◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 雪化粧:松山千春 | main | Just When I Needed You Most(アメリカン・モーニング):Randy van Warmer >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  あなたのすべて:桜田淳子  ○●○
    あなたのすべて三寒四温、って、本当に言い得て妙、だなあと思うこの頃です
    少し暖かい日があると、必ずまだ寒い日が…
    気付けば あっという間に3月になっていたような気もして、冬の入り口で ずいぶん待たなければいけないようで気が滅入りがちだったことも もう大半忘れてしまってる
    もう枯れちゃったかな、と諦めていた紫陽花も、葉が出て来ました

    良くも悪くも 変化のない毎日を過ごす中で
    少しは「何か」もあって
    この前、ちんの高校時代のバスケ部の「母の会」へ行って来ました
    もう、お互いの子供は高校を卒業して5年になるのに、母の会は まだ続いているのです
    別に みんなで資金を出し合って、母校の支援をするような会ではなくて
    ただの「ママ友会」(^_^;)
    寒い時期なので、Aさんが「鍋が食べたい!」とのことで企画したのに
    当日、Aさんは 実のお母様のご入院で気落ちされて、欠席でした
    たまたま 私の身近でも 介護疲れによる事件が起きた後だったし
    話は すっかり「介護」の話に…
    すでに お姑さんが デイ・ケアを利用されている方もあって、その方が言うには「担当のケアマネさんに、今のうちから施設を予約しておかないと入れないと言われた」、と…
    母の会のメンバーの中には、介護施設に勤めておられる方もいるので、「そうや、今は、だいたい100人待ちで、優先度の高い人から入所していくようになってるんやけど」と…
    こんな時はどうしてる?、こんなふうに困ってる、…話は尽きず…
    これまでは、皆さん 我が家と違って 下のお子さんがまだ就学していたりで 学校の話題が多かったのに
    今や、下の子も大学に入って、子育ての話題は少なくなって、代わりに介護の話題で盛り上がる、盛り上がる…

    福井は 都会に比べたら同居も多いし、保育園なんて ほとんど100%入所出来るのに、やっぱり 高齢者施設になると、100人待ちなのか、って
    なんだか 突然 焦りに似た気持ちが湧いて来てしまいました

    そんな折、なんとなくついていたTVのNHKで、人工知能に関する番組をやっていて
    これから 人工知能の開発が進むにつれて 無くなって行く人間の仕事は?というような話をしていました
    ちょうど、その少し前、金沢へ遊びに行って、久しぶりに朝早く(4時過ぎくらい?)に帰宅した時、新聞配達の人に出会ってしまって、
    これまでも時々 そういうことがあって、いつも「ああ、また やってしまった」と思っていたのですが 
    退院してからは もしかすると初めてのことで、その配達員の方が外国の方だったことに多少の驚きがありました
    私の研究分野が産業に関することなので、外国人労働者が多いことも、どんな職種に多いかも、頭では分かっていたつもりでしたが、実際に 寒い中、合羽を着てバイクに乗っている外国人の方を見たら、とてもインパクトが強かったのです
    昔、私も、中学・高校の頃、お小遣い稼ぎに新聞配達をしていましたが
    その当時は、私たち学生でも、学校からお咎めを受けずに出来る、いいアルバイトでした
    今は、誰もやらなくなってるのか、と…

    また、今、少しでも気休めになれば、と思い、宅配でR-1ヨーグルトをとっています
    それは日本人が配達して来ますが、その代わり、週に2回のみ、それも、朝9時ごろです
    …なんとなく、今に日本人は職を失ってしまうんじゃないか、と不安になりました

    身体を使う仕事は ロボット(機械)化して減らして来ましたが、今や、「考えないといけない」仕事まで…
    そして、不安になってしまった1番の背景は、これを綴っている私自身が、つらいことも、めんどくさいことも避けたくて仕方ないからなのです
    私ほどのダメダメ人間ではなくても、きっと、みんな似たような気持ちなんじゃないか、と…

