◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 潮騒:山下達郎 | main | Candy:山下達郎 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  April Come She Wil:サイモン&ガーファンクル  ○●○
    S&G楽天でのお友達、きんとんとんさんのブログで、「4月になれば彼女は」を見かけたら、もう、懐かしさが止まらなくなってしまいました。
    この曲はギターがとてもキレイなので、ギター弾きなら絶対コピーしたくなる。
    そこに、S&Gの透明感のある声、しかも文学作品のような詞があわさって、何とも言えず美しく、少し物悲しい世界。
    この曲は、確かチューリップのコンサートでも歌われていたような記憶があります。

               April Come She Will

    April come she will               
    When streams are ripe and swelled with rain   
    May she will stay                
    Resting in my arms agin             
    June she'll change her tune           
    In restless walks she'll prowl the night    
    July, she will fly
    And give no warning to her flight
    August, die she must
    The autumn winds blow chilly and cold.     
    September I'll remember             
    A love once new has now grown old        

     Copyright: 1965, 1993 Paul Simon Music(BMI)

    4月 彼女がやってくる          
    小川が雨で満ちる頃
    5月 彼女はここにいて
    僕の腕の中で眠っている
    6月 彼女は変わってしまい
    眠れずに夜をさまよい歩く
    7月 彼女は僕に黙って
    空を飛んでいく
    8月 彼女は逝き
    秋の風が冷たく冷え冷えと吹く
    9月 僕は思い出す
    かつての愛はもう古びてしまった 

    視聴はこちらです→
    0
      | Simon&Garfunkle | 11:19 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 11:19 | - | - |- pookmark
        Chaboさんへ。すみません。

        今ひとつ、まだJUGEMのシステムに慣れず、写真がアップされてないのに気づいて、やり直したら、せっかくのコメントまで消えてしまいました。
        許して!Chaboさん!
        学習するから!ちょっと時間かかるかもしれないけど。
        ホントにごめんなさい。

        イガイガ踏んじゃったけど、やっぱり栗の落ちてるところに行くのが好きです。イガイガはたまにしか踏まないけど、栗はいっぱい拾えるから…。
        | よぴち | 2007/10/12 11:27 AM |
        オラも大好き栗拾い

        子供の頃米軍キャンプで

        あめりかの子供達とやったのが1番の思い出さ


        ぽーるさいもんの歌詞は素晴らしい

        訳しても英詩のままでも


        この歌は7月のところが大好きだよん
        | chabo48 | 2007/10/12 9:29 PM |
        おはようございます。
        おそらくまだ夢の中でしょうね。
        私が知らなかった「S&G/April Come She Will」
        懐かしさに負けてUpされたんんですね。
        訳詩があるとなおさらですね。
        また、来訪いたします。


        | key-san | 2007/10/13 6:22 AM |
        Key-sanへ

        いつもありがとうございます!もう、起きてたよ〜!ちんが、今日からテストだから。
        日本語訳は、私が勝手にしたので、当たってるかどうかは不明だけど…。
        昨日・今日は、福井も秋晴れの言いお天気。高田渡さんの「自転車に乗って」を口ずさみながらサイクリングしたい気分です。
        | よぴち | 2007/10/13 1:32 PM |



        トラックバック機能は終了しました。