◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 幸せそうな人たち:加川良 | main | A Hazy Shade Of Winter(冬の散歩道):Simon&Garfunkel >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  夜の散歩をしないかね(再掲):RCサクセション  ○●○
    シングルマン朝晩はめっきり冷え込んで来ました
    そして もう、2014年が2ヶ月を切ってる…
    ホントに、何度も繰り返していますが、今年は今日まで、あっという間でした
    毎年、誰でも、そう感じるものだと思いますが、今年は特に、入院から半年くらいが、消えてしまったカンジなのです
    のべ3ヶ月半も入院していたのに、覚えてることは僅かしかないような気がするし(>_<)

    退院した時、季節は梅雨の時期でした
    あんまり雨のない梅雨だったのか、雨降りの記憶もないのですが
    とにかく、久しぶりに帰って来た我が家は、まるで「人が棲んでいない家」という感じで、家の周りの僅かな敷地は雑草が伸び放題、玄関の石段のところにさえ雑草が生えていたのです
    家の目隠しに植えてある植込みの根元も、ツルムラサキやアイビーが伸び放題(>_<)
    何より、この家に引っ越してから間もなく買った、ゴールドクレストが、今や私の身長以上の大木になって、クリスマスには、ちんや、通学で家の前を通る子供たちが喜んでくれるように、飾り付けをしたりして、我が家のシンボルでしたが、
    その、ゴールドクレストが、見事に枯れてしまっていたのです…

    舌の手術も終え、足腰が回復してくるのを待って、天気も体調も比較的良い日に、少しずつ、草をとり、除草剤を蒔き、伸びすぎた草木の剪定をして来ました
    でも、ゴールドクレストだけは、枯れてはいるものの、木の幹はしっかりとしていて、私の力ではとても折ってゴミ袋に納めることは出来ませんでした
    10月終わりに、ようやく、茶戌が腰を上げてくれて、ゴールドクレストの姿は無くなりました
    何か、取り返せない大切なものを失ってしまったような 空虚感があるのを否めなかった


    そして昨年、このブログでもお騒がせした、シロアリ騒動で、結局、シロアリはいませんでしたが(単に床板が弱って来ているだけでした)、古い家ではあるので、一応、シロアリ防除処置をしてもらったのです
    最近は、どこの業者さんでも、処置後5年間は保証と言って、年に1度、床下点検に来る、今年も その時期がやって来ました
    昨年、処置をしてもらった時、「来年の点検の時、私はこの人に会えるかなあ」と思いながら約束したのを思い出しながら、点検をしてもらいました
    今年も当然、シロアリはいませんでした
    そして、「去年は、お風呂場の下の木が濡れていたのに、今年は床下全て、からからに乾いていてビックリしました!」って…
    よかった、昨年、お風呂場の水道口の栓を補強してもらって、水漏れしていたのを止めたのが、功を奏したようでした(^^)
    だけど、床板の弱っている個所は何か所も…
    業者の方も、「これはもう、仕方ないですね、長い間にはどうしても こうなります」と…


    また、9月10月は気候もいいし、連休も多かったせいか、県外からの来客が相次ぎました
    毎週、最低でも おひとりと お会いしていたように思います
    その中に、私が歌の永遠の相方だと思っているY恵もいました
    Y恵は、京都の、私の大学時代の先輩のところに嫁ぎましたが、ようやく双子の息子さんも成人し、ご主人である先輩は今、ベトナム単身赴任中で、珍しく1人で1泊だけですが里帰りしてきたのです
    駅まで迎えに行って、2人で これまた幼馴染のあけみがやっているホルモン屋へギターを持って行きました
    お店は珍しく暇で、結局私たちだけの貸切状態
    Y恵は、溜まっていたあれこれを たくさん話してくれましたが
    ご主人である先輩は、今や、その会社のベトナム支社のCEOになられたとのこと、Y恵の口から語られる、周囲の人たちというのは皆、お金持ちや、少なくとも私や、あけみとは違う世界に住んでいるような人ばかり…
    「せっかくギター持ってきたし、歌おうか」ということで、歌っても、昔、私よりむしろY恵が好きだと言っていた曲でさえ、「これ、どんな曲やったっけ?」って…
    そして、ご主人がCEOである以上、まだしばらくはベトナムから帰っては来れず、Y恵もいずれは、向こうで暮らさないといけない、とのこと…
    今以上に 会えなくなる…
    いつまでも あの時代に思いが留まっている、ヒマな人間は私だけなのです
    おかしいのは 私
    だけど どうしようもない、私は こんなふうでしか いられないし
    何か 淋しい気持ちで 彼女を実家に送り、帰途に就きました