    これから 働く場所がモノを作ることよりも
    人の生活を楽にするサービスに移行していくのでしょうね
    その中の大きなものに、「介護」に関する仕事があるように思いました


    3月というのは私の中で ひとつの節目なのか、
    (なぜか4月より 3月の方が思い出が多い気がするのです)
    去年の今頃は…と、去年の記事を辿ろうとして 思わず「やめよう」と手を止めました
    昔のことで憶えていることって 断然 良かったことの方が多い
    でも 今の私は その「良かった」思い出を 次の力にして行けるだけの余裕がない
    情けないけれど 甘えている
    先のことを考えるのは 怖いから逃げたくなるし
    過去のいい時間を思うと そこには戻れない現実を思い知って
    …みんな、思い知りながら それなりに辛いことに耐えながら 毎日を生きてるのに
    それを分かっているけれど 今の私は 「今」が精一杯…
    こうしてブログで弱音を吐いて 全世界に恥をさらしているな、と思います
    それでも、季節を迎えたり、何か こころに響くようなことがあったら
    必ず 何かしらの音楽や歌をインスパイアしてしまう私、
    今日 お届けする「あなたのすべて」も、3月になると いつも頭に浮かぶ曲の1つです
    公民館の裏のテニスコートでよく口ずさんでいた、その風景がセットになって出て来るのですが、ちょうど、3月くらいにヒットしていたのではないでしょうか
    曲調も、どこか白っぽい、透明感を感じていたし、それが私の中では「春っぽくて」、
    そして、何より「紫の夜に 白い花が咲いて そして季節は春になって行ったのです」という歌詞の、「紫と白」というのが、なんだか私にとっては「春」なのです
    紫と言っても、私の頭の中の色は ラベンダー色のような淡い色のように思います
    (↑私の頭の中を、一生懸命 文字にしてみたのですが、およそ、理解に苦しみますね(^_^;))

    今度の火曜日は 舌ガンの転移がないかの検査
    きっと きっと 大丈夫(^^)
    きっと いいご報告が出来ますように☆
    皆さまも 風邪、インフルエンザ、花粉症などに苦しむことなく
    どうか おだやかな毎日を過ごせますよう 祈っています


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                           あなたのすべて → 

    JUGEMテーマ:音楽 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:がん全般
    0
      | 桜田淳子 | 01:13 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 01:13 | - | - |- pookmark
        あなたのすべて
        どんな歌だったかピンと来なくて
        じっくり聴いてみました。
        桜田淳子さんだったか..
        同い年なので 曲そのものでなく 活動時期を通して
        あれこれ 自分の思い出とシンクロします。
        今は どんな日々を送られているのかなぁ..
        私も 気がかりなのは 親の介護 です。
        ここんとこ 本当に弱っていて
        家からは一歩も出ず
        身体が受け付けないからという理由で食べない物が増え..
        かといって
        何か言っても 素直に聴くような人でなく
        ありがたいことには
        自分のキッチンで調理して
        最低限の身の周りのことはできるので あまり干渉しないでいると
        それはそれで不満のようで
        どうしたらいいのかわからない状態です。
        よぴちさんたちのママ会に参加してお喋りしたいくらいですよ (^−^;
        ブログで弱音を吐く
        いいじゃないですか
        身内や知人に話せないことは 文字にして吐きだしましょう
        吐かないと 自分の中で発酵してしまうだろうし
        文字にしていると 頭の中も整理されます。
        ブログに書いていいことかどうかの判断もつくと思いますよ。
        明るい春を迎えましょう!
        | ありんこbatan | 2015/03/06 4:45 AM |

        ........................................................................................
        ありんこさん

