◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 雪が降る日に:かぐや姫 | main | 嫌んなった:憂歌団 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  終章〜エピローグ〜:チャゲ&飛鳥  ○●○
    チャゲ&飛鳥 First 今、ちんからメールが来ました。同じ家の中にいて、さっきまで、ここで一緒にいたのに、メールです。
    周りでは、そういうの認めない人も多いと思う。親子なら、なんで面と向かって話せないんだ、って。
    でも、メールだからこそ、話せることもあるのです。
    ちんは、BFにふられたらしい。今日は生理痛がひどくて学校を休まなければならないほどで、朝から、うどんを少し食べただけだったくらいなのに、加えて、これは大ショックだったのでしょう。
    でも、私に面と向かっては言えない。でも、話したい。
    それで、メールなのでしょうね。

    ちんの周りのお友達たちを見ていても、高校生くらいでは、まだまだ男の子は自分が大事。たいてい、女の子の方が、男の子にメールだのなんだのって絡みすぎて、男の子は鬱陶しくなっちゃってるパターンが多い。

    私の大切な大切な友達Yは、早くにお父さんを亡くして、お母さんがスナックをやりながら生活していました。お姉ちゃんは夜遊びでいないことが多かったし、妹さんは横浜の親戚に預けられ、その子は夜はいつも一人だった。
    いつも私に電話してきた。歌がすごくうまくて、私のギター&コーラスで、学校の廊下ででも常にハモっていたけれど、電話でさえハモることもあった。
    彼女は、私が1度、いわゆる「はずし」にあった時に、唯一味方になっていてくれた子です。
    淋しくて電話してきて、私がうん、うんと付き合っているうちに、寝てしまっていることがよくあった。
    何も応答が返ってこないので、あ、寝たんだな、と思って、電話賃が高くなるといけないから、こちらから電話をそっと切ったりした。

    結婚してからも、1度真夜中に泣きながら電話をしてきたことがあった。その時も、寝るまで付き合った。

    今は、たまにしか電話なんてない、年に1度の年賀状の他は電話が年に1〜2度。
    でも、やっぱり彼女は私の一番の味方。

    「終章」の中の「あなたの声を夢の中で聴いているようです」というくだりを聴くと、いつも彼女を思い出します。
    デヴューしたてで、チャゲの歌い方の丁寧なこと。
    初期のころのチャゲの歌には、好きなものが多かった。好きな曲の多くは松井五郎さんの作詞だった。「嘘」とか…。

    今夜は雪が積もります。
    終章は、この静けさによく似合ってる。

                               終章〜エピローグ〜 → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | チャゲ&飛鳥 | 00:41 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:41 | - | - |- pookmark
        え〜ん。。涙が出て来ちゃいました。。
        チャゲさんの歌声も手伝ってくれるじゃないの。。

        友だちに泣きながら電話したこと、ありましたね〜。
        寝るまで話を聞いていたこと、ありましたよ〜。
        冬は受話器を持つ手も冷たくなって・・それでもなかなか切らなかったなぁ。
        携帯電話もメールもなかった頃のせつない思い出でしょうか。

        メールも、口に出せないことが伝えられるっていう素晴らしさがありますよね。
        娘も、ワタスに面と向かって「ありがとう」なんて言うのは盆と正月・・も言わんか・・
        それが、メールを使ってあざやかに言って来る。
        そこで、母はニンマリするわけですよ。
        | ありんこbatan | 2008/01/25 7:54 AM |

        ありんこさん
        私も、電話は高くてもNTT(ていうか電電公社)のみ、留守番電話も何もない時代の人なので、家の中にいてメールって…、と思っていたけれど、今は、認めてます。
        昔、私が母と些細なことで喧嘩して、その時に、覚えてもいないのですが母に馬鹿と言ったらしく、高校の奨学金の申請などで大変な時期だったのに、母にず〜っと口をきいてもらえない、奨学金の手続きも「自分で勝手にすれば」と放り出されてしまった時期がありました。
        その時、担任に「お前、お母さんにバカって言ったやろ、謝らなあかん」と言われて、面と向かっては言いにくいし、手紙を書いたことがありました。
        それから10年くらいたって、何かの用事で、ちょっと大事なものを入れる引き出しをあけたら、中に、その手紙を発見しました。その時はただただ顔から火の出る思いだったけれど、今、親になって、もう少しいろんな思いがします。
        | よぴち | 2008/01/25 8:53 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/81