    当たり前ですが、人も 家も、変わって行く
    焦っちゃいけない、と思いながらも、私のこころだけが、流れていくことも出来ず、取り残されて行っているような、焦りのような淋しさのような気持ちに さいなまれることがあります
    もちろんこれは、毎日忙しくされてる方から見たら、とてもとても贅沢な、むしろ苛立つような話なのです
    だけど
    私も 忙しくても大変でもいいから その「群れ」の中にいたいと思うことがある…
    病気になってからも、出来る範囲で足掻いてきましたが
    今回の再発で まだ、私の中で研究の再開の目途が立っていません
    ありがたいことに、周囲は私のペースに合わせて下さっています


    今日、お届けする曲は、再掲になりますが、昔から大好きな、清志郎さんのラブソング
    秋の月はキレイですが、冬のキンと張りつめた空気の中の月も美しい
    夜の散歩をするには、少し寒い季節になってしまいましたが
    お月様や星空だけは 肉眼で見るには 昔と変わらず
    そして 離れているところからも 同じものが見れる…
    ちんのいる大阪からも、ベトナムからも、
    時刻はズレても、お月様は見えるよね☆


    10月半ばくらいから、また浮腫みや腹水が酷くなってきて、歩くのもキツくなってますが、8月9月は、どんどん体重が減って お腹も楽だった、きっとまた、あんなふうに落ち着くと信じて、今年、あと2ヶ月、すっ飛ばして行こうと思います!



    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                      夜の散歩をしないかね→ 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:がん全般
    0
      | RCサクセション | 20:22 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 20:22 | - | - |- pookmark
        本当に あっという間に 今年も あと2ヶ月足らずになりましたね。
        夏の終わりを 若い時と同じように 感傷的な気分で過ごしているうちに
        寒くなってしまいました。
        こんな風な季節の感じ方
        まさに 「ヒマなのは私だけ?」 (^−^;
        いやいや
        私の年代は 夫が定年を迎える頃
        バリバリだった同級生も
        真剣に老後を考えるヒマができる頃でしょう。
        同じ月を眺めながら タメイキをついているかなぁ
        これから
        病気を持っている人にはツラい冬です。
        あたたかくして 美味しい物食べて ギターをひいて
        元気に春を迎えてくださいね。
        | ありんこbatan | 2014/11/05 5:12 AM |

        ........................................................................................
        ありんこさん

        私もおんなじ、秋物の服を「体感的には これを着たい気持ちだけど、周囲から見たら、まだ早いのかな」なんて思って我慢してるうち、もう、それでは寒すぎる、という気温になってしまって、結局着ず終い…とか
        季節の足取りにについていけてないです(^_^;)

        イマドキは、老後が長いですよね…
        平均寿命まで生きるとしたら、20年くらいはあるわけで…
        少し前の世代は、せめてお金があったのでしょうけど、私たち世代はたぶん、お金もないですよ
        仕方なく働き続けて、若い人の働き口を奪って養い続けて、経済の動きの中心も高齢化していくのかなあ…

        ありんこさんは、体調はいかがですか?
        おっしゃるとおり、情けないほど気候に振り回されてしまうので、寒くなってくるとキツイですよね
        そう、あったかい物、食べて、あったかくして寝て、
        ちょっとだけ活動して、
        …許される間はただ、感謝しながら時間を紡いでいきたいですね!

