◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< バンザイ〜好きでよかった〜:ウルフルズ | main | ラスト・シーン:Hound Dog >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  スローなブギにしてくれ:南 佳孝  ○●○
    ビオラ 脚の調子は変わらず。左足の甲はむくんでパンパンで、痛いです。
    でも今日は、手の調子は昨日よりはいいかな。昨日は、お箸を持っていても、時々指が攣って困りました。

    予想通り、義母姉から電話がありました。
    一応、お礼の電話のつもりなのでしょうが、友人に見せたら「名前が大きすぎるんじゃないか」と言われたとのこと。それを私に言ったところで、誰が幸せになるのでしょう。私なら、まさか作成者本人にわざわざそんなことは言わずに、ただ、お礼だけを言いますが。
    とにかく、何度も同じ話で申し訳ありませんが、感覚が違うんです。
    しかも、「心ばかりのお礼」を、妹のところへ持っていく(ので、取りに来い)とのこと。わざわざ取りに行く元気があるなら苦労はしません。
    ちなみに、私は、仕上がったその年賀状は、茶犬に頼んで、郵便局から郵送したのですが。
    ま、消費期限のあるようなものでないことを祈ります。明日、義母姉が義母のところへ持っていって、義母から電話があるでしょうが、わざわざ取りに行くつもりはないので、消費期限のあるものだと困ります。
    明日、義母からの電話に耐えれば、それでしばらくは落ち着くと信じて、頑張って「お相手」します。

    今日の写真は、我が家の玄関前につるしたプランターのビオラ。
    雨にぬれて寒そうですが、花数も増えてきたので、ちんを送ったついでにケータイで1枚撮りました。
    ホントは、玄関ドアに飾るリースも作りたいし、ちんのマフラーも編んでやりたくて、デザインのアイディアが沸いてきてるのですが、材料を買いにいくエネルギーがない。

    今日は、懐かしい「スローなブギにしてくれ」をお届けします。
    我が家にはレコードしかないのですが、ちょうど You Tube にアップされてたので。
    思えば、浅野温子さん、若かったですね。お肌がピチピチと張っていた。
    私の大学時代は、片岡義男さん全盛期。ああいう世界、憧れてましたね。
    ホテルの最上階のプールなんかで優雅に泳ぐ、ワンレン・ボディコンのいい女。
    湾岸道路を、クーペになど乗って、颯爽とドライヴ。
    仕上げは夜景の見えるカウンター・バーなんかで、アルコール度数の高いカクテルなど。
    80年代です。

    そんな中、実はフォークが好きなんだ、とは言えず、自分でも、フォークが好きなことを忘れてしまっているくらいでした。

    今でも、80年代の音楽はやっぱり私のリアルタイムの青春として懐かしいし、よく聴いてますが、今は、フォークが好きなことも堂々と言えるようになりました。
    団塊世代のおかげで、数の暴力というか、フォークがまた、脚光を浴びていることもありますが、それ以上に、流行にとらわれる必要がなくなったことが大きい気がします。
    今の私は、流行にのっていることよりも、どれだけ「自分」を持っているか、の方が大事。自分を持っている人に格好良さを感じるし、憧れます。

    FNS歌謡祭を観ながら、我が家の食卓では、
    私「郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎クラスのアイドルになると、当時は、ファンでなくて
      もみんな本名を知っていたくらいだよ」
    茶犬「そうや。あれ?西城秀樹って何やったっけ? あ、野口五郎も知らん」
    ちん「なんか、野口五郎は、昔くさい名前だった気がする。4文字名前とか」
    私(ニヤニヤ…)
    茶犬「あかん、もう思い出せんで教えてくれ!」
    私「木本龍雄、佐藤靖」
    ちん「あ、ほら、靖ってなんか昔くさいよ。秀樹っていうのも昔くさいけど」
    私「え〜っ!イマドキは、もう、秀樹は昔くさいの? 母ちんたちの頃は、秀樹って、ち
      ょっと派手なほうの名前やったけど」

    どうですか? 皆さんも、「秀樹」、もう、昔くさい名前だと思います?
    4文字(たとえば、○○イチ、とか、○○ヒロとか)は、もう、古いんですか。
    そういえば、最近は、コウキとか、リュウガとか、そんなのが多いですもんね。
    語尾に〜ヒロだの、〜イチだのって付けた名前、珍しいかも。
    諸行無常の響きあり。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                スローなブギにしてくれ → 


