◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< I've Never Been to Me : Charlene 〜愛はかげろうのように〜 | main | 真夜中すぎの恋:安全地帯 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Fool to Cry : The Rolling Stones  ○●○
    Forty licsやはり、本当には心は晴れず。
    この13年、もう、14年目に入ったけれど、自分は白血病だと知ってからも、わずかながら、心から晴れた日もあった。
    発病当初から考えたら、13年間も生きれたのは、本当に恵まれていることです。
    でも、どうしても、欲が出てきてしまう。それが煩悩。
    だから、1日1日、まるで人生を逆算するように、嬉しさよりも不安や悔しさや悲しさが増してきてしまうのです。

    今日は、ストーンズの "Fool to Cry" を選びました。嘆くなんて愚かだ…。
    この曲は、多くの普通の方々が抱いているストーンズのイメージとは、あるいは趣を異にしているかもしれません。
    でも、私の中では、ストーンズは、ロックのみならず、ブルースティストを含んでいる、というイメージなので、この曲も全く違和感はありません。
    イントロからいかにも、70年代の音。CPの音とピアノの音のミックスが、70年代をイメージさせる。
    バックに映像をつけるとしたら、ロン毛にフレアースタイルのジーンズ、かかとの高いサンダルなんかを履いた若者、女の人ならサイケな柄のワンピース、髪はセンターで分けて…。
    人はみな、昔を懐かしんだり、帰りたいと思う。
    それは、もう戻らないことを本能的に知っているから。
    どれくらいの長さの人生にせよ、その終わりに「あなたの人生はどんなだった」と訊かれたら、覚えていることしか言えないでしょう。
    結局、人生は最後には覚えていることで構成される。
    私は、ある意味、短い時間を走り抜けてきたので、元気だったころの自分のやってきたことを割と覚えています。言い方を変えれば、病気になってからはずっと時間は止まったまま。
    時に、よかった時のことだけを、すごく覚えていることを幸せに思うことがある。
    ずっと走り続けている人は、あんなに苦労した仕事なのに、もう忘れてしまっていることも多いから。
    私は、僅かな自分の仕事や、家族のこれまでを、よく覚えています。
    それはとても幸せなことかもしれません。覚えていることができないほどに、たくさんの仕事をしている人に比べて…。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

     よろしければクリックお願いします。

                                  Fool to Cry → 



    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | The Rolling Stones | 22:42 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 22:42 | - | - |- pookmark
        こんばんは。
        僕がこんなふうに言うことは生意気でもあるかと思いますし僭越かもしれないのですけれども。
        誰でも考えることかもしれないのですが、僕もやはりご多分に漏れず、ずっと人生とはなんだろうかと若い頃から自問を続けてきました。阿呆なりに考えて、結局よぴちさんと同様の答えを出しています。人生ってつまるところ、思い出に集約されるのではないだろうかと。
        前を向いて過去を振り返らず進むのも崇高だとは思いますが、それも後ろに連なる足跡を作っている行為だと気がつきます。ならば、やっぱり莞爾として振り返りたい。
        地位も名誉も関係ないなー。最後には追憶だけが人生の正体だと思っています。

        理屈ではよぴちさんの「心が晴れない」訳を理解したように思いますが、本質的なことは僕には理解できてはいないかもしれません。でも、今夜は「結局、人生は最後には覚えていることで構成される」という言葉に強く同意感を持ちます。

        ストーンズの「Fool to Cry」。沁みますね。「Memory Motel」もそうですが、どうも心にじんわりと浸透します。なんかね、うまく言えませんけど、たからもののような追憶のかけらを思い出させてくれそうな曲…。
        | 凛太郎 | 2008/02/07 12:01 AM |

        凛太郎さん
        ご訪問いただけるとは思ってませんでした。
        とっても嬉しいです。ありがとうございました。
        同い年、しかも、兵庫県というのは、夫の茶犬が学生時代を過ごした町で、私も、何度かは行き、思い入れのある土地です。
        若くて元気だったころは、人生って、やっぱり自分なりに、それが遠いところでも近いところでもいいから何らかの目標を決めて、そこへ向かっていくものだと思っていました。
        それどころか、まだ本当には始まってないような、まだいつでも好きなところでスタートラインを引けるような気さえしていました。
        でも、自分の人生が実はもう始まっているどころか、終わりかもしれないよ、ということになって初めて、ああ、まさにこの瞬間も人生だったんだと妙に実感したのです。
        自分に課す目標なんてなくても、1日1日積み重ねていって、ある時振り返ったら、それが私の人生っていうのもありなんじゃないかと、「負け犬の遠吠え」かもしれないけれど、そう思って生きています。
        | よぴち | 2008/02/07 12:42 AM |
        あれもストーンズ☆ これもストーンズ☆

        夢占いの本で、「学校時代の夢を見た時は過去に帰りたい願望が強い時」っていうのを読んで・・
        あ〜、そういう時って誰にでもあるだろうなぁって思いました。
        過去のいい思い出って、時間が経つと利息が付いちゃうみたいで・・どんどんよくなってしまうの。。
        そこに辿り着くまでの暗いトンネルや、くっついていた辛さなんか忘れてるし・・。
        これからも嫌な思い出は都合よくバッサリ忘れていくのかな。
        やっぱり人生の終わりは、いいことだけを頭にフラッシュバックさせて目を閉じたい。
        高校の時・・転出された先生がお別れの御挨拶にいらして
        「またこの次会えた時、思い出話だけをするのはやめよう。」とおっしゃったのを憶えています。
        振り返り、また振り返りつつ前を向いて、いちにちいちにちを生きていきたいと思います。
        | ありんこbatan | 2008/02/07 7:20 AM |

        ありんこさん
        「忘れる」という能力は、神が恵んでくれたものだと思っています。
        齢をとって、痴呆になったりするのも、お恵みだなといつも思う。
        都合良く、辛かったことは忘れて、いいことだけを覚えていけばいい。その方が、今日もまた、生きることができますよね。
        思い出話だけをするのはやめよう、とおっしゃった先生。
        私は最近、同門会へ行くのが気が重く(今年は欠席)、理由はいくつかあるのですが、その1番の理由は「今年の抱負」を言わなければならないことです。
        バリバリと、立派なお仕事をされている方々が、今、手がけている仕事や、今後のテーマをお話しになる中で、私は「来年もこの日をこうして迎えられますように」、というのが最重要課題。
        なんだか、みんなに気を遣わせて場の雰囲気を壊すだろうし、私自身もどこか孤立感を味わうし、で、欠席。
        思い出話、いっぱいすればいいじゃないですか、ね〜!
        苦労したことやドジ話、みんなもう、楽しかった思い出に変わってるんだから。
        | よぴち | 2008/02/07 9:23 AM |
        大丈夫ですか? あなたはこの病気のわたしにとってトップランナーでです。
        頑張っているよびちさんに頑張れはないけど、それでもがんばって〜
        | sige | 2008/02/08 4:09 PM |

        Sigeさん
        私は、やっぱり死にたくない。だから、ずっと走り続けるよ。こう見えても、私は結構小さい頃からトップを走ることが多かったんだ。縁の下の力持ち、ということが美徳、と頭では分かっていても、やっぱり「華」になりたい嫌われるタイプ(笑)。
        駆け続けるからね。
        そうだ、次回は、走り続ける曲にしよう。
        今日は、確定申告の医療費控除計算をしましたよ。
        Sigeさんも高額医療費、払ってないですか?
        自営業の場合は、ちょっと手続きが違うんだと思うけれど、税理士さんに相談するといいかも。
        | よぴち | 2008/02/09 12:15 AM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/87