◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< かりそめのスウィング:甲斐バンド | main | 宝くじは買わない:RC SUCCESSION >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  風をあつめて:はっぴいえんど  ○●○
    風街ろまん 最近、発泡酒のCMで、はっぴいえんどのこの曲が流れてます。
    あんまり冬を感じさせる曲ではないと思うですが、ま、発泡酒自体、どちらかというと夏に売れる商品ですから、仕方ないか。

    はっぴえんどは、中津川フォークジャンボリーの頃から存在したバンドですが、なにせ、あの当時主流だったフォークとは、全くカラーが違っていました。
    同様に、忌野清志郎、荒井由実。

    今、またあの頃のフォークが少し脚光を浴び始めて(その要因は団塊世代の数によるところが大きいと思われる)、CMでも使われたのか、それとも、本当に楽曲の良さのみで選ばれたのか、それは定かではありませんが…。

    とにかく、はっぴいえんどの音楽が、「このまま生きて行ったら一生触れることがなかった人たち」にも届く、ということは嬉しいことです。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                   風をあつめて → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | はっぴいえんど | 23:09 | comments(7) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:09 | - | - |- pookmark
        いい歌ですよね
        | 長七 | 2007/12/15 11:40 PM |

        長七さん
        長七さんが、この前ブログで記事にしていた感染性胃腸炎、義母が感染したようです。
        感染症は流行するわ、わけの分からない人が出てきて銃を乱射するわ、なんだか、アメリカの事件みたいな事件が日本でも起こるようになっちゃった。
        嫌な世の中、せめてさわやかな曲を聴きたいと思って、この曲アップしました。
        | よぴち | 2007/12/15 11:54 PM |
        細野さん、清志郎さん、と言えば「Oh, My Love~ラジオから愛のうた」・・坂本冬実さんの歌声にビックリしました。好きな曲でしたが・・インターネットなんて知らなかった頃だったので、曲名もわからないまま聴けなくなってしまいました。
        それが・・ふと思い出して検索したらアッサリ出てきて・・インターネットに感謝&感謝ですよ。

        長さんのコメント・・「短っ」☆ これも、あの方の味なんですね。

        今・・家まわりで、ガタガタ音がしてます。外は風が強いみたい。。給湯器の凍結予防運転の音もしています。
        福井はもっと寒いことでしょう・・あったかいもの食べて元気つけましょうね!
        | ありんこbatan | 2007/12/16 4:43 AM |

        ありんこさんへ
        はい、とっても寒いです。
        長七さんのコメントはいつも短いのですが、私は、それを見習わなくちゃと思っています。
        言葉が少ないブログは、どこか魅かれる。
        なのに、いつも言葉の多い私。
        なかなか「味のある」文章がかけません。
        | よぴち | 2007/12/16 9:59 AM |


        四人のイラスト久々に拝見しました。
        大きなジャケットを手放したのがやっぱり後悔しています。「ゆでめん」が何故か幸運にも手元に残っています。
        もう10数年くらい前のことです、ジャズ以外のすべてのフォークやロックの何百枚かのアルバムを中古店で処分しました。
        処分する前の事です。当時、弟が帰省した時にはっぴいえんどの1Stアルバムを横浜に持って帰っていたんですね。何年か前に、これ借りてたやつと「そのレコード」をいらなくなったLDと一緒に送ってきたのでした。
        思わぬ出来事に心が弾みました「はっぴえんど・ゆでめん」が我が手に戻ったのでした。

        でもこの風街都市はやっぱりもう戻りません。よぴちさんと同じコンパクトなジャケットで往年のサウンドを生活感をジワット味わっています。

        復活してきています!?が、団塊世代だけのことじゃないと思う。まあ業界が“かこつけてる”ところもあるから、ブームにだけ終わらないで欲しい。ここからまた次世代URCやベルウッド系シンガー・ソング・ライターに期待するのです!業界も本気になれ!

        | key-san | 2007/12/17 10:39 PM |

        Key-san
        私は、音楽は人の人生に連れるもの、と思っています。
        今の若い世代は、CDを買わず、ダウンロードで済ませて、すぐに消去する人もいる程、昔の私たちのように、執拗に好きなミュージシャンを調べ、その音楽のルーツをたどり…、というようなことはないようです。でも、それは、あまりにも大量に供給があるから、選択肢も広がったからということではないかと思っています。
        そんなこんなで、いつの時代も、人生の中で輝いている「青春時代」。音楽が人生に連れるものであって、それぞれの世代が、やはり青春時代を求めるならば、フォークが廃れることはないはず。
        青春時代にフォークを聴いた人間は、どの世代にもいるはずだから。今の若い世代でも、フォーク(本人たちは、そう意識してないかもしれないけれど)を好んでいる人たちがいるから…。
        22日、BSを忘れずに観なくては!
        | よぴち | 2007/12/18 9:07 AM |
        知らぬ間に
        僕の論争が、・・。
        | 長七 | 2007/12/19 10:56 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/56