◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< A HAPPY NEW YEAR:松任谷由実 | main | 夜の散歩をしないかね:忌野清志郎&仲井戸麗市 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Billy Joel : Live on Long Island  ○●○
    Billy Joel 新年2日目。
    どうにか、行かなければならない所への訪問は終わりました。
    でも、もう明日からは、ちんは部活(OB戦)や塾で、私は弁当作りの生活が始まります。
    その上、またもや、義母から、亡義父がやっていた町内自治会の会計報告書を作ってくれとの依頼。7日が総会だという。なんで、もっと早く、準備しないんだ。
    嫌々ではあっても、茶犬がEXCELで作って、片道40分の義母の所へ持って行ったら、字が小さいだの、書式がどうのって言うものだから、茶犬は当然のようにキレて、「破り捨ててきた」。
    でも、実際、報告書がなかったら総会できない。やるしかないのです。
    どうにか茶犬を説得し、修正して、もう、郵送することにしました。
    でも、修正して送ろうと思って電話したら、「手書き原稿をコピーする」って、言うのです。そりゃ、ないでしょう。茶犬は正月早々、朝から、訳のわからない、帳尻の合わない下書きをもとに、一生懸命EXCELでやっていたのだから。
    まったく、人を何だと思っているのか、失礼な人です。

    私の母は、保育園の用務員をして私たちを育ててくれました。義母より確かに6歳も若いけれど、6歳違いで車も運転できるし、一応PCで年賀状も作るし、父が亡くなった時も、私たちは終始「お客さん」で何もしなくて済みました。
    それでも、元旦に義母の所へ行ったら、障害者手帳の、義母の写真を見せられて「なんか、これ、用務員みたいやろ、嫌んやって(嫌なんだ)」と言われて、私はとても悲しかった。
    私の目の前で、私の母のことをどうのこうのとは言わなくても、心の中で、用務員という職業は、この人から見たら、「自分がそうだとは思われたくない(つまり多分、レベルが低い、と言いたいのでしょう)」職業なんだ、と思うと、実母がなんだか惨めでかわいそうに思いました。
    そこで私が「用務員の何が悪いの?」と、実母をかばえなかったことで、自己嫌悪に陥りました。

    でも、帰宅してから、楽天でのブログのお友達の NECOさん が紹介されていたBilly Joelのライヴ映像を観て、少し、落ち着きました。
    学生時代、自分のバンドでコピーした曲オンパレードで、とっても懐かしかった。

    Bob Dylanが、ギターでメッセージを伝えるなら、Billy Joelは、ピアノでメッセージを伝える人。反戦歌や、労働者の要望を代弁するかのような曲も多いと思います。

    今年も、結局1番最初の更新は愚痴で始まってしまった…(すみません)。
    さて、どんな年になりますやら。
    皆様、疲れない程度にお付き合いいただけると嬉しいです。

                               Billy Joel Live on Long Island → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Billy Joel | 23:38 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 23:38 | - | - |- pookmark
        あまり気にしないことです。
        デリカシーのないひとは、思ったことをすぐ口にだす、
        そういう弱さがあります、そういうことで、自分の弱さをカバーし優位にたちたいとおもうのです、動物の基本的なくちばしの争いのようなものです、人間はその言葉を口にするときに
        いったん咀嚼し、相手のことを思いいうのですが、
        それぐらい、言ってもいいだろうという甘えです、
        人間的に実はかわそうなひとで
        あなたのような苦労を知っている、人の気持ちがわかる
        お嫁さんでほんとうに、よかったのです、
        軽く思いましょう。
        | 長七 | 2008/01/02 11:44 PM |

        長七さん
        なんか、ホッとした。
        「かわいそうな人なんだ」と頭で分かっていても、やっぱり自分自身、感情的に悲しかったので。
        長七さんに改めて言われると、「そうだ、そうだ、自分および自分の生い立ちに自信を持て」と思えてきた。
        ありがとうございます。
        | よぴち | 2008/01/03 12:07 AM |
        ピアノでメッセージ・・本当にそうですね。
        リズムが身体中に響いて、今日のエンジンがかかって来ましたよ!
        字幕スーパーは親切でイイなぁ☆

        お母さまのこと、かばえなくて・・よかったんですよ。
        もっとドンドンつらい展開になって行ったでしょうし・・そうなったら、よぴちさんのお母さまが悲しみます。
        どんな職業であろうと、一生懸命に働く姿は尊いものです。
        それは・・わかる人だけが、わからない人の分も引き受けて・・賞賛します。

        「そうだ、そうだ、自分および自分の生い立ちに自信を持て」←よっしゃ〜☆ 
        今年、よぴちさんのところにイッパイしあわせがやって来ますように〜♪
        | ありんこbatan | 2008/01/03 6:15 AM |

        ありんこさん
        >もっとドンドンつらい展開になって行ったでしょうし・・そうなったら、よぴちさんのお母さまが悲しみます。
        ------------------------------------------------------
        そうなんです。
        もともと、付き合い始めた頃から、父の放蕩ぶりを知っていて(義父は、銀行員だったので)、「あんな家の娘と…」から始まってるので、自分の中に根強い何かがあってしまうんです。
        母は、いつもいつも我慢している。私は義母には、何の助けも求めないけれど、母にはいつも助けられているのに、それでも母は頭を下げ続け…。
        本当に、女の子の親って損だな、と思ったりしますが、老い先を考えると、男の子しかいない家は、必ずお嫁さんの世話にならないといけないんだから、不幸だな、と思ったりします。女の子は、結局、本当には親から離れていかない。でも、男の子は親から離れて、お嫁さんはじめ自分の家庭を守ってくれないと困るし、でも、それは親としては寂しいことでもあるし、どちらか一人しか授からないのであれば、うちは女の子でよかったな、と思います。
        | よぴち | 2008/01/03 11:31 AM |
        ここに書き込むのは初めてか2度目だと思う。
        みんな
        よぴちちゃんファンがきてくれてるんだね。
        僕は楽天のお気に入りの人のところにもいかない
        失礼男・・・