        ありがとうございます(^^)
        お母様のご様子…なんとなく想像がつきます、、、(^_^;)
        我が家も、実母の方は、物忘れは激しくなってきているけれども、いわゆる「認知症」という感じの忘れ方ではないし、独身の息子(私の兄)の世話もしながら、自分で運転もし、どうにかやってくれていますが、義母の方は、頭はハッキリしていますが視力が著しく衰えていることや、そもそもの性格もあって、周囲とトラブルを起こすことも増えて来ました
        運転は出来ませんが、生活は歩いて行ける範囲でどうにかなる環境なので、助かっています

        私の場合、ブログでのHNと、実生活の呼び名が同じなので、最近はブログはOn Lineのお付き合いだけではなくなって来ました
        また、家族のことも当然、よくご存知の方も覗いて下さるようになって、本当にありがたいことです
        けれど、その分、特にご心配をおかけしたり、「生」で他人様と接するときの自分とのギャップなどを思うと、言い控えることが増えてきたのも事実です…(+_+)
        自意識過剰なだけだ、と分かっていつつも…

        「母の会」では、みんな最終的に愚痴になりながら、でも、「みんな同じなのね」という、共有出来た感でなぐさめられながら、笑って帰りました
        こういう場って、必要なのかもしれませんね
        と、いうことで、母の会の集まりを正当化してしまおう(^m^)

        ありんこ家も いい方向に向かいますように☆
        | よぴち | 2015/03/06 8:47 AM |
        女性にあまりに負担が大きいなぁ

        だから「母の会」はおっけぇですよ


        最終的には「心」の問題なのだけれど

        それも「行政」の仕組みがしっかりしていないと

        付き崩されてしまう


        「金」で解決とは言いたくないけれど

        現状及び近い将来にはある程度の割り切りが必要だなぁ


        とりあえず

        オラはオメオメと生きます

        死ぬまでだけどね
        | くっくくっく私の青いchabo | 2015/03/06 2:58 PM |

        ........................................................................................
        くっくくっく私の青いchaboさん

        ありがとうございます(^^)
        そう! 介護することも考えるけど、自分が介護されることも考えてしまいます、、、(+_+)
        いつも入院前は なんとなく家の整理をしてしまうんだけど、今回は突然の入院だったので、退院してからの1番最初の課題が 家の片づけでした(^_^;)
        やっぱり、後に遺された人に迷惑をかけたくない、って思ってしまうんだよね…
        介護も、もちろん施設でいいよ、と思ってしまう、まだ入ったことないからだろうけど…
        今回の入院で、「歩けない」という事態になって人にやってもらわなければならない、ということが どんなことか、少し分かったつもりです
        頼みにくいし、なかなか自分の満足のいく形にはしてもらえなかったり、という…
        回復の見込みがあったから、その「不自由」や「苦痛」も、リハビリのエネルギーになったけど、回復の見込みがないとなると、どうなるかなぁ…

        そして、得られる医療も含め、世の中 結局 お金、というのが今のご時世だなあ
        地獄の沙汰も金次第…(^_^;)
        | よぴち | 2015/03/06 8:26 PM |
        最近facebookで、ドレスの色が何色に見えるかって、話題になってますね。わたしは白金でした。本当は青黒なんですって。紫の夜っていうのもなんかわかる気がします。

        同じ歌を聴いて思い浮かべていることが人によってずいぶん違うんだなと思うことがあって、それがでもいいんだろうなと。アメリカ西部の大草原がわたしにはサバンナ。でも自由度が高いほうが、いろんな人に受け入れられるよね。

        先日はすれ違いみたいになってしまいました。残念でした。

        わたしは実家をほったらかし、母が強い人なので甘えっぱなしです。いずれ考えないといけなくなるのでしょうが。

        苦しいことを出しても仕方がないと考える人もいるけれど、遠慮しないで。それで気が楽になったり、切り替えることが出来るのなら。

        まだ冷たい風が吹いていますが、春の明るさが感じられる今日この頃。よい知らせが届くようお祈りしてます。



        | いーみん | 2015/03/08 10:48 PM |
        母の会、続けられるならずっと続けた方がいいですよ。僕も先日、大学の同窓会があり、先生こそ検査入院で欠席されましたが、楽しい一夜を過ごしました。気さくに話せる会が多ければ多いほど、心の拠り所になりますから。

