◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< South of Border | main | 終章〜エピローグ〜:チャゲ&飛鳥 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  雪が降る日に:かぐや姫  ○●○
    はじめまして 珍しく、太平洋側で雪が降っています。寒いでしょうね、驚いているでしょうね、雪に慣れていないから…。
    福井は、今は降っていません。明日からは降るという予報ですが。
    どういうわけか、日本海側は「裏日本」とか言われてしまう。
    私に言わせれば、「雪」を引き受けているのに。
    確かに雪の結晶はきれいなものです。ちらちら舞う雪はロマンティックかもしれない。でも、雪は、そんなに甘くない。家が雪に埋もってしまって、大変な家が毎年必ず出てきます。

    雪の曲は多く、雪といえば猫(吉田拓郎さん)の曲を連想する人も多いでしょう。
    「あのねのね」さんの「雪が降っています」も好きでした。
    「雪の降る街を」「なごり雪」最近では中島美嘉さんの「雪の華」など、本当に多い。

    生まれてきて43年、こんなに雪には大変な思いをさせられているのに、
    心の中では「今年は雪が少ないといいな」と、毎年思うのに、
    それでも心のどこかで、まだ雪にロマンを感じているのはなぜなんだろう…。

    ただひとつ言えることは、夜の間にしんしんと雪が積もる日の静けさは、
    表現できないほど素敵な時間をもたらせてくれるということです。
    そんなに雪を体験したことのない方々に、1度体験させてあげたいくらい…。

    あまり生活の音がしないように、暖房はストーヴがいい。
    薪ストーヴで時々薪のはじける音がするくらいがいい。
    本当に、いい意味で一人になれます。

    かぐや姫の「雪が降る日に」、ギターでカッティングしながら弾くのが心地いいのです。

                                雪が降る日に → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | かぐや姫 | 01:24 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 01:24 | - | - |- pookmark
        懐かしい曲☆
        かぐや姫ってホントによかった!
        名古屋で解散コンサートがあった時、帰り道を歩く人たちは・・みんな!歌ってたようです。

        こちらでの雪事情・・一年に一度くらいドッカン★があるくらいです。
        だから、その時の混乱て言ったら・・雪国の人にブッ跳ばされそうなレベルでしょう。
        母は雪国(福島)育ちなんで、雪の恐ろしさはよく聞かせれました。
        そう、「夜の間にしんしんと雪が積もる日の静けさ」もおしえてくれました。
        高校の時の担任も・・金沢で学生してる時に、雪下ろしのバイトをやったって話をしてくれました。
        雪のタイヘンさ←チョビットくらいはわかってるつもりだけど・・
        やっぱり「ロマン」だ!
        | ありんこbatan | 2008/01/24 8:01 AM |

        ありんこさん
        お身体、大丈夫ですか?
        ありんこさんのことだから、無理して今日あたりもっと熱が高くなってるんじゃないかと…。
        辛い体でも、こんな拙いブログを覗きに来てくれて、コメントまで残してくれて…。
        ホントにありがとうございます(涙)。
        | よぴち | 2008/01/24 8:44 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/80