◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Lately:Stevie Wonder | main | 別れのサンバ:松山千春(長谷川きよし) >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  いちご白書をもう一度:バンバン  ○●○
    バンバン 今日、NHK−BSで「BSまるごと大全集 日本のフォーク&ロック」という番組が放送されました(というか、今、それを観ながら書いています)。
    もう、懐かしい曲オンパレード、当然ビデオ録画しましたが。
    その中で、バンバンの「いちご白書をもう一度」が流れたので、今日は、それをアップしました。
    この曲、作者のユーミンが歌っているヴァージョンも持っていて、それもいいのですが、やっぱり、私の中ではバンバンのイメージが強いので、こちらをアップします。
    本当は、私は、この曲の中の2人とは、青春時代が異なります。
    はじめは、「いちご白書」というのが、どういう映画かさえ、知らなかった。
    私が、あの時代に19、20歳だったら、どんなふうに生きていたかな、安保反対の運動にシュプレヒコールに加わるだけでも、参加していたのか、それとも、ノンポリを決めていたのか…。
    私が、「いちご白書をもう一度」、いい曲だな、って思っていたころは、安保に反対する意味すらまったくわかりませんでした。
    今は、もう少し事情がわかって、安保を結んだのはいいことだったのか、やっぱりやめた方が良かったのか、ますます分からなくなりました。
    安保といえば、たまたま、ちんの冬休みの課題で、読売新聞論説委員会・編著の「読売VS朝日」という本を読んで、感想文を書く、というのがあるのですが、この本は私も非常に興味があります。読売寄りに書かれていることは想像に難くありませんが、我が家は地方紙しか購読していないので、読売と朝日の論説を比較しながら読めるだけでも面白い。
    ちんが読んだら、後で私も読もうと思っています。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                いちご白書をもう一度 → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | バンバン | 22:24 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:24 | - | - |- pookmark
        こんばんは、よぴちさん。私も見ました最初から最後まで。けど正直言って、期待しすぎだった。やっぱりそうなるのですよね?!私はもうがっかりでした。

        読売と朝日だったら左右双璧ですね?ちんさんの感想文読んでみたいです。是非送って下さい。


        | key-san | 2007/12/23 1:31 AM |
        ばんばんは、もうこの歌が売れないとやめるようでしたね、
        ハイファイセットの「卒業写真」と
        どちらをどちらが歌うか、ということが、
        喫茶店で、相談していたそうです。
        ぼくは、その番組をみなかった、残念、
        読売と朝日の違いは
        営業の面からゆくと、読売の新聞の営業のほうがつよい
        しかし、なべつねと同じで、汚い、物をやるからとれ、
        みたいな、感じらしい。
        朝日は戦前戦後の変わり身を見ていると
        基本、日和見主義・
        | 長七 | 2007/12/23 2:34 AM |
        この曲を聴く度に思い出すことがあります。
        高3の時・・遅刻者は、帰りの会(S.T.)で一曲歌わなくてはならなくて・・ユーミン大好きの男の子が声はりあげてコレを熱唱したのです。
        冷やかし半分の大拍手で・・楽しかったなぁ〜。。

        高山厳さんて・・バンバンだったんだ〜!と知った時はびっくりしました。娘が、平山みきさんを知ってるって言った時もビックリ☆
        ばんばさんの歌では♪SACHIKO が、とにかく好き!

        「読売VS朝日」・・おもしろそうですね。
        もうじき返却期限を迎える図書館の本があるので・・ついでに探して来ます。(ケチでしょ・・本屋じゃなくて図書館なんだよん★)
        | ありんこbatan | 2007/12/23 5:24 AM |

        Key-san
        たいてい、あのテの番組にはガッカリすること多いですね。
        まあ、好みや思い出は人それぞれなのに、万人受けするように作らなくちゃならないから、ああなってしまうのでしょう。
        私ももちろん、「これはどうでもいいな」もありました。でも、ラストは拓郎さんで締めくくったから許す(笑)。
        | よぴち | 2007/12/23 9:15 AM |

        長七さん
        うん、読売は商業主義的な色が濃い気がします。どの新聞社も、購読数が増えてほしいから、多少、商業主義的にはなるでしょうけど。
        私は新聞の内容の前に、「ナベツネ」さん嫌悪、というのがありますね。第一、阪神ファンの茶犬が、自分の購読料がわずかでもジャイアンツの資金になるかもしれない、というのが許せないに決まってる(笑)。
        | よぴち | 2007/12/23 9:18 AM |

        ありんこさん
        「SACHIKO」、いいですよね〜♪
        私は、高校時代学校祭のフォークロックコンサートに出て、その時、H2Oの「思い出がいっぱい」などとともに、ばんばさんの「速達」をやったことがあります。
        あと、遠足バスの中、罰ゲームで歌ったのは、もちろん正やん(イルカさん)の「雨の物語」です!
        あんまり、周りのみんなには通じないだろうなぁと思いながら。
        | よぴち | 2007/12/23 9:21 AM |
        偶然 この放送を見た団塊世代です。
        懐かしくて見入ってしまいました。
        学生のころ、音楽にのめりこんで と言うより逃避していたのかも知れません。就職後数年のちの曲で、歌詞が悩んでいた時代を思い出させます。
        | 元ベース弾き | 2007/12/23 4:21 PM |

        ベース弾きさん
        コメントありがとうございます。
        いつのまにか「悩んでいた時代」といえるようになっているんですよね。
        私は今42歳、まだまだ悩み続けていますが、
        どうですか?10年後もやはり悩み続けているのでしょうか。
        | よぴち | 2007/12/23 9:06 PM |
        そうですね、。

        実はぼくは、新聞を止めたのです
        だいぶ前に。
        | 長七 | 2007/12/23 10:50 PM |
        この番組、見てました。
        好きな曲やら、思いいれのない曲やら、いろいろあって。
        いちご白書は好きな歌です。

        フォーク大好きな私が言うのも何ですが。
        このテの番組、もうそろそろやめてもいいかもしれません。

        やったらやったで、また見るんですけどね…。
        | iku | 2007/12/23 11:24 PM |

        Ikuさん
        うん。私も、そう思う。
        久しぶりに聴くといい曲なんだけど、この手の番組で放送される曲や出演者が決まってきていて、それは、もういいかな、と思ってしまう。だから、回数は少なくていい。
        私は、いわゆる「フォーク」のもう少し後の、「ニューミュージック」と言われたあたりにスポットを当てた番組をやってほしいな、と思っています。
        | よぴち | 2007/12/24 12:01 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/62