◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 想い:永井龍雲 | main | 雪が降る日に:かぐや姫 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  South of Border  ○●○
    京大医学部 今日、大学の教授から手紙がきました。
    先日の同門会を欠席したので、その折に渡そうと思っていたものを送ってくれた、という感じでしたが、その中に、年末にちんがある賞を受賞して、その記事が新聞に掲載されたものをわざわざ切り抜いたものが入っていました。
    昨年は、いつも教授と一緒に行っていた学会も休み、同門会も休み、喪中で年賀状も出さず…。
    それでも、私の名でなく、ちんの名前でさえ、心に留めていてくれたことが、とてもありがたく思いました。
    不自由な体になって以来、あまり外にも出ず、社会からの孤立感が日々大きくなっています。そんな中の手紙、とても嬉しくて、流涙を禁じえなかった。

    教授との出会いは、15年前に遡る。
    1回で決まらず、何度目かの教授選で当選し、大学近くの魚屋で歓迎会をしたものの、その後日を改めて一人ずつ研究室に呼ばれ、自分の研究テーマや業績を告げなければならなかった。
    教室生の中で、おそらく1番頭が悪いだろう私は、これを機会に切られると思っていた。
    毎回の研究会は、まさに戦場だった。
    でも、そんなある日、その日の報告に関する考察議論の中で、”Border”という単語が出て来た時(あまりこの辺は定かではない。多分、そうだったと思う)、教授が誰にともなく、ほとんど独り言のように「”South of Border”って言う曲がありますね」と言った。誰も反応しなかった。それほど、軽い一言だった。
    でも私は、咄嗟に、私でもよく知っている分野の単語が出て、「あ、私も今そう思いました」と、言ってしまった。初めて、研究会で、報告以外の議論の中で、自分から発したセリフだったし、教授が、意外に話がわかるところがあるんだ、と、身近に感じられた瞬間だった。

    それから、15年のお付き合い。
    ず〜っとお世話になりっぱなし。
    ちんが生まれてからは、ちんを連れて論文の打ち合わせをしたことも。
    教授は怒ったりせず、ちんを抱っこしてくれたりした。
    仕事と、家事育児が優先で、研究はそのあとになるので、夜10時から、見ていただく、ということもよくあったけれど、教授はいつも忙しい時間をやりくりして、私に付き合ってくれた。

    今日のブログは、教授のお心遣いがあまりにも嬉しかったので、ひとりよがりに書きました。「読む人」を意識していないので、他人様には全く面白くない内容。すみません。

    ま、いつもそうなんですが。

                                 South of Border → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:ジャズ・ボーカル


    0
      | - | 00:37 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:37 | - | - |- pookmark
        いや、とてもいいお話です!

        お世話になりっぱなしでも・・「その人のことを思い出すこと」以外何もしてない方々だらけです★
        もう、郵便配達さんが届けて下さるのはDMが殆どですが・・
        そんな中で自筆のお手紙を見つけるとワクワクします。
        今回よぴちさんのもとには、うれしい宝モノが舞い込んだわけですよね☆
        なんだか「幸せの御裾分け」を頂いた気分です♪

        ドーナツ盤に針を落とす・・感動の映像でした。
        | ありんこbatan | 2008/01/23 8:09 AM |

        ありんこさん
        今日は、コメント1つもないだろうな、と思っていました。
        愚痴よりはいいのかもしれないけれど。
        なんか、こう書きながら、結局私のブログって常に独りよがりだな、としみじみ思ってしまった…。
        それでいい、自分のためにやるのだ、と思って始めたのだけれど、ありんこさんのように、いつもコメント下さって、しかも、明るいパワーをくれる方を思うと、申し訳なく…(ここ、北の国からの純のトーンでお願いします笑)。
        | よぴち | 2008/01/23 9:43 AM |



        トラックバック機能は終了しました。