◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< White Rhythm and Blues:Linda Ronstadt | main | 幸せそうな人たち:加川良 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  せんこう花火:よしだたくろう  ○●○
    元気です。今日の福井は秋晴れの爽やかな1日
    ご近所が 皆、布団を干していました
    私も布団が干したくて仕方ない
    でも、今の私はまだ、1階で寝ていて、布団を干すには布団を2階のベランダまで持って上がらないといけない
    …残念ながら それはまだ、出来そうになく
    いいお天気の日は それだけで うれしくなるけれど、恨めしくもなる今日です

    体調は 今だ安定せず
    1日1日 よかったり悪かったり
    どういうふうに過ごすと良くて、どんなことをすると悪くなるのか、そのペースをつかむには、もう少し時間がかかりそうです
    ここ数年間は 胃カメラの時以外、受診日に緊張することもなかったのに
    今は 胃カメラは勿論のこと、血液内科の日も、そして もしかすると1番恐れているのは歯科口腔外科の受診かもしれません
    忘れよう、気にしても仕方ない、
    …何度もそう言い聞かせているのに、ちょっとした痛みにも敏感に反応して、再発が怖くなってしまう


    TVを観ない私が、好きだった数少ない番組、「僕らの音楽」が終了になりました
    正確には、あの番組が好きだったのではなく、あの番組のオープニングの、武部聡志さんの曲と、そのバックに流れる夜景が好きだったのです
    金曜日の夜、ということも手伝ってか、あの曲と共に あの夜景をみると、なんだか理由もなく くつろいだり、しみじみと嬉しくなってくるのでした

    何事にも、終わりがあるのは分かってはいるけれど
    その瞬間は やはり淋しい
    もちろん、経験から、また新しい始まりがあることも分かっているし
    その淋しさは 忘れて行けるものだということも分かっているのに

    今日は福井でも、病気療養中の奥さまと、介護していたご主人の、ご高齢のご夫婦の無理心中と思われる遺体が発見されたとのニュース
    チョコチョコと聞かれる、こんなニュースに胸が痛みます
    もし、このご主人が生きておられた場合には どれくらいの罪になるのでしょう
    話は少しずれますが、家族に対する殺人について、確か日本の法律では、子が親を殺すのが1番罪が重いことになっていたように思います
    でも、いつも私が歯がゆくなるのは、親が子を殺した場合の方が罪が重いんじゃないか、ということ
    もちろん、子がいい大人になって、親も年老いてくれば、力関係は逆転すると思いますが、例えば幼い子供を親が殺してしまった場合は、子が親を殺すより、絶対に罪を重くすべきだ、と、私は思ってしまうのです
    線引きは難しい、出生する前の子を、その将来を思って、の場合もあるだろうし
    …それでも この辛い世で 自分が生きていくかどうかを自分で決めることが出来るようになるまで
    親であっても その命を摘む権利はないように思えて…
    まして、虐待によって死に至らしめるなんてもってのほか、と思ってしまいます


    先週の日曜日にライブをさせて戴いたお店は 周囲が木々や草花に囲まれた長閑なお店で
    満員だったので 外のウッドデッキ席で出番待ちをしていたら
    ヒグラシが木にとまって鳴いていました
    羽を震わせて鳴く様子をじっと見ていた
    もうあと数日の命なんだろうな、なんのために鳴いているのだろう、と
    やはり「秋の始まり」というよりは「夏の終わり」を感じてしまいました
    人も 他の生き物や植物なども 
    終わることなくめぐって行くはずの季節にさえも
    「命」のようなものを感じてしまっているから
    ひとつの節目でいつも ほんの少し 「終わり」を思って立ち止まってしまうのでしょうね…


    今日 お届けする曲は 拓郎さんの曲
    理由もなく なぜか わき起こる淋しい気持ちって
    線香花火に どこか 似ているところがある気がします
    去年の秋だったか冬だったか、ひとりで「ぷかぷか」に行ったら お客様は他に誰もいなくて
    お店には申し訳ないけれど 私はこんな時間が大好きで
    アンプにつなぐこともなく カウンターでギターを弾きながら
    「今日は拓郎を歌おう」って、拓郎の楽譜集を持って来て 次々に歌ったのを思い出す
    あれから1年近くになるんだなあ…

    なんとなく今夜は「せんこう花火」」の気分です


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                      せんこう花火→ 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 吉田拓郎 | 00:48 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:48 | - | - |- pookmark
        線香花火.。.*゚.。.*゚ もう何年もしてないです。
        自分が子どもの頃は 友だちとやり
        子育て期は 子どもたちと夏の夜のお決まりのように..
        今度は 孫っ子とやりたいな (^−^*
        体調が安定しないと 気持ちも晴れませんね。
        考えも悪い方にいってしまいがち
        よぴちさんなら
        そんな時こそ
        ギターや歌です。
        好きな曲を思いきり楽しんでください♪
        私は 機能性胃腸症の薬が効いているのか ここんとこ落ち着いていますが
        同居の母親が
        特に持病もないのですが
        生まれつきの虚弱体質と高齢のため いい日悪い日の繰り返しで
        笑顔がめっきり少なくなった気がします。
        「なんで生きていなくちゃいけないんだろう」
        そんな言葉を聞くたびに
        ふっと 介護生活の果てに親を殺した という人の苦悩を思います。
        けれど
        子どもを殺してしまった親に対しては
        もっと方法があったでしょう! と 詰め寄りたくなってしまう..
        手っ取り早いのは施設に預けることで
        子どもにとっては幸せなことではないかもしれないけれど
        少なくとも命は助かる
        泣きやまなくて.. 言うことを聞かなくて..
        それで息の根を止めたくなるほどであるなら
        子どもを泣きっぱなしにしておいてでも
        誰かに どこかに SOSの連絡をしてほしいです。
        | ありんこbatan | 2014/09/20 3:27 AM |
         
