、誰もなりたくないって?
        | 凛太郎 | 2014/09/03 9:20 PM |
        .....................................................................................
        凜太郎さん

        ありがとうございます(^^)

        結果オーライ、ですよね
        子供の頃とか、若い頃って、プロセスも大事だったのかもしれないけど、もう、この齢になると結果オーライでいいんだと思います(オーライ、の場合だけ、ね(^_^;) あまり良くない結果でも、なんやかんやとオーライにしてしまえばいい、成長の種になんてならなくても)
        ホントは、今回の白血病の治療があんまり辛かったので、もう、手術はイヤで仕方なかったのです
        でも、怯えながら抱えているのもイヤだし、どうせ手術するなら、この勢いでやってしまおう、という、美味しい部分を後にとっておいて、先にイヤなことをやってしまう心境で、続けて手術をしたんですよね
        結果として、それでよかった
        半年遅れたら、異形成の細胞群は、膜を破って深いところに浸潤して行ってしまったかもしれない…
        そうなったら、もっと広範囲に切除、発音にも嚥下にも影響が出たと思います

        私も、博堂さん、久しぶりに聴きました
        何の曲でもそうなのですが、昔の曲、イントロや間奏もすべて覚えていて、日頃、何度も頭の中で反芻しているものでも、実際に音源を聞くと、途端にワーッと込み上げてくるものがあるのは何なのでしょうね(^_^;)
        | よぴち | 2014/09/03 10:28 PM |
        また当たりだ。などと考えない方がいいですよ。発見出来たくらいに思わないと、やりきれないですからね。この大塚博道という方も早逝されましたが、いい声でこの曲は好きでした。昨日、チューリップの安部俊幸さんの訃報。皆さん。若すぎる。好きだったバンドがもうオリジナルで見れない。この喪失感の大きさにショックを受けている昨今です。
        | 力道 | 2014/09/11 6:37 AM |
        ........................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます(^^)
        そうですよね、いい意味での「当たり」だったと思わなきゃ…
        昨年から気になっていながら、受診する勇気がなかったのを、入院によって、「どうせだから全部解決して退院しよう」と思えたのですから…
        安部さん、私も昨夜、ネットニュースで訃報を知りました
        再結成の際に、今はインドにおられる、と聞いて「なんで!?」と思っていたのですが、日本におられたら、もしかすると一命を取り留めていたんじゃないか、などと未練がましいことを考えてしまいます
        「博多っ子純情」が、チューリップの曲の中でも好きな曲だったので、ホントに残念(T_T)
        ちょっと前まで、訃報を聞いても、せいぜいお名前を存じ上げてるだけの方が多かったのに、今は、「えっ?あの人が?」という、自分にも多大な影響を及ぼした方が多くなりました
        僅かですが、友人にも、訃報やガンのカミングアウトが増えて来て、人生が、これまでとは違うステージになってきたのを実感せずにはいられない この頃です
        | よぴち | 2014/09/11 7:51 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/398