◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< ビートルズはもう聞かない:GARO | main | スローなブギにしてくれ:南 佳孝 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  バンザイ〜好きでよかった〜:ウルフルズ  ○●○
    ムラタセイサク君 今日、お笑い芸人歌うまい王決定戦、みたいな番組を見ていたら、その中でウルフルズの「バンザイ」が歌われていました。
    ウルフルズは、大好きなバンドのひとつ。トータス松本さんのストレートな詞と曲が大好きです。
    特に、「笑えれば」は、いつ歌っても泣けてくる。
    アップしたいのですが、持ち合わせがテープしかないので、いつの日か(いつだよ!)、デジタル化してお届けします。

    今日の写真は、「ムラタセイサク君」という、ロボットのストラップです。
    実は、茶犬はこの、ムラタセイサク君を開発したところに勤めています(別に茶犬が開発したわけじゃないけど…)。
    たまたま福井には、セイサク君を操作できるのが茶犬しかいないために、最近は、茶犬は時々、小学校を訪問したり、児童施設などでのイベントで、セイサク君を披露しています。ちんの学校の「ようこそ!先輩(OBが自分の社会体験を現役に語ったりするイベント、年1回やってるみたいです)」にも行きました。
    セイサク君は、これでなかなか優秀で、平均台を倒れずに自転車で渡ったり、障害物を察知してその手前で止まったり(距離感がある)、カーブを回ったりします。
    いつイベントをやっても、セイサク君は子供たちに大人気。
    私も、かわい〜♪と思うもん…。

    それを扱うジャーマネのおっさんは、かわいくないけど…(笑)。

    義母に頼まれた年賀状を、週末に義母姉に発送したので、今日あたり電話があるなと覚悟していたら、やっぱりありました。いくらなのか金額を教えろ、という内容。
    そんなもの、換算できるわけない。
    第一、お金じゃないんです、そんなものを支払えば、いくらでも私は動く、ということにされるのは絶対に困る。
    私の身体を心配して、「ご飯のしたくは出来るのか」とか、「ちんの送り迎えは出来るのか」とか、聞くのですが、私の身体が辛いのは今だけのことではないし、そういう、生活のいろんな家事を何とかこなしたいからこそ、仕事も断り、自分のお楽しみも極力我慢して、専念しているんでしょうよ。
    基本がずれているヒトには、言っても無駄だから、長く話すこと自体が苦痛です。その間、ずっと、言葉を選びながら、お付き合いしないといけないわけだから。
    姑に、家事は出来るのか、と言われるのは、嫁にとっては警察の尋問のよう。
    たやすく出来る、と答えれば、「余力で私の都合のいいように動いてくれ」と思われそうだし、出来ない、と言ったら「ダメな嫁」と思われそうだし。
    やっぱ、感覚の違うヒトとは、話をしないのが私には1番です。

    さて、今日は、番組中に歌われていた「バンザイ」をアップします。
    この曲は、「もし、次、誰か友達が結婚して、そのパーティーに呼ばれて、何か芸をしてと言われたら、ギター抱えて歌おう」と、人迷惑なことを考えていた曲なのですが、結局、そう思い始めてから、誰も結婚せず、多分、もう、今この歳で結婚するやつは、パーティーなんてやらないだろうな、って感じになってしまいました。
    ま、やったとしても、私の歌なんて迷惑もいいとこだと思いますが。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                バンザイ〜好きでよかった〜 → 



    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | ウルフルズ | 21:51 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:51 | - | - |- pookmark
        そうそう、ぼくも
        年賀状つくってやると、金をうあるとかいわれて
        閉口して。
        もう、印刷やにたのむとかいいだすし、

        ややこしい、ひとは、どこにでもいる。
        | 長七 | 2007/12/05 1:48 AM |

        長七さんへ
        うん、どこにでもいますね。
        そして、だからといって、関わらずに生きていくわけにも行かず。神様は、そんな風に世の中を作ったのでしょう。
        好きな人とだけ生きていけたらそりゃ、いいですが…。
        昨日の、長七さんのブログの背景で、神戸タワーを見て、ああ、また行きたいな、と思いました。
        | よぴち | 2007/12/05 7:01 AM |
        バンザ〜イ!
        朝からパワーアップだぜ〜☆いえ〜い☆

        ムラタセイサク君・・子どもたちはウレシイですよ〜。。茶犬さんアイドルですよ〜。。
        ようこそ!先輩・・いいイベントですね☆
        茶犬さんキッカケで・・将来・・ノーベル賞科学者がまた一人生まれるかもよ!

        >長く話すこと自体が苦痛です。
        ---- わかります。ストレスがドンドン溜まっちゃう★
        >やっぱ、感覚の違うヒトとは、話をしないのが私には1番です。
        ---- ワタスにも一番です。
        >何か芸をしてと言われたら、ギター抱えて歌おう
        ---- 芸があるのは羨ましいです!

        風のアップ、楽しみにしています。
        風邪でアップップに、ならないように気をつけましょうね。
        | ありんこbatan | 2007/12/05 8:10 AM |

        ありんこさんへ
        もう!ありんこさんと、あさ・がおさんの「言葉遊び」の才能にはかなわないです〜。
        「あの歌はもう…」の他に、昨日、長七さんも「君と歩いた青春」の記事をアップしてました。
        とにかく、レコードとテープしかなく、デジタル化するコードは買ったものの、まともなラジカセが我が家には、ちんの部屋に1台あるだけで…。
        我が家は、レコードプレーヤーも、FM電波にして飛ばし、ラジオで受信して聴くタイプのものなので、ラジカセがないと始まらない。私の枕元(今は、私は下で寝ています)のラジオはゲームセンターの戦利品のキティちゃんラジオで質的にちょっと…。
        2階へ上がって、ちんのベッド(下に机を置ける、梯子を上ってくタイプ)の枕元のラジカセを持って降りてくる元気がないのです…。そのうち、ちんに持って降りさせて、やろうとは思ってますが。
        首をろくろ首にしてお待ちください。
        | よぴち | 2007/12/05 8:48 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/45