◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< 性:世良公則&ツイスト〜NHK SONGS〜 | main | Fool to Cry : The Rolling Stones >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  I've Never Been to Me : Charlene 〜愛はかげろうのように〜  ○●○
    Charlene 春は名のみの風の寒さや…。
    今日の福井も雪でした。

    先週金曜日のスマステで、カールスモーキー石井さんをゲストに、「私にとっての80年代洋楽ベスト30」をやってました。

    1位「スリラー」マイケル・ジャクソン
    2位「ライク・ア・ヴァージン」マドンナ
    3位「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
    4位「素直になれなくて」シカゴ
    5位「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
    6位「テイク・オン・ミー」アーハ
    7位「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
    8位「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイアー
    9位「ザ・リフレックス」デュラン・デュラン
    10位「フリーダム」ワム
    11位「ハイ・スクールはダンステリア」シンディ・ローパー
    12位「君の瞳に恋してる」ボーイズ・タウン・ギャング
    13位「ウォーク・ディス・ウェイ」RUN−D.M.C.
    14位「スターティング・オーヴァー」ジョン・レノン&オノ・ヨーコ
    15位「ボーン・トゥ・ラブ・ユー」フレディ・マーキュリー
    16位「フィジカル」オリビア・ニュートン=ジョン
    17位「ヴィーナス」バナナラマ
    18位「ヒーロー」ボニー・タイラー
    19位「堕ちた天使」J・ガイルズ・バンド
    20位「レッツ・ダンス」デビット・ボウイ
    21位「見つめていたい」ポリス
    22位「アップダンウン・ガール」ビリー・ジョエル
    23位「ロックバルーンは99」ネーナ
    24位「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
    25位「パワー・オブ・ザ・ラブ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
    26位「パープル・レイン」プリンス
    27位「ロンリー・ハート」イエス
    28位「ウィ・アー・ザ・ワールド」USAフォー・アフリカ
    29位「ネバーエンディング・ストーリー」リマール
    30位「リズム・ネイション」ジャネット・ジャクソン

    10位までは、納得かな。好き嫌いは別にして、特に上位3位は、ダントツだと思います。

    でも、私の中では、ランク外にも「私にとっての80年代洋楽」があります。
    今日は、その中の1曲、シャーリーンの”I've Never Been to Me”を。
    カセットテープからデジタル化しましたが、いつもアクセスポイントに使ってるブログサイトでは、そのデータファイルをどうしても受け入れてくれませんでした。
    なので、You Tube の映像でお楽しみください。
    この曲は、本当は70年代のものですが、80年代になって、たまたまラジオで流したら大反響、そのまま大ヒットになりました。
    私も、この曲を知ったのは高1の時。1981年の暮でした。

    愛はかげろうのように、と訳されていますが、歌詞全体はもっともっと深いです。
    直訳すれば「私は今まで決して自分自身ではなかった」、ということになるのでしょうが、歌詞全体からすると、「自分」というだけでなく、何かもっと広がりを感じます。
    人が生きるって、One Wayじゃないんですよね。
    いろいろな人や自然と、いろいろな時に関わって、その時その時、何かを感じ、その時の自分に対処しながら生きている…。

    当時は、ただ曲の美しさと、シャーリーンの色気のある歌声に惹かれて聴いていましたが、今は、また違ったものを感じながら、この曲をしみじみ聴いています。
    まさに、I've Never been to Me.

