◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< それが大事:大事マンブラザーズ・バンド | main | かりそめのスウィング:甲斐バンド >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Missing:久保田利伸  ○●○
    久保田利伸
    いわずと知れた名曲。
    初めて、久保田さんを知ったのは大学1年のときでした。
    当時神戸にいた茶犬が、「久保田利伸っていうのがいい」と教えてくれた。
    でも、福井のレンタルショップには、数が少なく、ヒットしているものや超有名なものでないと、なかなか見つからない。レコード屋さんで買うしかないのですが、お金がない。
    茶犬は、神戸で、さすが、レンタルショップの在庫が違う。いいのをたくさん見つけてきて、いろいろ情報をくれました。
    で、久保田さん聴いてみたら、「なんだ、これは。スティービー・ワンダーか?」と思うほど、発声がそっくりで、少なくともそれまでのJ-POPにはなかったヴォーカルでした。

    私はずっと、英語の発音には、日本語には無い色気がある、と思っていました。だから、英語でしか出せない雰囲気の音楽があるような気がしていた。
    でも、久保田さんのヴォーカルを聴いて、それがちょっと覆った。
    久保田さんのボーカルにはスティービー・ワンダーの色気があって、日本語なのに、スティービーだったのです。なんか、うまく言えないけど、私の中で常識が覆った瞬間でした。

    当時、私は研究室では必ず何かの音楽テープを流していました。アメリカ帰りの、私の当時の恩師E先生は、いつも、向こうで録音してきたFENを流していましたが、あるとき、「よぴちさん、何かいいの(音楽)ない?」と言ってきたので、久保田利伸さんと稲垣潤一さんのテープをダビングしてあげたのです。あの頃ですから、当然、ファーストアルバムの”SHAKE IT PARADISE”。
    …以来、E先生は、今でもカラオケの持ち歌は「流星のサドル」と、「Everyday's Valentine」です(笑)。

    名曲は、時代を超える。
    この曲は、ちん(16歳)も大好きです。

                                  Missing → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:ジャズ・ボーカル

    0
      | 久保田利伸 | 21:56 | comments(5) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 21:56 | - | - |- pookmark
        ふふふ。。。
        出たなぁ〜〜。。。
        いつかは、日記に書こうと思っていた久保田!!
        「流星のサドル」は、今でもカラオケで歌いますよ!
        当時は衝撃的でした。
        「Missing」も大好きです^^
        本当に日本人か??と思うほど、
        ブラックテイスト炸裂で、凄くかっこよかった。
        この時期は、洋楽しか聴いてなかったIKUKOにとって
        「お!日本のミュージックシーンも面白いじゃん」
        と思わせる、そんな時期でしたね。
        たいしたもんだ。笑

        | *IKUKO* | 2007/12/13 11:39 PM |

        IKUKOさん
        そう、本当に日本人か? でしたよね。
        ちなみに、洋楽はどのようなものを?
        私は、J-POPでも、洋楽でも、頭に強拍があるようなビートが苦手でした。後ノリの、ブルーステイストが好きなんですね、どうしても。
        で、中学・高校時代流行ったいわゆるハードロック・へヴィメタ系は、苦手だったのです。
        でも、茶犬は、そういうのばっか聴いてたし、大学入ってからバンドでやる曲も、客ウケを狙って、そういうのが多かった。あとは、いわゆる洋楽ポップス。
        なんとなく、バンド=洋楽ロックという空気がありました。まさか、実は、フォーク肌です、とはいえないご時勢でした。
        | よぴち | 2007/12/13 11:58 PM |
        久保田さんの歌声・・いいですね〜!
        16歳のちんチャンもお好きですかぁ・・来月75歳の母も好きなんですよぉ・・やっぱり、イイもんはイイんですよね〜☆
        「ラジオ プラネットフレーバ」聴いてました。お喋りもお上手ですね。

        さてさて・・昨日は、子どもの行ってた高校PTA広報部員OBで集って忘年会ランチをしました。子ども同士がたまたま同じ高校に通ってただけの共通項なのに、しかも、もう卒業してるのにサッと連絡網まわして集合して半日楽しく過ごして参りました。なので、今日はサボった家事の後始末です。
        う〜ん・・寒い風が吹いてるけど・・青空なので、元気に頑張りますよん☆
        よぴちさんは、身体を冷やさないようにしてるんだよ!

        コックンフォーク村での後片付けもオマカセくださいまし!
        | ありんこbatan | 2007/12/14 7:36 AM |

        ありんこさん
        青空かぁ…。いいなぁ。
        福井は、今日も1日中天気予報は傘マーク、今夜はとうとう、雪だるまマーク。
        茶犬は今日は京都出張だけど、京都へまで傘を持っていくのは嫌だなぁと言って、折りたたみをもって行きました。
        ほんのちょっとの距離の違いで、天気は大違い。
        今日、雨降りなのは北陸地方だけみたいですよ。
        だから、北陸「暗い」って言われるのかなぁ…。
        | よぴち | 2007/12/14 10:29 AM |
        なるほど、フォーク肌ですか^^
        あたしはね、何でもこいのオールマイティーな人。
        ロック、ポップス、歌謡曲、ヘビメタ、ジャズからクラシックまで。カラオケでは演歌だって歌っちゃうよ。笑
        音楽をジャンル分けするのは好きではないの。
        「音楽」が好きなんです〜♪
        だから、ジャンルで「これが好き、キライ」と感じるのではなくて、「この音は好き、好きじゃない」的な感覚ですね。
        洋楽ばかり聴いてた頃は、邦楽が自分にとって気持ちよくなかった時代ですね。
        久保田や、佐野元春あたりから、「う〜ん、いいんじゃない?」と感じだして、それからは逆に洋楽が疎遠になった。
        わはは^^
        | *IKUKO* | 2007/12/14 2:20 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/54