        いつも 「あったかい」お言葉、ありがとうございます(;_;)
        | よぴち | 2014/11/05 11:13 AM |


        こんばんは
        今はどんなかなあって
        あれから月が変わって
        寒さが身に凍みる季節
        なんかお身体が辛そうで
        慰めの言葉もかけられず
        なんとも気まずい私です

        ところでお話し変わって
        ikuさんのお所分かりました
        ない頭をいろいろ使って
        考えて、考えて、
        ikuさんに自己申告させるように仕組んだのです。

        それからもう一つ
        金沢のとあるライブ会場で
        BLSのかっちゃんと話が弾んだそうですね
        なんかkey-sanはくしゃみが止まらず
        困ったと嘆いておられました(><)
        ねぇどんなこと話してたの?

        12月20日また北陸へ行こうかなと一瞬思ったけど
        年末のさらに月末余裕はないのでした。。(〜〜;)
        ああ残念。
        でもね来年のGWには絶対行くから!!
        そう白山の麓へ!P&Fホールへ!
        その時はきっと一緒に唄っちゃうかもネ!(^0^)


        | key-san | 2014/11/05 10:48 PM |

        ........................................................................................
        key-san

        ありがとうございます
        お気遣いさせてしまって、すみません<m(__)m>
        大丈夫、もう20年、つきあってますから、山あり谷ありなことは百も承知、なるだけいつもどおり、楽しんでいますよ(^^♪
        少しずつ、また上向いているように思いますし(^^)

        かっちゃん…情報、早いですね(^_^;)
        そう、かっちゃんの奥さまがメインボーカルを務めるユニットのライブで、かっちゃんがPAをされていたのですよ
        で、key-sanが、BLSが1番良かった、って言ってた、とお伝えし、石巻から来られてたんですよ、と言ったら、「ああ、その人はブログにいっぱい書き込みをして下さった人だ」と、かっちゃんもすぐにお分かりになられたのです

        かっちゃんも撤収作業中、私も、その日は大阪からの客人をお迎えしていたので、立ち話程度、ご心配には及びません(^^)

        GW…、その頃は、春一番にも行かなくちゃね
        大阪でご一緒するのもいいですね(^^)
        その時は、「木曽スズキ」お忘れなく!
        ちなみに、私はF&Pホールでは歌えません(キッパリ!)
        かっちゃんの周りの方々は、私とはレベルの差が激しい、素晴らしい方ばかりで、とても私など、ステージには立たせていただけないと思います(^^)
        | よぴち | 2014/11/05 11:27 PM |
        昔、歌った歌を忘れられるのは寂しいな。僕は覚えてますよ。自分の歌、アリス、チューリップ、かぐや姫。風。千春。今でもカラオケでかかればすぐに歌えます。歌に対して全然接してないとそうなるのかもしれないですね。僕もまた生ギターで演奏してみたいです。では寒くなります。お身体無理なさらずに。ご自愛下さい。
        | 力道 | 2014/11/07 6:52 AM |
        親友さんにひさびさに会えたんですね。すごい環境に身を置いてますね。なつかしいよぴちさんの顔をみて少しほっこりしたのではないでしょうか。世界が違ってしまうさみしさもあるけれど、ベトナムかあ。今はいろんな通信手段があるからね。

        最近急に寒くなりました。気が付いたら寒いって感じなので、気を付けてくださいね。

        ゴールドクレストってたぶんあまり日本の気候に合わないんだと思う。ずいぶん頑張ってくれたね。ちんちゃんが大人になったのでほっとしたかな。

        9日には会えますね。楽しみにしています。
        | いーみん | 2014/11/07 7:27 AM |

        ........................................................................................
        力道さん