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                             I've Never Been to Me → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    よろしければクリックお願いします。
    0
      | Charlene | 00:33 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:33 | - | - |- pookmark
        あ〜やさしい歌声。。

        そうですね・・洋楽に詳しくないワタスにも、タイトルだけでわかる曲が多いです。
        とても気に入った洋楽の歌詞を、辞書と首っ引きで調べてみると
        やっぱり微妙なニュアンスがわからなかったりして歯痒い。。
        日本語の歌で、歌詞にうたれるものを聴いた時・・日本語っていい言葉だなぁってしみじみ思います。
        でも、メロディや歌声の素晴しさは万国共通ですよね。
        | ありんこbatan | 2008/02/05 7:26 AM |

        ありんこさん
        英語やフランス語には、発音自体になんだか色気がありますね。
        だから、歌声も楽器の1つとして考えると、曲全体では、色気があっていいと思うのです。
        でも、音楽、特に「歌」って、詞があってメロディーがある。そうすると、日本語だとその「思い」みたいなものが伝わってきやすいんです、日本の文化の中で育って、日本語を使って生きている私には。
        だから私は、フォークが好きなのかなぁ。フォークは特に、歌詞重視、という気がする。
        | よぴち | 2008/02/05 8:54 AM |
        すごい、すごい、すごい!
        もの凄く懐かしい曲ばかり!!
        全部歌えます!
        上位3曲は「な〜るほど」ですが、
        欲を言えばカルチャークラブはデビュー曲のほうが
        かっこよかったですね。
        ♪Do You Really Want To Hurt Me〜〜♪
        こんな番組あったんだ。。。
        見ればよかったぁぁ。。。><
        | *IKUKO* | 2008/02/05 11:34 AM |

        IKUKOさん
        ありゃ。見逃したか。よかったんですよ、石井さんのノリも含め。
        でも、やっぱ、「え〜っ。それよりもこの曲の方が…」はあるよね。
        私も、カルチャークラブでは「カーマは気まぐれ」が1番好きなわけぢゃない。でも、売れたからね。しょうがない。
        私としては、もっともっとR&Bが入ってほしいと思っちゃうわけです。
        80年代、ちょうど大学時代は、バンドではステージでウケるために、やっぱ洋楽に走りましたね。
        ウケ狙いだから、当然ヒット曲になるわけで。だから、このベスト30は、ホントに懐かしかったです。
        | よぴち | 2008/02/05 9:06 PM |
        今。聞いてます。
        この歌は最近にものだともっていた。
        洋もいいですね、
        | 長七 | 2008/02/05 9:12 PM |

        長七さん
        いいものは、いいんですよね。
        ジャンルでなく。
        最近になっても、CMその他に使われてるので、耳慣れていたんじゃないでしょうか。
        | よぴち | 2008/02/05 10:11 PM |
        はじめまして。

        80年代の洋楽がCMなどに使われてると、同年代のプロデューサーなのかな?って嬉しくなります。

        私にとっては、ホール&オーツ『KISS ON MY LIST』が欠かせない一曲です。
        | ちぃ | 2008/02/06 12:59 AM |

        ちぃさん
        ご訪問&コメントありがとうございます。
        ホール&オーツと来たか、なんとなく気が合いそうな予感…。R&Bも、もっとアップしたいのですが、いかんせんテープやレコードをMP3化したデータを、サイト側が受け入れてくれなくて…。CDをMP3化したものはOKなんですが。
        ちぃさんと私が同世代、と決めつけて申し訳ありませんが、私も、時代はようやく、私たち世代が動かせるようになってきている、という気がしています。
        ちょっと権限を持てるような歳に、やっと到達してきた、みたいな…。
        70年代、80年代が懐かしい、と思うのは、少なくともその時生きていた者で、特に、誰しも青春時代が懐かしいものですから…。その頃青春時代まっただ中だった、というと、私たち世代になるんですよね。
        ちぃさんも、ブログなどされてたら、ぜひURLお教えください。遊びに行きます!
        | よぴち | 2008/02/06 7:26 AM |
        1980年代・・・
        シンディーローパーさんのトゥルーカラーと
        エンヤさんのオリノコフローだけしかわからない洋楽音痴です。
        カルチャークラブとメンアットワークも不確か。
        フィルコリンズもすきだったけど・・・。
        ネーナとワムとバナナラマも、耳に残ってます。
        洋楽嫌いなのになんでかなぁ。
        MTV流しながら、麻雀してたっけ。らんぷはうす。
        | あさがお | 2008/02/11 12:41 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/86