    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 南佳孝 | 23:02 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:02 | - | - |- pookmark
        スローなブギにしてくれ。
        この映画見ましたよー。20歳か21歳の頃でした。
        大好きな原田芳雄がものすごくカッコ悪い役やったような。
        内容は全くと言っていいほど、覚えてへんなぁ。
        曲だけが印象に残ってます。

        お義母さんとその妹さんの年賀状騒動。
        大変でしたね。
        お義母さんの性格は、たぶんなおらないと思うので、何言われても聞き流すようにしたらどうでしょう。
        茶犬さんが、誰よりもよぴちさんを思って大事にしてくださるんやから(いちばん理解してほしい人がいちばん分ってくれて愛してくださるんやから)、外野は気にしないでおいたら?
        とは言え、聞き流すというのはかなりの忍耐力がいる話なんやけど。

        そやけど。
        言ってもわからへん相手に腹をたてるのは、自分がかわいそうになってしまうから。
        | iku | 2007/12/05 11:57 PM |

        Ikuさんへ
        そう。Ikuさんのおっしゃるとおりです。
        義母とは決定的に感覚が違うんだけど、私も変えるつもりはないし、義母だって今更変えられないでしょう。
        最初から、私がいい子ぶって、義母にあわせてあげずに、義母の言うところの「最近の若い嫁」でいればよかったんですよね。ある意味、私が勝手に不幸を背負ってるんですよね。
        でも、ホントに、茶犬もちんも私の味方で、ありがたいです。おまけに、Ikuさんやありんこさんなど、ブログの仲間も、私の愚痴に付き合い、励ましてまでくれる。ありがたいことです。
        義母と、義母姉の周りは、最近とみに、人が離れていっている。義母たちはそれでも、自分たちがおかしいんじゃなくて、離れていく人が間違ってると思っているので、ま、幸せならいいわ、と思ってます。
        私の感覚では、義母たちは不幸だと思うのですが。でも、ま、いっか。ひとりじゃなく、姉妹だけは同じ感覚なら、孤独感は持たずに済むでしょう。
        Ikuさん、ホントにいつもありがとうございます!なんか、元気出てきましたよ。
        | よぴち | 2007/12/06 12:11 AM |
        この曲好きですよ!
        うんうん、いい感じです☆

        お箸を持っていても、時々指が攣るんですか?
        そりゃ〜お辛いですね。。
        年賀状印刷なんてタイヘン過ぎますよ★
        消費期限があればまた「とりにおいで」と矢の催促かも・・ゾッとします。。
        「もう、よぴちさんをそっとしておいて!」って両手広げて遮りたい気分です。。

        名前の流行り廃りはオモシロイもんで・・娘たちの同級生に”○○子”って女子はホントに少ないし、”××お”って男子は殆ど皆無だそうです。託児してて多い名前は女子→”もも○”、男子→”ゆう×”かな?

        あ、ワタスは気が長いんで・・風は急がなくていいですからね☆
        ろくろっ首に変身するのも楽しそうだし!

        | ありんこbatan | 2007/12/06 8:00 AM |

        ありんこさんへ
        いつもありがとうございます。
        いつも、ありんこさんが私をかばってくれるので、元気になりすぎて、「私は悪くな〜い!」って、調子にのりすぎたらダメだぞ、と、逆に自分に言い聞かせるほど。
        義母は、健康な人なので、血液の病気の者の「なんとなく全身がつらい」とか、抗がん剤によるだるさや吐き気など、「いつも辛い」というのが理解できないようです。茶犬やちんは、いつも一緒に暮らしているので、様子を見ているから分かってくれてるんですね。
        義父も最後は敗血症で、私には義父の辛さがよく分かりました。でも、そんな中、義母は、もう何件も眼科を受診して、どこに言っても同じことを言われているにもかかわらず、倉敷の、70歳近くになるある眼科で診てもらうといって、義父に、電車から旅館からすべて段取りさせ、同行させて受診し、やっぱり同じことを言われて帰ってきました。お土産を持ってきた義父の顔は蒼白で、疲れきっていました。忘れられません。
        | よぴち | 2007/12/06 8:56 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/46