        子が親を…といういわゆる「尊属殺規定」は、ある事件をきっかけに見直され、僕らが学生の頃にはもう適用されなくなっていたんです。ですが、量刑過重は違憲でも条文そのものには違憲判決が出ず、その後の刑法全面改正でなし崩しに条文が消えました。
        こういう形で消えるのは、ちょっと残念でしたね。立法府における論議が巻き起こっての削除、ではなかったので。
        よぴちさんのおっしゃるとおり、何でも「線引きは難しい」と僕も思います。子→親であるとか親→子であるとかの形では量れないものがあります。それぞれの事情、それぞれの思いがあり、人が人を裁くのということには誠に計り知れない難しさがある。報道は全て一面しか提示しませんし、野次馬的に知りたいとこっちも思いません。
        ああ関係ない話を書いてしまった(汗)。本当は拓郎とヒグラシと線香花火の話を書くべきでした。
        「僕らの音楽」という番組はよく知らないのですが、Web上で動画を探したりすると、その番組がソースだったということが度々あって、一度見ようと思っていたら終わったとは(涙)。
        | 凛太郎 | 2014/09/20 5:52 AM |
        ........................................................................................
        ありんこさん

        おはようございます(^^)
        子供、といっても自分で生きる力を持たない幼い子供と、年老いた親にとっての成人した子とで、また違うと思うのですが…
        かつての日本の道徳観からすると、親は絶対的に尊敬すべきものであり、その「親御様」を手にかけるとは…、という感覚だったのでしょう
        そういう意味では私は「現代っ子」かもしれません
        親は絶対的に子供より「上」の存在でないといけない、だからこそ、自分より「下」の存在である子供を常に守らなくてはいけない、という思いがあってしまうのです
        もちろん「甘やかす」ということではなくて…

        だけど、親も人間だから、全然、完全なんかじゃない
        だから、親が親として完全でいられなくなった時に、SOSを発信することがしやすい世の中になって欲しいな、と思います

        ところで、お母様…
        最近、佐賀の施設などで取り組みが始まった「噛む」トレーニング、ガムを噛むのを、毎日10分くらいから始めて、延ばしていけたら延ばすだけなのですが、いろいろと効果が報告されているようです
        もし、お母様の歯が大丈夫なら、1度試されてはいかがでしょう
        | よぴち | 2014/09/20 9:50 AM |
        ........................................................................................
        凜太郎さん

        ありがとうございます(^^) 専門家、凜太郎さんのご意見・文章の是正をお待ちしてました!
        そうなんですか、一応、もう、この考え方は廃止になったんですね…
        それでも、確かに、「議論が巻き起こる」空気のなかでのことではなかった、のは残念ですね

        法律って、いわゆる線引き、クライテリアを決めていくことなんだと思いますが、人間社会の混沌に追いついて行けるはずもなく…
        ただ、私は感情論的に、常に「弱いものの味方」であって欲しいと思うだけなのです
        親子の場合も、場面場面で どちらが強者でどちらが弱者か分かれると思いますが、いつだって法は弱者の味方であってほしい…

        尊厳死や、脳死を死とみなすか、ということのように、こと、命に関して線を引くのは本当に難しい
        いっそ、自然界の他の生物のように、何もかも為すがままに、という方がいいのか、とさえ思ってしまいます

        「僕らの音楽」、内容は良かったり悪かったり
        NHKの「SONGS」と同じようなものですが、対談で構成されていたので、思いがけないコラボに出会うことがありました
        観ないうちに終わる…、そんなことばっかりですよ、私も(^_^;)
        「家政婦のミタ」もそうでしたが、今回も「昼顔」は観ないままになると思います
        最初、タイトルだけ聞いた時は、カトリーヌ・ドヌーヴかと思いましたよ、もう、私の頭の中、苔が生えていそうです(^_^;)
        | よぴち | 2014/09/20 9:51 AM |
        あの間抜けな花火こそ

        オラの夏の終わりだっ!