        ありがとうございます
        おっしゃるとおり、Y恵は、歌から離れた毎日を送っていたのだと思います
        家族や職場の人とカラオケに行くことはあったみたいですが、私たちが昔歌っていたような曲からは離れていたんだと思う、、、
        それが普通だと思います
        彼女なりに、そもそも京都という慣れない環境で、一生懸命の毎日だったんだと思う

        私の家でも難しいのに、都会では尚更、家でギターは難しいでしょうね
        お忙しい毎日のようですが、1度、フォーク酒場といわれるお店を覗いてみてください(^^)
        きっと、一瞬で、時間が逆戻りすると思います(^^♪

        そちらも寒くなって来たでしょうね
        力道さんも どうぞ ご自愛ください(^^)
        | よぴち | 2014/11/07 4:30 PM |

        ........................................................................................
        いーみんさん

        ありがとうございます
        ゴールドクレスト、これまでも、しばらく水を遣れなかったことや、雪を被ってしまったことも何度もあるのに、どうして今回、こんなに一気に枯れてしまったのか、不思議でなりません…(-"-)
        こんなことを言うと、また「よぴち妄想」とか思われそうですが、なんとなく、今回、ゴールドクレストは私の身代わりになってくれたような気がしてなりません
        これはまた、後日、記事にしようかと思ってますが、入院中、1番辛かった1ヶ月半ほどの間、私の中で奇妙な現象が起こっていたのです

        Y恵はトルコにも3年、いました
        京都に嫁いでから1回と、トルコから1回、夜中に泣きながら電話がかかってきたこともありました
        そのことを、彼女も覚えていて、先日会った時も言っていました
        そもそも母子家庭でお母様は夜、お仕事で留守だったので、夜はいつも、彼女が寝るまで、私と電話でハモったりしていたのですが…
        彼女も、頑張って頑張ってきたのです
        歌のことなんて、考えている間もない程に…
        ただ、私が淋しかったのは、もう、興味さえなくなっていたこと…
        これから始まることも、もう、無いことを確信したから…

        コメント欄なのに、長々とごめんなさい(>_<)
        9日、大御所さんたちの後、というのが とってもやりにくいですが、仕方ない
        楽しい時間になるといいなと思っています
        よろしくお願いしますね!
        | よぴち | 2014/11/07 4:40 PM |
        どうも、今晩は。久しぶりにコメントします。Y恵さんのご主人様の話を読んで、ちょっと考えてしまいました。企業の海外進出をマスコミも素晴らしいことのように報道していますけど、個人的には、そういうことをやっているから、少子高齢化が進んでいるんじゃないかと感じています。じゃ、どうすれば良いのかと言われても答えがわからないのですが、国内で、儲けにはならないけど、やるべきことがもっとあるんじゃないかなと思います。よぴちさんは、そう思いませんか。
        | コーヒー党 | 2014/11/12 8:32 PM |

        .........................................................................................
        コーヒー党さん

        お久しぶりです(^^) お変わりありませんか?
        企業の海外進出…難しい問題です(+_+)
        海外進出、と言っても、海外に市場を開拓しての形は少なく、生産拠点を少しでも人件費の安い途上国に移しているだけのところが多いような…
        それは、日本の素晴らしい技術を「無料で」海外にばらまくことにもなりかねず、かつ、日本の人口では、市場も限られていたりして、思うほど日本のためには なっていないのかもしれませんね
        もちろん、これからは、日本は日本のことだけ考えていればよい、というような閉鎖的な感覚では、いけないのだとは思うのですが…

        私は、こういう問題を考える時、いつも自分を反省するところに行きつきます
        私自身が、先のことを考えず、今の自分の「楽な生活」「快適な生活」ばっかり求めてしまっていると思うからです(>_<)
        | よぴち | 2014/11/12 9:18 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/402