◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
<< Fool to Cry : The Rolling Stones | main | Y:吉田拓郎 >>
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  真夜中すぎの恋:安全地帯  ○●○
    真夜中すぎの恋 バレンタインデーが近づいています。
    結婚後も、まだ元気だった頃は、仕事帰りにちんを連れて買い物に行ってたので、当然この時期になると売り場も設置されるし、義理チョコも必要だし、毎年、買ってました。
    選ぶのが大変でもあり、楽しみでもあり。
    でも、この数年、いよいよ体が不自由になって出勤しなくなってからは、教授に会わないといけない日がちょうど14日でもない限り、無縁なものになっています。

    代わりに、ちんの「友チョコ」だとか、今年はバスケ部員と監督、コーチに配る「義理チョコ」の作成を手伝う羽目になっています。

    今年のバレンタインデーは平日なので、仕事上の義理チョコが必要な人は、無視はしにくいでしょう。逆に本命と過ごしたい人は、仕事の状態によってはキツイことも。
    明日からの3連休、「バレンタイン・イヴ・イヴ・イヴ・イヴ…(←どんだけ続くんだっての)」ということで、一緒に過ごす人も多いのでしょうね。

    そんなわけで、今日はバブル絶頂80年代に青春時代まっただ中だった私が、あの頃をどうしても連想してしまうこの曲を。
    ライヴ・ヴァージョンなので、途中で観客に歌わせる場面も。
    私と同世代の方は、ぜひ、カラオケ気分をお楽しみください(笑)。

     ←よろしければクリックお願いします

                    真夜中すぎの恋 → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | 安全地帯 | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スポンサーサイト  ○●○
      0
        | - | 00:04 | - | - |- pookmark
        よっしゃ〜!
        寒いけど、玉置さんの歌声で気合を入れよう☆

        会社勤めをしてないと、義理チョコの心配がなくて気楽です。
        夫は、一時山のように貰って来てましたが・・「やめましょうよ」の空気が漂い
        もう2、3個になったので丁度いいみたいです。
        そう言えば・・
        20年ほど前になってしまうのでしょうか?夫の髪がふさふさしてた頃
        ゴ〜ジャスな花籠が届いたことがありました。
        このメッセージカード・・ワタスが見てよかったの?みたいな。。
        あの度胸のいいOLさん、どこかで幸せにしているかしら。。
        | ありんこbatan | 2008/02/09 7:56 AM |

        ありんこさん
        我が家も、茶犬が前の課にいた頃は、女の子全員で500円くらいのを1つ、という貰い方をして来て、でもそのお返しは、他の男性社員は1人ひとりに返していたらしく、いつも、せいぜい500円のチョコに5000円以上お返しが必要でした。
        今の課は、一切なしなので、楽です。
        が、その分、私は自分にチョコを買うようになりました。
        世の中がチョコだらけだと、少しは食べたくなってしまう。
        バカですね〜。
        | よぴち | 2008/02/09 7:36 PM |



        http://yopichi.jugem.jp/trackback/88