        我が妻の父親も介護をケアの方に頼んでいる状況で、高齢者が多い日本はますます大変になりますね。

        また取り上げられた曲が歌謡曲とは珍しい。でも70年代の曲って忘れないし、自分には妙に馴染みます。

        では何事もなきこと、お祈りしております。
        | 力道 | 2015/03/09 9:06 AM |

        ........................................................................................
        いーみんさん

        お返事が遅くなって ごめんなさい<(_ _)>
        日曜日、ちんのところに行って来ました
        ちんが仕事を終えてから、彼氏くんも含め4人で12時半ごろまで宅飲み、お正月以来で、楽しい時間でした
        月曜日は死んだように休み、火曜日、受診して来ました
        結果は、小さいことはいろいろ ありましたが、少なくとも舌ガンの再発・転移はなかったのでホッとしました(^^)

        昔の演歌などは、単純な4行詩だったりして、聴く人のイメージングの自由度が高かった
        そのせいか、私は若い頃は歌詞に具体性がある物の方に新鮮さを感じていました
        でも、齢をとって、最近は言葉が少ない、自由度の高い曲に「ヤラレル」ことが多くなりました(^_^;)
        | よぴち | 2015/03/11 4:06 PM |

        ..........................................................................................
        力道さん

        お返事遅くなって 申し訳ありません<(_ _)>
        気さくに話せる会、ホント、大事ですね
        なんか、チカラをもらって帰れる自分がいるのです
        しかも、「情報」も結構多い!(^^)!

        力道さんのお父様も介護ケアを受けておられるんですね
        介護をする側だけでなく、受ける側も、昔と違って「自分の意志や自由を尊重したい」という核家族化っぽい空気があるし、その意味でも、第三者の方が良かったりする気がします
        そこに、急速な高齢人口の増加、「仕事がない」生産世代、それらをひっくるめると、やっぱり 今後当分は介護ビジネスが発展していくのが いろいろといいんじゃないか、と思うのは私の勝手なのでしょうか…

        歌謡曲は、お金がなくてレコードが買えなかった私にとって、TVから入ってきた とても身近な音楽です
        今でも「そら」で歌える曲がいっぱい♪

        おかげさまで、昨日の検査では、舌ガンの再発・転移はありませんでした(^^)v
        10年は経過観察から逃れられないと思いますが、クリアし続けて行きたいです
        いつも 応援、ありがとうございます<(_ _)>
        | よぴち | 2015/03/11 4:25 PM |

        えーとね、桜田ずんこさんだとね、

        ♪ おぼえていまっす あの・ひのーこと
            こさめの中野 すれっちがあーいお ♪

        ってのが、すきなんだけど、タイトルがおもいだせません。。。

        なんか、NSPとかの歌みたいで、歌謡曲だとは思ってなかったのさ。。。
        | あさ・がお | 2015/03/21 10:58 PM |

        ........................................................................................
        あさ・がおさん

        ありがとうございます(^^)
        今回、その曲にしようか、迷ったんですよ
        なので、あさ・がおさんから、そのフレーズが出て、ビックリ!
        というのは、その曲は、8歳年下の私の妹が生まれた頃に出た曲で、私は、当時、妹の子守りをしないといけないことが多かったのですが、添い寝をしながらいつも歌を歌って眠らせていました
        その時、1番良く寝付いたのが、この「花物語」だったんですよ
        もちろん、台詞は言いませんでしたが(笑)

        ちなみに、私の記憶では、「おぼえていまっす あの・ひ・のーことー こさめのなかの すれ・ち がーいをー」なんですが(^^ゞ
        まあ、中野は中野ですね(笑)
        | よぴち | 2015/03/22 1:03 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/410