        新年あけましておめでとうございます。

        人生いろいろありますが
        すべてに意味があってその事象が生じているそうです。

        今年もどうぞよろしくお願いします。

        | コックン | 2008/01/04 12:03 AM |

        コックンさん
        >僕は楽天のお気に入りの人のところにもいかない
        失礼男・・・
        -----------------------------------------------
        それなのに、来てくれてありがとうございます!

        皆さん、こんなブログに来てくれて、コメントまで書いてくれる。
        細かな文字で、長々と、はっきり言って「パッと見ただけで読む気がしなくなる」ブログなのに…。
        で、仕方なく読んでみると、愚痴やら、暗〜いボヤキやら…。

        本当にありがたいことです。
        | よぴち | 2008/01/04 12:21 AM |
        ほんとにお正月から、大変ですね。
        今迄ずっとそうやって生きてきたんですね、お義母さん。
        かわいそうな人やなぁ、ほんまに。

        日常的にいろいろあるのに、がつーんと大きい喧嘩しないで絶縁状態にならないのは、茶犬さんとよぴちさんの我慢があってこそですね。

        困ったもんだ。
        自分の実のお母さんを悪く言われるなんてどんなに辛かったでしょう。話してわからへん相手には、いくら言葉をつくして話しても何も伝わらないけど。言うだけ無駄かもしれないけど。
        それだけは言ってくれるな!という怒りは見せてもよかったかも。
        | iku | 2008/01/04 11:03 AM |
        「寛容」という言葉があります。人間生きていると許せないこと、悲しいこと、寂しいこと、いろいろありますが、人のことを悪く言ったり、不愉快にすることはその人の人格に欠陥がありかわいそうな人だと思います。

        人生は宇宙の営みからみると一瞬です。その一瞬をどう輝いて終わることが出来るのか。一時一時をゆっくりでいいから確実に一歩一歩先に進みたいと思います。

        本年もよろしくお願いします。昨年病気発覚してからの迷いの時期に優しくして頂いて、本当にうれしかった。
        | sige | 2008/01/04 2:16 PM |
        よぴちさん、あけおめです^^
        ご挨拶が遅れてごめんなさいね。
        ちょっと体調崩してました。。。
        今年もどうぞよろしくね〜♪
        。。。いろいろあるよね。
        あたし、義父母と同居だから、わかりますよ。
        このトシになったら、言いたい放題言ってますけどね。
        向こうも言わなきゃわからないし。
        でも、基本的に仲はいいんですよ。
        一緒に暮らしていると、「情」が湧いてきますから。
        頭にくることを言われると、
        「あぁ、この人はそういうことしか考えられない
        可哀想な人なんだ」と思うようにしてます。
        そう思うと、気持ちが落ち着くから。。。
        お互い頑張ろうにゃ^^
        | *IKUKO* | 2008/01/04 10:43 PM |

        2008年はビリー・ジョエルから?!好きな曲一杯あります。当時は日本でも大ブレイク、友人からレコード借りて聴いていました。何故買わなかったかというと、今でもですが誰も買わないよなというものしか買わないのです。このわたくしめは!根っからの天邪鬼なのです。
        義母のことは、気にかけないようにと言ったて、言う事万事そうなのでしょうから、気にもかかるんだろうけど?やっぱ、また始まったと開き直れ!!疲れるだけだよホント!!と、思うが?・・・

        | key-san | 2008/01/05 12:22 AM |

        IKUKOさん
        エライ!私は、絶対同居は無理な気がする…。まあ、誰とでも同居が無理というのではないのかもしれないけど。やっぱ、義父母とは、最初の始まりが私の中に根強いんだと思う。最初っから、私だけじゃなく、私の父母までが、見下げられていたから…。
        ま、頑張ります。今年もよろしくね〜♪
        | よぴち | 2008/01/05 3:31 PM |

        Key-san
        天邪鬼…、うん、私もそうかもしれない(←絶対そうだろ!笑)。
        そう言われると、うちにあるレコードは、マイナーなものばっかだ。
        きーさんのおっしゃる通り、私が、「気にしない人」に変わらないと、疲れ果てるだけなのです。
        でも、これがなかなか難しい、少なくともまだ時間がかかりそうなので、幸いにも別居なのをいいことに、「接触しないように」したいと思ってます。
        ただ、茶犬家は長男が何も考えず東京に出てしまっているために(しかも独身だし)、どうしても、向こうから関わってくるんだな、これが。
        私以上に、茶犬は大変な思いをしていると思いますよ。
        自分の親のこと、本当には嫌いにはなれないだろうし、かといって常識に照らすと、明らかに義母はおかしいと茶犬自身思ってしまうみたいだし、私に気は遣うし…。
        茶犬こそ、その辛さを誰とも分かち合えないのだから、せめて私が分かってあげなくちゃ、と、それもいつも思いつつ、やっぱり愚痴ってしまう私なのです。
        | よぴち | 2008/01/05 3:39 PM |
        ビリーも離婚を繰り返し
        依存症もやったし、
        生きる困難を体験しているね。
        | 長七 | 2008/01/05 11:17 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/71