        一人の「弱者」に寄り添うために

        99人の「強者」の存在を肯定すること


        それがへびはなびの秋への扉
        | へびはなびchabo | 2014/09/22 7:24 PM |

        .........................................................................................
        へびはなびchaboさん

        へび花火…
        甥っ子・姪っ子に、今でも見せてる私です(^_^;)
        売ってるんですよね、今でも

        …で、「間抜け」なのは 線香花火なのか、へび花火なのか…?
        あっ、今、思い出したけど、へび花火と同じく、キレイな火花が出ないものに、「煙幕」というのもあったな…
        煙幕、へび花火は、私の中では「夏の終わり」ではないかな(^_^;)
        | よぴち | 2014/09/22 10:42 PM |
        退院され、体調的に不安を抱えていると日々が憂鬱になりますよね。でも確実に時は過ぎて行きます。焦っても仕方ないですし、今は休養期間で次へのステップだと考えてはどうでしょう。好きな曲を聞くのもいいのでは?身体と相談しながら、過ごして下さい。
        | 力道 | 2014/09/24 5:13 AM |


        “今日の福井は秋晴れの爽やかな1日”
        夏が終わって今時の季節は爽やかな秋なんですね。。

        来月になるとまた秋が深まり朝夕はめっきりと
        肌寒くなってくるのでしょうね。。
        でも、そうでもないのかな?


        このアルバムは「元気です」でしたよね。。
        いい曲が目白押しなアルバムです!!
        「今はまだ人生を語らず」というアルバムもありましたね
        “体調は 今だ安定せず” から連想してしまいました(^_^;)

        秋と言ったら・・・食欲の秋・・・秋祭り・・
        そう 夢のおまつりも もうすぐですね・・・!!


        | key-san | 2014/09/24 8:23 PM |

        .........................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます(;_;)
        自分でも情けないですね、このビビリ様は(+_+)
        でも、これまでも どうにか そこそこ楽しく生きて来させてもらって、その途中の気持ちの浮き沈みは すべて過去のものになりました
        「今」も、そうなんだ、これも過去になる、と思って やり過ごそうと思います!

        | よぴち | 2014/09/24 8:27 PM |

        .........................................................................................
        key-san

        夢のおまつり…もうすぐですね!
        私は その前の10月7日が、さまざまな検査なので、
        まずは それを越えることに気持ちが向いてしまってますが…(T_T)
        でも、きっと、クリアして、いい気分で「おまつり」に参加できると思っています!
        「元気です」は、数ある拓郎さんの「代表作」の中でも、「ローリング30」などと並んで名盤中の名盤ですね
        私の中では、静かな秋の夜にも、拓郎さんは似合うのです
        | よぴち | 2014/09/24 8:31 PM |
        よぴちさんへ
        はじめてコメントします。
        拓郎さんの「せんこう花火」。
        私も、言葉にできないくらい、大好きです。
        先日、よぴちさんのビデオを、勝手に紹介してしまいました。
        今さらですが、非礼をお詫び致します。
        願わくば、お許し下さいませ。
        そうそう、蛇足ですが、中島みゆきでいちばん好きな曲は、「シーサイド・コーポラス」です。
        どことなく、「せんこう花火」と似たフィーリングがあるような気がしています。
        | ごめ助 | 2014/09/25 10:21 PM |

        .......................................................................................
        ごめ助さん

        はじめまして…そして、ご訪問・YouTubeリンク、ありがとうございます(^^)
        昔は、みゆきさんのアルバムは、発売されたらすぐ聴いていましたが、シーサイド・コーポラスは、私がそれをしなくなってからの曲ですあ(ちなみに、「臨月」までが、発売後すぐに聴いていたアルバムです(^_^;))
        少し洗練された、80年代を感じさせますね

        ごめ助さんのブログにもお邪魔させていただきましたが、更新がすごい!
        偉いなあ、と、ひたすら感心してしまいました(^_^;)
        また、お邪魔させていただきますね
        ありがとうございます

        | よぴち | 2014/09/26 1:06 AM |
        先日は思いがけず出会うことが出来てうれしかったです。
        ぐっちさんもうれしそうだった。会えるのが一番ですもの。

        わたしは、なんだか、よぴちさんのライブをみて、ほっとしてしまっていました。あーずいぶんよくなったんだって。でもよぴちさんは戦い続けてるんですよね。

        この歌は初めて聞きました。ほんとに何も知らないよね。

        中島みゆき、また歌ってね。茶戌さんの唄も素敵ですが、よぴち節もなかなかですよ。
        | いーみん | 2014/10/01 9:14 PM |

        ........................................................................................
        いーみんさん

        私も嬉しかったです(^^♪
        あの日は、D45マスターが来られてなければ、金沢へ行くことはなかったと思う
        マスターに感謝です

        ぐっちさんと演らせて戴いた「FENCEの向こうのアメリカ」、「プリズナー」は、茶戌と私が、きちんとステージで演奏する初めての曲でした
        ぷかぷかの青い文化祭でのことです
        数年経った今、いきなり演っても、結構バッチリあってる感じがして、とても気持ち良かった♪
        ぐっちさんにも感謝です

        誰もが闘っているといえば、闘っている…
        私も その中の1人に過ぎないし、むしろ楽をさせてもらっているのに、その事実を見逃さないようにしたいと思っています(^^)
        次に いーみんさんとご一緒出来た時には、何の曲を演ろうかな(^^♪
        | よぴち | 2014/10/01 9:57 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/400